2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 遠征 ホシガラス(星烏) | トップページ | 小さい秋見つけた »

2015年8月10日 (月)

再びハヤブサ

前回は隼のハンティングに気づくのが遅れ消化不良の感じが否めなかった。されば再びと、この日も早朝から同じ場所へと出かけてきた、6時前には現地到着ですが、既に県内外のカメラマン氏たちが所狭しと大砲がズラリ。駐車場スペースも最後の1台分が残っておりギリギリのセーフ。

やがて隼が現れ、ラッキーな事にこの日も直ぐ近くの防災無線用アンテナに留まった。アンテナに止まる直前の居近距離から先ずパチリ。

119a920

119a8994
アンテナに留まったハヤブサは、周囲を睥睨しつつ獲物を探している様子。

119a8996

やがて獲物を見つけたのか隼は大空の彼方へ飛び立って行きました。

119a8966
そして獲物を持って帰還です、今度は見逃さないようにと慎重にパチり、パチリと。。。
捕らえられた青鳩は逃れようと未だ羽をバタバタさせています。無数に舞い散る青鳩の羽毛はとどめを刺された瞬間なのでしょうか。

119a9235
119a9236

119a9247
仕留めた獲物をシッカリ持って先程まで居たアンテナに戻ってきました、青鳩は既に動かなくなっています。

119a9317

この後、大勢のカメラマン氏が固唾を飲んで見守る中、キッチリ40分かけて羽根以外の全てを食べ終えた隼は悠々と近くの森へと消えて行った。

この模様は近いこともあって終始ハッキリ見ることが出来ましたが、あまりにも生々しく、かつ残酷なものであり、ブログへのUPは差し控えました。

ハヤブサも生きて行く為には残酷でも仕方がないことですが自然界の厳しさを改めて知らされたこの日でした。青鳩の海水を飲むところは見たいと思いますが、この残酷シーンはもう見たいとは思いません。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -780-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 遠征 ホシガラス(星烏) | トップページ | 小さい秋見つけた »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

6時前には現地到着とは、ずいぶん早いですね。
鳥の撮影って、こんなに早く開始がいつもなのですか?
早起きだけでも尊敬のまなざしです。
ハヤブサ、やはり猛禽類はりりしいですね。
そして、獲物を捉えて運ぶ、食べるまでまるでドキュメンタリー報道番組を見ているみたい。
5枚目の羽が舞っている写真でそのリアリティが伝わってきます。
自然の営みって、時に残酷ですね。

迫力満点の写真ですね!
ハヤブサも生きて行くうえではいたし方ないのでしょうが、
動物の世界の弱肉強食の世界を垣間見た感じです。
応援ポチリ!

おはようございます♪
1枚目はお見事~ハヤブサの表情まで分かります~(^^)v
自然界の掟は厳しいものがありますが、これで種のバランスがとれているんですよね…
私は鳥を撮ると駄作ばかり…500ミリ砲が泣いています…^_^;

P☆

walkerz 様
鳥撮りも、魚釣りと同じでやはり朝方が活発に動くようです。
それに遅いと駐車場の確保が難しくなることもあってどうしても朝は早くなります。
この日は駐車スペースが広くないこともあって・・・
この日以来此処へは行っておりませんが、海水を飲みにやって来る青鳩だけ撮りたいものです。


あすか 様
まさに残酷の一語でした。
これが自然の営みかもしれません。
虫や植物の実を食べる小鳥の方が無難で可愛いですね。
応援を何時も有難うございます。


カシオペア 様
ハヤブサ、これ程近くでは滅多に見られないのですが。
これ程近くへきてくれたのは先日に続いて2度目でした。
幸運と言えば幸運でしたが間近で見る残酷シーンはこれで充分です。
やっぱり可愛い小鳥を撮るほうが自分は好きです。
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。
朝から素晴らしいのを見せていただきました。
すご〜いの一語に尽きますね!!

此処を撮るぞ意気込みですね~。

大きな鳥だけに迫力がありますね。
食べている様子は想像だけで十分ですね。

お疲れ様でした。

これまた目が大きな大きなハヤブサちゃん!!!
そんなとっても可愛いフェイスとは真逆の
たくましいハヤブサちゃんのまっすぐな瞳も魅力的。。。

よりにもよってあの貴重で綺麗な青鳩ちゃんが・・・
写真を撮っていて固唾を飲んで見守ることしかできない
・・・そんなcountry Walker様方のお気持ちと同じ気持ちになりました。
自然界の残酷さ、厳しさですよね;;;
生きていく上で人間も動物も同じなのですよね;;;
わかっていても・・・・・・・゜・(ノ・`)・゜・・・・

つい先日我が家のベランダで生まれ育った小鳩が
カラスに襲われた時はしばらくショックから立ち上がれませんでしたが
「仕方がナイコトだ」と自分に泣く泣く何度も言い聞かせ・・・今また
その後すぐに生まれた小鳩が遊んだり居眠りに来るのを
そっとそっと「どうか気をつけて育っていってね」と見守っております(*´ー`*)

いつも素晴らしいお写真をありがとうございます!
さぁ!今日も頑張ろうっ ٩(ˊωˋ*)و

tidori 様
有難うございます。
水鳥が魚を捕るシーンは何度か見ましたが
猛禽がアオバトを捕らえて食べてしまうシーンは初めて目の当たりにしました。
でも残酷ですね~
仕方のないことかもしれませんが。


hirugao 様
今度こそと意気込んで出かけましたが
撮れた満足感より犠牲になった青鳩が可愛そうで・・・
応援を何時も有難うございます。


yumita 様
生きて行く為の弱肉強食の世界のドラマを見た感じです。
可愛そうなアオバトちゃんですが、これも仕方のないことと無理に自身を納得させてしまいました。
最後の写真以降のショットは流石にUPできませんでしたが。
犠牲となったアオバトちゃんを可哀想と思う一方で仕方のないことと思う気持ちが一緒になった日でもありました。
もうこのシーンは撮りたくありません。
そうです、今日も頑張りましょう!

おはようございます。
近距離からの撮影お見事ですね~目もはっきりとです。
悠々と大空を舞う姿は勇ましくてさすが王者の風格ですね。
すごいシーンです。
とても可愛そうで・・・。トホホ

おはようございます。

自然の世界の脅威をまじかに見られる貴重な写真。
ハヤブサの迫力と自然の世界の厳しさ、ハヤブサは
大事な食事にありつけたわけですね。
青空の中を、青鳩の羽を飛び散らしながら飛ぶ姿
見事な写真だと思います。

こんにちは〜。

まぁ〜! すごい写真の連続ですね。
一枚目は大型戦闘機を連想してしまいました。

なんとか逃れようともがく青鳩・・・空中に舞い散った羽が哀れを誘いますが、
これも自然の掟なのですね。
先日、葛西の浜辺で辺り一面に散らばった羽を見ました。なんでこんなに広範囲に散らばっているのだろう・・・と疑問に思いました。
こちらのお写真から同じような状況だったのだと理解できました。

1枚目の鋭い脚に見入ってしまい・・・
なんと!アオバトさんが餌食になるとは。
自然界ゆえ仕方のないことですが、食事風景を見るのは辛いですね。
以前、外猫が小鳥を捕まえ食べていて
時間が経って見てみたら、残っていたのは羽だけでした。
そんな事を思い出しました。。

1枚目のハヤブサの写真・・・・迫力満点です!happy02

自然の摂理とはいえども、アオバトが餌になり羽根がばらばら飛ぶ様子。
怖い~と目をそらしてしまいました。
それにしてもすご~いです。

こんにちは。

迫力ありますね。

やはり獲物がアオバト。。というところが、

かなりショックでした。

当たり前の事なんでしょうけど。。触れると温かいものが餌となってしまうって

辛いものがありますね。

ミサゴやカワセミが魚を獲ると、拍手してしまうのに。。

不思議なものですね。

ぽち。

桜台のスミレ 様
写真を始めて数年。
そして野鳥撮りが面白くなって4年目。
でもこんな残酷なシーンは初めて目の当たりに・・・
やっぱり写真は楽しい瞬間のほうが好いですね。
今日、私も久しぶりでヤマガラちゃんに出合いました。


