2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« JRさわやかウォーキング 舞阪(うなぎパイ工場見学) | トップページ | バードウォッチング オオヨシキリ・コジュケイ »

2015年6月22日 (月)

バードウォッチング クロツグミ(黒鶫)

ここのところ数日間、憧れの鳥であるアカショウビンを求めて離れた山に通っております。昨年も随分通いましたが撮れたのはたった1回だけ、それも少し遠く、出来ればもう少し好いショットを。。。これが願いなのです。

この日も姿は見せてくれませんでしたが、待つ間に黒鶫が来てくれました。この黒鶫、マイフィールドではどうしても撮ることが出来ず先月、愛知県の高地まで出かけて撮った鳥です。

119a4476
119a4709
オオルリのメス?も・・・

119a4266
119a4363

そして黒鶫の幼鳥?らしき鳥です。

119a4420
次に現れた此の鳥、黒鶫のメスの幼鳥かな?とも思いましたが、嘴の先が曲がっており、眉斑や羽の色もやや茶色気味なのでよく分りません。周りに居たカメラマン氏たちも首を捻るばかり。
トラツグミの幼鳥ではないか?と仰るカメラマン氏も居りましたが。。。遠く写りの悪いショットで見難いかもしれませんが何方か教えていただければ幸いです。

119a4389
この日もアカショウビンは現れてくれなかったがクロツグミや鳥名の分らない鳥が出てくれました。間違っているもの、分らない鳥の名前等、鳥博士さん、教えていただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -755-

« JRさわやかウォーキング 舞阪(うなぎパイ工場見学) | トップページ | バードウォッチング オオヨシキリ・コジュケイ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

目的の鳥は現れず、残念でしたね。
鳥の名前・・・いつも4country walkerさんに教えていただいている程なので、
当然、私などに分かるはずもございません(笑)。
お目当ての鳥ではないようですが、こうして水辺に集まる鳥は皆、かわいいですね。

超ベテランの鳥撮の皆さんでも解らない種類が・・・
都心ではカラスとスズメ・・・それと最近話題になっているムクドリの大群。
夕方になると騒音とフン害で・・・森が少ない関係もあるのでしょうね。

おはようございます♪
オオルリと言うとオスが綺麗な青の鳥ですね。
私はこちらのブログで鳥をだいぶ覚えました~(^^)v
最近は鳥の写真と言えばcountryさんがすぐ思い浮かびます。

P☆

おはようございます。

クロツグミさんも初めて聞く名前です。
顔の部分や翼は黒いのにお腹の部分が
白地に黒い斑点が印象的です。

幼鳥とか雄・雌によって色・柄が違うのも
名前の判定を難しくしているようですね。

お目当ての鳥が出てこなくて残念でしたね。
鳥に関しては全然だめなので・・・

それにしてもオオルリの♂が来たらどんなに
いいでしょうね。


応援です☆

こんにちは。

小鳥さんはやはりかわいいですね。

オオルリ女子。。おめめクリクリです。

ぽち。

こんばんは。
赤と黒の鳥さん。赤のアカショウビンは手強く難しさ一級の野鳥なのですね。
黒の、黒ツグミとても綺麗ですね。
嘴の先が曲がっている鳥はベテランさんでも首をひねるほど難しいのですね。
ネットで調べてみましたが、難しいですね。アカハラの幼鳥とか?違いますね(ノ_-。)

おはようございます。
近くに良いフィールドがあるようですね。
アカショウビン、今回もダメでしたか!!
でもいつかは・・・・・
?の幼鳥、アカハラの幼鳥かも知れません。(特に6枚目は)
クロツグミの幼鳥は、雨覆いの羽軸のラインは目立たないことが多いのですが、アカハラの幼鳥の羽軸はしっかり見えます。
そう云う意味では5枚目も??
クロツグミの幼鳥とアカハラの幼鳥は似てますからね。
間違ってたらごめんなさい。

