2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

その後の「ふくろう」

5月中旬、ふくろうの1番目の雛鳥が巣穴から出た後訪れていない鎮守の森ですが、4番目の雛鳥が少し前に確認出来たと聞き、久しぶりに鎮守の森へ行ってきました。

一番子が巣から出る時には100人近いカメラマンで賑わった森ですがこの日は3~4人と、あの時の熱気が嘘のようです。

最後に生まれた4番目のヒナ鳥、昨日は枝から落ちたとか。そのためなのか低い枝に留まっています、顎を前の枝の上に乗せるような格好で。。。嘴が無ければ鳥には見えませんね。119a2947枝に留まり立ったところはやっぱり猛禽の子、ふくろうです。

119a3166
119a3202
119a3035
近くの枝には親鳥が周囲の雛鳥たちを見守っていました。

119a3100
低い枝に留まった雛鳥ですが採光条件が芳しくなく、サファイアブルーとも呼ばれる雛鳥の美しい目を撮る事は出来ませんでした。
猛禽に限らず、野鳥の世界では孵化した雛鳥たちが全て成鳥になる確率はきわめて低いとか。。。それでも遅く生まれた4番子が無事だったのが何よりです、後はこのまま成長してくれたなら・・・ですね。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -742-

2015年5月28日 (木)

今季初撮り クロツグミ

4日前、クロツグミを見たくて鳥友さんたちと共に離れた高原まで出かけてきましたが、その時は現れることがなくガッカリして帰った。その後、別の鳥友さんが出かけてクロツグミの写真を撮ってきたとの話を聞き、矢も盾もたまらずこの日は単独で再度挑戦です。

今日こそはと椅子に座ってただただ静かにクロツグミを待ちます。先客は地元の方らしきカメラマンが3人、標高約千メートルの高原は厚着をしてきたが涼しいを超えやや寒いほどである。

そして漸く現れてくれました待望のクロツグミが。でも、滞在時間は短く、あっという間の感じでした。

119a2114
119a2243
119a2253
この後、再び現れることを期待して待ちましたが、現れたのは美しいキビタキのオスとメス、そしてコルリにソウシチョウだけ。コルリとソウシチョウは前回UP済みであり前回よりキレイな美しいキビタキのオスが現れたのでUP、そしてメスも。。。

119a2401
119a2419下写真はキビタキのメス? オスに比べ随分地味な羽根の色ですね。
119a2382
今季初、念願のクロツグミを見ることが出来ました。
自宅からは往復200キロ弱、細く長い山道を含めて往復約5時間をかけてのドライブ&バードウォッチングは流石に疲れましたが、満足の1日でした(5月21日)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -741-

2015年5月26日 (火)

若アユ躍動+エナガの幼鳥

アユ釣りの全面解禁も近い、この日は1年ぶりで天然の若アユたちが急流を上る場所へ行ってきた。でも、モノクロ写真の様ですね。
この様に次々と遡上してくる無数の若アユたちを見れば今年の天然アユは豊作なのかもしれません。

119a1090
ジャンプして一気に急流を上ってしまうもの、失敗しながらも再度上流を目指す若アユたちと様々です。119a1092

119a1316
アユを見ているとき、頭上にエナガの群がやってきた。この時は全く気付かなかったが帰宅後、写真を見たところ眼の周囲には赤いリングがあります。赤いリングは幼鳥のシンボルとか。

119a0901
119a09301

119a09351次々と遡上してく無数のる若アユたち、アユ釣りファンには楽しみなことでしょうね。こんな風景が見られるのも地方暮らしの良いところかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -740-

2015年5月24日 (日)

アオバズクとサンコウチョウ

朝、ふくろうが居る鎮守の森へ3番目の雛鳥の様子を見に行くも未だ現れていないとの事でしたがふくろうの仲間、アオバズク飛来のニュースを聞き、場所を移動して今年初、アオバズクをパチリ。

