2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« カップルと親子のタマシギ | トップページ | JRさわやかウォーキング 磐田 »

2015年5月16日 (土)

ふくろう、フクちゃん

鎮守の森に棲むふくろう。本来が夜行性の鳥ということもあり、なかなかその姿を見ることは少ないのですが、この日は漸く写真の撮り易い場所に出てきてくれました。

119a0887
119a0824
これまでは下写真のように高所で葉っぱの陰や見難いところばかり。

119a0589
119a0632
丸い大きな眼がぬいぐるみのようで可愛いのですが、ふくろうは全長48~52cmと、かなり大きく、ネズミや小鳥などを捕食するれっきとした猛禽です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -735-

« カップルと親子のタマシギ | トップページ | JRさわやかウォーキング 磐田 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

なんと可愛いフクロウさんのふくちゃんでしょう。
ふわふわの羽にまん丸の目はぬいぐるみ以上に
可愛いものですね。
夜行性のフクロウさんを昼間見つけるのに苦労したと
思いますが、拍手を送りたい気持です。

野生のふくろうですか!
私は未だ一度もみたことありません。
目がなんとも愛嬌がありますね。

可愛い目ですよね~
確かに猛禽類ですがこの姿を見るとつい
微笑んでしまいます。

野生のは見たことがありませんが
動物園くらいでしょうか。

里山コウ 様
夜行性のふくろう。
昼間は眼を閉じていることも多く、
また居ても高所で葉っぱや枝の陰でなかなかハッキリ写す事が出来なかったのですが
この日は小雨がパラつく中。良いところへ出てきてくれました。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
動物園では御馴染みの鳥ですが、
野生のものはあまり見ることが出来ません。
猛禽ですが実に可愛い目をしていますね。

hirugao 様
自分も野生のふくろうはこの場所で初めてです。
もともと昼間飛び回る鳥ではないのであまり目に付かないのです。
眼が本当に可愛いです。

まあ〜 すごいの撮れましたね。
フクロウはいつ見てもかわいい!
アオバズクもそのうち見られるでしょうね。

キョトンとした眼が可愛らしくて
この姿からは捕食の想像ができませんね^^
野生のフクロウは見たことがありません。
countryさんに幸せを運んできてくれたのかもしれませんねclover

こんにちは。

かわいいですね。

叔父がアメリカオオコノハズクを飼っていて、夏の旅行の際、

預かるのですが。。

けっこうおっとりしていますね。フクロウとかミミズクの仲間って。

ぽち。

こんばんは。
葉隠の無い、いい所に出てくれましたね。
今の時期だと、もしかして、営巣してるのでしょうか。
こちらのフクロウは、今年はダメかもしれません。
フクロウは、昼間寝てるような印象が強いですが、飛び回ることもあるんですよ。

tidori 様
ふくろうは今年初めて見ました。
野生のふくろうは珍しいのか随分遠方から来るカメラマンもいらっしゃいます。
アオバズクは毎年6月に見ることが出来ますが、今年も見たいものです。

舞 様
この眼を見ればとても猛禽とは思えませんね。
今日もフクちゃんを見に行ってきましたが遠いとこばかりで写真にはなりませんでした。
幸せを運んできてくれたのであれば嬉しいですね。


あとり 様
掛川市の「花鳥園」(神戸にもあると思いますが)でもメインはふくろう。
お客さんの腕に留まらせて記念写真のサービスがありますが、
記念写真に納まる「ふくろう」実におとなしくおっとりしています。
猛禽とは思えないほどでした。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
はい。仰るとおり営巣中です。
大木の高所に巣があるらしくその大木の周囲で撮りました。
刺激を与え、巣の放棄が一番怖いので大木の下には近付かず、
離れたところからの観察です。
夜行性とばかり思っておりましたが昼間も飛び回るのですね。
先日、オオルリを捉えて巣に運んでいたところを目撃したカメラマンも居ます。
生きていく為とはいえ遥々渡ってきたオオルリが可愛そうですね。

