2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ハイブリット鴨 | トップページ | 水面のハンター カンムリカイツブリ »

2015年12月19日 (土)

ハイイロチュウヒ オス・メス

東海地方では珍しいオオハクチョウ18羽飛来のニュースを聞き、朝早くから隣県まで出かけてきました。
10時半まで待ってもその姿を見ることが出来ず、現地で出会った地元のカメラマン氏たちと雑談を交わしていた時、ひとりの超ベテランさんが「ハイチュウが来た!」の一声で後ろを振り向き、慌ててシャッターを押した3コマ中、何とか写っていたのはこの2枚だけ、それもハッキリしない写真ですが。。。
写りは悪くてもハイチュウのメスは初見・初撮りでありUPです。

119a3260
119a3261
その後もついにオオハクチョウは飛来せず。
此処まで来たのだから・・・メスが見れたのだから・・・と、更に離れたところのハイチュウのオスを見に行くことに。

ハイチュウのオスがねぐらに戻るため漸く帰ってきたのは16時チョッと過ぎ。この日も近くに飛んでくれることを期待したが遥か彼方の遠いところばかり。

遠かったので思い切りトリミングです、画像が荒れてしまいましたが。

119a1976
119a2045119a1983
119a2047
期待していたオオハクチョウは見られず、ハイチュウのオスが現れたのは16時過ぎ。
帰りは通勤ラッシュの真っ最中に嵌ってしまいかなり遅い帰宅となりましたが、写りは悪くてもハイチュウのメスが撮れたのがこの日の収穫でした。
オオハクチョウ、何時の日にかリベンジです。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -851-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« ハイブリット鴨 | トップページ | 水面のハンター カンムリカイツブリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

早朝からの遠征でも目的が空振り
しかし初撮りもあり楽しめて良かったですね。
なんでも簡単に目的が達せたら面白味もなくなります。
応援ポチリ!

今回のハイチュウ、大変興味深く拝見しました。
正式名はハイイロチュウヒのようですが、鳥玄人さんはハイチュウと呼んでいるのですね。
私は、逆にハイチュウと聞いて、あるお菓子を思い浮かべながら興味深く拝見しました。
こちらの鳥もオスのほうが美しく、オスの色が名前の由来に関係しているのかしら???
country walkerさんのブログで学んで、鳥はオスメスで色がちがうことがありますが、
こちらもセットで見ることができて、良かったです。
今度はオオハクチョウ、期待しています(プレッシャーかな?)

こんにちは♪
朝早くから夕方の4時までとはまさに忍の一字ですね。
トリミング大きくした時、画像が荒れるのは仕方ないです…
でもこの写真を見る限りはそんなに荒れているとは思えません。
カメラの画素数がかなり大きいようですね。

P☆

あすか  様
この日の目的であるオオハクチョウはついに現れてくれませんでしたが、
ハイチュウのメスが(写りが悪くても)撮れた事が収穫でした。
そうですね、なんでも簡単に事が叶えば面白さも半減するかもしれませんね。
次回に期待です。
応援をいつも有難うございます。


walkerZ 様
ハイイロチュウヒ、略して皆さんはハイチュウと読んでいます。
ハイチュウってお菓子があるのですね。
自分も知っているような知らないような・・・(笑)
ハイイロのネーミングはオスの羽の色からきているものと思いますが定かではありません。
オオハクチョウ、次の機会に是非見て、そして撮りたいと思っています。
プレッシャーと言うより励ましのコメントとしていただきました。


カシオペア 様
撮影場所は移動したものの約1日、やっぱり長いですよ(笑)
鳥が出てくれることを願い、期待しながらただただ待ち続けます。
釣り人の心境と似ているのかもしれませんが。
カメラは1年半前にAPS機からフルサイズ機に変更し使用しています。
やっぱりトリミング時の効果は大きいと思っております。
応援をいつも有難うございます。

こんにちは。

ハイチュウのお嬢さんに出会われたんですね。

思わぬ登場にびっくりされたことでしょう。

♂とちがって、シックなお色目ですね。

♂のハイチュウもきれいです。

次回はオオハクチョウさんに出会われますように。。。^^。

ぽち。

早朝からのお出かけなのに目的の撮りさんに
出会えなくて残念でしたね。

それでもハイチュウの♀に会えたのですし
・・・
もう一度お出かけくださいね。

こんばんは。

オオハクチョウは残念でしたが、
出会いたかったハイチュウの雌が撮れて思わぬ収穫でしたね。
ハイチュウ雄はきれいですね。カモメの色合いに猛禽の顔。

こんばんは。
ハイチュウはやっぱり雄の方がいいですね。
この時間帯での撮影、トリミングすると、ノイズは仕方ないですね。
今度、RAWで撮って現像されてみてはいかがでしょう。多少はノイズ対策出来るかもしれません。
オオハクチョウはこれからですね。期待してます。