119a1684
この後、久しぶりにサンコウチョウの森へ鳥友さんと移動。枝被りも多かったのですが三光鳥のサンちゃんをパチパチと。

119a1700

119a1751

119a1756

この後、鳥友さんからの連絡によればふくろうの森では三番目のヒナが無事誕生したとの事です(5月18日)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -739-

2015年5月22日 (金)

ふくろうのヒナ誕生

鎮守の森のふくろうのヒナ1羽目が漸く誕生した、未だ白いふわふわとした産毛に包まれています。巣穴から出た後、長時間目を閉じたままでしたが漸く眼を開いた時にパチリ。

119a1473一箇所に留まったまま全く動かず、2羽目のヒナは何時姿を現すのか不明であり隣県の高地へ鳥友さんたちと共に移動。移動先ではコルリ、キビタキ、ソウシチョウ等を。
しかし、お目当てのクロツグミにはこの日も出合うことがありませんでした。

119a1562
119a1570
119a1554
撮影を終了し帰宅途中、ふくろうの2羽目が巣から現れたとの連絡を戴き、再度鎮守の森へ。森に到着したのが18時35分頃、樹木の生い茂った境内は既に暗くISO感度を12800と限度近くまで上げてもシャッタースピードはやっと1/10です。証拠写真にもならない酷い写真ですが何とか2羽見えたところを。。。

119a1659
ヒナ誕生近しの予測からこの日、早朝から森に集まったカメラマンは隣県からの人も多く100名近く集まったとか、先月のヤツガシラ以来の大フィーバーでした。
それでも初めて見ることが出来たふくろうのヒナちゃんは本当に可愛かった(5月17日)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -738-

2015年5月20日 (水)

お父さん大奮闘 その後のタマシギ親子

先日、田植え前の田んぼに居たタマシギの親子の様子が気になって再度出かけてみました。

辺り一面、全て田植えが終わり、早苗が風にそよぐ田んぼには・・・居ました、居ました。お父さん鳥が育てる雛鳥3羽のあのタマシギ一家です。雛鳥たちも無事で僅かの期間に随分と大きくなっている、餌もお父さんから口移しで貰っていたものが自分で啄んでいた。

119a0785
119a0743
119a0734
そして同じ田んぼにはもう一組のタマシギ一家が。こちらはお父さんと雛鳥が2羽の家族です。あの時も近くに居たのかもしれないが、全く気が付かなかった。

119a0737
ケリが近付いてきたので、お父さんはケリが子供たちに近寄らないよう大きく嘴を開けて威嚇しています。

119a0757

ケリはお父さん鳥の勢いに驚いて退散。子供たちを守るお父さんは大奮闘です。

119a0758

雛鳥3羽の無事も確認出来、さらに別の2羽のヒナ鳥も見つけました。この雛鳥たちが無事元気で成長してくれることを祈るばかりです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -737-

2015年5月18日 (月)

JRさわやかウォーキング 磐田

5月10日(日) 標記ウォーキング「家康公顕彰400年、願いを叶える家康公ゆかりの一言観音を訪ねて」約12kmに今日もお一人様で参加です。

スタート駅の磐田駅にはJR東海のマスコットのひとつ、「ぽぽちゃん」と、本日のタイトル、家康公に因んでお隣の浜松市のマスコット、「出世大名家康くん」がウォーカーをお出迎え。

P1050510

駅前の市観光案内所では磐田市のマスコット「しっぺい」の置物も「ようこそ」と、お出迎えです。

P1050511
この日は磐田軽トラ市も開催され、歩行者天国の駅前通には縫ぐるみの「しっぺい」も愛嬌を振りまいています。全国ゆるきゃらグランプリでは毎年ベストテンに入る人気者です。

