2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 鷹の渡り(2) | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク(1) »

2015年10月16日 (金)

漸く来てくれた ノビタキ

今日のバードウォッチングはノビタキ。
夏鳥として高原などで過ごし、渡りの前に漸く自分たちの住む海岸近くにやって来てくれました。今夏、富士山麓の高原で見て以来の対面です。

顔の黒いのは♂の夏羽が残っているものと思っていましたが、図鑑によれば冬羽でも固体によってはガングロ風のものも居るらしい。下の固体は夏羽が未だ残っているのか、それとも色黒なのか・・・

119a6862
119a6600_2
飛び出しはやっぱりピントが・・・119a6620
此方は色白美人? それとも完全な冬羽に変身後なのでしょうか?

119a6204
これは中間タイプかな? それとも光線の具合?

119a7169

ご馳走をゲット! ピン甘ですが。119a6187
ツーショットも。

119a6967
ノビタキを待つ間に現れた猛禽ノスリ。でも、優しい目と顔立ちの鷹です。猛禽撮りカメラマンはあまり意欲的には撮らない鳥ですが自分は勿論パチリ。遠いのでハッキリしない写真となりましたが。

119a6495
119a6510
拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -814-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 鷹の渡り(2) | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク(1) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

犬や猫でも冬毛夏毛とあるように鳥たちも生え変わるのですね。
色の違った同じ鳥でも判別がつくのには驚きです。

おはようございます♪
どの写真もジャスピンでお見事~さすがです~(^_-)-☆
3枚目ですが、私にはピン甘には見えませんが…
私は鳥撮りは一向に上達しません。
ピンボケは多いし、鳥がフレームから外れる事もしばしば…
未だ修行が足りないようですね…^_^;

P☆

あすか  様
おはようございます。
鳥の名前が難しいのは雄雌で羽の色が変わったり
幼鳥と成鳥の違いに加え、季節によっても羽の模様が変わるものもあり
自分のような初心者にはなかなか大変です。


カシオペア 様
有難うございます。
3枚目、ビミョウに目がぶれているように思いましたので・・・
羽のブレは動きが表現できて良いのですが眼のブレは絶対にまずいので。
私も未だ未だ修行途中です。
応援をいつも有難うございます。

やはり猛禽類より、普通の小鳥のほうが、和みますね~。
ノビタキがアオムシをゲットした時の写真、お見事ですね。
よくこんな瞬間が撮影できたな、と感心しきりです。

walkerZ 様
鳥撮りカメラマンの中でも猛禽専門の人、
猛禽は嫌いな人、様々です。
猛禽を撮らない人は、あの可愛い小鳥を餌にしてしまうから・・・と言う方が断然多いみたいです。
遥か彼方から遥々海を越えてやって来た小鳥を待ち構えて獲る猛禽は残酷ともいえますが、これも生きていく為と、最近では思い始めました。

おはようございます。
ノビタキさんは、目がまんまるで可愛いお顔です。
顔のガングロさんと普通のタイプのツーショット
とても良くわかります。
上手く食事を見つけたようですね。

おはようございます。
ノビタキこれから暖かい国にい飛んで行くのですか。
同じビタキ類でも冬鳥としてこれから飛来するのと色々あるのですね。
勉強になりました。
なんとも云えない可愛らしいです。
青虫まではっきり撮れて素晴らしいです。
いつかこのようなきれいな写真が撮れるといいなぁ~っと。
今日も撮影日和ですね。(笑)

里山コウ 様
やっぱり小鳥が可愛いですね~
色黒?さんと色白さんの違いも分ってもらえたでしょうか。
もう少しの間だけこの鳥は楽しめそうです。
応援、いつも有難うございます。


桜台のスミレ 様
ノビタキは渡り鳥。
これから南の国へと渡っていきます。
夏の間でも平野部では見ることは少なく高地や北海道で過ごすみたいです。
今日は珍鳥来訪のニュースがあり、鳥友の皆さんと遠征に出かける予定でしたが、現地からは既に居なくなってしまったらしいとの連絡があり、ガッカリしているところです。

こんばんは。
ノビタキはとても可愛いです。
ガングロ君は夏羽か地黒か・・・いずれにしてもとても綺麗ですね。
まだ、ノビタキは見たことがありません。来季は出会いたいですね〜!

