2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ノビタキその後 | トップページ | 美しい蝶 アサギマダラ »

2015年10月24日 (土)

水辺のハンター ミサゴ

何時もノビタキを撮っているフィールドでは魚専門に狩をする鷹、ミサゴが姿を見せてくれます。

この日も狩を済ませたのか獲物を持って現れました。大事そうにシッカリ持っている魚はボラ?

119a7230
119a7233

今度は2羽同時に現れました、1羽はやや小さな魚をゲットしている様子。

119a8204
此方は単独で現れました、空身のように見えましたが、写真を拡大したところ小さい魚を持っていました。

119a82472
こちらも狩に成功したのか獲物を持っていますね、掴んでいる魚の尾部分が見えています。
119a8358このフィールドでは獲物を持ったミサゴの姿をよく見かけます。ボラを捕る時のあの豪快な瞬間を撮りたいものと、ミサゴが飛んでくる方向を随分探しましたが狩の現場は分りませんでした。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -820-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« ノビタキその後 | トップページ | 美しい蝶 アサギマダラ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ミサゴさん、大きな魚をしっかりわしづかみ、
これから自分の巣に戻って食事かな、
それとも、巣で子供が待っているのかな。
中々魚を捕るのが上手な鳥なんですね。

里山コウ 様
この鷹は魚専門の猛禽です。
この時季、子育ては既に終わっている可能性が強いので自分で食べるものと思います。
電柱や鉄塔の上で食べているところを時々見ますから。
応援をいつも有難うございます。

おはようございます。
このところ、ミサゴの写真を掲載されるブログが多いですね。
こちらでも、ここ2~3年、近くの調整池にも現われて、鳥撮りさんたちの人気者になってますが、全体的にミサゴの数が増えてきてるのでしょうか??
それとも、餌捕りの行動範囲が広くなってきてるのか??
いずれにしても、綺麗な鳥なので、モデルさんとしては最高ですね。

ミサゴさんが見えるくらいの大きな魚をくわえていますね。
青空に鳥の姿もまた美しいものですね


2羽はつがいかな?

都会ではまずお目にかかれない珍しいショット ありがとうございます。
本当にキャッチする時が見たいものですね。(笑)
応援ポチリ!

おはようございます。
口にくわえて飛ぶのかと思いましたら足ですか。
凄いですね~初めて見ました。
仲良くわけあって食べるのでしょうか。
青空に悠々となんとも云えない勇姿です。

こんにちは♪
1&2枚目…大きな獲物をゲットしましたね~これならお腹がいっぱいになりそうです~(^^)v
こちらでもたまにトンビが魚を捕っています…でもそれは釣り人が釣った魚を横取り…
先日も江の島の裏の岩場でそんな光景を見ました。
江の島のトンビは人のものを狙ってばかりで困ったものです…(笑)

P☆

こんにちは。

ミサゴ。。きれいですよね。

色合いがなんだか高貴なかんじがします。

それに頭がいいんだなとも思いました。

お写真を拝見すると空気の抵抗が少なくなるよう、縦にお魚をもっていますね。

持ちにくいかもしれないけれど。。

風にあおられて落とすこともすくなくなるんでしょうね。

サーフィンをしている人みたいでかっこいいです^^。

ぽち。

大物ゲットのミサゴ・・・eyeびっくりです。

獲物は、「ボラ」なんですか~!
それにしても雄大な姿に、目が怖いのを忘れて
見とれてしまいそうです。coldsweats02

ソングバード 様
ミサゴ、その数が増えているのでしょうか。
経験の浅い自分にはその辺りのことは不明ですがこのフィールドでは1日で数回飛ぶところが見られます。
ノスリなどにはカメラも向けないベテラン氏もこのミサゴにはカメラを向けます。
キレイでカッコいいスタイルも人気の要因でしょうか。


hirugao 様
ミサゴの雌雄の区別は分らないので番なのか不明ですが
獲物の奪い合いも無く仲良く飛んでいったので番なのかもしれませんね。


あすか 様
この鷹は水辺に多く見られるので都心で見るのは無理かもしれませんが
東京湾には居るとか。。
3年前にキャッチする瞬間を違う場所で何度か見ましたがそれ以来見たことが無いのです。
応援をいつも有難うございます。

空飛ぶミサゴ・格好良いですね〜!
こちらの写真を拝見して、やはり猛禽類は飛翔姿が真骨頂だと思いました。

前ブログのノビタキ、たくさん飛来したのですね。
どれも美しい写真でうっとり・・・です。
来季は是非とも見てみたいです。

桜台のスミレ 様
ミサゴは上空から下に居る魚めがけて脚からザブーン!
そして足で魚を捕らえ再び舞い上がります。
この瞬間は3年前には数回見ることが出来ましたが最近ではサッパリ。
決定的な瞬間は今のところ夢の夢かもしれません。


カシオペア 様
先日のミサゴは小魚でしたがこの日の獲物はなかなかの大物でした。
こちらのトンビやミサゴは人様のお弁当や釣り上げた獲物を狙うことはありません。
正直者と言うのか、田舎者なのか(笑)


あとり 様
流石は「あとり」さん、捕らえた獲物の持ち方まで。。。
そうです、ミサゴは捕った獲物の魚は必ず頭を前方にして両足でシッカリ持って移動します。空気抵抗を考えてのことだと思います。
稀に二匹掴んでくることもありますが・・・
応援をいつも有難うございます。

セロリさん  様
鳥が苦手の「セロリさん」、猛禽の目は鳥の中でも際立っています。
そのあたりが鳥が苦手となられた要因ではないでしょうか・・・
ミサゴの獲物はボラが圧倒的に多く次いで鯉やウグイ等々ではないかと思います。

ホロホロ 様
ノビタキは今年は大豊作で沢山見させてもらいました。
渡りの猛禽類は一時的なものですが、ミサゴちゃんはこれから暫くの間見ることが可能なので楽しめそうです。
今期中に狩の瞬間が撮れれば良いのですが。
果たして・・・

青空に白っぽいミサゴがとてもきれいですね。
御馳走をゲットしたミサゴ、ちゃんとお魚、前向けて運ぶんですね。
私も、こんなところの写真、撮ってみたいものです。

korekore  様
ミサゴ、飛び込んで魚を捕った後、頭の方を前向きにして運びます。
習性なのか考えて行うものか分りませんが・・・
2匹掴んで上がってきた時、その内の1匹は逆でした。
2匹では持ち変えることは出来ないでしょうから。

おはようございます

今日もいいお天気になりましたがちょっと風が
強いですね。
そろそろそんな時期なのでしょうか。

こんにちは。

そうなんですね。やはり頭がいいんですね。

なかなか、お魚をつかんで飛んでいる姿を見る機会がないので。。

勉強になります^^。

ぽち。

hirugao 様
今日の当地方、気温は低くは無いのですが
風は西よりでやや強く、西高東低のスタイルです。
仰るとおりかもしれませんね。


あとり様
ミサゴは今年多く見かけます。
海に近く、川も多いので狩の場が多いのかもしれませんね。
都会に比べて多少は自然も残っているから・・・
応援をいつも有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/62078021

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺のハンター ミサゴ:

« ノビタキその後 | トップページ | 美しい蝶 アサギマダラ »