2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« おしどりの里 | トップページ | 花ラッパのニュウナイスズメ »

2015年4月 2日 (木)

再度クマタカへ

先月2~3度出かけたクマタカ撮影、鳥との距離が遠すぎて自分の機材では無理と諦めていました。冬鳥たちが北の国へと旅立ち、夏鳥が飛来するまでのこの期間は鳥が少なく、鳥が遠いのを覚悟で久しぶりに出かけてきました。撮影ポイントには30人以上のカメラマンが・・・県外者の方々も多く来ている様です。

119a0028
119a9967
119a0063
被写体であるクマタカが大きいので写ることは写りますが飛んでいるところが遠く、目や嘴まではやっぱり無理です。もう少し低いところを飛んでくれたなら・・・・稀に地上から60~70m位を超低空飛行することもあるらしいのですが、この日も遥か彼方の遠いところばかりです。
上空時の撮影から山を背景に飛ぶ時の露出補正を変えながら、ピントが背景の山に取られないよう注意を払いつつの撮影でしたがやっぱり難しく、しかも遠かった。

119a0134
119a0195
119a9978(3月26日)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -707-

« おしどりの里 | トップページ | 花ラッパのニュウナイスズメ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

クマタカは比較的空高く飛ぶんですね。
言われてみればそういったイメージあります。
被写体との距離が遠ければ遠いほど、撮影難しいですよね。動いているし・・・。
撮影技術のことは分かりませんが、バッチリ確認できるほどに撮影できましたね。
なかなかお目にかかれないクマタカですから、貴重な写真となりましたね。

walkerZ 様
稀に近いところ(と言っても60~70m位)を飛ぶときもあるそうですが、自分は未だその様な場面に出合っていません。フツウ飛ぶのは殆ど150m以上離れたところばかりです。
それでも平野部では絶対に見ることが出来ない鳥なので貴重なのです。
見られただけでも「よし」としなければね~

おはようございます。

クマタカが大空を飛んでいる姿、雄大ですばらしいです。
広げた羽の市松模様や鋭い爪の先のような羽の先、
青空は自分の世界というような韻書です。

我々では写せない難しい場面です。

クマタカの飛行 子供のころの何故か悠々と飛んでいる紙飛行機を思いだしました。
先日の江ノ島ウォークでは海岸でトンビが観光客の食事を狙って低空飛行でピョロロ~ンって。(笑)

こんにちは♪
クマタカが大空を舞う姿、カッコいいですね~(^^)v
かなり上空を飛ぶと言う事は、警戒心が強いんでしょうか…
山を背景にした写真もクマタカにピントが合ってお見事です。
羽を広げた時の模様も綺麗ですね~(^^)

P☆

こんにちは。

流石猛禽。

迫力ありますね。

ぽち。

里山コウ 様
クマタカ、森の王者と言われるだけにかなりの迫力です。
もう少し近くを、或いは低く飛んでくれたなら・・・と、それだけを期待しているのですが。
人里近くに棲む鳥ではないのでなかなか難しいです。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
トンビも猛禽ですがピーヒヨロロと愛嬌がありますが、
最近、湘南地方では嫌われ者らしいですね。
でもコチラは人の物を取るどころか近寄ってくれません。
あまり近寄られても怖いですけど。。


カシオペア 様
警戒心がかなり強い様で絶対に近付いてはくれません。
人里には棲まないからなのかもしれませんね。
カメラとレンズで普通車が買えるぐらいの機材でなければバッチリ撮るのは無理だと思います。
応援を何時も有難うございます。


あとり 様
鳥屋さんでも猛禽専門の方もいらっしゃいます。
やはりカッコいいからかな・・・
機材、撮影場所までの距離や時間など大変でしょうね。
私には到底無理です(笑)
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。
やっぱり難しそうですね。
でも、いい経験をされましたね。
これからの鳥撮りに役立つと思いますよ。

↓のオシドリの里、面白そうですね。
背景も綺麗で、絵になりますね。

ソングバード 様
今回も遠いところの飛翔撮影でした。
彼方の山の稜線の下にクマタカが入った時にはアンダーに、上に上がった時には大幅なプラス補正にと一連の動作の中での行いは随分難しかったです。
しかも、稜線下に飛んだときにはピントが背景の山に行かないようにと本当に良い勉強になりました。
鳥撮り、奥が深いですね~

クマタカの飛翔 青空に悠々と気持ちよさそうですね。
広げた羽と尾羽の柄もカッコいいですね。
鳥たちもだんだんと旅立って 寂しくなりますね。

カタクリ園は島田市のHPに開放日が発表されるので
来年はチェックしてみてください。
今年は見頃と開放日がぴったりあって良かったです。

はぴ  様
クマタカ、やはり超長玉でなければ無理かも。
稀に低空飛行する時もあるみたいですが。。
やはり600ミリが欲しいところです。
島田市のHPですね、
来年は忘れないようにチェック後、行ってみることにします。

こんにちわ

大きな鳥のように見えますね。
青空に飛んでいる姿だとても迫力があり良いですね。

先日、トンビがカラスの番いに追われていてびっくりしました。
鳥の世界も色々あるようですね。

応援です☆

こんばんは^^

クマタカが、大空を舞う姿は
美しく、迫力がありますね。

動く被写体は、ピントが難しいのに
country walkerさんは、ばっちり捉えていて
素晴らしいです。

hirugao 様
コメントを有難うございます。
湘南地方や九州ではトンビの被害も出たとか・・・
トンビとカラス、何時も追われているのはトンビです。
カラスより大きな体なのにね~(笑)
応援を有難うございます。


k-24 様
コメントを有難うございます。
この鳥自体が大きいので何とか写すことが出来ましたが細部は全くボンヤリ。
ウデも悪いうえ、やっぱり超長玉が欲しくなります。
単焦点の600ミリ、800ミリは重すぎ、そして高すぎま~す(笑)

こんにちは。

せっかく桜が満開なのに。。

雨ばかりでちょっとさびしくなりますね。

ぽち。

こんばんは。

クマタカの貴重なお写真です。
こちらでは絶対見られないと思います。
鳥の撮影は色々設定が難しいのですね。
一番下の画像はクマタカも背景も美しいです!!

一つ前のオシドリのブログはとても興味深く拝見しました。
私もこの冬、明治神宮と新宿御苑でオシドリを初見しましたから・・・
コンデジ画像ですが、良かったらご覧下さいませ。
http://blog.goo.ne.jp/tek-tek930/e/25d1b3cae3a765ef80e42accfb6a3de5

あとり 様
満開のニュースと共に雨ばかり。
それでも一昨日何とか観てきましたよ、満開にサクラを。。
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ 様
今、「ホロホロ」さんのブログを拝見して来ました。
ウォーキングから探鳥・・・様々なジャンルが広がっていますね。未だ全て読ませていただいておりませんが鳥関係のページから拝見したいと思っています。
「ホロホロ」さん、バードウォッチングもかなりのものですね。
ウミアイサも先日初めて見たばかりです(次回のブログで掲載を予定しております)
コンデジ画像を仰いますが素晴らしい映像ですね。
私の「お気に入り」項目に加えました。これからは続けて拝見していきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59428370

この記事へのトラックバック一覧です: 再度クマタカへ:

« おしどりの里 | トップページ | 花ラッパのニュウナイスズメ »