2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 今年初・花火大会 | トップページ | コアオアシシギ他(小青足鴫) »

2015年8月24日 (月)

5年ぶり・海王丸

航海訓練所の練習船、海王丸が御前崎港へ寄港のニュースを知り、セイルドリルと呼ばれる帆を張る訓練が見られる15日(土)に出かけてきました。

海王丸を見るのは今度で3回目、清水港で日本丸とW寄港時に1度、御前崎では5年ぶり2度目で併せて3度目です。前回は入港から出港まで4日通ったが、やはりこの帆を張った姿と出港時の登檣礼(とうしょうれい)が一番感激した記憶があります。

セイルドリルの開始は13:00~ ですが早めの現地到着。海王丸の周囲には未だ人の姿も疎らです。ここでも数人の鳥友さん達に出会った、皆さん鳥だけではなく写真が好きなんですね~

119a9660
13:00訓練の開始です。指揮官の号令の下、実習生たちが命綱なしの素足で高い帆柱に駆け上りますが中には女性の実習生の姿も。。。因みに海面から一番高い帆柱の先までは49メートルとの事。高所恐怖症の自分には常識では考えられない高さです。

119a9681119a9686

実習生と教官の手で次第に帆が解かれ見事な姿を見せてくれました。海王丸、別名を海の貴婦人と呼ばれていますが納得の美しさです。

119a9698
船尾方面からもパチリと。この日は終戦記念日」、半旗が掲げられていました。

119a9731
作業を終えた訓練生たちが蚊見物客への挨拶です。自分も思わず拍手をパチパチ!

119a9722
美しい姿を充分眺めた後が大変でした、帰ろうと港の広い駐車場まで来たものの、車、車で全く動くことが出来ず諦めて帆を畳む訓練の最後まで見物。これも全てが手作業で行われます。

119a9742

帆を張るところから収納まで全てを見物した1日でした。海王丸の畳帆作業を最後まで見たのは初めて(8月15日)

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -787-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 今年初・花火大会 | トップページ | コアオアシシギ他(小青足鴫) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

今回の被写体は、総帆船ですが、鳥仲間さんもいらっしゃったとか。
世間って広いようで狭いですね。
海王丸の総帆船見事ですね。しかも、人力で帆を貼るんですね。
富山県海王丸パークという公園がありましたが、一度も帆を貼ったところを見れずじまいでした。
今回こうして、見ることができて良かったです。

walkerZ  様
海王丸を見るのは今回で3度目、
何時見てもその美しい姿に感動でした。
帆を張る作業や、帆を畳む作業も全て手作業によるものです。
そして驚いたことに4本の帆柱を左右に回転させる作業さえ人力で動かしています。
モーター類は無いのかも。。。

時々神戸港でも見られたようですがなかなかいけません。
青空のもとセイルドリルの様子が見られてよかったですね。

凄く大勢の人が来ていたようでそのほうが大変でしたね。
青空に映える貴婦人の姿が素晴らしいですね~

おはようございます。

海王丸の雄姿には、何かロマンがありますね。
一番高い帆のてっぺんまで49メートルですか、
しかも上の方が大きく揺れるのでしょう。
全ての作業が手作業、かなりの体力がないと
この船には乗れませんね。
駐車場の混雑、お疲れ様でした。

御前崎港と言うと直ぐ思い出されるのが演歌 森進一の「港町ブルース」です。(笑)
白い帆船は青空に良く似合います。
横浜の日本丸も時たまセイルドリルを行うようですがまだ一度も観たことありません。
(場所もあまり良い場所ではありません)
応援ポチリ!

おはようございます。
海王丸大きな帆船で立派ですね~。
お天気もよくて一日堪能されて満足度100%でした。
イベントに出向いても混雑して駐車場の入出の待ち時間に困る時があります。
すっかり秋らしくなってお出かけ日和になってきました。

こんにちは♪
帆を張った海王丸の勇姿、カッコいいですね~(^^)
私は日本丸は横浜で撮った事がありますが、こちらは見るのも初めてです。
それにしても高い所に登って帆を張るとはスゴイ…
訓練をしているうちに高い所に慣れて行くんでしょうか…
高所恐怖症の私には考えられません。
10万円上げるから登れと言われても断ります…(笑)

P☆

青空に白い貴婦人の船体が素晴らしいですね。

セイルドリルの様子が美しく表現されていますね。
訓練をしている人たちは真剣そのものですね。
私、見ているだけでもドキドキしてしまうかも・・・

野鳥CMさんたち写友ですね。野鳥ばかりではなく、話題の被写体でお会いできて嬉しいですね。

さすが海の貴婦人と言われるだけある「海王丸」です
優雅でカッコいいですね~!

