2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 雉の幼鳥 | トップページ | 今秋初の カッコウです »

2015年9月 7日 (月)

ダイシャクシギ(大杓鴫)と感動のキアシシギ

ダイシャクシギの居る海辺に行ってきた。過去には鳥が遠すぎたり、直ぐ逃げられてしまったりと、不本意な結果に終わってしまったので再々挑戦です。

この日は岸辺に設置されたテトラの上に居るところを初めて撮ることができました。

119a9416

119a9530

この日は風もなく穏やかな海でしたが、偶に打ち寄せる波飛沫が上がったところを待って。

119a9606

119a9486

打ち寄せられた波を身体に浴び、驚いて舞い上がったところです。

119a9611
119a9514
テトラに居たキアシシギ、ダイシャクシギを撮った時、一緒に写っていたものですがキアシシギの左足には「CCH」と書かれたフラグが付いています。

ネットで検索したところこのシギは一昨年西オーストラリアで放鳥されたもので、昨年もこの場所で確認がされたとのことでした。

このキアシシギも遥々オーストラリアから昨年に続いて今年も飛来したのでしょうか。ここ迄来るには幾つかの大試練を超えてきたはずです、神秘的とも言える渡り鳥の行動には感動を覚えずにはいられません。

119a96601
渡り鳥には同じコースを行き来する習性があることは、今年MFで見たサンコウチョウでも実際に確認した。
と、言うのは
昨年、右肩にキズ?らしき特徴のあるオスのサンコウチョウを皆さんと共に撮りましたが、なんと全く同じサンコウチョウを今年もまた同じ場所で皆さんと一緒に確認したのです。
鮭は生まれた川に戻るといわれておりますが渡り鳥にもこれに似た行動をするのかもしれませんね。

※フラグの付いたキアシシギ、写真と共に山階鳥類研究所に連絡したところ、丁重なお礼のメールには下記のように記されていました。
「このCCH-キアシシギは2013年の夏以降、毎シーズン律儀に一色海岸周辺に顔を出 している個体です。今季も既に報告があり20150168のIDで登録済です。 この個体は2012年6月24日に西オーストラリア州のBroome付近、Beaches, Crab Ck Rd, Roebuck Bay(18d0mS/122d22mE)で放鳥されています」

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -794-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 雉の幼鳥 | トップページ | 今秋初の カッコウです »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ダイシャクシギの特徴あるくちばしで覚えました。(笑)
鳥の生態はまだまだ解らないこともあるのでしょうね。
しかしあの大海原をどうやって飛んでくるのか未だに解りません。
応援ポチリ!

記事を興味深く拝見しました。
キアシシギはオーストラリアから飛んできたんですね。
アジアのどこかで休んできたのかしら?ルートが気になります。
鳥の撮影をしていると、一度あった鳥にまた遭遇することもあるんですね。l
右足にキズがあったので、識別できたとのこと。
実は知らず知らずに昨年見た鳥をまた見ているのかもしれませんね。

おはようございます♪
はるばるオーストラリアからやって来たは驚きです…
しかも2年連続で此処に…これは鳥が持つ本能なんでしょうね。
今日の鳥は先日のブログを見たので、ダイシャクシギだとすぐ分かりました。
3枚目はナイスタイミングですね~(^^)v

P☆

あすか 様
ダイシャクシギを覚えて下っていたのですね。
有難うございます。
遥々何千里も旅をする渡り鳥たち。
神秘的としか言いようがありませんね。
何時も応援を有難うございます。


walkerZ 様
キアシシギ、西オーストラリアから飛んできたようなのですがそのルートは分りません。
しかし凄いです、危険を冒してまで毎年行き来する渡り鳥たちには感動そのものです。
サンコウチョウには特別な目印があり、このキアシシギにはフラグが付いていたので分りましたが、自分たちは同じ鳥を毎年見ているのかもしれませんね。


カシオペア 様
オーストラリアからとは自分も驚きましたよ。
渡り鳥には特別なセンサーが付いているのかもしれませんね。
3枚目は波が来ないかな・・・と、待っておりました。
波があまり無い上、偶に来た波が来るまで鳥が居てくれたこともラッキーでした。
応援を何時も有難うございます。

このダイシャクサギの嘴は印象的ですよね。

な実が寄せて鬱砕かれた所のしぶき上手く
撮れるものですね。

この同じフラグを見るとやはり感動しますね。


こんにちは。
長い脚と長いくちばし60cmも・・・大きな鳥ですね~。
テトラポットにペアで日向ぼっこきれいな鳥です。
飛沫に驚いて飛ぶ姿ももきれいです。
大きな足輪をはめられて・・・。
そういえばこの前行った昆陽池のカモの背中にアンテナが・・・。
長い旅をしてここが故郷なのですね~感動です。

キアシシギが西オーストラリアから日本まで
渡ってきたのかと思うと、壮大なロマンを感じます。
鳥キチさんでない私でも、感動します。
ダイシャクシギの佇まいもなかなかの佇まいですね。 応援 ☆ ポチリ

先日読んだ小説の中に、長野県「白樺峠のタカの渡り」を描写している
場面があり興味深く読みましたよ。今までならスルーする所なのに
こちらのブログのおかげで鳥にも興味を覚え、好奇心を持ちながら読みました。
タカの柱・・・見てみたい気分になります。