こんばんわ♪
真ん丸の目が何とも可愛いですね~(^^)
でも一応は猛禽類なんですよね…顔からは想像もつきません。
このフクロウ君はcoutryさんに撮ってもらいたくて、
この場所に来たのかも知れませんよ~(^_-)-☆

P☆

昼間にパッチリと開いた、なんて可愛いつぶらな瞳なんでしょう!
顔の輪郭もハート型なのですね。
フクロウは置物で良く見ますが、野生で見られ、綺麗に撮影できて、
フクちゃんに福をもらえましたね(^^)

こんばんは^^

野生のフクロウを、昼間に撮影されて、すごいです!
ほんとに、かわいい、くりっとした瞳、よく見えそうですね。
country walkerさんに、いいことが、たくさんありそうです^^

ぬいぐるみのようなふわふわな「フクロウ」の写真に
しばらく見入ってしまいました。
夜間に行動するフクロウなんですよね~!
ラッキーな出会いも鳥撮りさんには必要なんですね~。

こんにちは。

今日は良いお天気でしたね。

先ほど都構想の住民投票に行ってきました。

どうなるか?。気になっています。

ぽち。

こんばんは
う~~ん、やっぱりカッコ良いですねえ。
目がくりっとしているけれど、
決して笑わなさそうな眼差しがカッコイイ!!
枝にどっしりと止まっている姿も
「賢者」の風格がありますね。
こんな二つの目にじっと見つめられたら、怖いだろうなあ・・・

カシオペア  様
ふくろう、正真正銘の猛禽です。
ブログにはUPしませんでしたが、
鳩を抑えて食べているところ、ネズミや小鳥を持って巣の雛鳥たちに運ぶところ等々を目撃いたしました。
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ  様
フクちゃんから福を貰えたかどうか・・・
此処のところふくろう詣でに日参です。
ヒナ鳥誕生のうわさを聞いて。。
今朝、1羽が巣穴から出て、夕方2羽目も現れました。
最初の一羽は何とか撮れましたが二羽目は時間も遅く、証拠写真程度ですが整理出来次第UP致します。


k-24  様
野生のふくろうを撮るのは今年が初めて。
ふくろうの仲間のアオバズク等は撮った事がありますが・・・
好いことがいっぱい出来ると良いのですが。
期待して待ちます。

セロリさん 様
鳥アレルギーのある「セロリさん」。
連日の鳥ブログで申し訳ありません。
でも、可愛いですよね~ ふくろうの「フクちゃん」
おっしゃるとおり、鳥撮りには運がかなり左右されます。
この情報を教えていただいた鳥友さんに感謝です。


あとり 様
大阪の住民投票、
出口調査では拮抗しているとか・・・
どうなんるのでしょうね。
大阪は。
応援を何時も有難うございます。


Mikiko |様
可愛いだけではなくカッコいいけれど威厳がある。
其処が猛禽たる所以でしょうか・・・
>「賢者」の風格
まさにそのとおりですね。
流石は「Mikiko」さん、言い得て妙ですね。

花鳥園ではすっかりおなじみのふくろうさんですが
野生の、森の大木にたたずむ姿に、改めて惚れ惚れします~。

こんなかわいい顔してて
凄腕のハンターなんですよねえ(^^;)。

くり 様
花鳥園では様々なふくろう君を見ましたが野生のものは今年が初めて。
この可愛い顔を見れば猛禽とは思えないほどですね。
この森では、現在子育て中で、間もなく雛鳥の顔が見られるかもしれないと連日通いましが、
その間、鳩やネズミ、オオルリなどを巣穴へと運んでいました。やっぱり猛禽です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59986078

この記事へのトラックバック一覧です: ふくろう、フクちゃん:

« カップルと親子のタマシギ | トップページ | JRさわやかウォーキング 磐田 »