私も高所恐怖症なので帆柱を登ることは無理~です。
(山では、丹田に力を入れ登れるのですが・・・ネ)
作業が終了した後は、実習生と観客が一体に慣れる時間ですね。happy01

hirugao  様
今度で3回目の海王丸。
何時見てもステキですがやっぱり帆を揚げたセイルドリルは格別です。
帰りの混雑には参りましたが、そのお陰?で帆を畳む作業まで見ることが出来ました。
出港時の登檣礼(とうしょうれい)も感激物ですよ。

里山コウ 様
仰るとおり帆船には現代のハイテク船には無いロマンがありますね。
船員の養成にはこの帆船がベストとか。
例え今の船では使わない帆の上げ下げなどの共同作業が何より大切な協調精神を養うのだそうです。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
森進一の「港町ブルース」で一躍知名度が全国区になった御前崎港。
客船の寄港なども無い、所謂貨物(自動車)や漁業の港で唄のイメージとはやや違うような感じの港です。
でも、晴れた日には富士山も大きく見える良港です。
応援を何時も有難うございます。


こんにちは。

蒼空に白い帆。。

優雅で美しいですね。

流石です^^。

ぽち。

桜台のスミレ 様
はい、満足度100パーセントの帆船見物でした。
帰りの混雑は承知の上で出かけたものですから・・・
5年前の寄港時には、入港から船内見学や出港時のの登檣礼(とうしょうれい)も見物しました。
これから秋の訪れとともに益々出かけることが楽しくなりますね。


カシオペア 様
私も誰にも負けないぐらいの高所恐怖症です。
昔、住んでいたアパートでも2Fまでが限度で3階以上は足が竦んで(笑)
高速道路も高いところはダメ、ヒコーキなんて離着陸時は絶対に外を見ない・・・
だから今でもヒコーキが大嫌いです。


ホロホロ 様
帆を張る作業中、マイクで解説がありました。
高い帆桁に登るのは素足ですが、真冬の航海中でも訓練の為素足で行うそうです。(この海王丸は昨年アメリカ大陸まで航海したそうです)
風が強ければエンジンで走る時より早く帆走できるそうですが、そのときは船が大きく傾き、食堂での食事は椀やお皿は使えず、おにぎり以外はダメだったとも話してくれました。


セロリさん 様
カッコ好いですね~ 海王丸!
帆桁に登る訓練生たちも初めは皆さん怖かったそうです。
でも訓練を重ねる内に慣れてくるとの事ですが・・・
私には到底無理。気絶して落下してしまうかも(笑)
女性の訓練生たちも数人見かけましたが凄いですね~

こんばんは!
ニュースで視ましたよ。
しかし結構な人出ですねぇ・・・。
あの御前崎港に何処から人が湧いて出たのかって思いますよ。
市長さんも、こんなに人が集まるならば、ちょくちょく寄ってくれって思っただろうなぁ。

海王丸を近くで見ると、かなり大きな帆船だと思われます。
その姿を写真に写すのは実に難しいと思いますが、どうでしたか?

帆が解かれた姿は、非常にきれいです。
いつか帆を上げて進んでいる姿を見たいものです。

FUJIKAZE 様
ソウなんです、あの御前崎にこれ程の人が集まるなんて。。。
5年前の寄港時には、艦内見学や出港の登檣礼(とうしょうれい)まで出かけましたが登檣礼では目がウルウルと感激してしまいました。


のりちゃん 様
とにかく人が多いので船だけを写す事は不可能です。
椅子を兼ねた脚立も用意して行きましたがこの程度でした。
見物人も船の背景、脇役として撮らざるを得ないと思い割り切って。
昨年、帆走をしながらアメリカまで訓練航海をしたそうです。
大海原を帆走する海王丸、さぞかし美しい姿でしょうね。

今度神戸港に来たら必ず行ってみますね。

その時にはお天気が良かったら良いのにね。

台風どうなってるのか見てみますね。

応援です☆

青空と海と帆船と・・・いいですねぇ。
こうやって拝見しているだけで素晴らしいのに、実物を見たら感動してひっくり返るかも?
家の棚には小さな小さな海王丸?が鎮座してます(笑)

hirugao 様
神戸港は横浜と並ぶ日本の代表的な港です。
海王丸や日本丸など日本を代表する帆船は必ず寄港するものと思われます。
その時にはぜひどうぞ。。
セイルドリルと出港時の登檣礼(とうしょうれい)が一番でした。
双方必見の価値ありだと思うのですが・・・


tidori  様
「tidori 」邸には海王丸があるのですね。
いいですね~ 帆船!
美しいだけではなく、風を頼りに七つの海を航海してきた海のロマンがありますね。

こんにちは。

激しい雨とともに台風が去っていきました。

このまま涼しくなってくれると嬉しいですけど^^:。

ぽち。

こんばんは^^

海の貴婦人と、呼ばれているのがわかります。
帆を張る前も、美しく、
帆を張った姿は、白いドレスを着て、
ワルツを踊る、貴婦人のようです。
素晴らしい写真を、ありがとうございます^^

あとり 様
雨は上がりましたが風が未だ強く吹いています。
気温も低く涼しいを超えて肌寒いぐらいです。
半袖では寒く長袖を着用しました。
応援を何時も有難うございます。


k-24 様
ワルツを踊る、貴婦人・・・上手い表現ですね~
大海原を舞踏会の会場として、
帆船はウインナワルツを踊る貴婦人・・・そんな感じでしょうか。
海王丸、優雅で実に美しいと改めて思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/61223520

この記事へのトラックバック一覧です: 5年ぶり・海王丸:

« 今年初・花火大会 | トップページ | コアオアシシギ他(小青足鴫) »