2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 湖畔の野鳥たち | トップページ | 富士スバルライン »

2015年11月11日 (水)

手乗りのゴジュウカラ、ヤマガラ

富士五湖のひとつ、西湖近くに存在する西湖野鳥の森公園。
9月に手乗りの可愛いヤマガラちゃんとゴジュウカラを至近距離で見てきましたが、ゴジュウカラが1羽増えて3羽になり、しかもその内の1羽がヤマガラを真似て手乗りでヒマワリの種を食べると聞き、夫婦で出かけた富士スバルラインへのドライブの途中に立ち寄ってきました。

公園の売店で餌となるヒマワリの種を購入、ヤマガラは何時ものとおり直ぐに来てくれます。

Img_1611

ヤマガラの想像以上に軽いこと、可愛かったこと、そして掌に残るその感触は今でも忘れることが出来ません。Img_1594
家内も重いデジイチ片手に奮闘中です。

119a0527
両手に餌を用意すれば双方の手にも。。。

119a0562
ヤマガラちゃんは何度も来てくれますがゴジュウカラがなかなか来てくれません、梢の上や餌箱には直ぐ来るのですが。

119a0618
この後、近くにやって来た男性の手には直ぐに・・・
この男性、「私は毎日来ているので慣れているのかもしれませんね」と笑って話してくれました。ゴジュウカラも毎日来ている慣れた人の方が良いのかもしれません。119a0702

Img_1664

Img_1666

前回はOKだった三脚の使用、一般客への配慮から現在は三脚の使用は禁止になりましが持参した風景用の広角ズームレンズ(24~105mm)で充分間に合いました。
小鳥達との触れあいを楽しんだ後は、富士スバルラインへと向かった。
スバルラインのレポートは後編として次回にUP致します。この続きもご笑覧いただければ幸いです。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -831-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 湖畔の野鳥たち | トップページ | 富士スバルライン »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

手乗り文鳥は昔からよく聞きますが
神社や夜店で良くやっていたおみくじをくわえてくる姿を思いだします。

シジュウカラとゴジュウカラの違いもあるのでしょうか。

あすか  様
ヤマガラは昔おみくじでよく見かけましたね。
シジュウカラとゴジュウカラは全く別の野鳥で
ゴジュウカラはやや高地を好むので自分達が住む平野部では滅多に見ることが出来ませんが、
シジュウカラは何処にでも見られるポピュラーな野鳥です。

ヤマガラの色からすると最近見られるようになった鳥なのでしょうか。
きっとすごく軽いのでしょうね。
シジュウカラ、ゴジュウカラよくわかりません。

昨日シマシマのスズメくらいの子を見かけました。
季節でこの辺りの鳥も変わるのですね。

おはようございます。

とても楽しい体験、このような可愛らしい小鳥ちゃんとの
体験が出来ると、ますます小鳥たちが可愛くなって
来ますね。
それにしても驚きです、野性のヤマガラちゃんが、
奥様の両手に乗ったところをパチリ、とても良い思い出に
なる写真です。

hirugao 様
ヤマガラは1年中近くで見ることが出来ます。
シジュウカラと、ゴジュウカラの違い、ゴジュウカラはやや高地を好み市街地で見ることが出来ませんがシジュウカラはヤマガラ同様何処にでも年中見ることが出来ます。
里山まで行かなくても「hirugao」さんの近くにも居ると思いますよ。。。

里山コウ 様
この公園のヤマガラ、実に人に慣れており可愛いものです。
手の上に乗ってくれた時の嬉しさは格別でした。
また行って見たくなります。
応援をいつも有難うございます。

こんにちは♪
手のひらで餌をついばむヤマガラちゃん、可愛いです~(^^)v
人間の事を信用しきっているんでしょうね。
三脚の件ですが、最近は使用禁止の所が多くなりましたね…
私はそれよりも自撮り棒を禁止にして欲しいです。
これって周りに居る人の顔とか頭にに当たる事があるんですよね…
フジスバルラインからの写真も楽しみです。
5合目の駐車場から見る富士山頂は迫力があって大好き~(^_-)-☆

P☆

おはようございます。
山がらもゴジュウカラもめちゃくちゃ可愛いです。
毎日でも見に行きたいです。(笑)
お近くの方はいいですね~うらやましいです。
ちゃんとお顔も覚えるのですね~。

こんにちは~
ヤマガラちゃんが手に乗った感触も
あの楽しさも忘れられませんよねぇ。
ゴジュウカラも手乗り!!
もうびっくりですよ~。
毎日のように通いたくなる場所ですよねぇ。

奥様もお写真撮るんですね!
夫婦で同じ趣味っていいですねぇ。
P☆

スバルラインのお写真も楽しみにしています^^

カシオペア 様
自撮り棒、同感です。この日スバルライン五合目でも
この棒があっちにもこっちにも・・・
きゃあきやあいいながらこの簿を前に2人、3人と某国の女性達です。
大人のマナーが悪いから若い子たちも右へ習え!
応援をいつも有難うございます。


桜台のスミレ 様
近いといっても片道150km以上あり結構疲れますが
それでも疲れを忘れさせてくれるに十分な小鳥達です。
後から来た男性のように毎日散歩を兼ねてやって来る人、
鳥に顔を覚えてもらえるなんて本当に羨ましく思いました。


はぴ 様
はぴ様同様、また行ってきました。
それもこれもはぴ様のブログで知ったからです。
はぴ様のおかげです。
家内もカメラは持っていますがそれ程好きではない様で。。
応援をいつも有難うございます。

