2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 水辺の鳥たち | トップページ | 雉の幼鳥 »

2015年9月 3日 (木)

セイタカシギ(丈高鴫)

ダイシャクシギなどを撮った後、少し移動してセイタカシギの居る水辺へ。別名を水辺の貴婦人とも呼ばれるこの野鳥、名の通り長い足が優雅で美しいスタイルです。

119a9341
119a9323

119a9766

119a9756_1

此処の一角には凡そ50羽ぐらいの群れがおりました、人工飼育をしている花鳥園等を除き、自然界でこれ程沢山のセイタカシギを一度に見たのは初めての事です。全てはレンズ内に入らないのでその一部をパチリと。119a0030
突如、池の隅から2匹の物体が出て水面を泳ぎ、対岸の茂みの中に入って行きました。写真などで見たことがあるヌートリア? 

ウィキペディアによれば「特定外来生物の第一次指定種に分類されており、頭胴長40-60 cm、尾長30-45 cm、体重5-9kgの大型の齧歯類」とありました。

もし、ヌートリアであれば頭の先から尾の先まで1メートル近い大鼠です。

119a0045

自宅からは往復180kmのバードウォッチングでしたが、沢山のセイタカシギや初見・初撮りが3種類と大収穫の1日となりました。ダイシャクシギがもう少し近くで撮れたならば更によかったのですが、、、でも贅沢を言ってはいけませんね。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -792-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 水辺の鳥たち | トップページ | 雉の幼鳥 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

まさに水辺の貴婦人ですね。
バレリーナのように立ち姿が美しい鳥ですね。
ヌートリア大鼠なんですね。
丸丸太って、鼠というより、タヌキ見たいですね。
特定外来生物ですか。
生態系を乱す悪い奴ですね(笑)。

おはようございます。

セイタカシギさんは水辺の貴婦人ですか、
なーるほど、脚は長いし、餌を食べている姿が
上品ですね。
おおぜいいる場面は壮観です。
2匹のヌートリアは驚きましたね。
大きさが違うので、親子でしょうか?。

おはようございます。
相変わらず、水辺が賑やかですね。
ヌートリアまで出てくるとは・・・・
各地で繁殖してるようですが、困ったものです。

こちらでも、ぼちぼちシギチの姿が見れるようになりましたよ。
↓のダイシャクシギもいいですね。
こちらにも姿見せるよう、云っておいてくださいね。(笑)

walkerZ  様
ヌートリア、美しいセイタカシギとは対照的な生物ですね。
戦時中、軍隊の防寒服用として毛皮を取るために移入したものが野生化したものとされています。
ネズミというより獣ですね、当然のことながら生態系を脅かす悪者だと思いますよ。


里山コウ 様
おはようございます。
ヌートリア、大きさがかなり違うので親子かもしれません。
美しいセイタカシギを見ていた時に突然現れたので驚きました。
鳥たちは逃げもしなかったので鳥を襲うことはないみたいでしたが。
応援を何時も有難うございます。


ソングバード  様
シギ・チは見られるのですが名前が分からない上に今回のように間違いも多くて。。。
早く水鳥以外の鳥を見たいと思っているのですが、昨日はツツドリを待ちましたが全く現れず。
此処へはもう一度行くつもりなのでダイシャクちゃんにはそちらにも向かうように頼んでおきます(笑)

おはようございます。
セイタカシギ、足が長くてほんとスマートですね。
お顔もべっぴんさんです。(笑)
たくさんのシギを見られて良かったですね~。

ヌートリアの親子、最近は何処にでも出没します。
ゴルフ場でも歩いています。

こんにちは♪
1&2枚目を見るとスタイルも良くてまさに貴婦人ですね~(^^)
5枚目は広角で撮ったら面白かったかも…
私も風景をとっていて超広角が有ったらな…と思う時があります。
10ミリで海の風景を撮りたくて…(^^)v

P☆

名前の通りスラット伸びた足が特徴ですね。
多種多様な生き物が生息する場所も開発で年々減少気味ですが 
特定外来種が増えたのは人間が原因と聞いています。
自然を守るのも壊すのも人間・・・そんな気がしました。
応援ポチリ!

