2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 馬篭・妻籠へ(1) | トップページ | 初見・初撮り ヤツガシラ »

2015年4月16日 (木)

馬籠・妻籠へ(2)

馬籠宿から馬籠峠、男滝・女滝を経て次の目的地妻籠宿へ。小雨が降ったり止んだりの中、こちらの宿場町も観光客は少ない。ここでも馬籠宿同様、行き交う旅人は青い目の外人さんが多かった。

119a0491
119a0492

119a0520
此処では桜が丁度満開です、街道を行き来した昔の旅人たちもこの桜を眺めたのかもしれません。満開の桜と旧街道の宿場町、ピッタリですね~

119a0501
119a0542

119a0544
宿場外れに鎮座する巨大な「鯉岩」。旧中仙道三大名石と呼ばれていたそうです。

119a0530桜が咲くのに雪が降る。
季節はずれの寒い中、しかも小雨交じりの馬籠・妻籠宿観光でしたが、雑踏のない静かな雰囲気を存分に楽しめたことは自分たち夫婦も大満足です。時間があれば馬籠~妻籠間9km、旧街道の石畳を味わいつつ歩いてみたいと思いました。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -716-

« 馬篭・妻籠へ(1) | トップページ | 初見・初撮り ヤツガシラ »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

最近はどの観光地にいっても、外国の方、とりわけ東洋人が多い中、
西洋人が多い観光地も珍しくなっているような気がします。
英米欧で人気のガイドブックに記載されているのでしょうかね。
寒く、小雨交じりの観光だったようですが、静かに風情のある風景をゆっくり
観光できて良かったですね。

walkerZ 様
そうなんです。
最近の観光地はあの国の方々を始めアジア系の人たちで溢れておりますが、こちらでは全く見かけず青い眼の外人さんばかり。
大きなリュックスタイルの人もかなり居り、馬籠~妻籠の中仙道を歩くのかもしれません。
此処はウォーカーにも人気のコースと聞いておりますから。。。

おはようございます♪
宿場町に咲く桜は和の趣がタップリですね~(^^)
そしてこの辺りに外人さんが多いのも頷けます。
私は最近は白川郷に行かなくなってしまいました…
マナーの悪い外人が多すぎるんですよね…某国の連中です。
馬篭&妻篭では皆さんマナーが良いみたいですね~(^^)

P☆

おはようございます。
馬籠・妻籠宿、いいですねえ~!!
一度行ってみたいと思ってるところの一つなのですが・・・・
埼玉に住んでると、どういう訳か、長野県南西部や、岐阜県東部地区には、なかなか足が向かずに、飛騨高山にも行ったことが無いんですよ。
道路事情によるんでしょうかね。

行けない分、たっぷり楽しませて頂きました。

最近行っていないのでやはり以前よりきれいになっていますね。

上手く道路を入れた写真、、、なるほどこうして撮るのかと
感心しました。

鯉岩というの知りませんでした。

おひょうございます。

昭和からさらにさかのぼって、江戸時代まで
時空を飛んできた感じです。
このような風景を見ていると、なんとなく落ち着いた
気持になるのが不思議です。
最後から2枚目、麦わらに包まれたのきしたに
ぶら下がっているのはなんだろう。

雨に煙る宿場町 今も昔も変わらぬ光景だったのでしょうね。
青い目の外国人はこんな光景はどう感じているのでしょうか。

近代的な高層ビルの中で生活しているものとしてもこんなわびさびな世界が恋しくなります。
応援ポチリ!

