2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 田んぼに集まったムナグロ | トップページ | ふくろう、フクちゃん »

2015年5月14日 (木)

カップルと親子のタマシギ

朝、「田んぼにタマシギのペアと親子連れが居ます」と、連絡を戴き直ぐ直行。田植えが終わり早苗が風にそよぐ田んぼには・・・居ました居ました、あのタマシギがペアで。。

図鑑によれば
「繁殖期の縄張りづくりと求愛ディスプレイはメスが行い、巣作り、抱卵、子育てはオスが行う一妻多夫制の野鳥。
鳥としては珍しくメスのほうが派手で雌雄の役割が逆転して居る」
つまりメスはオスに求愛し繁殖の為に卵を産むだけ。。「サヨ~ナラ 後はお父さん頼みます・・・」と、一風変わったスタイルの野鳥です。

119a0251

119a0237
119a0241
二羽とも田んぼの畦を渡り隣の水の無い田へ移動、このまま動かなくなってしまいました。119a0283

もう一箇所の田んぼでは親子連れのタマシギが、お父さんは3羽の雛鳥を連れて子育て間最中のようです。
背景と完全に同化してしまい動きが無ければ双眼鏡で凝視しても全く分りません。

119a0160
大分大きくなった雛鳥が大きく羽ばたきの練習?です。でもこの小さな羽では未だ未だ飛ぶことは先の事です、外敵に狙われること無く成鳥になって欲しいと願うばかりですね。

119a0154この後、この田んぼには間もなく水が張られ、機械が入って耕された後には田植えが始まります。雛鳥たちはどうするのでしょうか? 親鳥が安全な場所へ誘導してくれると思いますが、この先のことが気になるところです。

1年ぶりに見たタマシギですが子連れは初めて。連絡を戴いた鳥友さんに本当に感謝・感謝の気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -734-

« 田んぼに集まったムナグロ | トップページ | ふくろう、フクちゃん »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
トップの写真、ほのぼのとする光景ですね~(^^)
出来れば我が家もこうありたいものです…
私は今日はこれから富士五湖へ行きます。
良い写真が撮れる事を願って…

P☆

最後の写真、かわいい~ですね。
とってもちっちゃい羽なので「未だ未だ飛ぶことは先の事」ですね。
タマシギ自体、普段見かけたことがないのですが、
つがい、親子連れの写真を拝見し、タマシギの生態が良くわかりました。

おはようございます。
タマシギの素敵な写真撮れましたね。
こちらの田圃にも水が入ったのですが、ムナグロとチュウシャクシギ程度!!
寂しい限りです。やっぱり内陸部では少ないのかな??
雛が無事育つといいですね。

sun おはようございます!

タマシギのカップルさん・・・本当に仲良さそうですね。
オスの後ろをメスがしっかりと付いている感じが(我が家は、反対かな?笑)
親子連れの様子は、背景と同化している・・・なるほどとブログに見いてしまいます。

目の周りと胸側の白線が目立つタマシギのメス 応援 ☆ ポチリ

おはようございます。

初めて聞きました、このタマシギさんは、
通常の雄、雌の逆の生活をするんですね。
しかも雌の方が目立ってきれですね。

もう一か所の、雄のタマシギと3匹の子ど達
気にかかります。

可愛いですね~
お父さんも子育てなんて人と同じですね。

3匹の子育ては大変そうですね。
田植えが終わるとまたいろんな鳥たちが
見られるようになりますね。

まー 毎日違った鳥たちにめぐり合える・・・自然いっぱいの地域ですね。
この歳になるとそんな暮らしが羨ましく覚えます。
応援ポチリ!

こんにちは。
一妻多夫のタマシギ、可愛らしいですネ。
孫の大好きな「カールじいさんと空飛ぶ家」のビデオに
「シギ」という鳥の話がでてくるんですよ。
本物は、眼が大きくて嘴の長い可愛らしい鳥だったんですね!
初めて知りました。
ありがとうございます。

カシオペア 様
富士五湖ですか、
関東地方からですと山中湖、河口湖、西湖・・・と順番に回られるのでしょうね。
自分たちは白糸の滝~五湖ではありませんが田貫湖 ~精進湖~西湖の順に回ります。
最近では此処で終わって300号を西へそして52号から新東名のコースが殆どです。
新東名が開通し、非常に便利になりました。
応援を何時も有難うございます。


walkerZ 様
野生の幼鳥、その成長ぶりは実に早くビックリするほどです。
それでもこの羽ではね~
でも、もう少しで飛べるようになるかもしれません。
それまではイタチやカラスなどの天敵に見つからないようにと願うばかりです。
無事に成長して欲しいです。


ソングバード 様
タマシギは通常ではあまり見ることが出来ないのですが。
今年はひとつの田んぼに二組の家族、そして隣の田んぼにはペアが・・・
大豊作です(笑)
後はひな鳥たちが無事成長してくれたなら・・・と願うばかりです。