P1050518


P10505131

駅前からは府八幡宮~西光寺~旧赤松家~一の谷中世墳墓群~賀茂神社~大円寺を経て本日のメイン、家康ゆかりの智恩斎・一言観音です。

「一言観音」、徳川家康が甲州より侵攻してきた武田軍との一言坂の合戦の際、「一代で一度だけでも願いを聞いて欲しい」と、助けを求めた観音とも言われております。

智恩斎では、可愛い磐田市の観光大使さんがこの日のためにJRオリジナル一言願い札を無料で配布中です。ウォーク参加者たちはこの願い札に願い事を記入し、観音堂へ納める・・・そんな嬉しい試みです。

P1050527

P1050529


自分も我が家と嫁いだ娘一家の「家内安全」を願い札の裏面に記入し、観音堂へ奉納しました。

P1050530


家康ゆかりの智恩斎。姫街道を歩いた時や、地域の史跡を訪ねる催しで訪れたことがありますが、願い札を納めたことは初めて。JR東海さん、参加者を満足させる心憎い演出ですね。
この後、武田・徳川との古戦場址「一言坂古戦場址」碑をみて磐田駅にゴール。新コースとあって参加者も多く、JR担当者の話しでは参加者総数は2千2百人を超えたとの事です。

通常では駅まではマイカーを使用し、それから電車を利用してスタート駅に向かうのが普通ですが、お一人様の参加であり、自宅から駅までも車は使わずに往復「てくてく」。
万歩計の歩数は29.752歩で推定距離は20km余。足腰の弱った昨今ですが、「自分も未だこのぐらいなら歩けるのだな・・・」が実感でした。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -736-

2015年5月16日 (土)

ふくろう、フクちゃん

鎮守の森に棲むふくろう。本来が夜行性の鳥ということもあり、なかなかその姿を見ることは少ないのですが、この日は漸く写真の撮り易い場所に出てきてくれました。

119a0887
119a0824
これまでは下写真のように高所で葉っぱの陰や見難いところばかり。

119a0589
119a0632
丸い大きな眼がぬいぐるみのようで可愛いのですが、ふくろうは全長48~52cmと、かなり大きく、ネズミや小鳥などを捕食するれっきとした猛禽です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -735-

2015年5月14日 (木)

カップルと親子のタマシギ

朝、「田んぼにタマシギのペアと親子連れが居ます」と、連絡を戴き直ぐ直行。田植えが終わり早苗が風にそよぐ田んぼには・・・居ました居ました、あのタマシギがペアで。。

図鑑によれば
「繁殖期の縄張りづくりと求愛ディスプレイはメスが行い、巣作り、抱卵、子育てはオスが行う一妻多夫制の野鳥。
鳥としては珍しくメスのほうが派手で雌雄の役割が逆転して居る」
つまりメスはオスに求愛し繁殖の為に卵を産むだけ。。「サヨ~ナラ 後はお父さん頼みます・・・」と、一風変わったスタイルの野鳥です。

119a0251

119a0237
119a0241
二羽とも田んぼの畦を渡り隣の水の無い田へ移動、このまま動かなくなってしまいました。119a0283

もう一箇所の田んぼでは親子連れのタマシギが、お父さんは3羽の雛鳥を連れて子育て間最中のようです。
背景と完全に同化してしまい動きが無ければ双眼鏡で凝視しても全く分りません。

119a0160
大分大きくなった雛鳥が大きく羽ばたきの練習?です。でもこの小さな羽では未だ未だ飛ぶことは先の事です、外敵に狙われること無く成鳥になって欲しいと願うばかりですね。

119a0154この後、この田んぼには間もなく水が張られ、機械が入って耕された後には田植えが始まります。雛鳥たちはどうするのでしょうか? 親鳥が安全な場所へ誘導してくれると思いますが、この先のことが気になるところです。

1年ぶりに見たタマシギですが子連れは初めて。連絡を戴いた鳥友さんに本当に感謝・感謝の気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -734-

2015年5月13日 (水)

