2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 初めてのカワガラス | トップページ | 馬籠・妻籠へ(2) »

2015年4月15日 (水)

馬篭・妻籠へ(1)

4月8日、中山道馬篭・妻籠宿へと出かけてきました。此処を訪れるのは平成16年以来で久しぶりの事です。

この日、宿泊先のホテルで聞いた朝のTVニュースでは東京では雪が降ったとの事です。当然のことながら木曽路の朝は寒かった。
必要なかろうと思ってはいたが藤村の「木曾路は すべて山の中である・・・」の一行を思い一応持参した冬の上着がまさか役に立つとは。。。

119a0444

119a0448
寒い上に小雨が降る朝の宿場町は人影も疎らです。数年前訪れた時の雑踏に近い状態とは大違い、数少ない観光客は何故か青い目の外人さんばかり・・・

119a0451坂道の多い宿場町ですが、道路の石が雨に濡れて好い雰囲気を醸し出しています。
119a0452
119a0461
高札場付近に設けられた一段高い展望広場から見た恵那山は昨夜の雪でうっすらと雪化粧です。冬の上着に手袋をしていてもまだ寒~い。119a0475

馬篭宿を後にして次の目的地は妻籠宿、馬籠峠から石畳の旧中仙道をパチリ。この後、旧街道の男滝・女滝を見てから妻籠宿へ。

119a0481
季節はずれの寒さの中、傘を差して散策した馬籠宿は人影も殆どなく、それが想定外の素晴らしい雰囲気を味わうことができました。
後編は妻籠宿です、引き続きご笑覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -715-

« 初めてのカワガラス | トップページ | 馬籠・妻籠へ(2) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

中山道馬篭・妻籠宿は、風情のあるいい街道ですね。
石畳がいいです。
しだれ桜と馬篭宿の写真は、この季節ならではですね。
全般に坂道のようですね。昔の人も、country walkerさんも
歩くのは大変だったのではないでしょうか。

おはようございます。

観光客に外人さんが多いのがわかります。
この坂道の、石畳や、苔のついた年代物の
石垣は、なんとなく心が落ち着くような気が
しますし、良い風景ですね。
最近の外人観光客は目が肥えてますね。

walkerZ  様
久しぶりに訪れた篭・妻籠宿は予想通りの素晴らしさでした。
でも、寒かったです(笑)
馬籠宿は殆ど坂道ばかりですが、電柱・電線のない宿場は昔にタイムスリップしたようで素晴らしかったですよ。
最近では電線・電柱の無い観光地や街が増えてきましたね。
膝の悪い家内と一緒であり、傘を差して超ゆっくり歩いたのでそれほど大変ではありませんでした。


里山コウ 様
外人観光客はシティホテルより、宿場内の「旅籠」で宿泊希望が多いと聞きました。
ホテルのベッドより日本庭園を眺め、畳の上で就寝が希望なのかもしれませんね。
大きなリュックを背負った人が多かったので旧街道を次の妻籠まで歩くのかもしれません。
応援を何時も有難うございます。

久しぶりに馬篭の写真を拝見しました。
この辺りはいいところですよね。
恵那山に登った後にも尋ねたりで楽しい思い出がいっぱいです。
雨は雨でいいこともありますものね。

そういえばここは電線がないのですね~

だいぶ前に私も妻籠宿と馬込宿に行ったことがあります。
記憶にはどちらがどうだったかはわからなくなりましたが、細い曲がった坂道の石畳と昔の飛脚姿の郵便配達人が記憶に残っています。
元気なうちにもう一度行きたい場所のひとつです。(笑)
応援ポチリ!

こんにちは♪
馬篭宿の佇まい…、落ち着いた気持ちになれますね~私はこの様な所が大好き~(^^)
これを見ると日本に生まれて良かったとつくづく思います。
この時はまだ朝の早い時間だったんですね…
私も行った事がありますが、昼だったので多くの人で賑わっていました。
何時までもこの雰囲気を大切にして欲しいものですね~(^_-)-☆

P☆

hirugao  様
朝が早かったこと、異常な寒さと雨の影響もあり観光客は殆どなし。
宿場の「旅籠」に宿泊したと思われる外人さんのみチラホラ・・・
そんな状態でした。
それがかえって好かったのかもしれませんね。


あすか 様
此処を訪れるのは確か4度目位だと思いますが、何時来ても良いところだと思っています。
昔の飛脚姿の郵便配達人、前に訪れた時写真を撮ったので覚えておりますが、今年は見ることが出来ませんでした。
家内ともそのことを話しながら歩きました。
応援を何時も有難うございます。


カシオペア 様
この日の時間帯は8時半過ぎと観光地としては早い方だと思います。
それでも2時間以上滞在しておりましたが観光客の数は殆ど変わりませんでしたよ。
やはり寒さと雨天が影響したものと思います。
しかし本当に寒かったです。
応援を何時も有難うございます。

