2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 今年二度目 ナベヅル | トップページ | 秋の京都(2) »

2015年11月29日 (日)

秋の京都(1)

今秋もまた京都へ行ってきた。昨年は下鴨神社から「しょうざん」、「源光庵」、「光悦寺」の鷹ヶ峰方面でしたが、今回は今まで行ったことのない「一休寺」、「石清水八幡宮」の二ヶ所です。

現役時代には十数年の関西勤務経験があり、大好きな京都へは随分訪れました。
観光バスが立寄る寺社や名所は一通り行ったつもりでしたが、今回の二ヵ所は全く初めてのところです。

最初に寄ったのは石清水八幡宮。京阪八幡市駅前から男山ケーブルに乗って八幡宮本殿へ。119a16552八幡宮本殿前です。七五三を祝って着飾った家族連れの姿が多く見かけられました。

119a1609
本殿裏側と信長塀、信長寄進とされる名古屋熱田神宮の信長塀を思い出します。

119a1615
119a1612
119a1622
南総門前参道です、沢山の石灯籠が目に付きました。

119a1635
119a1632
男山山頂の広い敷地内に建てられている石清水八幡宮。
平安初期に建立されたと伝えられ、天皇の行幸や上皇の御幸は実に240余度にも及ぶ皇室の御崇敬厚い境内には建造物16棟が国の重文に指定されている。
紅葉は目を見張るほどではなかったものの参拝価値の十二分ある立派な神社でした。
もうひとつの訪問先、一休寺のレポートは次回ご紹介させていただきます。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -840-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 今年二度目 ナベヅル | トップページ | 秋の京都(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
今時期は京都の紅葉も最盛期なのでしょう。
石清水八幡宮は 名前は聞いたことはあります。
初見なので私もじっくり拝見いたしました。ありがとうございます。
応援ポチリ!

おはようございます!

石清水八幡宮のブログアップを拝見してとっても嬉しいです。happy01

源氏と鎌倉の関係が源頼義より始まり、この地に源氏の氏神様である
石清水八幡宮を、勧請しました。これが由比若宮(現在は、元八幡)です。
鎌倉に入った源頼朝が、遷座して鶴岡八幡宮と称しました。
         updown
本日午後より検定に臨むのでこちのブログを拝見し石清水八幡宮に
ひそかにお祈り(源氏の神様に神頼みの悪あがきかな?coldsweats01

あすか 様
はい、今年もまた行ってきました。
京都でも紅葉の名所と言われるところに比べれば
目を見張るほどの紅葉はありませんが、
予てから一度訪れてみたいと思っていたところなので、念願が叶い
充分満足が出来ました。
応援をいつも有難うございます。


セロリさん 様
流石は歴女の「セロリさん」良くご存知ですね。
自分も吉川英治の「新平家物語」に何度も登場するこの
石清水八幡宮には関心がありましたが「セロリさん」ほど詳しいことは知りませんでしたよ。
石清水八幡宮から遷座して鶴岡八幡宮が・・・これも初めて知りました。
改めて流石です!

本日の検定、大丈夫ですよ。
源氏の神様のご加護が必ずあります。

毎年京都には行かれるのですね。
近くにいるのに今年はまだ行っていません。
石清水八幡宮の鬱かしい紅葉に出会えてよかったですね。

紅葉の終わった京都を歩いてみたいです。

hirugao 様
毎年必ずではありません。
一昨年秋には鎌倉へ、その前年は都内の紅葉を楽しみましたが、
都内の旧大名庭園等、公園の紅葉の美しさにビックリしたものです。
その前は京都や湖東三山・・・でしたが。
京都へは主に秋に出かけることが多いです。

こんにちは♪
私は未だに紅葉の京都へは行った事がないんです。
その混雑ぶりについ足が引けてしまって…
今年の京都の紅葉は例年と比べてどうでしょうか?
こちら鎌倉はどうやら外れで、見栄えのしないものになりそうなんです…(-"-)
京都の源光庵と言うと「悟りの窓」があるお寺ですね。
私は此処だけは紅葉の時期に行って撮りたいと思っていて…
蛇足ですが、私がよく撮る鎌倉の明月院の丸窓も「悟りの窓」と言うそうです。