田んぼに集まったムナグロ

田んぼに50羽位、チドリの仲間のムナグロの群が居るとの連絡をいただき小雨が降ったり止んだりの中を出かけてきました。小雨模様で光線の条件も芳しくなく、しかも目の周囲が黒いので目がハッキリ写りません。119a0233
119a0056
全て車内からの撮影ですが一斉に飛び立ったところを急ぎパチリ。

119a0266
ムナグロに交じりウズラシギ?とキアシシギ?も・・・(シギ・チは大の苦手です、間違えていたならばご指摘いただければ幸いです)
119a0121

119a0199

雨が上がり明るくなった田んぼの畦道にはチュウシャクシギが1羽悠然と。

119a9944

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -733-

2015年5月11日 (月)

久しぶりの佐鳴湖(2) 

前日に続いてこの日も佐鳴湖へ。最初に現れたのは紅い嘴が印象的なバンです。オオバンは常時見かけますがバンは暫くぶりの登場です。

119a0547
そして賑やかな鳴き声はオオヨシキリ、葉っぱが被っておりますが。。

119a0687
そして今日も出てきてくれました美しいカワセミ君です。湖畔のこの木がお気に入り? 昨日と全く同じところです。
119a0659

119a0666119a0202
カワセミちゃん、ゲットした小魚を持って急ぐ先は雛が待つところでしょうか? 獲物の頭が前を向いています。通常では魚を食べる時には頭からが普通です、鄙鳥に食べさす為なのでしょうか・・・119a0256

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -732-

2015年5月 9日 (土)

久しぶりの佐鳴湖  カワセミ

久しぶりに佐鳴湖を訪れました、記憶力の衰えた昨今ですが思い違いでなければ此処を訪れたのは約1年ぶり?
この季節の佐鳴湖といえばやはりカワセミでしょうか。

119a0081
119a0119
119a0059
カワセミは只今子育て間最中?嘴には小さな魚を咥えていますがその場では食べません。 咥えたまま飛び去ってしまいます。巣で待つ鄙鳥へと運ぶのでしょうか・・・

119a0175119a0194
カワセミを見ている間に現れたコチドリもパチリ。

119a0037

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -731-

2015年5月 7日 (木)

今年初 サンコウチョウ(三光鳥)

GW最終日、この日は天浜線・遠州鉄道との3社共同企画、「JRさわやかウォーキング」に参加予定でしたがサンコウチョウが入ったとのニュースを聞き、ウォーキングは中止して急遽バードウォッチングに変更。

119a0176

119a01261


119a0173
約3年前、サンコウチョウとカワセミの美しさに魅せられて始めたバードウォッチング。今年もまたその美しい姿を見せてくれました。同じようなスタイルの写真ばかりですが・・・

119a0229
119a0199
この日使用したのは焦点距離稼ぎのために最近購入したデメリットは覚悟の2倍テレコン、明るい場所でのカワセミ撮影では何とか使える目途が付きましたが、今日のように暗い森の中での撮影も先ず先ずだったかな? とも思いましたが。。。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -730-

2015年5月 5日 (火)

何時もの公園で オオルリ・エナガ

この日も何時もの公園で。最初に現れたのは御馴染みの可愛いエナガちゃんです。
水場に来て周囲をキョロキョロ、どうやら水浴に来た様子。

119a3441
1羽が始めると次々と、大好きな水浴びを開始です。

119a3591
水を浴びた後は近くの枝へ、全身「ぬれねずみ」の体です。

119a3579
エナガが去った後は青い鳥御三家のひとつで三鳴鳥でもあるオオルリが美しい姿を。

119a2454
119a2461
119a2477

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -729-

2015年5月 4日 (月)

JRさわやかウォーキング 磐田 「熊野長藤」

4月26日(日)。今年も恒例のJRさわやかウォーキング「熊野(ゆや)の長藤鑑賞ウォーク」にお一人様で参加してきました。
所用を済ませてからの遅いスタートでしたが、花は丁度見頃とタイミングもピッタリ!

