2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ハイイロチュウヒ オス・メス | トップページ | ホームイルミネーション »

2015年12月21日 (月)

水面のハンター カンムリカイツブリ

河口近くで水辺のハンターであるミサゴを待っているとき、近くの水面にカンムリカイツブリが接近し目前で見事獲物をゲット。獲物はボラ?のようにも見えましたがよくわかりません。

でも獲物が大き過ぎて苦労している様です。

119a3008
此処から先がなかなか呑み込むことが出来ず時間もかかり大奮闘。

119a3013
119a3015
何度も何度も繰り返し悪戦苦闘?の末、とうとうここ迄呑み込むことが出来ました、これでヤレヤレです。119a3021
漸く丸呑みに成功!あぁ美味しかった。

119a3026
拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -850-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« ハイイロチュウヒ オス・メス | トップページ | ホームイルミネーション »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

人間でもこの大きさの魚を食べるのも大変なのに一匹丸呑みとは!
良いタイミングを捉えましたね。 傑作!
応援ポチリ!

鳥が魚を食べること、鳥は魚を丸のみすること
どちらも知識としては知っていることですが、
写真で実際に見ると、・・・迫力ありますね~。
うあ~すごい。ノドに詰まっちゃう~んなて叫びたくなる写真でした。
一時はどうなることやらと思いましたが、最後の写真を見て一安心。
今回は(も・・・ですね)、一連の写真が絵巻のようでとっても楽しんで拝見しました。

おはようございます♪
大きすぎる魚をゲットしたカンムリカイツブリ君、食べるのに苦労しましたね…^_^;
こんな大物を呑み込んでしまうその根性に脱毛です。
これだと暫くは食べなくて済みそう…
私は最近は体の事を考え、腹八分目にしています。
その分晩酌の量は増えてしまいますが…(笑)

P☆

あすか  様
魚を捕らえてから飲み込んでしまうまでかなり苦労している様でした。
途中で飲み込めなくなればどうするのか心配でしたが
心配は無用でした。
応援をいつも有難うございます。


walkerZ  様
有難うございます。
自分達カメラマンが並ぶ近くでしたのでよく見ることが出来ました。
あの魚は大き過ぎて無理だろうと皆さん話しておりましたが、凄いものですね。
執念と言うか体の構造がそうなっているのか・・・
生きていく為の生命力の強さなのか。


カシオペア 様
自分の体格の何分の一ぐらいでしょうか。
とにかく飲み込むまでに随分苦労していましたよ。
あれだけの獲物を食べれば暫くは食べなくても良さそうですね。
人間は、腹八分がベストです。
これのコントロールがなかなか出来ないのがあのアルコールちゃんです(笑)
応援をいつも有難うございます。

あらら・・・随分大きなお魚をゲットしましたね^
それにしても良く飲み込めましたね~

びっくりです。
今度鴨行けというのがあるのでゆっくり見てきたいものです。

こんにちは。
こんな大きな魚を丸呑みしてすごい迫力です。
お食事中初めてみました。
2,3日は満腹でしょうね。

大きいのを飲み込みましたね、すごい!
これを食べたら何日かは餌採りしなくていいのでしょうかね。
以前に、アオサギがウシガエルを飲み込むのに30分かかってたのを思い出しました。
鳥の喉の筋肉は、びっくりするほどよくのびるんですね。

こんばんは。

カンムリさん、とても大きな魚を飲み込みましたねヽ(´▽`)/

悪戦苦闘の末、無事、お食事できて満足でしょうね。
魚も逃げようとしているのですが、すぐにカンムリに捕まってしまったのでしょうね。
お腹の中で魚はどうなっているのかしら・・・

こんにちは。

すごい勢いですね^^;。

嚥下機能がかなりよいようでうらやましいような。

ぽち。

hirugao 様
この時期、カンムリカイツブリは何処にでも多く居り、見ることが可能です。
白く首の長いカイツブリがいれば。
多分それがカンムリカイツブリだと思いますよ。
応援をいつも有難うございます。


桜台のスミレ 様
そうですね、この体格でこの獲物。
胃の中はこの獲物だけでいっぱいかもしれませんね。
でも凄い食欲と迫力です。


tidori 様
蛇などが口より大きな獲物を丸呑みすることは知られておりますが
鳥もそれに近い嚥下能力があるのかもしれませんね。
アオサギはウシガエルまで捕食するのですね。
ウシガエル、随分大きいカエルですが それでもね~

ホロホロ  様
偶然ですが、始めから一部始終を見ていました。
途中でこの魚は飲み込むのに多分無理なのではないか・・
なんて思って居りましたが凄いものですね。ついに飲み込んでしまいました。
胃袋に収まった魚、さぞかし無念であったろうと想像いたします(笑)


あとり 様
鳥の飲み込む力って凄いですね。
人間は加齢と共にお餅で喉に痞える人もいるぐらいですから・・・
自分も他人事ではなくなってきました(笑)
応援をいつも有難うございます。

時々こんな場面に出会いますね。
カンムリカイツブリだけでなく、カワセミも大きな魚に四苦八苦していることがあります。
一度は、モズのヒナが大きないもむしみたいなのを口に入れ、目を白黒させていました。
でも、このカンムリさん、どうにか飲み込めたようで、良かったです。

こんばんは^^

カンムリカイツブリの、お食事、豪快ですね。
細い、くちばしで、大きな魚を飲み込むシーンは、
思わず、がんばって、もう少しと、言っていました^^
こんな、大きな魚を捕まえるなんて、
さすが、水面のハンターですね^^

鳥の名前も色々ですね^
ハイチュう画もう目から離れません。
このカンムリカイツブリは冠の様な毛があるからかしら。

今朝は少しあたたかいようですね。

korekore  様
猛禽のように大きな獲物を小さく千切って食べるのは判りますが
このカイツブリのように丸呑みする鳥たちは、食べられる範囲内の獲物とそうでない獲物の境界線の判断が大変ですね。
窒息することって?? 
ないですよね(笑)

k-24 様
コメントを有難うございます。
かなり長い時間飲み込めず、こちらで見ているほうも固唾を呑んで見ていました。
しかし凄いものですね~
食欲と言うより生への姿勢なのかもしれませんね。


hirugao 様
手持ちの図鑑によればカンムリカイツブリの名前、
「頭に冠羽があり、名の由来となった」とあり、
「 hirugao」さんの想像どおりだったと思います。

こんにちは。

出先なので、応援で失礼します。

ぽち^^。

ビックリですね~!食欲旺盛なカンムリカイツブリさんは・・・・。
大きな魚の獲物に四苦八苦しながらも飲みこむ様子
見ている私も頑張ってと応援したくなります。

腹八分目・・・なかなか実行するのが難しく四苦八苦している私です!coldsweats01

セロリさん  様
自分達見ている者たちも
あれで飲み込めなくなったおなら・・・と皆さん一応に心配してしまいました。
でも心配はご無用、流石は自然界で生きている生き物達は逞しいですね。
腹八分目が難しいのは「セロリさん」だけではありませんよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/62914447

この記事へのトラックバック一覧です: 水面のハンター カンムリカイツブリ:

« ハイイロチュウヒ オス・メス | トップページ | ホームイルミネーション »