本当に長い脚ですね^
バレリーナさんのように飛んで行きますね。

飛ぶと黒い羽が目立ちまた違う鳥のように見えますね。
沢山のセイタカシギに出会えて少しのしんどさは消えてしまいますね。

応援ポチ

桜台のスミレ 様
ヌートリア、写真では見たことがありますが見るのは今度がはじめて。
そちらではゴルフ場にまで現れるのですか。。。
人間に危害を与えることは無いと思いますが
ネズミと言えどこれ程大きいと気持ち悪いですね。


カシオペア 様
仰るとおり5枚目は広角レンズがあれば・・・と、この時自分も思いました。
50羽ものセイタカシギを1枚の写真に撮りこめばもっと違った表現方法になったかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
この大鼠、仰るとおり防寒用の軍服を作るために移入したものとされています。
自分たちの住む地域では見たことがなく、此処で初めて見た種類の動物です。
これが生態系を破壊するとなれば元凶はやはり人間ですね。
応援を何時も有難うございます。

hirugao  様
セイタカシギ、まさに鳥のバレリーナですね。
成鳥では脚の色が更に赤くなるものもおります。
掛川の花鳥園では沢山見ましたが自然界でこれ程多くのセイタカシギを見たのは初めてです。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

華奢なあんよ。。羨ましいです。。^^;。

ヌートリアって。。なんかしっぽのあるカピバラさんみたいですね。

ちょっと、小さめですけど。。^^;。

ぽち。

自然界に50羽ほどの群れのセイタカシギは、花鳥園とは違う感動ですね。

羽ばたいたりと水辺の貴婦人たちの舞踏会は美しい画像です!

デカネズミのヌートリアは初めて見ました〜!
なんとなく、日本の生物ではない雰囲気の生物に感じますw(゚o゚)w

遠くで餌取りに余念のない映像もいいですが、3枚目の青空バックでの飛び出しショットもいいですね。
セイタカシギの特徴の長い赤い足が映えます。
それにしてもずいぶんたくさんのセイタカシギ達で、驚きです。
驚きと言えば、1メートル近い大鼠とは 。。。 (@_@;)

おはようございます!

流石 貴婦人と呼ばれる『セイタカシギ」鳥さん怖いも忘れ
見入ってしまいます。足の長さに惚れ惚れします。(覆わず自分と比べてガックリ!)

頭上が黒いですよね~!我が家の図鑑では、頭上が黒っぽくないのは
夏羽と冬羽の違いなのでしょうか?eye

ヌートリアだったのかしら?

大ネズミさんはちょっと不気味かな。
お天気が良くなりましたよ、お出かけしますか。

応援☆

あとり 様
カピバラ、温泉に浸かっているところをTVで見かけます。
ヌートリアよりかなり大いきいのですね。
ビッグネズミでしょうか。
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ 様
天気回復の本日、再度ここ迄行ってきました。
セイタカシギは20羽ぐらいでこの日の半分以下でしたが
先日間違えたダイシャクシギを2羽撮ってきました。
午後からは何時もの公園にカッコウの幼鳥が入ったとの連絡を頂き今季初撮りが出来ました。
いよいよ渡り鳥の季節が始まったようですね。


korekore  様
私もこれ程沢山のセイタカシギを見たのは初めてです。
花鳥園では数え切れないぐらいのセイタカシギが大温室のなかに居ましたが。
やはり野鳥は自然界に居てこそ似合いますね。

セロリさん 様
セイタカシギの頭上、オスの夏羽は頭上が黒く、冬羽では薄くなるのが一般的ですが
例外に頭の白いオスや黒いメスもおり、若鳥などでは羽根の色が若干異なる場合もあって本当にむつかしいです。
鳥の名前だけでも四苦八苦しているので雄雌幼壮の区別までは到底分らないのが現状です(笑)


hirugao  様
天気が好くなってきたので今日もこの地へとミニ遠征してきました。
これから写真の整理です。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。

ただいま出先なので、応援にて失礼します^^。

良い週末をお過ごしください。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/61389748

この記事へのトラックバック一覧です: セイタカシギ(丈高鴫):

« 水辺の鳥たち | トップページ | 雉の幼鳥 »