花房が長いところでは暖簾を掻き分けて通るようなところもあり、花が見物人の顔や肩に当たって花の擦り切れてしまわないか気になります。

119a3365
119a3373
119a3397
推定樹齢800年、国の天然記念物指定の長藤は房の長さが1m50cmにも達し、謡曲「熊野」の主人公熊野御前ゆかりの寺(行興寺)でもあります。

119a3413
119a3423
119a3402一昨年は「房の長さ只今1メートル70センチ」の花房に付けられた紙縒りを見ましたが今年は未だその長さに至っていないのか、その様なものは見つかりませんでした。
人の丈ほども伸びる平家物語伝説の長藤、今年もまた馥郁たる香りとその美しさを充分堪能することが出来ました。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -728-

2015年5月 2日 (土)

念願達成 ミソサザイ

前々回UPのヤマセミ撮影行きの続編です。
ヤマセミ撮影の後は1年ぶりに訪れた高原の地へ移動、目的はミソサザイです。昨年はGW終了後にこの地を訪れ、初見初撮りのコルリを目の当たりにすることが出来ましたがミソサザイは既に巣立ちの後で近くでの撮影は出来なかったのです。

事前の情報ではかなり近くで見ることが可能とか。この日到着した現地には隣県にも関わらず顔見知りのカメラマン氏が多く一安心です。そして待つ間もなく、
来ました来ました・・・ 被写体との距離は10メートル以内です。

119a3165
119a3195
119a3217
図鑑によれば
「日本で最も小さな野鳥のひとつ。ミソサザイは体を震わせながら尾羽をピンと立て、体に似合わず大きな声で鳴く・・・」
図鑑に偽りなし、至近距離での観察は感動の他、何物でもありません。

119a3297
想像以上に近くで観察できたことが嬉しく、日本で最も小さな野鳥のひとつには思えないほどです。巣作りなのでしょうか嘴にはコケをいっぱい咥えては何度も現れました。

119a3245
帰宅後、写真を整理して気付いたことですが、この鳥は瞼を閉じることが多いのか、この様に瞼を閉じたシーンが数ショットありました。

119a3118

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -727-

2015年5月 1日 (金)

渥美半島 サンテパルク

3月末、旅立ち前の水鳥探鳥に渥美半島の突端伊良湖岬まで東海岸を鳥友さんと出かけてきましたが、その時の美しい風景を思い出して好天の下、家内と共に同半島を一周してきました。
この日のメイン目的地は半島のほぼ中央部にある農業公園「サンテパルク」です。案内に撮れば「農業をテーマにした楽しさいっぱいの体験型テーマパーク. 農林 体験実習館をはじめ、新鮮な農畜産物の直売所、野菜の遊園地、レストラン、小動物園 などが整備されています・・・」

119a2491
小高い丘のサンテガーデン、少し前までは中央部にはチューリップが一面に咲いていたとの事ですが残念ながらチューリップは終わっていました。

119a2492
119a2498

広い園内には体験工房ををはじめ、様々な施設が設置されております。その中から大正・昭和の時代地元鉄道で活躍していた車両をパチリ。

119a2506同半島の三河湾に面した西海岸を通り、半島の先端伊良湖岬へ、港からは鳥羽行きの伊勢湾フェリーが出航するところでした。

119a2508途中の公園でコマドリが見られるかもしれないとの情報があり、鳥用レンズも持参して該当公園にも寄ってみました。現地で出会った顔馴染みの地元カメラマン氏によれば前日の午前中までは確認されたがそれ以後は見られないとのことでした。

渥美半半島に有る、道の駅「めっくんはうす田原」、「伊良湖クリスタルポルト」、「あかばねロコステーション」の三箇所全てに立ち寄り、地元産の生鮮野菜やお土産もの等々のショッピングを楽しみながらの1日でした。これでコマドリを見ることが出来れば満点でしたが。。。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -726-

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »