2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

小鳥と蛙と筒鳥と

この日も何時もの公園へ、期待するのは普通型のツツドリです。
最初に現れた小鳥はサメビタキではなくコサメビタキ?  この時期に最も多く見かける小鳥です、丸~い大きな目が可愛いですね。

119a1662
119a1699前方の草叢で何かゴソゴソ・・・近付いて見れば種類は不明ですが大人の握りこぶしより大きなカエル。
カエルもこのぐらい大きなものはチョッと不気味な感じです。

119a1773
次に現れたのはこれも渡りの小鳥、エゾビタキ。

119a1719
119a1749

待つこと久し、16時過ぎに待望の普通タイプのツツドリです、逆光で条件も芳しくありませんが待った甲斐がありました。

119a1804

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -805-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月27日 (日)

至福の1日(2)  手乗りのヤマガラ

前回に続いての富士山西湖「野鳥の森公園」パートⅡ、手乗りのヤマガラです。ヤマガラは何処にでも見られるポピュラーな小鳥ですが、人慣れすることや学習能力が優れた小鳥としても知られております。
お若い方はご存じないかもしれませんが、以前は神社の縁日などでは「小鳥の占い」としても御馴染みの小鳥でした。

餌台には次々と小鳥たちがやって来ます、中にはゴジュウカラも。。。

Img_0377
直ぐ横の建物内でヒマワリの種を購入し、手の上に乗せれば、このとおり・・・手乗り文鳥ならぬ、「手乗りのヤマガラ」です。

Img_0337誰の手にも次から次へとやって来ます。
Img_0314家族で公園を訪れた子供たちも「可愛い、可愛い」と大はしゃぎ。
Img_0087
見ているだけでは・・・と、早速自分も。ヤマガラちゃんは人見知りはしないようです。手を差し出す人を信じきって無心にヒマワリの種を啄むヤマガラ。。。本当に可愛いですね~

Img_0300花鳥園等でもこの様な体験をしましたが、それは飼育されている鳥。野生の小鳥とのふれあいは初めてのことです。
これを機にますます小鳥が好きになりそう。Img_0304
想像以上に軽いヤマガラ、そして掌に残るその感触が忘れられません。
この日は初見・初撮りのゴジュウカラも嬉しかったですが、それ以上に感激したこのヤマガラでした。
機会があれば何時の日か再びこの場でヤマガラちゃんに再会したいものです。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ本当に嬉しいです。 -805-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月25日 (金)

至福の1日 美しいゴジュウカラ

ブログで上での知人である「A」さんから富士山西湖「野鳥の森公園」でゴジュウカラを見たり、手乗りのヤマガラが体験できることを知り、家内と共にドライブを兼ねて早速出かけてきました。
この公園には今冬、樹氷を見に来て以来2度目の訪問ですがバードウォッチングとして訪れるのは初めて。
野鳥に興味を持ち漸く4年目と、探鳥経験の浅い自分はゴジュウカラは未だ見たことのない憧れの野鳥です。

公園内のメイン建物前ではその「ゴジュウカラ」が早速現れてくれました。
「この樹に来ますよ」と、親切に案内していただいた園長さんの話しでは「この公園にゴジュウカラが飛来したのは8年ぶりのことで現在2羽居ます・・・」119a2268ゴジュウカラはやっぱり下向きが似合うように思いました。
119a2116
119a2246
樹木の中を突いては中の虫などを探していますが、距離が近い上、樹木の上下へと動きが実に早くピンボケの連発です。
樹皮の下から何かゲットしたようです、上向きのところも1枚。
119a2167やっぱり下向きの方が似合うような・・・
119a
119a2102
初見・初撮りの綺麗なゴジュウカラには感激でした。更に公園のメイン建築物「樹海ギャラりー」近くの餌台では手の上のヒマワリのタネを食べに来るヤマガラを実際に体験することが出来ました。
その様子は次回のブログでご紹介いたします。

野鳥撮影の場所等、通常ではブログ等では明記しないのが慣例ですが、園長さんから写真の掲載は勿論、撮影場所のUPについても快諾を戴きましたので記載いたしました。
そしてこの素晴しい状況をご紹介していただいた「A」さん、本当に有難うございました。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ本当に嬉しいです。 -803-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月23日 (水)

バードウォッチング ツツドリ(筒鳥)

季節の鳥、ツツドリを・・・と、近くの公園へとせっせと出かけておりましたが、今まで現れたのは同じ杜鵑類の仲間でカッコウの幼鳥ばかり。

この日漸く現れたのはカッコウではなく赤色型のツツドリ、赤色タイプとはいえ今秋初めてのツツドリです。

119a11591

ブレてしまいましたが・・・119a11771


次々と現れたのは何れも赤色型のツツドリばかり。

119a1229
119a1356
119a1555
公園で粘ること約1日。最後に現れてくれたのもやっぱり赤色型。

119a1622
この日のツツドリは全て赤色型、通常では赤色タイプの方が希少種として珍重されるのですが、こうなれば普通タイプのツツドリが見たくなりました(9月12日)

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ本当に嬉しいです。 -802-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月21日 (月)

田んぼアートin菊川

9月13日(日)
今年もまた水田をキャンパスに見立て、色の異なる古代米の苗を植えて絵を描く「田んぼアートin菊川」に行ってきました。

新聞紙上やTVで紹介されるような大規模なものではありませんが、鮮やかに色づいた稲穂のアート鑑賞会です。
今年は静岡県のイメージキャラクター「ふじっぴー」と、菊川市のマスコットキャラクター“きくのん”、そして機関車トーマスの3つの図柄です。

作業用の車両に乗って高所からの鑑賞ですが、昇降機が上がる前の「ふじっぴー」と“きくのん”の1枚です。

119a1389
そして昇降機が一番高いところまで上がったところです。県のイメージ富士山やキャラクターの図柄が随分ハッキリして見えます。高所恐怖症の自分にはこの高さでも足がすくみそうですが見たい一心で。。。

119a1398

次は機関車トーマスの図柄です。

119a1391
119a1401
田んぼアート観賞用の堤防上に設置された昇降機の付いた車両です。この日は地元小中学校の生徒さん達、その他の皆さんにによる踊りやパフォーマンス等も披露されていました。

119a1420

上空には何やら怪しい物体が・・・よく見れば今流行の「ドローン」でした。「ドローン」を見るのは先月の花火大会以来二度目のことですが、一般的な広角レンズなのでこれが精一杯。

119a1428
拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ本当に嬉しいです。 -801-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月19日 (土)

何時もの公園で

この日は何時もの公園へと出かけてみた。目的の野鳥は渡りの途中に立ち寄る小鳥たちです。

最初に現れたのはセンダイムシクイ、周囲の枝被りが気になりますが。

119a0925
この後、鳥がなかなか現れてくれません、鳥を待つ間に水場付近を飛び交う3匹?のアゲハ蝶をパチリ。

チョウの数え方、1匹、2匹で良いのかなと念のためウエブで検索したところ、動物学上は馬や牛のように一頭、二頭と数えるのが正しいとの事。
兎やイカの数え方は何とか知っていましたがチョウの数え方が馬や牛と同じとは初めて知りました。日本語は難しいですね~

では改めて「三頭のアゲハ蝶をパチリ」・・・ヘンな感じですが如何でしょうか?

119a0219
エナガなどに交じって現れたオオムシクイ? メボソムシクイとそっくりさんなので自分には判別が出来ません。
そして1枚目のセンダイムシクイとも似ていますが、此方は頭央線が無いので判別できます。でも横から見ただけではチョッと分り難いですね。

119a0327
119a0329
留鳥ですが、最後はあの可愛いエナガちゃんです、水浴び付きの大サービスでした。

119a0389

119a0348
119a0391_2
拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ嬉しいです。 -800-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月17日 (木)

台風一過の田んぼ(3) エリマキシギ

田んぼシリーズの最終回。田んぼ内で最も多く見られたエリマキシギです。

119a0768周囲に同化して分り難いとは思いますが4羽います。
119a0793
119a0699

119a0803
少し遠かったのですが久しぶりでタシギを見ました。

119a0686
このほかムナグロ、アオアシシギ、イソシギ等が確認されました。
シリーズ物であり勝手ながら今回もコメント欄はお休みとさせていただきました。
拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ嬉しいのですが。 -799-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月15日 (火)

台風一過の田んぼ(2)

シリーズの続きは何時見ても美しいセイタカシギ。別称「水辺の貴婦人」とも言われる綺麗な水鳥です。

119a0547
119a0562
119a0563
この後、田んぼで見た鳥たちです、これはトウネンでしょうか。119a0621
そしてコチドリ。119a0603

シリーズものなので今回のコメント欄はお休みにさせていただきます。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -798-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月13日 (日)

台風一過の田んぼ ツバメチドリ・アカエリヒレアシシギ

台風18号が去った後、近くの田んぼに何時もと変わったシギたちが居るとの連絡を頂き早速出かけてきた。シギやチドリ、似たものが多く、自分の最も苦手とする種類の野鳥たちですが、シリーズものとして3回に分けてUPの予定です。

トップバッターは、6月初めに見て以来のツバメチドリです。

119a06586月当時と比べ、喉付近の赤い色や特徴のあるラインが随分薄くなった感じです。
119a0741
車中からの撮影ですが警戒心も薄れ?安心したのか座り込んでしまいました。

119a0762
先月2度、隣県まで出かけても見ることが出来なかった舌を噛みそうな名前のアカエリヒレアシシギ。自分には初見・初撮りのシギです。夏羽ではオスよりメスの方が美しいとか。。

119a0395足にはヒレの役目を果たす膜があってクルクルと泳ぐのが実に上手い。119a0411
目の前の田んぼでは5羽まで確認できたが全部揃ったところを撮ることは出来ず、漸く2羽が揃ったところをパチリ。
現地で会ったベテランカメラマン氏の話しでは別の田んぼでも3羽確認したと話してくれました。一度に8羽ものアカエリヒレアシシギが飛来することは珍しいとの事です、やはり台風の影響があったのかも?

119a0492
拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからの励みになります。 -796-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月11日 (金)

いよいよ見納め? アサガオ

この夏、暑さを避けるためグリーンカーテン用にとフウセンカズラとともにプランターにタネを蒔いたアサガオ、今年も長い間楽しませてくれました。

ひと時、花が咲かなくなり今年は花期も終わったものと思っていたがそれでも数は少いものの毎朝きれいな花を咲かせてくれます。
しかし、残りの蕾も少なく ボツボツ見納めが近いのかもしれません。

119a9714
119a9715_2

フツウの朝顔に比べて約半分ぐらいの小さな花です。この花も今年は随分咲いてくれました。
119a9723_2

今年は蔓の伸びも少なくグリーンカーテンの役目を充分果たしてはくれませんでしたが、毎朝雨戸を開けると共に目に入るアサガオやフウセンカズラの花に随分楽しませてもらいました。タネを採り、また来年用に備えておくつもりです。

大雨や洪水で被害に遭われた地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。今回のコメント欄は閉じさせていただきました。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -795-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月 9日 (水)

今秋初の カッコウです

毎年この季節に来鳥するツツドリを期待して何時もの公園へ。現れたのはツツドリと同じ杜鵑(トケン)類のカッコウの幼鳥です。

119a0001尾羽を上げ、翼を垂らしたカッコウお得意のポーズです。
119a0020
119a0150
119a0031
カッコウとツツドリの成鳥、外見だけの識別はかなり難しく自分には到底分かりませんがカッコウの幼鳥の場合、後頭部に白い羽縁があり、これが目印となるようです(下写真)

119a0136
地表に餌となる虫を見つけたのでしょうか舞い降り餌をゲットした瞬間です。この後直ぐに元の枝に戻ってしまいました、まさに一瞬の出来事でした。

119a0175

この日の予報は雨、雨が降る前にと出かけた公園ですが、予報が効いたのか日曜でも公園内で遊ぶ子供たちや散歩の人も少ない。そしてカメラマンは自分を含めて4人だけ、静かな環境の中でカッコウを至近距離で撮ることが出来ました。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -795-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月 7日 (月)

ダイシャクシギ(大杓鴫)と感動のキアシシギ

ダイシャクシギの居る海辺に行ってきた。過去には鳥が遠すぎたり、直ぐ逃げられてしまったりと、不本意な結果に終わってしまったので再々挑戦です。

この日は岸辺に設置されたテトラの上に居るところを初めて撮ることができました。

119a9416

119a9530

この日は風もなく穏やかな海でしたが、偶に打ち寄せる波飛沫が上がったところを待って。

119a9606

119a9486

打ち寄せられた波を身体に浴び、驚いて舞い上がったところです。

119a9611
119a9514
テトラに居たキアシシギ、ダイシャクシギを撮った時、一緒に写っていたものですがキアシシギの左足には「CCH」と書かれたフラグが付いています。

ネットで検索したところこのシギは一昨年西オーストラリアで放鳥されたもので、昨年もこの場所で確認がされたとのことでした。

このキアシシギも遥々オーストラリアから昨年に続いて今年も飛来したのでしょうか。ここ迄来るには幾つかの大試練を超えてきたはずです、神秘的とも言える渡り鳥の行動には感動を覚えずにはいられません。

119a96601
渡り鳥には同じコースを行き来する習性があることは、今年MFで見たサンコウチョウでも実際に確認した。
と、言うのは
昨年、右肩にキズ?らしき特徴のあるオスのサンコウチョウを皆さんと共に撮りましたが、なんと全く同じサンコウチョウを今年もまた同じ場所で皆さんと一緒に確認したのです。
鮭は生まれた川に戻るといわれておりますが渡り鳥にもこれに似た行動をするのかもしれませんね。

