2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« いつもの公園で 花と蝶 | トップページ | 鷹の渡り(2) »

2015年10月13日 (火)

鷹の渡り(1)

鷹の渡りに初挑戦です。木の枝や地上に降りて止まって居る訳ではないので何かと勝手が違い難しく、ピンボケ写真の量産でした。
鳥の名前も近くに居るベテラン氏から聞きながらの撮影ですが聞き違いや記憶違いがあり間違っているものもあるかもしれません。

この日、出かけた場所で最も多く飛んでくれた鷹、サシバ(差羽)。

119a46739

119a5720_1
119a5714_1
雌雄の区別は不明ですが、腹に縦模様があるものは幼鳥とか。いろいろと教えていただきながらの撮影です。(※ソングバードさんより白い眉斑は♀の方が顕著とのアドバイスをいただきました)

 

119a49791

119a5101

彼方には鷹が20数羽、上空目指して旋回しています。これが鷹柱と呼ばれ規模の大きなものはこの何倍もの大きさになるとの事です。これはミニ鷹柱でしょうか。

119a37711冒頭に書きましたように鷹の渡りの撮影は初めて。サシバも鷹柱も初見・初撮りです、間違いがあるかもしれません、ご指摘いただければ幸いです。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -812-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

« いつもの公園で 花と蝶 | トップページ | 鷹の渡り(2) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

鷹も渡り鳥なんですね。
青空をゆうゆうと飛んでいる姿は、さすが鳥の王者ですね。
最後の写真、ぜんぶ鷹(鷹柱?)、こんなに沢山飛んでいると、
ちょっとコワイですね~。

鷹柱? 鳥通ではない私は初めて聞きました。
鷹柱と言うくらいなので鷹特有なのでしょうか。
やはり迫力が違いますね。
応援ポチリ!

鷹も渡りなんですか?
鷹柱という言葉は初めて度したが
なんとなくわかるような気がします。

おおらかに飛んでいますね~♪

おはようございます。

サシバという名前ですか、飛んでいる姿が
悠然としていて風格があるようです。
腹の縞模様もはっきり見えますね。

鷹柱という言葉、初めて聞きましたが、
20羽以上の鷹の群れ、見てみたいものです。

おはようございます。
青空に舞うタカ柱、いいですね。
残念ながらタカ柱、機会が無くて、遠くから見ただけなんです。
サシバも綺麗ですね。
仰る通り、縦じまの個体が若ですね。
猛禽類も、種類によって個体差があったり、幼鳥と成鳥など・・・・判別が難しいです。

ちなみに、眉斑が目立つのが、雌だそうで、4・5枚目は雌???

walkerZ 様
鷹のことは詳しくわかりませんが海を渡って移動する鷹、
国内を移動しながら生活圏を変えていく鳥等様々のようです。
このサシバは海を渡って移動する鷹です。
鷹はカッコいいので、
鷹や鷲など猛禽類専門に撮っているカメラマン氏もいるそうです。


あすか 様
鷹柱とは、上昇気流に乗って高く舞い上がり、
目的地の方向へ向かって滑空する時の状態が蚊柱に似ていることからそう呼ばれるようになったとか。
20数羽でも圧巻と思いましたがこの数倍もの鷹柱となれば迫力も充分でしょうね。
応援をいつも有難うございます。

hirugao 様
鷹にも海を渡って移動する鷹、国内で移動する鷹、留鳥等様々のようでが、
このサシバは海を渡って移動するようです。
鷹柱は蚊柱に似ていることから名付けられたとか。
応援をいつも有難うございます。


里山コウ 様
サシバ。
自分も初めて見る鳥ですがこの場所では一番多く飛んできた鷹です。
サシバも初見、鷹柱も初めてと初めてづくしの1日でした(この日は他の知っている鷹も撮りましたが)
初物が多く、本当に楽しい1日を過ごす事が出来ました。
応援をいつも有難うございます。


ソングバード 様
季節のものとして初めての挑戦を致しました。
仰るとおり、同じ種類の鷹でも羽の色が全く頃なるモノもあって鷹の名前は本当に難しかったです。
撮影方法も、ベテラン氏から「多数点自動選択で追い込み後は親指を離してマニュアルでピントを合わせた方が精度が高い」と教えて貰い実行しましたが、これがなかなか難しくピンボケ量産となってしまいました。
私の場合、未だ未だ飛び物は未熟そのものです。
眉斑が目立つのが、雌・・・早速本文に追加記載いたします。
有難うございました。今後とも宜しくご指導のほどお願いいたします。


