2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« JRさわやかウォーキング スズキ歴史館 | トップページ | 河川敷にて »

2015年12月 9日 (水)

河川敷の猛禽たち チュウヒ・ノスリ

山手の公園には未だ冬鳥の姿は少なく、この日は河川敷で猛禽を待った。この日のお目当てはハイイロチュウヒ、先日メスが現れたとの情報もあって待つこと暫し、先ず現れたのは御馴染みのノスリです。

 

119a2536

ハイイロチュウヒ、通称ハイチュウはついに現れることなく飛来してきたのはチュウヒ。この鳥は先日隣県まで出かけ撮って以来の猛禽です。


119a2672
拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -845-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

 

« JRさわやかウォーキング スズキ歴史館 | トップページ | 河川敷にて »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

上から2枚目、3枚目のノノスリは珍しいアングルですね。
まるで、自分に向かって飛んできそうです。
今年は秋から気温が暖かいせいで、冬鳥の姿が見られないのでしょうか。
そうだとすれば、この過ごしやすい暖かさも鳥ファンにはちょっと恨めしいですかね。

河川敷値でゆっくりしていたら鳥さんたちに
出会えるのでしょうね。

いつもばたばたしているのでなかなか撮れません。
優雅に飛んでいるの素敵ですね。

猛禽類の飛び方は違いますね。
迫力を感じました。
応援ポチリ!

walkerz 様
2枚目と3枚目の時は鳥が真っ直ぐこちらに向かってきました。
冬鳥たちが居ないわけ、やはり暖かい影響があるのかもしれませんね。
それに山のドングリをはじめ木の実が豊作だと聞きました。
それも影響しているのかな。。


hirugao 様
広い河川敷には猛禽類がこの季節には集まってくるのでそれを待つわけです。
でも、山の小鳥達が早く平地まで来て欲しいものです。

あすか  様
自分は猛禽より山から来る可愛い小鳥達を待っているのですが
今年は小鳥の姿が滅法少ないのです。
猛禽もカッコいいのですがね~
応援をいつも有難うございます。

こんばんわ♪

風邪でダウンしてしまったので、応援のみで失礼します。

P☆

こんばんは。

ピーカンの青空に飛ぶ、ノスリやチュウヒを綺麗に撮影されていますね。
私は猛禽の違いがわかりません。あまり見たことがないためかな。
でも、今年はミサゴをたくさん見たので、ミサゴだけは分かると思います(*^-^)

冬鳥の小鳥たち。到来が遅れているのですね。
ここ数日でやっと私もMFでツグミ・ジョウビタキを見ました。

こんにちは。

猛禽はいいですね。

飛んでいる姿。。。。様になってます^^。

かっこいい!。

ぽち。

青空に映えるノスリですね。
なかなか目まで入れて撮るのは難しいものですが・・・
そして、最後のチュウヒもよく撮れてますね。
猛禽類は難しいです。

こんばんは^^

猛禽類は、迫力がありますね。
真正面から撮られた、ノスリ
羽をきれいに広げた、チュウヒ、かっこいいです!

この前、ジョウビタキに会ってから、
鳥さんの魅力が、一層、増しました^^

カシオペア 様
風邪ですか・・・
寒暖の差が大きいので体調管理が難しいですね。
お大事にお過ごし下さい。
応援をいつも有難うございます。


ホロホロ 様
猛禽は姿形の似ているものが多く自分も名前の分らないものが多いです。
近くに居るベテランさんにその都度確認していますが、
せっかく聞いても記憶違いもありブログUPには気を使います。
山の冬鳥達、本当に遅いですね。。
これから寒くなってくればと期待はしているのですが。


あとり 様
猛禽、やっぱりカッコいいのが一番です。
猛禽専門のカメラマン氏もいらっしゃいますがその気持ちも分ります。
応援をいつも有難うございます。

korekore  様
猛禽類を撮り始めたのは今年が初めてです。
過去にはミサゴぐらいで・・・
今年は春にはクマタカ、夏場にハヤブサを、そして秋にはハチクマやツミにサシバ・・・そして先日はハイチュウと猛禽が続いてしまいました。
でも本当は小鳥が好いのですが。

k-24 様
猛禽のよさはそのカッコいいスタイルかもしれませんね。
冬の小鳥たちが居ないので猛禽が続いてしまいました。
ふるさとで撮られたジョウビタキ、バッチリでしたね。
鳥撮り、本当に楽しいものです。

これだけ大きな鳥ならではの動きですね。
時々空高くトンビが飛んでいますが
望遠レンズを持っていないとだめですね。


こんにちは。
透き通る青空にノスリ、チュウヒの飛翔が素晴らしいです。
私には難しくて区別が出来ません。
真正面のお写真素敵です。
手を出したら乗ってくれそうな気がします。

猛禽類は、迫力ありすぎです。

3枚目の「ノスリ」こちらに向かってくるように感じ
思わず「きゃ~」と言いそうになります。(笑)

都会では鳥たちも、開発でねぐらを追われて大変らしいです。
居間夫がアルバイトしている所は、前にオオタカの住みかだった所で
現在「近隣が開発されてため姿が見えなくなった。」と聞きました。

こんにちは。

今、仁が飛んでいるんですけど。。。

かなりバタバタした姿です。

猛禽とはちがいます^^;。

でも、いちおうオーストラリア最速の鳥(時速50.4キロ)なので、

捕まえるのは大変。。。

意地になってもう2時間ケージに戻らないので、現在必死で呼びかけ中です^^;。

ぽち。

hirugao 様
ノスリやチュウヒはトンビより少し小型ですが立派な猛禽です。
トンビは上空を舞っているときにはそれ大きく見えませんが」図鑑によれば
翼長が約1.6mと小柄な人間ぐらいあるそうです。
大きいですね~ 
応援をいつも有難うございます。

桜台のスミレ 様
コメントを有難うございます。
「桜台のスミレ」様のブログには毎日訪問させていただいております。
今日UPの野鳥たち、やや大き目の鳥なので掌には少し重過ぎるかもしれませんね。
小鳥ならば可愛いでしょうね。


セロリさん  様
こんな猛禽が直進してくれば「セロリさん」ならずとも誰でも怖いと思いますよ。
直進してきたノスリの翼長、図鑑によれば1.2~1.3メートルもあります。
幸いにも日本では人を襲う鳥は居ないので安心です。
湘南のトンビはお弁当ドロボーだと聞きましたが。


あとり 様
仁君は篭脱け?なのでしょうか?
となれば心配ですね。
室内での話しだと思いますが・・・
50.4kmの速さで飛ばれては衝突したときが心配ですね。
無事ケージに入ることが出来れば好いのですが。。。
応援をいつも有難うございます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河川敷の猛禽たち チュウヒ・ノスリ:

« JRさわやかウォーキング スズキ歴史館 | トップページ | 河川敷にて »