2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 渥美半島 サンテパルク | トップページ | JRさわやかウォーキング 磐田 「熊野長藤」 »

2015年5月 2日 (土)

念願達成 ミソサザイ

前々回UPのヤマセミ撮影行きの続編です。
ヤマセミ撮影の後は1年ぶりに訪れた高原の地へ移動、目的はミソサザイです。昨年はGW終了後にこの地を訪れ、初見初撮りのコルリを目の当たりにすることが出来ましたがミソサザイは既に巣立ちの後で近くでの撮影は出来なかったのです。

事前の情報ではかなり近くで見ることが可能とか。この日到着した現地には隣県にも関わらず顔見知りのカメラマン氏が多く一安心です。そして待つ間もなく、
来ました来ました・・・ 被写体との距離は10メートル以内です。

119a3165
119a3195
119a3217
図鑑によれば
「日本で最も小さな野鳥のひとつ。ミソサザイは体を震わせながら尾羽をピンと立て、体に似合わず大きな声で鳴く・・・」
図鑑に偽りなし、至近距離での観察は感動の他、何物でもありません。

119a3297
想像以上に近くで観察できたことが嬉しく、日本で最も小さな野鳥のひとつには思えないほどです。巣作りなのでしょうか嘴にはコケをいっぱい咥えては何度も現れました。

119a3245
帰宅後、写真を整理して気付いたことですが、この鳥は瞼を閉じることが多いのか、この様に瞼を閉じたシーンが数ショットありました。

119a3118

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -727-

« 渥美半島 サンテパルク | トップページ | JRさわやかウォーキング 磐田 「熊野長藤」 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

待望のミソサザイの撮影に成功!おめでとうございます。
名前は良く聞く鳥ですがはじめての観察?でした。
countryさんの興奮 こちらまで伝わりました。
応援ポチリ!

あすか 様
おはようございます。
この鳥は昨年、近くで撮れなかったので残念な思いでした。
今回至近距離で撮れたので思わず「たっやー」です(笑)
小さいけれど大きな声で鳴いてくれましたよ。
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。

ミソサザイの名前は聞いたことがありましたが、
日本で最も小さな鳥の一つですか。

真正面から見た写真で小さな口を精一杯開けて
さえずっているところが可愛いし、
尾羽をピンと立てる姿は珍しい小鳥ですね。

めったに見られないですね。

苔を咥えていたり鳴いている様子が素晴らしいですね。
頑張りの結果のようなショットですね!!


こんにちは♪
10メートルまで近付いてくれるとは嬉しいかぎりですね~(^^)v
4枚目は口を大きく開けて、喉の奥の方まで見えそう…
ラストの写真は気持ち良さそうに昼寝をしているみたいです。

P☆

こんばんは。
ミソサザイは山の鳥さんなのですね。
「小さい身体で大声で泣く」・とても伝わってくるお写真は見事です!
一生懸命に巣材を集めているミソサザイさん、頑張っていて微笑ましい写真です。
小さい身体でガンバって、お疲れになったのかしら(^^)

里山コウ 様
ミソサザイ、叙情歌に歌われたこともあり、名前だけは知っておりましたが
バッチリ近くは初めて。
どんなものでも初対面に近いものは印象強く残るものですね。
応援を何時も有難うございます。

hirugao  様
自分としては1年ぶりの対面です。
しかも昨年はハッキリと見られなかったので・・・
嬉しかったです。


カシオペア 様
想像はしておりましたが、これ程近くで撮れるとは。
嬉しいですね~ 10メートル以内での撮影。
初体面の昨年がいまひとつだっただけにその感激はひとしおです。
鳥の瞬き? 少ないと思っておりましたがこの鳥は別格?
応援を何時も有難うございます。

ホロホロ 様
ミソサザイ、未だ経験の浅い自分ですが平野部の森では見たことがありません。
撮影地は標高が約千メートル、ブナの原生林が広がる高原地帯でした。
最後のショット、まさに「ホロホロ」さんのコメントがストーリーになりました。
お疲れになったのかもしれませんね(笑)

こんにちは。

かわいいですね。

私一番好きなのがエナガで。。

次はキクイタダキとミソサザイ。。このちっこいコンビでまよってしまいます。

紅雀か十姉妹くらいの大きさですもんね。

それはそうと。。五月になりましたね。

ホント早い。。

でも新緑がきれいで。。

うれしくもなりますね。

ぽち。

あとり 様
エナガはともかく、キクイタダキとミソサザイまでご存知とは。
「あとり」さん、鳥に詳しいですね~
キクイタダキは昨年MF公園に僅かの時間帯居たとのことですが私は未だ見たことがありません。
「あとり」さんはアトリかな・・・と思っておりました(笑)

おはようございます

GWも今日まではお天気のようですね。
鳥さんの撮影は難しいしカメラが大変そうですね。

近いうちに単線の電車でも撮りに行ってきます(笑)

hirugao 様
鳥撮りは本当に楽しいものです.。
公園のようなところならば良いのですが
此処のように山の中は歩く距離もあり
何より諸道具の重さが応えます。

こんなに至近距離で見られて大感激ですね。
お気持ちよ〜くわかります。
山間ではよく見たものですが、こんなに近くからはとても見られませんでした。
声ばっかり大きくて・・・。

こんにちは。

キクイタダキは父の実家の裏山におりました。

子どもの頃、何回かその姿を見ました(今もいるそうです。すごく減って県内では絶滅危惧種です)。

父の子どもの頃には、トリモチでとったそうです。(すごくくっつくんですね^^;)

鑑賞用として飼う方に頼まれたそうですが。。

今では考えられないですね^^;。

ぽち。

tidori  様
最後のショット以外はほぼトリミングなし・・・
そのぐらい至近距離で観察・撮影することが出来ました。
昨年はタイミングが悪くフラレてしまったので今回は喜びもひとしおです。
内心では思わず「やったー」でした(笑)


あとり 様
キクイタダキ、お父様のご実家(奈良の方?)に方ではごく自然に見ることが出来るのですね。
羨ましいかぎりです。私はまだ見たこともないのです。
トリモチでの採鳥、自分が中学生ぐらいの時にはメジロを盛んに獲りました。
囮となる1羽があれば簡単に獲る事が出来ました。
メジロやウグイスを飼っている家は多かったような・・・
応援を何時も有難うございます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59795154

この記事へのトラックバック一覧です: 念願達成 ミソサザイ:

« 渥美半島 サンテパルク | トップページ | JRさわやかウォーキング 磐田 「熊野長藤」 »