おはようございます。
大空を飛ぶ姿とても勇ましく風格がありますね。
親鳥と巣立った若鳥たちが南国の越冬地に向けて旅立っていくのですね。
素晴らしい鷹の渡りが撮れて良かったですね~。

こんにちは♪
空を飛ぶサシバの羽の模様が綺麗~(^^)
こうして地上の獲物を探しているんでしょうね。
同じ猛禽類でも江の島のトンビは
人が食べているものを横取りばかりして情けなくなります…(笑)

P☆

桜台のスミレ 様
このサシバ、これから遥々海を越えて西南諸島の方へ旅立つようです。
無事に旅が出来また元気な姿を見せて欲しいものですね。
今回は、初見・初撮りの感激を味わうことが出来て本当に良かったです。


カシオペア 様
江ノ島のトンビ、全国区で知られるようになりましたね。
でもこちらのトンビは人のお弁当を横取りするような奴は今のところいません。
図鑑で調べたところサシバは主にヘビやトカゲに昆虫類をメインに食べているようで
可愛い小鳥を襲うことも無いそうです。
益鳥でしょうか。
応援をいつも有難うございます。

鷹の渡り 見れてよかったですね!
鷹柱 私も見てみたい~。
サシバ カッコいいですね!
悠々と舞う姿がりりしいです。

猛禽 最近撮ってないんですよ~。
大きいから撮れるだろうと思っても
難しいですよね!

コメントもありがとうございました。
やっぱりキビタキっぽいですよね。
オオルリメスとの違いは分かってたんですが
後姿や羽の写真が撮れなかったので
他の鳥さんかなぁって 判別できませんでした。
またいろいろ教えてくださいねぇ。
P☆

はぴ 様
鷹の渡り、初見・初撮りでした。
被写体が大きく撮り易いと思ってもなかなかピントが・・・
慣れないものはやっぱり難しいです。
キビタキの件、私も初心者なので詳しいことは分りませんが多分キビタキであろうかと。
それに文章をよく読まなかったので間違ったコメントで申し訳ありませんでした。
キビタキとオオルリのメスとばっかり思い込んでしまいました。
こちらこそよろしくお願いいたします。

こんにちは。

大扇とよばれるだけあって、優雅な飛翔ですね。

猛禽。。はやはり、かっこいいです。

ぽち。

あとり 様
サシバの別名、大扇をご存知とは。。。
流石は「あとり」さん。
文武両刀の遣い手ですね。
応援をいつも」有難うございます。

青空にサシバの飛翔、綺麗ですね。
私も猛禽類、苦手なのです。
そのほかにシギ類もにがてですが・・・
羽の縁のギザギザで、種類分けするということを今日、聞きました。
5つに分かれているのはオオタカ、4つに分かれているのはノスリ。。。
この数だけでは、まだほかにも含まれる猛禽があるかもしれませんが。。。

こんばんは^^

青空を、悠々と舞う姿は、優雅で、迫力がありますね。
どこまで、渡っていくのでしょうか、
想像すると、ロマンがありますね。
上昇気流に乗って飛ぶ、鷹柱、見せてもらえて、うれしいです♪

korekore 様
皆さん同じですね~
シギチと猛禽類が苦手なのは。。。
自分も全く同じでしたが今回初挑戦してみました。
自分もベテラン氏から教えていただきましたよ、撮った後であの風切の枚数を読む方法を。
ベテラン氏は向こうから飛んでくる鷹を双眼鏡で見ただけで種類が分るから凄いですね。
羽の動かし方で分るそうです。


k-24 様
この鷹は南西諸島方面まで飛んで行くそうです。
渡り鳥にはまさにロマンがありますね。
自分も鷹柱は初めて見ました。
欲が出て、もっと大きな鷹柱が見たくなってしまいました(笑)

スカイブルーをバックに飛ぶ鷹サシバの姿を
見ると、こちらまで雄大な気持ちになれそうな感じがします。

鷹柱・・・このような感じなのですね。読んだ小説で鷹柱が、
プロポーズのキーワードになっているのがありどのようなものなのか
ちょっぴり興味がありました。
鳥撮りは、奥が深く&ロマンがいっぱいという感じですね。応援 ☆ ポチリ

セロリさん  様
鷹柱、自分も今回初めて見ることが出来ました。
これでミニならば大きなものは随分と迫力もあったかもしれませんね。
羽ばたきもせず弧を描きながらだんだんと上に上がり、やがて西の空に向かって次々と飛んでいく・・・壮大な空中ショウのようでしたよ。
良い体験が出来ました。
応援をいつも有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/62001027

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の渡り(1):

« いつもの公園で 花と蝶 | トップページ | 鷹の渡り(2) »