P☆

カシオペア 様
春と秋の京都、特に秋は人・人・人で写真を撮る場合人も風景の一部と割り切らないと無理かもしれません(笑)
鎌倉と比べれば少しはマシとも思いますが。
今年の紅葉、当地でも全くダメと聞き、行くことを半分諦めているところです。今夏の気象状況によるものだと言われていますが。
青い葉が残っているのに枯れた葉も随分あり、平均に紅葉していないのです。京都でも他の地区は分りませんが同じかもしれません。

源光庵、昨年はJRのポスター「そうだ 京都 行こう」に登場したので観光客が殺到。「悟りの窓」である丸窓前では見張りの人も立ち撮影禁止でガッカリしたものです。
今年は撮影が可能なのか不明です。
応援をいつも有難うございます。

京都にはたくさんの神社仏閣があり、ここは初見でした。
信長塀、昨年熱田神宮で見ましたが同じですね。
緑の中に映える赤が、これはこれで素敵です。
参道がとてもいい感じですね~。
次回も楽しみにしています。☆

舞 様
私は在阪の時期も長く、
京都へは随分出かけたつもりでしたが
此処石清水八幡宮と、次回投稿の一休寺は未知のところでした。
此処は紅葉名所ではなく歴史のある神社として詣でました。
しかし所々に紅く彩りを添えてくれる紅葉がポイントとなってそれが趣を感じました。
風景写真の上手い「舞」さんならばもっともっと素晴しいショットが撮れたことと思います。
このポイントをはじめ、もう少し何とか表現できたなら・・・と思いましたが拙いウデで致し方ありません。
応援をいつも有難うございます。

こんにちは。

秋の岩清水さんもいいですね。

初詣には行くのですが。。。

秋にも行ってみたくなりました。

ぽち。

あとり  様
「あとり家」の初詣はこの石清水八幡宮だったのですか。
歴史があり、厄除けの神様として関西地区では人気の神社なのですね。
納得です。
応援をいつも有難うございます。

今年も紅葉を愛でに京都ですか。いいですね~。
石清水八幡宮立派な朱塗りの本殿ですね。
平安初期に建立され、国の重文となれば、建造物だけでも一見の価値がありますね。
紅葉も、宮全体が赤く染まるという感じではなかったようですが、
朱塗りの建物の中に、青々とした森のところどころに真っ赤な紅葉がある・・・
この程度が全体として美しいのかもしれません。
下二つの写真、季節感を十分感じました。

walkerZ 様
仰るとおり、全山燃えるような紅葉の表現には遠い状態ですが
紅いポイントが其処此処に・・・そんな感じの神社でした。
しかし、この神社の歴史、16棟の建造物が国の重要文化財の指定され
見応え十分のところでした。
訪ねて良かったと今でも思っております。

写真を見せていただいた時にこの土塀の事を信長塀と
言うのを初めて知りました。
先日奈良の東大寺のあたりにもありました。

とても勉強になり嬉しく思いました。

私も名前は聞いたことがありますが、写真を見せていただいて、
趣きがある良い神社ですね。
京都観光の通が行く所でしょうか・・・

信長塀・南総門、塀も灯籠も素晴らしい表現ですね。

hirugao 様
信長塀、ネットで調べたところ
鉄砲の銃撃や耐火性、 耐久力に優れていたとされ、
実際に信長からこの塀を奉納されたところは熱田神宮ですが
各地に広がったのかもしれませんね。
奈良の東大寺あたりにもあるのですね。
全く知りませんでした。
応援をいつも有難うございます。

ホロホロ 様
自分も予てより関心のあったこの神社と一休寺に
今年は迷うことなく訪れることに決めました。
通ではありませんが関心が大であったことには間違いがありません。
そのかわり燃えるような紅葉はありませんでしたが。。。

こんにちは。

あすからいよいよ12月ですね。

バタバタしそうです^^。貧乏暇なしで。。

来月もよろしくお願いいたします。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/62700438

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都(1):

« 今年二度目 ナベヅル | トップページ | 秋の京都(2) »