セロリさん 様
我が家でもウォーキングイベントに参加する時に、常に一歩先に歩くのはカミさんです。
ウォーキングイベントへの参加当初の頃、足の弱いカミさんを先に歩かせたのが習慣になってしまいました(笑)
それ以来当然とばかり先に・・・です。
でも、今は膝痛が再発し、通院中なのでお一人様でのウォーク参加になりました。
タマシギのメスに応援を有難うございます。


里山コウ  様
この鳥は普通の鳥とは全く逆の繁殖・子育てを行う珍しい野鳥です。
メスのほうが目立つこと、子育ては全てオスが行いメスは卵を産むだけ。。。
とにかく代わった生態のシギちゃんです。
応援を何時も有難うございます。


hirugao  様
巣つくりから子育てまではオスの仕事で。メスは卵を産むんだ後
別のオスのところへサヨナラ・・・
残されたお父さんは何から何までとにかく大変です。

あすか  様
田舎なればこそですね。
それでも鳥の居場所まで1日100kmぐらいはザラです。
マイカーの走行キロ数、現役当時の3倍ぐらいになりました。
ガソリン価格が安いので助かりますが。
応援を何時も有難うございます。


ロココ 様
「カールじいさんと空飛ぶ家」どの様なストーリーなのか分りませんが
お孫さんお気に入りのビデオなんですね。
シギ類は水辺で過ごすものが多い関係上、一般的には嘴の長いものが多いですよ。

女王さまの如き、ママさんと子育てに一生懸命のイクメンのパパさん。
面白い生態のシギなのですね〜(*^-^)

シギの仲間ではとても綺麗な鳥ですね。初めてみました。

フワフワ羽のひなちゃんたち、とても可愛いです。
無事に大きくなりますように。お父さんがんばれ!!

こんにちは。

雛鳥たち。。ふくふくしていてかわいいですね。

まだあかちゃんっぽい羽もありますね。

元気に育ってほしい。。

私もそう思います。

ぽち。

ホロホロ 様
シギと千鳥、この区別はもとより名前の判別が一番難く最も苦手とする野鳥です。
比較的地味系が多い中、このタマシギのメスは目立つ色とその生態が変わっているので名前だけは知って居りましたが見るのは今度が二度目。
それも子連れが・・・
感激でした。居場所を教えてくれた鳥友さんに感謝・感謝でした。
あとはひな鳥たちの無事の巣立ちです。


あとり 様
外敵に見つからないように・・・
それだけです。
応援を何時も有難うございます。

タマシギの赤ちゃん 初めて見ました。かわいいですね。
育メンパパを応援して、ぶじ成鳥することを祈ってます!!

tidori  様
今まであまり見る機会に恵まれなかった玉シギ。
今年は子連れまで見ることが出来ました。
昨日田んぼの様子を見に行ったところヒナ2羽を連れたもう一組も居ました。
計5羽、皆元気でした。

昨日のコメントを読ませていただいて
鳥の世界は大変なのですね。
人の世界だったら??

気持ちのいい時期になりましたね。

タマシギ 可愛らしいお顔ですね~。
このコも初めて見ます。
メスの方が派手で求愛するんですね。
しかも産みっぱなしですか^^;
いろんな習性の鳥がいるものですね。

雛も可愛いですね~。
お父さん これからまだまだ頑張らないとですね^^
P☆

こんにちは。

ちゅんが抱卵を始めました。

かえるかな。。

まるでお母さんのように気になっています。

そっとしていますけど。。すごく気になります。

でもそっとしとかないとだめですね。

よく見ると、前の電線のカバーの中や、マンションの前の木にもいくつか巣があるようです。

ぽち。

こんばんは^^

タマシギは、お父さんが、子育てをするのですね。
子孫繁栄のために、自然に、そういうシステムに、なったのでしょうか^^

ヒナたちを見ている、無事に育ってほしいと思いました。
貴重な写真を見せていただいて、ありがとうございます^^

hirugao  様
この鳥にとってこの方法が一番ベストなのでしょうね。
人間の世界なら大変なことですね。
1度に双子や三つ子を産んで奥様がはいサヨナラではね~(笑)


はぴ  様
変わった習性の野鳥ですね。
巣作りから抱卵、育児は全てオス任せ。
メスは卵を産みっぱなしで他のオスのところへはいサヨナラです。
これからのお父さんは大変ですね。
タマシギのオスに生まれなくてよかったです(笑)


あとり 様
ちゅんが抱卵を始めたのですね。
未だ幼鳥と思っていましたがもう立派な成鳥になったのですね。
そっとしておく・・・それが一番ですよ。
変に人間が手助けをすれば警戒して巣の放棄にいたります。
何もせずに暖かく見守る。これが一番です。


K-24 様
子孫繁栄のためにはこの方法が一番なのでしょうね。
しかし、何から何まで一般の鳥とは逆で特異な野鳥でもあります。
高い樹木の上に営巣するわけでもなく地上で抱卵、生まれたヒナは直ぐに歩けるようになるとか。
カラスやイタチなどに見つからないよう無事成長することだけを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59932229

この記事へのトラックバック一覧です: カップルと親子のタマシギ:

« 田んぼに集まったムナグロ | トップページ | ふくろう、フクちゃん »