里山コウ 様
シロート写真愛好家として少しでもありのままに忠実に・・・と思いましたが。
やっぱり残酷シーンはねえ・・・
心の片隅に残酷シーンを撮りたくて待っていたことも事実ですが。
この様な瞬間はもう撮りたいとは思いません。
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ 様
「ホロホロ」さんが見られた
浜辺で辺り一面に散らばった羽。
おそらくこれと同じ状態であったことと思います。
生きて行く為には仕方のないことかもしれませんが、
これが現実なのかもしれません。
自然の世界は厳しいものですね。

舞 様
自然界は厳しいものですね。
「舞」さんが見られた外猫ちゃんが捕らえた小鳥と全く同じことだと思います。
生きて行く為には・・・ですよね。
自然界では平和主義者では生きてはいけないのですね。


セロリさん 様
こんなに近くで猛禽の代表ハヤブサが見れるとは。
なかなか近くでは見ることが出来ないハヤブサが見れたことは幸運でした。
残酷すぎたのでこれで暫くハヤブサ撮りには行かないつもりです。


あとり 様
そうなんです、
ミサゴやカワセミの狩には拍手なのに・・・
やっぱり触れば暖かいものにはね~
可哀想が先立ってしまいます。
応援を何時も有難うございます。

消化不良を解消すべきリベンジに出かけられ、そしてこのようないいチャンスをゲットでき、
バンバンザイでしたね。
アオバトの羽が宙に舞う映像は、哀れですが瞬間の美ですね。
そして下から二枚目の映像は、生き生きしたハヤブサの表情がうまく捉えられていると思います。

アオバトの羽が空に舞っているのはきれいですね。
可愛そうですが・・・

大きなカメラでの撮影は大変でしょうね。

応援です☆

こんにちは^^

近距離からの、ハヤブサのショット、
すごい迫力で、目を見張りました!
アンテナに止まろうとしている、ハヤブサの爪、
鋭いですねーーー!
あの爪で、アオハトを捕えたのですね。
アオハトの姿は、かわいそうですが、
これが、自然の世界なんですね。

こんにちは。

今日も暑いです。

こんな時も鳥たちは生きていくために頑張っているんですね。

といいつつ。。

先ほど、ちゅんたちに本日最後のえさやりをしてきました。

きょうも、ちゅんは元気です。

ぽち。

korekore 様
消化不良が完全に消化できたのか? と尋ねられると複雑なところです。
獲物の種類も写真では判りませんし、姿かたちもハッキリ撮れなかったので・・・
自然界は本当に厳しいものですね。
それを目の当たりにしただけでも充分でした。


hirugao  様
駐車場所と撮影場所が歩も同じなので機材の重さは全く気になりませんが。
離れた場所の撮影は機材運びだけでもこの齢になれば応えます。
応援を何時も有難うございます。


k-24 様
猛禽類の爪は本当に鋭く、このハヤブサなどは足で獲物を蹴り落し捕獲しているみたいです。
しかも獲物を見つけ急降下する時の速さは時速390kmとか。
それでも狩に失敗し取り逃がしてしまうこともしばしばあります。
捕るほうも逃げるほうも必死です。


あとり 様
暑いですね~
今日は鳥を忘れて少し離れた地域までミニ避暑にi行ってきました。
機会を見てブログUP致します。
チュン君たちも元気で何よりです。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/61041610

この記事へのトラックバック一覧です: 再びハヤブサ:

« 遠征 ホシガラス(星烏) | トップページ | 小さい秋見つけた »