※フラグの付いたキアシシギ、写真と共に山階鳥類研究所に連絡したところ、丁重なお礼のメールには下記のように記されていました。
「このCCH-キアシシギは2013年の夏以降、毎シーズン律儀に一色海岸周辺に顔を出 している個体です。今季も既に報告があり20150168のIDで登録済です。 この個体は2012年6月24日に西オーストラリア州のBroome付近、Beaches, Crab Ck Rd, Roebuck Bay(18d0mS/122d22mE)で放鳥されています」

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -794-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月 5日 (土)

雉の幼鳥

鳥友さんとともに稲刈りの終わった田んぼで見つけたキジの幼鳥たちです。
親鳥は居ないようですがキジの幼鳥たちが7羽、これ程多くのキジの幼鳥を1ヶ所で見るのは初めて(鳥友さんの話しではこの後、親鳥を含む12羽を1ヶ所で確認したとの事です)

119a0020
119a0059
119a0038

119a0071

近くの田んぼにも居ました、居ました、タマシギのペアです。5月上旬この辺りで子育てをしていた幾つかのペアの一組かもしれません。
通常オスの方が目立つ野鳥の世界ですが、この鳥はメスが華やかで、子育てはオスが行う一妻多夫性の野鳥です。

119a0099イネの刈られた開けた田んぼに最も多く居たケリ。羽根を広げたところはキレイなのですが、あまりにも多く居すぎて。。。

119a0112
年々おコメの収穫時期が早くなり、早くも店頭で販売されている今年の新米です。
この地域でも稲狩りの終わってしまった田んぼが多く、体の大きなキジの幼鳥など隠れる場所で困るのでは・・・そんな心配をしてしまいました。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -793-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月 3日 (木)

セイタカシギ(丈高鴫)

ダイシャクシギなどを撮った後、少し移動してセイタカシギの居る水辺へ。別名を水辺の貴婦人とも呼ばれるこの野鳥、名の通り長い足が優雅で美しいスタイルです。

119a9341
119a9323

119a9766

119a9756_1

此処の一角には凡そ50羽ぐらいの群れがおりました、人工飼育をしている花鳥園等を除き、自然界でこれ程沢山のセイタカシギを一度に見たのは初めての事です。全てはレンズ内に入らないのでその一部をパチリと。119a0030
突如、池の隅から2匹の物体が出て水面を泳ぎ、対岸の茂みの中に入って行きました。写真などで見たことがあるヌートリア? 

ウィキペディアによれば「特定外来生物の第一次指定種に分類されており、頭胴長40-60 cm、尾長30-45 cm、体重5-9kgの大型の齧歯類」とありました。

もし、ヌートリアであれば頭の先から尾の先まで1メートル近い大鼠です。

119a0045

自宅からは往復180kmのバードウォッチングでしたが、沢山のセイタカシギや初見・初撮りが3種類と大収穫の1日となりました。ダイシャクシギがもう少し近くで撮れたならば更によかったのですが、、、でも贅沢を言ってはいけませんね。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -792-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2015年9月 1日 (火)

水辺の鳥たち

自分の知らない水辺の鳥が居ることを知りミニ遠征です。
この日のお目当ては長く下向きに大きく湾曲した嘴を持つ鳥、ダイシャクシギです。図鑑によれば全長58cmとかなり大きなシギです。
ホウロクシギとダイシャクシギ、そっくりさんですが、図鑑によれば飛ぶと腰付近や羽根の下の白さが違うとのことですがダイシャクシギは初見・初撮りの水鳥です。
この日は少し遠かったのがチョッピリ残念。

119a9355
此処にはダイシャクシギが2羽居るとの先入観念から全て同種と思い込んで居りましたが、翼を広げたのはホウロクシギでは? とのご指摘を頂きました。
腰の部分及び羽根の下にダイシャクシギ特有の白い部分がなく下写真はご指摘どおりホウロクシギでした。119a9368
下写真、ダイシャクシギとホウロクシギ。119a9410
これも初めての鳥、ダイゼン。

119a9606

驚かせたわけではありませんが、突然いっせいに飛び立ったダイゼン。目の前を大サービスで旋回してくれました。119a9493

これも初見、初撮りのオバシギ(多分)

119a9468
119a9457
ダイシャクシギ、ダイゼン、オバシギと全て初見・初撮りの鳥です、もしも名前を間違えていたならばご指摘いただければ幸いです。
( ※ 当初、上の3枚は全てダイシャクシギと思って掲載いたしましたが2枚目と3枚目の翼を広げた固体はホウロクシギではないかとのご指摘を頂き、文章を一部訂正いたしました、親切に教えていただいたAさん、本当に有難うございました)

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -791-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »