2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 初見・初撮り アカガシラ鷺 | トップページ | 今年二度目 ナベヅル »

2015年11月25日 (水)

冬鳥の季節 カワアイサ

冬鳥のアイサ類でもパンダ鴨として人気のミコアイサやウミアイサ、そしてカワアイサの雌は過去にも撮った事がありますがカワアイサの雄は初めて。

下写真、頭の黒っぽく見える鳥が雄で茶色がメス。

119a1399

雄が2羽。

119a1444

オスでもなくメスでもない変わった羽の1羽はエクリプス中?(カモ類の雄で一時的に見られる雌に似た地味な羽色)

119a1411

雄・雌交じって遊泳中です。119a1417

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -838-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 初見・初撮り アカガシラ鷺 | トップページ | 今年二度目 ナベヅル »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

鴨もいろいろな種類がいるものですね。
オスとメスで色が違い、素人が見ると別の鳥に見えますね。
country walkerさんのブログをみるようになって、
近年は鳥の写真が多くなり、私もいつしか鳥にちょっぴり興味が出てきました。
ウォーキングしながら、川や池の鳥をみながら、何の鳥かな、と眺めたりしています。

walkerZ 様
いつも早いコメントを有難うございます。
いつも出かける公園、今年は全く不調でなかなか冬鳥達に出合う事が出来ませんが
カモ類を筆頭に水鳥たちは沢山来ています。
水鳥も種類が多く鳥の名前が難しいのが悩みのタネです。
今日は少し違う場所へ行ってみますが果たして??

アイサ??
初めて聞く言葉です。(やはり鳥無知だー)(;'∀')
鴨の一種なのですね。
都会の川にいる普通の鴨しか知りません。
応援ポチリ!

鴨の種類にこういう不思議があるのですね~

♂なのに♀のような地味な感じなんて面白いですね。
ソロソロこちらでも鴨池が賑わってきそうです。

こんにちは♪
カワアイサのオスはまさにパンダカラーですね~(^^)
我が家の近くの川でもカモが多く見られます。
でも上空にはトンビが舞っている時もあり、襲われないか心配で…
先日はトンビがボラを捕まえて飛んで行くところを見ました。

P☆

こんにちは。
きれいなカモさんですね~。
のんびりと仲良く幸せそうでうれしくなります。

あすか  様
鴨の仲間ですが食べるものは主に魚。
鵜のように潜水して捕るそうですが大きな群で飛来することもあり
アユやワカサギなどの名所では嫌われ者となることがあるそうです。
応援をいつも有難うございます。


hirugao 様
図鑑によれば、
「鴨にはエクリプスと呼ばれる繁殖期を終えたあとのカモ類の雄で一時的に見られる姿・・・」とあります。
応援をいつも有難うございます。


カシオペア 様
カワアイサの雄はパンダカラーですね。
鴨はもっとパンダに似た感じのミコアイサと呼ばれる鴨が居り、間もなく当地方でも見られると思います。
鳶は通常では生きた鳥や動物を襲うことはないと言われており、生きた鴨を襲うことはないと思いますよ。
湘南では弁当強盗として鳶がかなりの嫌われ者となっていますね。

桜台のスミレ 様
諏訪湖ではワカサギを、琵琶湖でもアユを大量に捕食すると嫌われているそうですが
当地ではこの鳥の数が少ないので貴重な鳥として珍重されております。

こんばんは~!

水鳥も色々な種類があるんですね~。
カワアイサもやはり鴨の仲間なんですよね。
こちらの鳥もメスの方が地味系なんですか?

3年前に三浦半島の燈明堂という場所をウオーキングした時、
海に鴨のような鳥が浮かんでおり、黒でもじゃもじゃした寝癖のような頭の鳥を見ました。
カメラマンさんに聞いたら「ウミアイサ」といったような気がします。(記憶が間違ってなければ)
仲間のでしょうか?

セロリさん 様
女性である「セロリさん」には申し訳ないのですが、鳥の世界ではメスの方がキレイと言われる種類は極く僅か。
オスメスの区別のつかない鳥も多くいますが、殆どの鳥はオスの方がキレイなのです。
もじゃもじゃした寝癖頭の鳥、それは間違いなくウミアイサです。
鴨の仲間のアイサ類にはウミアイサやパンダ鴨として親しまれるミコアイサ等々がおりますが、このカワアイサもこの仲間のひとつです。

こんばんは。

カワアイサがたくさんいますね。
私もまだカワアイサの♂は見てないです。ウミアイサ♂と似ていますね。
♀とボサボサ頭のウミアイサは見た事があります。

こちらの川でも潜るカモは釣り人に嫌がられているようです。

こんにちは。

アイサってくちばしの形がかっこいいですね。

ミコアイサもかわいいパンダ柄なのに。。。

そうですもの。

ぽち。

ホロホロ 様
撮影地域にはざっと25~30羽位は居たと思います。
私もカワアイサの♂は初めてでした。
後1ヶ月ぐらいでオ♂の頭部分の濃い青色がもっとハッキリしてくるそうです。
その頃まで居てくれたなら再度訪れて見たいものです。
潜水する鳥、鵜と同じで嫌われるのですね。


あとり 様
鳥に詳しい「あとり」さん。
ミコアイサもご存知なのですね。
流石です。
応援をいつも有難うございます。

お天気がいまいちですね~
鳥たちは寒くないかとおかしなことを考えてしまいます。

川でのサギのエサ取りを見ていてそんなことを
思ってしまいました。

今朝鴨川にも♀3羽が来ましたよ。ようこそという感じです。
この夏帰りそびれた♀が1羽いたのですが、それとは別の仲間かもしれません。
来たばかりで、お腹がすいたのか、盛んに潜って餌採りをしていました。
カモが少なくて寂しい鴨川ですが、こんなのが来てくれると嬉しいですね。

カメラが故障して撮れなくて残念です。

カワアイサが撮れましたか。
羨ましいこと。
おまけに『 オスでもなくメスでもない変わった羽の1羽 』 というのも、とてもかわいいですね。
こんなエクリプス中というのも、貴重な体験ですね。
カワアイサは今季の目標の一つです。

hirugao 様
今日も寒かったですね。
これが当たり前なのか分りませんが、今までが暖かすぎたのかもしれませんね。
応援をいつも有難うございます。


tidori 様
鴨川にも♀3羽が来ましたか。
こちらでも盛んに潜っては餌を獲っているようでした。
鴨はやっぱり少ないですか・・・当地方でも皆さん一様の同じことを話しております。
カメラの故障、早く直るといいですね。


korekore  様
季節の鳥の先端を撮っておられる「 korekore 」さん。
このカワアイサは未だでしたか。
「 korekore 」さんに周回遅れの自分ですが、たまにはこんなこともあるのですね。
エクリプス中のカワアイサも撮ることが出来て良かったと思っています。

こんにちは。

ぐっと寒くなりました。

お風邪ひかれませんように。。。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/62658063

この記事へのトラックバック一覧です: 冬鳥の季節 カワアイサ:

« 初見・初撮り アカガシラ鷺 | トップページ | 今年二度目 ナベヅル »