2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 水辺のハンター ミサゴ | トップページ | 水辺の鳥たち マガン »

2015年10月26日 (月)

美しい蝶 アサギマダラ

地元紙にアサギマダラの記事が掲載されており、掲載されていた磐田市昆虫公園の庭へと見に行ってきた。

公園内の一角にフジバカマが多く植えられた場所があり、この日は5頭(蝶は匹では無く頭と呼ぶそうです)のアサギマダラが集まっていました。

119a7649
119a7946
119a7959この蝶、美しいだけでなく渡り蝶としても知られており、追跡調査によれば1.000km以上飛ぶことでも知られています。

119a7791
119a8118
119a8065
ウィキペディアによれば
「アサギマダラの成虫は長年のマーキング調査で、秋に日本本土から南西諸島・台湾への渡り個体が多く発見され、または少数だが初夏から夏にその逆のコースで北上している個体が発見されている」
この美しい蝶が台湾や西南諸島まで飛び、渡り鳥並みの飛翔能力があることに驚くばかりでした。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -821-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 水辺のハンター ミサゴ | トップページ | 水辺の鳥たち マガン »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

ついに、蝶まで取り始めたのですね(笑)。
飛んでる鳥も撮影はむつかしそうですが、蝶も難しそうですね。
飛んでいる姿、良く撮れていますね。
肉眼でなかなかこんな姿は見ることができないので、
大変興味深く拝見しました。

専門家もいるとか聞いているほど蝶も種類の多い生き物ですね。
あんなひ弱そうな羽で何千キロも旅をする。何か神秘さを感じます。
応援ポチリ!

アサギマダラ…綺麗な翅ですね。
それにしても1000キロも飛ぶなんてスゴイ…これも生きるためなんでしょうね…(^^)v
この体にそんなエネルギーが潜んでいるとは思えません。
そう言えばクジラも種によっては何千キロも回遊すると聞きました。

P☆

何年か前に八方池で見ましたがそれ以来
見ていません。
本当に美しい蝶ですね~そして渡りをするなんて
聞いた時もびっくりでした。

フジバカマをたくさん植えて立ち寄ってもらおうかな(笑)

walkerZ  様
昆虫にはあまり興味が無く、今まで関心も低かったのですが
新聞を見て出かけてしまいました。
実にキレイな蝶で1.000km以上も飛ぶ神秘性にも惹かれてしまいました。
蝶も思った以上に動きが早く、飛翔中の写真はなかなか撮れなかったです。
でも、出かけてよかったと思っています。


あすか 様
この日も昆虫専門のカメラマン氏も居りましたが
その方の話しでは蝶も種類が多く遠征してまで撮りに出かけるそうです。
鳥撮りと同じですね(笑)
応援をいつも有難うございます。


カシオペア 様
サケも生まれた川に戻ってくと言いますし、
野鳥の世界や昆虫の世界でも
その不思議な能力には神秘性を感じますね。
この蝶は羽を動かす回数が少なく、気流に乗って帆翔するのが上手いので遠くまで移動できると聞きました。
応援をいつも有難うございます。

hirugao 様
今まで蝶など昆虫には関心が無かったので自分も初めて撮りました。
フジバカマが咲いているとこには飛来してくるそうですよ。
こんなに美しい蝶ならば大歓迎です。
お庭にフジバカマを増やすのも一興かもしれませんね。

おはようございます。

アサギマダラは私も、何度か見たことがありますし
写真も撮りましたが、飛んでいる姿を撮ることは
出来ませんでした。
最後から2枚目の写真の飛行中のアサギマダラの
羽の曲がり方が良く撮れていると思います。
これで空気をつかんでふわりと、飛ぶんですね。

おはようございます。
アサギマダラきれいですね~。
ステンドグラスのようです。
お腹一杯にして長い旅を無事にと願わずにはいられません。
昔にTVで見て感動しました。
素晴らしくて絵葉書を見ているようです。

里山コウ 様
蝶、鳥などと比べて遅く感じることがありますが
動きは想像以上に早く、飛翔中の写真は難しかったです。
撮れたと思えば目や触覚が入らず、入ったものは羽の位置が悪いとか・・・
下から2枚目、触覚はハッキリしませんが羽の感じが表現できたかな、と思いUPしました。


桜台のスミレ 様
私もコノチョウのことはTVで知っていつか見たいものと思っていたところ
新聞に掲載されていたので出かけてきました。
しかしこの美しいチョウが長い長い旅をするとは思えませんね。
近くで見てすっかり感動してしまいました。

