2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 5年ぶり・海王丸 | トップページ | フウセンカズラ他 »

2015年8月26日 (水)

コアオアシシギ他(小青足鴫)

アカエリヒレアシシギ、舌を噛みそうな名前ですが比較的珍しい鳥であるという、このアカエリヒレアシシギの幼鳥が居ると聞き、少し離れたところまで出かけてきた。

ポイントには既に多くのカメラマンが待機、しかしお目当てのこの鳥ですが今は居ないらしい。今朝6時ごろ写真を撮った人がいたがそれ以後は見かけないという。となれば既に抜けてしまったのかもしれない。
ポイントで午前中粘ったが現れたのはコアオアシシギにソリハシギ、トウネン・・・

コアオアシシギ、この鳥も珍しい鳥らしい、自分も勿論初見初撮りです。一見アオアシシギと見間違えそうであるがくちばしがそれほど反っていないこと、それにやや小型です。

119a9991
コアオアシシギ。
119a9995

コアオアシシギと右はソリハシギ、このように並んで見れば小型な事が分ります。

119a9994
ソリハシギ。

119a9963


手前の小さな鳥がトウネン。

119a9829
シギチ、自分尤も苦手とする分野の野鳥です、コアオアシシギも一見フツウのアオアシシギと間違えてしまいそうですが、幸い近くにベテランカメラマン氏が居り、掲載の鳥の名も念のためベテラン氏に全て確認いたしました。

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -788-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 5年ぶり・海王丸 | トップページ | フウセンカズラ他 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

本文を見て、写真を見比べ、間違い探し(笑)をやって、ようやく違いを認識しました。
遠くの実物を見て、“違い”が分かるだけでもスゴイです。
鳥仲間さんの手助けを得たようですが、その名前までも正確に把握されていますね。
舌をかみそうな名前で、覚えるどころか、読むのも一苦労でした(笑)。
アカエリヒレアシシギいつか見てみたいものです。

おはようございます。
今朝は雨の音で目が覚めました。

くちばしのそり方で鳥の名前が・・・
私には皆同じに見えてしまいます。
鳥愛好家にはそんな小さなところも魅力のひとつでしょうか。
応援ポチリ!

walkerZ  様
鳥枯れの季節で里山に鳥が居なくなってしまい隣県までミニ遠征してきました。
シギや千鳥は似ているものが多く自分のような者には苦労します。
幸いこの日は近くにベテランカメラマン氏が居られたので全て確認した次第です。
単独ではどうしようもありません(笑)


あすか 様
おはようございます。
昨日から急に涼しくなり、今朝も長ズボン、長袖です。
今は青空が見えてきました。
涼しいままで天候回復となれば良いのですが・・・
でも未だ8月ですよね。
応援を何時も有難うございます。

書いても間違えそうな名前です。

いろんな種類の鳥が仲良くいるのは嬉しいですね。
かなり遠くまでいかれたのでしょうか。
カメラマンの人が最近は多いですね。

おはようございます。

このシギの仲間は、似たような感じの鳥たちが何種類も
いて、見分けるのが難しそうですね。
クチバシのかたちとか、脚の色とか、少しづつ違いは
あっても、それが分かるようになるまで、大変ですね。

おはようございます。
足が長くてスマートなシギ。
写真に動きがあってとても素晴らしいです。
シギ・・・たくさんの種類があるのですね~。
山も海もお近くで羨ましいです。

こんにちは♪
こうして見ると鳥は種が違っても仲良しなんですね~(^^)
3枚目と5枚目はまるで親子のようです。
アカエリヒレアシシギは確かに舌をかみそうな名前ですね…
お酒で酔うとこの名前を言うのは難しそう…^_^;

P☆

コアオアシシギ、長いくちばしですね。
水辺にいる鳥はくちばしが長い鳥が多いのでしょうか?
餌を獲るための進化?と勝手に思ってしまいました。

ハイキングしていても「あっ!鳥がいる。」で終わってしまう私には
沢山の名前を覚えていらっしゃる country walkerさんを尊敬しちゃいます。

滑舌の悪い私も、ブログを読み鳥の名前を小声で口ずさみ
拝見していたら舌をかみそうになりました。happy02

シギの仲間も多いのですね~!
ソリハしシギは、名前の通り嘴が反っているのが
並んでいる写真3枚目で確認できました。
本日の応援 ☆ ポチリは、嘴が太く小型のシギ・・・「トウネン」に!

こんにちは^^

声に出して、名前を言ってみると、
ほんとに、早口言葉のように、むずかしいですね^^
並んでいると、見分けがつきますが、
一羽ずついると、私は、きっと、わからないと思います。
あの長いくちばしで、土の中の虫を食べるのでしょうか。
今にも、飛び立ちそうな動きが、いいですね^^

こんにちは。

シギの仲間って華奢な足で、

とても優雅に見えますね。

インコのごっつい足をみていると。。

そう思えます。

ぽち。

こんにちは。
少しずつ椅子に座れるようになりました。(まだ長時間は無理ですが…)

アカエリヒレアシシギ、残念でしたね。
今の時期は、ほんの少し寄り道することが多いので、時すでに遅し!のケースが多いから仕方ないです。
近いうちに、また顔を出してくれるといいですね。

