2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« JRさわやかウォーキング 袋井 | トップページ | 海辺の鳥たち »

2016年1月16日 (土)

ミツユビカモメ

「珍しい海鳥達が来ていますよ」と鳥友さんから連絡を頂いて行ってきました。早速現れてくれたのが「ミツユビカモメ」

119a5702カモメの種類は多いのですがこのカモメは初めて、青い空に白い羽がよく似合います。

119a5746
こちらは若鳥。図鑑によれば、飛ぶと翼の上面にM字形の黒線が出、後頭部に横斑、尾にも黒帯が現れるのが特徴とあります。
こうして見比べると若鳥の方が断然キレイな感じですね。

119a5847
119a5804

119a5957
上空を飛翔しながら海面を見て獲物を見つけたのかザブ~ン! しかし空振りだったようです、写真は白トビしてしまいましたが。

119a6057
119a6059
アビ科のシロエリオオハムやオオハムも居たとのことでしたがこの日は遂に現れず。
後日談ですが、この翌日オオハムが同じ場所で確認されたとの事です。前回のウミスズメ以来、どうも鳥運がよくありません。

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -864-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« JRさわやかウォーキング 袋井 | トップページ | 海辺の鳥たち »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

♪”カモメーの水兵さんー”

カモメにもそんなに多くの種類が居るのですか!
頭を良く観察すると人間の顔にも見えるような親しみがありますね。(笑)
応援ポチリ!

あすか  様
カモメも種類が多くその見分けもなかなか大変です。
自分など知っているものは僅かです。
青空によく白い固体がよく似合いますね。
応援を何時も有難うございます。

いや〜 よかったですね。こんなにばっちり捉えられて!
(1枚目いただきます)
昔、こちらにも来たことありますよ、しかも鴨川にね。

こんにちは。

ミツユビカモメさん、綺麗な子ですね。

お顔に部分だけみているとコムクドリのようで愛嬌がありますが、

さすが、カモメさん、かっこよく見えます。

あと、シロエリオオハムさんとオオハムさんはすれちがいで残念でしたね。

大阪市内でも海から少し離れたところにおりますし。。。近隣では海でくらすアビさんたちを見かける機会はないです。

少し大きいので、迫力もあるでしょうし、首も長く優雅に見えるんでしょうね。

出会われて撮影されましたら、ぜひご紹介ください。楽しみにしています。

ぽち。

tidori  様
「 tidori」様に気に入っていただき光栄です。
ミツユビカモメ、京都の鴨川にまで来たことがあるのですね。
渡り鳥を含めた野鳥の生態は謎だらけ・・・ですね。

あとり 様
シロエリオオハムとオオハム、残念ながら見ることは出来ませんでした。
それでも初見・初撮りのミツユビカモメが撮れただけでも十分満足しています。
見損なった鳥には未練もありますし、出来れば再チャレンジしたいところですが相手は翼のある野鳥です。
今期、山の鳥は絶不調なので海岸へと脚を伸ばす機会が増えました。
もう一度巡り合える日を期待しているところでもあります。
応援を何時も有難うございます。

ミツユビカモメとは、初めて聞く名前です。
ミユビシギなら知っているのですが。。。
やはり、指が三つあるのかな?
若鳥は黒い羽が数ヶ所あるので、メリハリがあって綺麗に見えるのでしょうね。
最後の写真は白飛びもなく、クッキリです。

korekore  様
このカモメは初見・初撮りでした。
カモメ類をはじめ水鳥はは種類も多く、今まで見ていても気付かないで見過ごしてしまうケースも多いですが、いつでも思うことですが第一発見者は凄いと思いますね。
図鑑では指が3本に見えるのでこの名前になったと書かれています。
殆どが飛翔シーンなのでプラス補正して撮っていたので飛び込みシーンは白トビしてしまいました。
咄嗟の補正変更って、なかなか出来ません。この辺がヤッパリウデの悪いところです。

カモメにそのようにたくさんの種類があるのは知りませんでした。
ミツユビカモメは初めて聞きました。
青空に悠々と飛んでいるのが素敵ですし
水に潜ってのシーンもまた貴重ですよね。

おはようございます!

ミツユビカモメの”M”字・・・カッコいいですね。
その特徴がわからない私などは、遭遇しても
「あ~カモメだあ~!」で終わってしまいます。
こちらのブログのおかげ様で、階段下にある大きなピラカンサを
啄む鳥たちの名前が気になり調べている時もあるんですよ!

今朝NHKの番組で「ミサゴの雁シーン」が放映されましたが、
country walkerさんの写真はこの瞬間をとらえていらしゃるんだな~と思いました。
またこの瞬間がきっと至福の時なのでしょうね?

野鳥を撮っていらっしゃる方の写真を見て思うのですが、いいシャッターチャンスで撮るには、連写モードで撮っていらっしゃるのでしょうか。それとも、一撃必写!と1コマ撮影でチャンスを待って撮っていらっしゃるのでしょうか。
いつもcountry walkerさんの素晴らしい写真を見て楽しんでいます。

hirugao 様
カモメも種類が多く、全て覚えることは到底不可能です(自分は)
ミツユビカモメ、自分も初めてです。
鳥は動きが早く、なかなか付いて行くのが大変ですがそこがまた面白いところでもあります。
応援を何時も有難うございます。


セロリさん  様
今朝のNHKテレビ私も見ましたよ。
瀬戸内の魚や鳥たちの放送でしたね。
ミサゴの狩のシーン、流石はテレビカメラマン・・・と感心して見ていました。
TVを殆ど見ない自分ですがニュースの後、日曜日のこの番組と大河ドラマ、そして「笑点」だけは必ず見ています。あ、それから大相撲もね(笑)


オジンガーZeit  様
何時も「ポチリ」と「いいね」を有難うございます。
野鳥の撮影は全て連写モードで撮影です。
したがって連写速度やAFが速く(マニュアルの場合も多くありますが)、追尾性能の優れたカメラが有利です。
この鳥のように明るい場所では良いのですが、暗い森の中などで速いシャッタースピード必要な時も同様です。
一番の難点は良いカメラはお値段も高くそこが一番頭の痛いところです。

こんにちは♪
大空を舞うミツユビカモメ、気持ち良さそうですね~(^^)
江の島でもカモメはよく見ますが、決まって漁港の近くです。
漁から帰った船の魚を狙って…
江の島はトンビもそうだし、カモメも横着ばかりしてダメですね…(笑)

P☆

ミツユビカモメの若鳥は綺麗ですね。
私には空を飛んでいても何のカモメか判別がつかないですね(゚ー゚;

餌捕りの場面は素晴らしい瞬間の写真です。

オオハム、美味しそうな名前のアビ科の水鳥も見て見たいですね〜。

こんにちは。
カモメさんほんとに美しいですね。
青い空、青い海にほんとによく似合いますね。
冬羽や夏羽、幼鳥も又違って鳥って奥深いです。
まだ一年生で勉強になります。
山の中にいますので海鳥や湖、池、川を泳ぐ野鳥に中々出会えません。

カシオペア 様
有難うございます。
体調が芳しくなかったとの事ですがコメントの文章から元気旺盛と感じました。
湘南地方の悪役はトンビだけかと思って居りましたがカモメも・・・ですか。
生きていく為には仕方がないのかもしれませんが。。。
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ 様
オオハムはこの日の前後に現れたり・・・
ウミスズメ以来、鳥運に恵まれない人の代名詞になってしまいました(笑)
オオハム、もう一度挑戦してみたいものですが、港内にはチョッと危険なところもあり躊躇しているところです。


桜台のスミレ 様
何時も有難うございます。
自分達の住む地域は海にも近く、時々この地域へは出かけております。
白いカモメ、青空や海にとっても良く似合いますね。
今冬は何時も出かける山手の公園に冬鳥の姿が全く見られないとの事なので専ら水鳥たちを撮影する機会が増えております。
今日UPののイソヒヨドリ、バッチリですね。


こんにちは。

寒いですね。

今NHKでダーウィンが来たをみています。

テーマは、アオバトで。。。

隼は襲ってくるシーンをしています、以前ご紹介くださっていたこといろいろ思い出しました。

ぽち。

あとり  様
大失敗!
ダーウィンが来たを見損なってしまいました。
TVは殆ど見ない自分ですがドキュメンタリーものは好きでしかもこの「ダーウィン・・・」は好きな番組なのに。
今週は猿と思い込んでしまい・・・猿はどうしても好きになれない動物なので。
思い込み、注意しなければと思いつつまたしても大失敗です。

それでもアオバトとハヤブサの件を覚えてくださり有難うございました。
再放送、これから探します。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/63451916

この記事へのトラックバック一覧です: ミツユビカモメ:

« JRさわやかウォーキング 袋井 | トップページ | 海辺の鳥たち »