こんにちは。

美しい蝶ですね。

きれいなだけでなくって、逞しい。。

小さな体に似合わないですね。

ぽち。

知人がアサギマダラの羽にマジックで番号を書き追跡調査をされていたので、
この蝶を見かけたときは、どこでいつ見たかをよく報告したものでした。
この蝶の羽は鱗粉がないのでマジックで書けるのですね。
最近はあまり注意して見ていないのですが、フジバカマが咲き出しているので、
見かけることも多くなりそうです。

あとり 様
鳥より小さくてしかも軽い。
この生き物が日本アルプスを越えたり海を渡って移動するとは。
まさに驚きですね。
応援、いつもありがとうございます。


tidori 様
>この蝶の羽は鱗粉がないのでマジックで書ける。。。
流石は「tidori」さん、野鳥に詳しいだけでなく蝶の渡りに至るまで諸々の事柄に詳しいですね。
自分もつい最近、TVでマーキングして放蝶する場面を見て初めて知りました。
昆虫に関心が無かった自分がこの昆虫公園を訪れアサギマダを見たくなったのもこのTV番組の影響が大でした。

こんばんは!

先日 国立科学博物館附属自然教育園でアサギマダラを
見ることが出来ましたよ。タイアザミの蜜を逆立ち(?)して吸っていました。
やはり写真を撮るのは難しくやっと撮れたのは
羽根をたたんでいる所でブログにはアップできませんでした。

周りで撮っていた方は、一眼レフと鳥用の大砲を使用しているのを見て
一眼レフが欲しくなりましたよ。camera

こんばんは。

蝶蝶を撮影されてもすごく綺麗に撮られています。

下から2番目は飛んでいるところですよね。ジャスピンですね。

アサギマダラは長距離移動するとのこと。本当に感動ですね。
私も最近、綺麗な蝶蝶を撮ったのですが、それがアサギマダラだったのです。
なにも知らないで、アサギマダラさんに失礼しました。

セロリさん  様
蝶は逆立ちしても美味しい蜜を吸うのですね。
千キロを飛ぶそのスタミナはそんなところにもあるのかもしれません。
一眼レフとコンデジ。
一般的な使用で人物を「ハイ チーズ!」で撮る場合、その性能の差は殆どありませんが
動くものなどに対応する時の差は明らかです。
ただし、重いことや、レンズの交換等々煩わしいこともあります。


ホロホロ 様
今まで蝶は撮った事はあってもそれはたまたま其処に蝶が居たからでした。
今回のように初めから蝶を撮りに行ったのは全く初めて。
蝶は想像以上に動きが早くマクロレンズではついていけませんでした。
離れたところから広角レンズで追えば可能でしょうが肝心の蝶が小さくなってしまうし・・・
やはり難しいですね~

アサギマダラは私も、昨日も撮りました。
色がはっきりしているので、直ぐに分かりますね。
いつだったか NHKの「 ダーウィンが来た 」 で特集されていました。
サンコウチョウを撮る頃になると、待ち時間の間にこのアサギマダラを撮ります。
今年は遅くまでいるものだと感心して見ていましたが、
【 初夏から夏にその逆のコースで北上している個体が発見されている 】 ということは、こちらで越冬する種類もいるということなのでしょうか、ね。

こんばんは^^

自然の中の、アサギマダラ、
生き生きとして、美しいですね。
温室の中のアサギマダラより、
力強さを感じます。

飛んでいるアサギマダラの姿、
素晴らしいです^^

korekore 様
「 korekore」さんも撮られたのですね。
自分もTVを見てこの蝶の神秘的な行動が印象に残っていたのです。
そして新聞記事を見て直ぐに出かけてしまいましたが初見・初撮りでした。
サンコウチョウを撮る頃にも現れるのですね、知りませんでしたよ。
逆行する蝶、越冬すのかな?
アサギマダラを初めて見た自分です、詳しいことが分らず申し訳ありません。


k-24 様
アサギマダラは温室内でも飼育しているのですか。
自分はこの美しい蝶を見たのは初めて。
行動の神秘的なことやその美しさにすっかり魅了されてしまいました。

アサギマダラ、優雅にヒラヒラと飛びますよね。
高尾山で聞いた話では、身を任せて飛ぶこの姿が、長距離の秘訣だそうです。
私が見たときは、アザミに多くとまっていました。
こちらでは、もうほとんど姿が見えなくなりました。
特に雄は全くいなかったのですが、そちらでは雄もまだ飛んでいるのでね。

ジャランこ 様
私も聞きましたよ
アサギマダラが長距離を飛べるヒミツを。
身を任せて飛ぶこのスタイルが体力を消耗せず長い時間飛び続けられるのだと。。。
アザミも好きなんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/62078280

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい蝶 アサギマダラ:

« 水辺のハンター ミサゴ | トップページ | 水辺の鳥たち マガン »