こんにちは。

なんてかわいいんでしょう。

小鳥は見かけより軽いものですね。

25センチほどの大きさの仁ですら、食パン一枚より軽いんですもの。

こんなかわいい子たちがいっぱいだなんて。。

小鳥好きにはたまりません^^。

ぽち。

あとり 様
そうですか、体長が25センチもの仁君ですら食パン一枚より軽い・・・
と、なればこのヤマガラちゃんの重さはビスケット1枚分位?
空中を自在に飛びまわる小鳥達やっぱり軽いんですね~
応援をいつも有難うございます。

こんばんは。

いいなぁ〜! いいなぁ〜! 
のっけから失礼いたしました(^-^;
手乗りヤマガラちゃんもゴジュウガラちゃんも。

両手にヤマガラ。奥様のハッピーな笑顔がわかります〜♪
奥様の片手で撮るデジイチ、さまになっていてステキです。

ヤマガラのお目目がとても可愛いく撮れてますね。
ここのヤマガラはハッピーなのですね。

ホロホロ  様
自分達夫婦も再度の訪問でしたが何時出かけても満足出来るところ・・・そんなところです。
自分達の他にも何人かの観光客が居りましたが皆さん揃ってニコニコ顔です。
小動物とのふれあい等は数多くありますが、野生の鳥との体験は少ないのでは?
また出かけたくなるほど楽しかったです。

こんばんは。
ヤマガラの手乗りはあちこちで見ますが、ゴジュウカラの手乗りは珍しいですね。
初めて見ました。
私が毎年行くペンションでもごじゅからが始終やって来ますが、手乗りになるまで離れてません。
ヤマガラは、以前、カメラのレンズを覗きこむところを撮った事がありますが、あまり慣れすぎると、図々しくて・・・・(笑)

手乗りしてくれるヤマガラ。
その感触、一度は味わいたいものです。
軽いそうですね。
いじらしくもあり、かわいいものでしょう。
ゴジュウカラも、数度撮ったことはありますが、また久しぶりに撮らせてもらいたいです。

手乗りしてくれるとかわいさ倍増ですね。
本当に小さくてかわいいですね。
ゴジュウカラは人をそれぞれ認識しているんですかね。
カラスは認識できるときいていたのですが・・・・。

ソングバード 様
公園に居た人の話しでは、
8年ぶりに来たゴジュウカラはヤマガラのマネをしたのではないかと話していました。
ヤマガラは公園事務所の中にまで入ってくることもあるそうです。
事務所のパソコンの上にとまって居る写真が飾られていました。


korekore  様
小鳥って本当に軽いものです。
掌に止まったときにはその感触で分りますが
厚い服を着たときだと肩等に留まっても分らないかもしれません。
とにかく軽かったです。

walkerZ 様
人を認識できる能力があるのか不明ですが、
自分達夫婦が手を差し伸べても来てくれないのに
毎日来ているという男性のところには直ぐ来たのにはビックリでした。
やっぱり認識しているのかもしれませんね。。。

コメントありがとうございました。
あの鵯越の駅はかいてくださったとおりなんです。
ただどのあたりかわから無かったので
記事には書きませんでした。

ありがとうございました。

手乗りゴジュウカラとは・・・、初めて見ました。
なかなかお目にかかれないのに、目の前、しかも手の上とは!
背中の明るいグレーは、シジュウカラのそれとは違ってまたきれいなのでしょうね。
奥様も両手に花じゃなくて鳥とはうらやましいこと!

奥様と一緒に大好きな小鳥さんたちと
楽しい時間をお過ごしになられて良かったですね~。

ゴジュウカラさんは、人見知りな鳥なのかな・・・・・?

思いカメラを片手に奮闘されている奥様に、優しい目線で
カメラを向けておられるcoutry walkerさんに・・・応援 ☆ ポチリです。

こんにちは。

ペットとしてのてのりちゃんたちは、雛の頃から、

さしえで育て、手に慣れさせなければならないのですが。。

野生でこうしてくれるのはうれしいですね。

ベランダにくる雀たちは洗濯物を干していると、私のうしろをちょこちょこついてはきますが。。

たまに間違ってとまってしまったというかんじくらいで、

積極的にのってはきません^^;。

もう1年以上たちましたが、進展はないですね^^。

ぽち。

hirugao 様
鵯越の駅。頼りない想像でしたが的中したみたいですね。
歴史的には有名な所なのですが
義経の鵯越については異論も多く定説には至っていないのかもしれません。
♪鹿も四つ足、馬も四つ足、 鹿の越えゆくこの坂路、・・・
この唱歌は今でも覚えています(笑)


tidori 様
このブログを見て、鳥撮りの知人の皆様方もゴジュウカラが・・・?
と、驚いていました。
固体の差もあってこのゴジュウカラは人馴れし易いタイプのかもしれません。
でも本当に楽しかったですよ。


セロリさん  様
家内共々、楽しい時間を過ごすことが出来余した。
写真は好きと言うよりごく普通な家内で通常ではコンデジ以外持ち歩かないのですが、
この日は重いデジイチ持参でした。
写りの違いだけは分ってきたみたいです。

あとり 様
生まれついての野性の小鳥をこれほどまでに懐かせたのは
此処の管理事務所の姿勢でしょうね。
観光客は皆さん皆ニコニコ顔でした。
野生の小鳥への餌やりについては各論ありますが、
公園の池の鯉に餌を与えたり、寄って来る鳩やスズメにやる餌やり。
これには異論は無いのですが、難しいですね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/62418365

この記事へのトラックバック一覧です: 手乗りのゴジュウカラ、ヤマガラ:

« 湖畔の野鳥たち | トップページ | 富士スバルライン »