こんにちは。

ダイシャクシギが海の波しぶきとともに映る姿、
格好良いです。
嘴が鋭くて、勢いよくぶつかったら刺さってしまいそうですね。
渡り鳥さんの習性に興味あります。

ダイシャクシギの羽ばたきは美しいです。
シギの羽はとてもシックですね。ダイシャクシギの腰が白なのもとても良く解ります。

キアシシギはこれからオーストラリアへ帰って、冬を越すのですね。
無事に渡り終えて、また、来春、ここへ寄ってくれることを願わずにはいられませんね。

hirugao 様
このフラグは偶然に写っていたものです。
調べていく内に西オーストラリアから来た鳥と分った時には本当に感動しました。


桜台のスミレ 様
ダイシャクシギ、大型の鴫です。
前回、前々回と鳥が遠くて残念な思いをしたのですが今回は近くから撮ることが出来ました。
この鳥はこれで納得出来たのですがキアシシギに付けられたフラグを見てすっかり感動してしまいました。渡り鳥のことを理解しているつもりでもこのフラグを見て、あらためて渡り鳥の凄いところが再認識です。
遥々西オーストラリアから昨年に続き今年も来た・・・それだけでも愛おしさでいっぱいです。


セロリさん  様
鳥が苦手な「セロリさん」が感動してくれたとは。嬉しいですね~
日本からオーストラリアまでどのくらいの距離があるのか不明ですがとにかく凄いものですね。航空機のように真っ直ぐに飛ぶわけではなく東南アジアの島々で休憩しつつ飛んでくるものと思いますが。それだけでも壮大なロマンを感じますよね。
タカ柱、自分は未だ見たことがありませんが、上昇気流を求めて複数のタカが竜巻状に旋回上昇をしている状態とか、それに近いところは見たのですが。。。
鳥に関心や興味を持っていただけただけでも嬉しい事です。

里山コウ 様
この日の海は穏やかで波飛沫がなかなか立たずチャンスを待ちました。
飛沫があった方が絵になると思って。。。
フラグの現実を目の当たりにして渡り鳥の凄いところが再認識できました。
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ 様
前回はホウロクシギをダイシャクシギと間違えましたが今回は全てダイシャクシギです。
キアシシギ、何でもないような顔をして? テトラ上で遊ぶこのシギを見て渡り鳥の神秘的とも言えるその行動力には畏敬の念を禁じえませんでした。
ますます野鳥が好きになりそうです(笑)

ダイシャクシギの写真素晴らしいですね。
舞い上がった瞬間のがすごいです。いただきました!
キアシシギのフラグは初めて見ました。リングじゃなくてフラグなんですね。
けっこう大きそうだから本人(鳥)にとっては邪魔なんでしょうね。
鴨川にもキアシシギはやってきますから、気をつけてみたいですが、
脚が水の中では難しいですね。

ちどり 様
何時も写真を有難うございます。
リングとフラグ、詳しいことは分りませんが放鳥した国により様々とか。。
昨年1月リングをつけたメスのベニマシコを撮りましたが文字等は全く分りませんでした。
鳥には邪魔?でも識別にはこのフラグの方が分り易いと思います。
どちらが良いのか鳥に聞いて見なければ分りませんが「両方迷惑!」と言われるかもしれませんね(笑)

こんにちは。

連続で出会えたことが、渡りの神秘を物語っていますね。

同じ鳥でも。。うちの仁は^^;。。。

ぽち。

ダイシャクシギ、海の青にすごく映えますね。
しかも、王者の風格。
飛びだしもバッチリ。
キアシシギのフラグのお話し、胸を打つものがあります。
私自身は鳥撮りを始めてもう5年以上たちますが、こんな感動的な出会いはまだ経験なしです。
いいお話しを聞かせてもらいました。

korekore 様
有難うございます。
この日は晴れておりましたが日差しがそれ程強くなく、陰影の影響も少なくて済みました。
過去二度とも遠かったのですが三度目の正直?で今回は近くから撮ることが出来ました。
キアシシギには私も感動です。
以前金属製?のリングをつけたベニマシコのメスを撮った事がありますが文字等はいくらトリミングしても確認が出来ませんでした。リングよりフラグの方が人間の目で見たときには見易いのは確かですね。
このキアシシギを見て感動すると共に、ますます野鳥が愛おしく思えるようになりました。

遠くまで鳥を甥に行かれるのはロマンですね~
まずこの辺りでは見かけませんもの。

こんな細い足でこのくちばし・・・
見てみたいものです。

応援☆

あとり 様
サンコウチョウは二度目の再会。
そしてこのキアシシギはこの地へ二度目の飛来と何れも連続で。。。
まさに神秘的ですね。
応援を何時も有難うございます。


hirugao 様
今回も往復190kmのミニ遠征となりましたが
近くで撮ることが出来て満足です。
しかも感動のシーン付きで。。。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

台風が近づいていますね。

大阪ではもう大雨ですよ。

気を付けましょうね。

ぽち

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/61494055

この記事へのトラックバック一覧です: ダイシャクシギ(大杓鴫)と感動のキアシシギ:

« 雉の幼鳥 | トップページ | 今秋初の カッコウです »