↓の「海王丸」、青空をバックに優雅で勇壮な姿、いいですね。

hirugao 様
ミニ遠征で家からは往復150kmぐらいのところです。
カメラマン、最近随分増えてきたことは事実です。
それでも鳥撮りカメラマンは少ないと思います。
カメラマン総数の1割には到底行かないのでは?
詳細は分りませんが。。
応援を何時も有難うございます。


里山コウ  様
シギや千鳥の仲間はごく似ているものが多くかなりのベテランさんでも苦労する部類の野鳥です。
まして自分などはこの分野では全くのシロート。
本当に難しいです。
応援を何時も有難うございます。


桜台のスミレ 様
シギ類は水辺で生活するものが多く、
餌をとるために便利なように嘴や足の長いものが多いです。
此処は自宅から約75kmぐらいのところですが、自宅からの海までは5k、山も近いので鳥観察には恵まれているのかもしれません。

シギ・チはわたしも苦手です。
大阪湾とか、市南部の巨椋池によく見に行ったものですが、なかなか覚えられませんでした。
鴨川にまで来てくれると、しっかりおぼえられるんですけど・・・。(笑)
アカエリヒレアシシギは数年前、1羽だけ鴨川に来たことがありました。
シロエリヒレアシシギも来たことありますよ。
もちろんここでは迷鳥、たまにこういうのが見られるから楽しみなのです。

カシオペア  様
猛禽は別として此処での水鳥たちはあまり喧嘩もせず仲良く餌を啄んでいました。
鳥でもテリトリーを持つもの、そうでないものが居るのかもしれませんね。
アカエリヒレアシシギ、何回読んでも舌を噛みます(笑)
応援を何時も有難うございます。


セロリさん  様
アカエリヒレアシシギ、アナウンサーのトレーニングにでも使えそうな名前です。
ソリハシギのように特徴がよく出た鳥は比較的覚え易いのですが。。。
記憶力の衰えた私にはね~ 
花の名前と同じでせっかく覚えた名前も来年の飛来時まで果たして覚えていられるのか不安です(笑)
「トウネン」に応援を有難うございます。


ジャランこ  様
水辺にいる鳥は比較的嘴や足が長いですね。
仰るとおり餌を獲るための進化だと思います。
鳥の名前、なかなか覚えることが出来ません。
教えていただいても来シーズンには忘れてしまったり・・・
花の名前と同じですね。

コアオアシシギは可愛いシギですね。
私も昨年9月に葛西で初見しました。もちろん初心者の私には判別は無理で、
ベテランウォッチャーさんに教えていただきましたよ。
反嘴鴫も小さいシギだとおもいますが、もっと小さいのがお写真から解りました〜。

舌をかみそうなアカエリヒレアシシギはどんなシギなのか、図鑑で調べてみます(*^-^)

k-24 様
仰るとおり、並んでいればその違いが分るのですが
単独で居ると分らなくなって困ります。
写真では大小が分らないので。。
長い嘴は砂の下に居る獲物を獲るのに適しているのでしょうね。

あとり 様
インコの足はごっついのですか?
インコは知っていても足までは・・・
インコの原種は山に居るからかな?
応援を何時も有難うございます。


ソングバード  様
この後、再度現れたとの情報を知り、また出かけましたが見ることが出来ませんでした。
明日はダイシャクシギの情報を頂いたので行ってみたいと思っていますが。。。
このごろは空振りが多いのでチョッピリ不安です。
腰痛、くれぐれもお大事になさってください。


tidori  様
「tidori 」さんもシギチは苦手なんですね。
このコアオアシシギなどフツウのアオアシシギと似ているので
単独で現れると???になってしまいます。
難しいですね「シギ・チ」は。
シロエリヒレアシシギも居るのですか・・・益々混乱してきそうです(笑)

ホロホロ  様
コアオアシシギは自分も初見初撮りです。
この鳥も自分単独で行けば「アオアシシギか・・・」で終わってしまったかもしれません。
ソリハシギと並べはアオアシシギではないことが分りますが。
もしこの次にコアオアシを単独で見たときに判別が出来るのか不安です(笑)

細い足がとても素敵ですね。
飛んでいくところも見ていたらドキドキします。

少し涼しくなりました。
撮影は楽になるかと思いますが。

訂正。
シロエリヒレアシシギ は ハイイロヒレアシシギ の間違いでした。
アカに対して白っぽいので、つい・・・失礼しました。

こんにちは。

はい、インコの足はごっついですよ。

木登りしたり、餌をつかんで、嘴に持っていって食べたりします。

器用な足でもあります。

仁くんの足。。うまく写せたらUPしますね。

ぽち。

hirugao 様
華奢と言うより、細くて針金か竹ヒゴのようなシギの足。
なんだか頼りなさそうですね。
仰るとおり涼しくなって撮影には随分楽になりました。


tidori 様
ハイイロヒレアシシギ。
益々舌を噛みそうな名前です。
ポケット図鑑には掲載されておらずネットで調べたならばありましたよ。
シギチ。益々難しくなってきました(笑)


あとり 様
仁くんの足、写す事ができましたなら掲載してください。
足だけだと常に動いているので撮り難いと思いますが。。。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/61223674

この記事へのトラックバック一覧です: コアオアシシギ他(小青足鴫):

« 5年ぶり・海王丸 | トップページ | フウセンカズラ他 »