2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 鷺草が満開に | トップページ | クロツグミの水浴び(黒鶫) そして「ひぐらし」 の声 »

2015年7月31日 (金)

久しぶりの里山

7月21日、久しぶりにMFとも言える里山を訪れた、此処に来るのは6月2日以来と久しぶりのことです。サンコウチョウのヒナたちも既に巣立ち、幼鳥たちが高いところを飛び回っています。

漸く近くに来てくれたのがオオルリの若様です。羽は青くなっていますが首の周囲も未だ青くなっていません。青い鳥御三家のひとつと言われてもピンときませんね。

119a9829119a9836
119a9873
遠くてハッキリしない画像ですが、サンコウチョウも居ましたよ。
下のサンちゃんはトレードマークの長い尾羽が早くも1枚脱落?残った1枚も既にボロボロの様に見えました。ヒナ達も既に巣立ち、早くも秋の渡りに備えているのでしょうか?

119a9900下は前回(6月2日)此処へ来たときのサンコウチョウです。上写真と同一種なのかは不明ですが、場所は全く同じところ。。。この時には勿論長い尾羽は2枚ありました。
119a0498

拙いブログですが、下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければこれからも励みになります。 -775-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 鷺草が満開に | トップページ | クロツグミの水浴び(黒鶫) そして「ひぐらし」 の声 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
オオルリの若い時はこの様な色をしているんですね。
でもこれで御三家である事がよく分かりますよ~(^^)v
サンコウチョウのサンちゃんは本当に愛くるしい…
今や私はサンちゃんのファンになってしまいました~(^^)

P☆

おはようございます。

オオルリの若様は何てかわいいんでしょう。
羽の色も綺麗ですが、1枚目の写真のまん丸の目と
少し幼さの残る嘴がとっても可愛いです。

サンコウチョウはながい尾と青いアイシャドウの
独特のお顔で可愛いですね。

幼い中にもちゃんとそれらしく育ってゆくのですね。!
サンコウチョウのひな鳥も負けじと長い尾羽?が愛らしいです。
我が家のサギ草は22個の内、花芯が出たのは8本だけで、やっと特徴あるひげが1本だけ出始めました。
応援ポチリ!

オオルリの若様、真ん丸お目目が可愛いですね。
羽色も素敵だし・・・
サンコウチョウのサンちゃんは羽が1本抜けたのですね。

この姿をしみじみ見ながら子育ての大変さを
感じました。

カシオペア 様
オオルリのオス。
これから少しずつあの青い羽が増え、背中付近は全て青い羽に覆われ、成鳥になった暁には所謂「青い鳥」になります。
今は青い色が少ないのに「青二才」です(笑)
サンちゃんのファンになってくれたのですね。有難うございます。
応援も何時も有難うございます。

里山コウ 様
小鳥たちは皆可愛いものですがやっぱり幼いものは特別ですね。
来年の夏、再び飛来してくる頃にはもっともっとキレイな青い鳥になって帰ってきてくれることでしょう。
サンちゃん、誰もが皆好きになってくれる、これも本当に可愛い小鳥ですね。
応援を何時も有難うございます。

あすか 様
「あすか」さん宅のサギソウ、今年は裏年になったのかもしれませんね。
でも、枯れたわけではないので来年は楽しめるものと思います。
好不調、植物の世界にもあるのでしょうね。
応援を何時も有難うございます。

hirugao 様
サンコウチョウ。
春に飛来した時には既に長い尾羽を付けていますが
秋になって帰るときには長い尾羽は無くなっています。
1本抜けてしまったことは間もなく残りの1本の無くなってしまうものと思います。
サンコウチョウ、やはり長い尾羽がカッコいいですね。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは^^

オオルリの若様は、
胸元の羽が、まだ、ふわふわして、やわらかそうですね。
一枚、尾羽が抜けたサンちゃんは、
子育てが、一段落して、少し、疲れが出たように見えます。
サンちゃんは、ふつう、2枚の尾羽があるのですね^^