おはようございます。
妻籠宿ちょっと調べましたが、なかなか面白いですね。保全地区になっているんですね。
countrywalkerさんのブログを見ていましたら、中山道益々気に入りました。
こうなったら中山道から江戸に出て東海道を廻って帰ろうかな・・・・・などバカなことを考えております。(笑)

こんにちは。

きれいですね。。

桜と雪ですか。。

風情はありますけど。。寒い^^;。

ぽち。

カシオペア 様
旧街道の宿場町に咲くサクラ。
何となく趣が感じられパチリと写しました。
マナー最低のあの国の人たちが居なかったのが幸いです。
こちらで出会った外人さんは皆さんマナーを守った常識的な人たちばかり。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード  様
地図の上ではそれ程遠くなくても、アクセスが芳しくないところにはなかなか行けないものです。
遠い北海道や九州には度々出かけても・・・そんな地域がありますね。
北陸新幹線の開通で金沢方面へは容易に行くことが出来ても、この辺りが案外難しい地域なのかもしれませんね。


hirugao  様
関心していただくほどの写真ではありませんが
観光客の少ない観光地。
寒さと雨のお陰で静かな宿場町を観光する事が出来ました。

里山コウ  様
ご指摘の、麦わらに包まれた軒したに ぶら下がっているもの、、
妻籠宿では花を軒下に飾ってある家が多かったのでこの写真を撮りましたが
詳しく見るのは躊躇いました。
離れたところからそお~っと眺めることに徹しました。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
青い目の外人さんには、近代的な大都市の観光よりこの様に素朴な日本の文化に浸る方が魅力なのかもしれません。
自分のような田舎暮らしの人間でも、こういった古き良き時代の雰囲気が肌で感じられるところが好きです。
応援を何時も有難うございます。

よっくん  様
旧街道でも東海道の関宿は国の「重要伝統的建造物保存地区」に指定されておりますが
この馬籠・妻籠も同様なのかもしれません。
他に中仙道では奈良井宿などもこれに匹敵する良い雰囲気の宿場町です。
>中山道から江戸に出て東海道を廻って帰ろうかな・・・・・
大賛成です! 「よっくん」さんの若さと体力脚力ならば絶対可能です。
私のように後期高齢者となり、体力が衰えてからでは難しいのです。


あとり 様
今回の木曽路の旅、本当に寒かったです。
でも人影の少ない観光地を歩く・・・
良い体験が出来ました。
応援を何時も有難うございます。

江戸時代にタイムスリップしたような・・・。
いいですね。この風情! 見ているだけでなんだか落ちつきます。
荷物を担いだわらじ姿の商人さんがヒョコヒョコ出てきそうな感じです。
昔を思い出しながらもう一度行ってみたいな。

今日はありがとうございました!
楽しい時間を過ごす事ができました(^ω^)

新聞見ました!
素晴らしいですねー!
出来ればカラーで載せていただきたいですよねー。(*^o^*)

またご一緒させてください。よろしくお願いします。

tidori  様
本当に好い所は再び訪れてみたくなります。
古都の京都・奈良がその代表的なところですが
旧街道でも馬籠・妻籠や奈良井宿、東海道では関や土山宿等々・・・訪れたことはありませんが福島大内宿なども人気の宿場とか。
日本人の琴線に触れる何かがあるのでしょうね。

むらまつ 様
こちらこそ本当に有難うございました。そして新聞を見て頂き有難うございます。仰るとおりカラーで掲載してくれたならね~
遠征されてきたのにセンダイムシクイとオオルリのメスだけと、収穫が少なくて申し訳ない気持ちです。
自分たちもオオルリにキビタキを期待して行ったのですが・・・
でもこればかりは相手のあることで仕方がありませんね。
明日は天候にもよりますが再度出かけてみるつもりです。
ミーティング?は今日充分にしましたので(笑)

こんばんは。
そうそう、この妻籠宿の景色、懐かしく思い出させていただきました〜!
ひっそりとした街道の家並みが落ち着いた雰囲気で、外国からのお客様には
珍しいのでしょうね。
数年前、高山に行って某国の方が多かったので、驚きました。
秋葉原も銀座も上野もたくさんおられますよ(-_-;)

一枚目の籠に生けられた桃色のお花のお写真、ステキですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59619818

この記事へのトラックバック一覧です: 馬籠・妻籠へ(2):

« 馬篭・妻籠へ(1) | トップページ | 初見・初撮り ヤツガシラ »