細部までこだわって撮影されているのですね。
美しい写真の訳が解ったような・・・ヽ(´▽`)/

こんにちは。

おめめクリクリでかわいいですね。

冬は冬でフクフクしてきて、かわいいものですね。

仁くんはもう冬羽にかわりました。

綿毛が多いです^(≧▽≦)^。

ぽち。

ホロホロ 様
今年はなかなか来てくれなかったノビタキ君。
ここに来て一挙に昨年の倍以上の数です。
カメラマンは地元の仲間たち4~5名だけで本当に撮り易かったです。
番外でノスリやミサゴの大サービスもあり充実した時間をすごすことが出来ました。
この鳥たちも間もなく旅立ちですが、無事な姿を来年もまた見せてほしいものですね。


あとり 様
ペットの「仁」クンも冬羽に変身。
鳥の世界でも季節が変わっていますね。
近くに池にも鴨ちゃんたちが随分増えてきました。
応援、いつも有難うございます。

やっとやってきましたね、ノビタキ君。
青虫見事にゲット、この瞬間が撮れたなんてすごい! さすが country walker さん。
珍鳥飛来って何が来たんでしょうね。

こんばんは!

ノビタキもそれぞれ個性があるのですね~。
ガングロ風との表現に思わずhappy02とクスッと・・・!
色白美人さんを見るとなるほど1枚目のノビタキさんは、ガングロだ~sign02

青虫さんゲットの場面も躍動感があって素敵です。
ツーショット・・・同じ方向を見て穏やかな二羽の姿もグット。

tidori 様
ノゴマ飛来の情報を得て、今日は鳥友さん達と遠征に出かける予定でしたが
現地から昨日で抜けてしまったとの連絡が入り断念。
ノゴマは未だ見たこともない憧れの鳥でした。
次の機会に期待です。

セロリさん 様
鳥にも其々の個性?があるようです。
色白の娘さんに色黒のおじさん、そしてその中間ぐらいの性別不明の鳥(笑)
ツーショットは狙っていたわけではありませんが偶然近くに2羽のタイプ違いの
ノビタキ君が来たので慌ててパチリでした。
もう少し近寄っていたなら・・・なんて贅沢ですよね。

よこはまツーデーで野鳥観察をされている方達を見て
country walker さんを思い出しましたよ。

虫をつかまえて誇らしげな顔がいいですね。

ずいぶんしっかりした色を持つ個体が今でもいるんですね。
黒いのは夏羽だと思っていましたが、そうではないとは。。。
それにしても、バックの緑色がとてもきれいで、ノビタキさん達が映えますね。

ジャランこ 様
ウォーキングの途中で鳥撮りさんを見かけて私を思い出してくれたとは
嬉しいですね、感激です。
「ジャランこ」さんのように長い距離は無理なので最近では短距離歩きと
鳥撮りに専念です(笑)


korekore  様
ノビタキの黒い顔。
私も黒い顔は夏羽の残りとばかり思って居りましたが
図鑑を見て初めてガングロさんのことを知りました。
野鳥の事、未だ未だ知らないことがいっぱいです。
撮影場所は休耕畑なので適当に草が伸びて結構良い背景になりました。

最初のところでうふふ・・と笑ってしまいました。
鳥にもいろんな子がいるのですね。
♂♀でもすごく違いますものね。

普段はあまり比較はできませんのでこうして
見せていただくとよくわかります。

hirugao 様
鳥の世界でも個体により色黒、色白?の鳥が居るみたいです。
この黒いのは♂だと思いますが♀ならば悩んでしまうかもしれませんね(笑)
色黒の比較、お役に立ててよかったです。

こんばんは。
ノビタキのガングロ(雄)、冬羽の時は色が薄いのと濃いのがいて、薄い方は遠目で見ると分かり難いですね。
でも、全体に色が濃い方が、雄のようですよ。
何故か、群れの中は、雌の方が多いですね。
中には、越冬する個体もいるようで、これも温暖化のせいでしょうか。
ノスリも、じっくり撮ると、綺麗な鳥ですよね。

こんにちは。

今日は椎の実をあつめに近所の公園に行ってきました。

水鳥達。。増えてきましたね。

これはますます楽しみですよね。

ぽち。

ソングバード 様
コメント返しが遅くなってしまい申し訳ありません。
ガングロ、地黒なのかそのあたりがハッキリしないので本当に難しいですね。
オスの方が色が黒い。
これからもそう覚えておくことに致します。
ノスリ、自分は猛禽らしくない猛禽と思っておりますが、
皆さん何故かカメラをあまり向けません、不思議です。

あとり 様
自宅近くの池にもいつの間にか水鳥たちで賑わってきました。
推定で千羽ぐらいは居るものと思います。
応援をいつも有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/61990072

この記事へのトラックバック一覧です: 漸く来てくれた ノビタキ:

« 鷹の渡り(2) | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク(1) »