鳥の名前はほとんどわかりませんが鳥を撮ると
言うのは大変な気力だと思います。

大きなカメラとチャンスを狙って・・・
頑張ってくださいね。

walkerZ 様
目的の鳥、アカショウビンは現れず残念でした。
この鳥を撮りたくて往復66kmの道をせっせと通っておりますが只今5連負中です。
もう少し近ければ頑張りたいと思いますが、少し気力も萎えてきたところです(笑)


あすか  様
ムクドリ、迷惑鳥のハトやカラス、ヒヨドリの中でも迷惑度のナンバーワンとか。
あの大集団で街路樹や公園を占拠して当地方でも困惑しているところです。
野鳥は好きでもこの迷惑鳥たちはどうしても好きにはなれませんね。


カシオペア 様
そうです、オオルリのオスは青い鳥御三家のひとつです。
鳥は雄雌以外にも季節や幼壮によっても羽の色が変わるので本当に名前が難しいです。
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
この黒鶫も昨年来なかなか近くで撮ることが出来ず
先月、他県まで出かけ、漸く撮れたとぢです。
なかなか撮れなかった鳥が比較的近くで続けて撮れるなんて・・・不思議なものです。
応援を何時も有難うございます。


「hirugao」  「あとり」 様
お目当ての鳥には出逢えず分らない鳥ばかり。
それでも楽しかったです、野鳥撮影は・・・
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ 様
成鳥でもなかなか分らないのにこの度は幼鳥です。
ますます分りません。
アカショウビンは本当に手強い相手です。
今年はこれまでに5回出かけ、チラリと見ただけが一度、シャッターを押すも遠くて暗いのでピンボケが一度、あとは全て空振りに終わっています。
ソングバードさんもアカハラの幼鳥ではないかとお仰っています。
私は全く分かりませんでしたがホロホロさん、凄いですね~


ソングバード 様
丁寧なコメントを有難うございました。
アカハラの幼鳥ですか。
雨覆いの羽軸のラインは双方似て居り最初は同じ鳥かな?と思って居りましたが嘴の先が違うように見えたので益々分らなくなった次第です。
これで疑問が晴れました。何時ものこととはいえ、本当に有難うございました。
しかし、鳥名本当に難しいですね~

こんにちは。

また雨になるようですね。

でもそうするとG様が現れないから。。

ゆっくりベランダに出られるんです^^。

あれ以来。。現れていないんですが。。恐怖です。

ぽち。

クロツグミとアカハラの幼鳥は、似ていて区別しずらいです。
ただアカハラの幼鳥は、雨覆の羽軸にオレンジのラインが
目立ちます。写真では、良く分かりませんが5枚目も6枚目も
クロツグミの幼鳥ではないかと、思います。
また静岡県では、クロツグミは低山でも繁殖していますが、
アカハラは中山(標高1000m前後)で繁殖しています。
アカショウビン狙いなら、おそらく低山だと、思いますので
やはりクロツグミの幼鳥では、ないでしょうか。

あとり 様
あれ以来G様はご出座されないのですね。
結構なことですね、
チュン君が睨みを利かせているからでしょう。
応援を何時も有難うございます。

orion 様
コメントをありがとうございます。
今日も暗いうちに上家を出て隣県までバードウォッチングに出かけてきました。
ご返事が遅くなってしまったこと心よりお詫びいたします。
幼鳥二羽、アカハラでは?とのコメントもいただきましたが「orion」様には黒鶫の可能性ありとのことですね。
野鳥経験の浅い自分には全く見当がつかず皆様にお尋ねした次第です。

クロツグミとアカハラの幼鳥は似ているが、繁殖地の状況から黒鶫ではないか。。
似ているふたつの幼鳥、姿かたちだけでは鳥の名前を特定できない・・・このように理解いたしました。
この度は貴重なコメントを有難うございました、これからも宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/60448516

この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング クロツグミ(黒鶫):

« JRさわやかウォーキング 舞阪(うなぎパイ工場見学) | トップページ | バードウォッチング オオヨシキリ・コジュケイ »