↓の交雑種、カルガモとマガモの交雑種が多いようですね。
この後、さらに世代を変えると、どんな姿になるんでしょうね。

こんばんは。
ハイチュウのメスに会うことが出来てよかったですね。
オスとぜんぜん違う色なのですね。
オスの綺麗なこと・・・。
大きな鳥はカラスとトビしか見たことがありません。(笑)
寒くなりましたので撮影には暖かくしておでかけください。
ホカロンです。(笑)
靴ホカロンも暖かいです、ゴルフの時入れています。

あとり 様
ハイチュウ、オスも今年初めて見たばかりなのに。。。
雌雄同じ時期に見られるなんて。
鳥撮り経験の浅い自分には幸運としか思えません。
運が良かったのですね。
しかし「あとり」さんは野鳥にかなり精通したお方と推察いたしました。
これからも至らぬ自分ですがよろしくご指導のほどお願いいたします。
応援をいつも有難うございます。


hirugao 様
目的の鳥には遇うことも適わず・・・でしたが
仰るとおりハイチュウのメスを見ることが出来て良かったです。
オオハクチョウ、近日中に再度出かけてみます。


ホロホロ  様
自分が見たい鳥。
「ホロホロ」さんに紹介していただいた都鳥やオナガには到底及びませんが
偶然にもハイチュウのメスに出合う事が出来、満足しています。
でも、やっぱりオナガや都鳥を一度見て見たい・・・

おばんで~す!

遠征しての鳥遊び・・・ハイチュウを見ることが出来良かったですね。
やはりこの鳥も「♂の方が断然きれいなのですね。

飛ぶ姿に、優雅さを感じてしまいます。
もちろん 応援 ☆ ポチリ

ソングバード 様
RAWの撮影、殆どというより全くしたことがありません。
連写機能とかサイズ容量のことばかり気になって。
でも様々なことに挑戦していくチャレンジ精神が必要ですよね。

そちらではオオハクチョウも珍しくないことと思いますが当地方では珍客です。
次回は証拠写真でも良いので撮りたいものです。
野生のオオハクチョウ、勿論見た事がないのです。


桜台のスミレ 様
いつも一方通行のコメントで痛み入ります。
「スミレ」様は花と小鳥が大好き。
注意深く観察されたなら大きな鳥もいるかもしれませんよ。
でも、小鳥は好きでも猛禽はキライと仰る方も多く居ます。

この季節の屋外、やっぱり腰などにはホカロンを装着していきます。
必須品ですよね(笑)

セロリさん  様
おばんで~す!・・・
このコトバ、自分も初めて使わせていただきました(笑)
いつも鳥のレポートばかりで申し訳ありません。
野鳥の世界ではごく一部の例外を除いて殆どがオスがキレイなんです。
猛禽の飛ぶ姿に、優雅さを感じてしまうとは・・・
鳥アレルギーが払拭されたのでしょうか???
そうであれば好いのですが。

ハイチュウの♀は初見ということ。
良かったですね。
そしてそのあとには♂まで撮れたんですね。
塒に帰ってくる16時頃まで待たれて、大変でしたね。
でも、その甲斐あってハイチュウ♂・♀同時にゲット。
この日のお酒はひときわ美味しかったことでしょう bottle

やはり遠くまでお出かけなのですね。
こちらも近くの川ではあまり変化が無いようです。

オオハクチョウの飛来はそろそろでしょうか。
また楽しみが増えましたね。

korekore 様
ハイチュウの♀は初見です。
♂は塒に帰ってくるのが16時頃が多いのでそれまで車中で待ちました。
それまでが退屈で(笑)
しかしあまり遅く行けば良いポジションがなくなる心配もあるので。
自宅まで90km、渋滞に遇いながらの帰宅と、何時もより遅い晩酌となりましたが、もう少しキレイに撮れたならもっと美味かったと思います。

こんにちは。

幼いころから鳥図鑑ばかり眺めて、すぐボロボロにしてしまうほどの鳥好きです。

こちらでは、図鑑でしかみたことがない鳥たちの生き生きしたショットを拝見でき、

ワクワク状態になります^^。

これからも鳥たちのお写真を楽しみにしています。

ぽち。

hirugao 様
自宅から現地までジャスト90km。
少し離れた東名高速道路を走れば多少は時間の短縮が可能かもしれませんがそのメリットはそれ程でもないので専ら下道1本です。
オオハクチョウは、次回に是非と期待しているところです。


あとり 様
「あとり」様が鳥に詳しいので野鳥の会に所属しておられたのかな・・・・なんて思ったこともありましたよ。
私など、写真は大好きでしたが、鳥撮りは定年をかなり過ぎて始めたもので周囲のベテラン氏から見れば撮影技術や野鳥の知識にいたっては赤子同然のドシロートです。
鳥に関する知識はインコの飼育をされていることもあり、自分より遥かに優れていらっしゃるものと思います。
至らない自分ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/63007752

この記事へのトラックバック一覧です: ハイイロチュウヒ オス・メス:

« ハイブリット鴨 | トップページ | 水面のハンター カンムリカイツブリ »