1枚目の写真のブルーが鮮やかですね。絵の具で塗ったみたい(笑)
目がぱっちりで可愛い!
サンコウチョウもちょっと育児疲れがあるようですね。
南に帰るまでに元気になってほしいです。

k-24  様
子育て終了のサンちゃん。
やっぱりやつれた感じがしないでもありませんね。
でも、これから遥々南の国まで長い長い旅が待っています。
渡り鳥、本当に大変ですね、そう思っただけでも愛しさがいっそう増してきます。
オスのサンちゃんの尾羽、長いもの短いもの其々個体差は有りますが通常は2枚です。


tidori 様
やっぱり育児疲れが出ているのでしょうかね。
2枚の写真を見るとかなり差があるようにも見えますね、
同一固体なのか定かではありませんが、テリトリーのこともあって多分同じ鳥ではないか・・・なんて勝手に想像しているところです。

こんにちは。

かわいいですね。幼鳥。。

きっとこの子のパパさん、ママさんも、サンコウチョウのパパさんみたいに、

おつかれなんでしょう^^。

ぽち。

こんにちは。。書き忘れたので。。

お大事にしてくださいね。五十肩???。。いやいや四十肩ってことで^^。

わたしは。。冬になると、複雑骨折したところが痛みますが。。

いまは平気です。

痛いのって困りますものね。

おばんで~す!

オオルリの若様・・・ふっくらとして可愛い感じがします。
成長するにつれて青の色が増すのでしょうね。
まん丸なお目目も愛嬌がありますよ。 応援 ☆ ポチリ

サンコウチョウ・・・南国までの長い旅ガンバレ~と応援したくなります。


あとり 様
2回連続でコメント欄を閉じさせていただいたその一因、この五十肩?もあります。
四十肩・・・それではバチが当ります(笑)
でも辛いですね、ウデも痛くてマウスも億劫に。
七十肩なので治りも遅いのかも。。。
応援を何時も有難うございます。


セロリさん 様
鳥が苦手だった「セロリさん」、オオルリの若様の眼も可愛く見えて・・・
嬉しいですね~ 鳥アレルギーも随分和らいできたのではないでしょうか。

渡り鳥たち、大変ですね。命を懸けて海を渡り子育てを済ませ、また海を渡る。
この小さな体で危険を冒してまで遥々何千里の海を渡るなんて。
益々愛おしくなります。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。
MFでオオルリやサンコウチョウが観察できるとは
本当に羨ましいです。
オオルリの若様はまるっこくて青い羽がワンポイントで目立ちとても可愛いです。
サンちゃんパパは渡る秋には長〜い尾羽は抜けてしまうのですか?
それにしても子鳥たちが長距離を渡ると思うと、愛おしさが湧き出ますね。

ふと思ったのですが渡りの時期にはもう長い尾は
いらないのかしら?
どのくらい飛ぶのでしょうね・・・

渡りをする生き物はすごいなあと思います。

オオルリの若、逢いたいものです。
先日出かけた水飲み場、キビタキだけは頻繁に立ち寄ってくれましたが、
このオオルリさんはどこにお出かけだったのか、一度も遊びに来てくれなかったのです。
昨日も別の場所にオオルリ若狙いで出かけてきましたが、昨年会えた場所でも姿無し。
そのうちにと密かに期待していますが・・・
そちらはいい場所に来てくれて、とてもきれいな映像ゲットでしたね。

こんにちは。

暑いです^^;。

でも、こんなことにはめげず。。良い週末をお過ごしくださいませ。

ぽち。

ホロホロ 様
MF、何時でも見られるとは限りませんが、この日はサンちゃんに出合うこが出来ました。
オオルリやキビタキも同様ですが、何しろ相手が野鳥なので絶対とは言えません。空振りに終わる日も結構多いですよ。
サンちゃんパパ、秋の渡り時には長い尾羽を見たことがありません。したがって全て無くなっているものと思います。
渡りをする小鳥たち、あの小さな体でよくぞ・・・そう思っただけで愛おしくなりますよね。


hirugao 様
春に見たときには既に長い尾羽があり、
秋には無い・・・不思議なことですがこれが実態です。
図鑑によればサンちゃんは東南アジア方面から飛来するとあり、となれば随分長い旅となります。
凄いことですね。


korekore  様
MFではここのところオオルリの成鳥の姿は無く、この若様のみ時々現れてくれます。
鳥枯れと言われる時期だけけに若様は大切なお客様です。
今日も遥々遠征してきましたがここのところ鳥運に見放されて(泣)
こんな時期もあるのかと諦めております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/60858662

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの里山:

« 鷺草が満開に | トップページ | クロツグミの水浴び(黒鶫) そして「ひぐらし」 の声 »