寒さと雨天の中での散策 大変だったと思いますが、思い出に残る光景があったと思います。
馬籠宿の街並はよく写真などで見ていましたが、石畳の道が続き、宿が点在している様子は、ここではっきりわかったような・・そんな感じです。
その2に続くようですね。楽しみにしています。

1週間前から風邪をひき、ようやく出口が見えてきたところです。
ここ数日室蘭では最高気温が一ケタで、今日は雨が降り続いて気温が上がらない状況です。
ココにお集まりの皆さん、風邪をひきませんように。。

馬篭宿 妻籠宿 以前から行ってみたい場所なんです。
雨に濡れた石畳 中山道 趣があっていいですねぇ。
それに人が少ないのも嬉しいですね!
昔ながらの建物 佇まい ゆっくり歩いてみたいです。

冬物の上着 持っていって良かったですね^^
P★

馬籠・妻籠はほんとに歩きたくなる日本の街道ですね。最近は旅の主役が外人さんのところが増えてきましたね。
雨上がりの馬篭の写真、しっとりとしていてすばらしいです。
私も平成15年11月に、奈良の正倉院展の帰りに、馬籠・妻籠を訪れました。

こんにちは。

とても風情がありますね。

雲がかかった恵那山も素敵です。

ぽち。

こんばんは。

古の彼方へタイムスリツプしたような馬籠宿。良いところですね。
奥様とお二人連れ添って、静かな宿を歩かれて良かったですね。
私も学生時代に木曽開田高原から馬籠・妻籠と旅したことがあり、
お写真を懐かしく拝見いたしました。
妻籠のブログも楽しみにしております(*^-^)

こんばんは。
山陽道(西国道)のあとは、東海道にするか、中山道にするか、今、迷っている所です。
実行するのは、まだ1年~2年ぐらい先ですけど、ブログを拝見しましたら、中山道もいいかな?と思いました。馬篭宿なんか風情がありますね。
行ってみたくなりました。    ボチッとしました。

のりちゃん  様
此処馬籠宿を訪れたたのは平成16年以来の事です。
良いところはその季節を問わず何時訪れても満足でいっぱいですね。

風邪、快方に向かっておられるとのこと、良かったですね~
家内も風邪でダウン直前でしたが寝込むこともなく、今日は随分良くなりました。
雨続きのこの頃ですが今日は午後から久々に青空を見ることが出来ました。
明日も予報は晴れ。明日は重いレンズを持って出かけてきます。
収穫は??ですが。。。

はぴ  様
馬籠・妻籠宿、本当に素晴らしいところです。
旧東海道を歩いた時、関宿の素晴らしさに感動したものですが、
この両宿場もそれを上回る感動がありました。
必要ないと思っていた冬物の上着、寒波襲来で役に立ちました。

kumasan 様
全国各地及び世界各地を旅された「kumasan」さん、馬籠・妻籠には自分たちが前回訪れた前年訪れたのですね。
思いがけない寒波襲来で此処を訪れる観光客も少なく、想定外の静かな宿場を楽しむことが出来ました。
何時も拙ブログに目を通して頂き有難うございます。

あとり 様
人気の旧街道両宿を、心行くまで楽しんできました。
機会があればまた訪れてみたいです。
応援を何時も有難うございます。


ホロホロ 様
歴史好きな自分は古城めぐりとか旧街道を訪ねることは大好きなことです。
「ホロホロ」さんも学生時代に訪れられたのですね。
最近、古傷の膝が芳しくない家内ですが、夫婦共に此処は大好きなところなので
出かけてきました。
本当は馬籠から妻籠まで旧中仙道石畳を歩いてみたかったのですが。。。

よっくん 様
コメントを有難うございます。
超健脚な「よっくん」さん。東海道も中山道も目標とか。。
自分は旧東海道のみ往復歩きましたが、街道歩きの諸先輩方の話しでは中山道の方が断然厳しいと伺っております。
コースそのものは勿論、東海道に比べて交通アクセスや宿泊先等々。。。
お若い「よっくん」さん、街道歩きに挑戦する姿勢が羨ましく思います。
足腰が衰えてきた現在、もっと挑戦しておけば・・・と今では後悔しきりです。
今しか出来ないことに挑戦するべきかと思います。
挑戦する「よっくん」素晴らしいと思います。
頑張って!!
拙ブログへの応援を有難うございました。

こんばんは^^

落ち着いた佇まいに、日本の美しさを感じます。
あの、東京に雪が降った日に、行かれたのですね。
上着を、お持ちでよかったです^^

展望広場から見た恵那山、雲がかかって
とっても、幻想的です^^

k-24 様
そうです宿泊先のホテルのTVニュースで東京の雪を伝えておりました。
当然のことながら此処は木曽路、本当に寒かったですよ。
必要ないだろうが一応持っていった冬の上着が役に立ちました。
備えあれば憂いなし・・・ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59619672

この記事へのトラックバック一覧です: 馬篭・妻籠へ(1):

« 初めてのカワガラス | トップページ | 馬籠・妻籠へ(2) »