2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 小鳥の群れと猛禽と | トップページ | 今年も「安近短」の河津桜 »

2015年3月 5日 (木)

花と小鳥の予定でしたが

我が家の庭の梅は終わってしまったが離れた運動公園へ枝垂れ梅を観に行ってきました、目的は梅に留まる小鳥です。

枝垂れ梅は見頃を迎えておりましたが好天に恵まれ、お花見物の人たちが多く、鳥たちは一向に現れません。昨年は梅に留まるメジロやジョウビタキ、ホオジロ、カシラダカ等々沢山来てくれたのですが。。。

近くの池で遊ぶキンクロハジロをパチリ。この鳥も間もなく旅立ちでしょうか。

119a1520

119a1485
足元を見ればオオイヌノフグリが、、、鳥撮り用のレンズなので随分下がってから撮りました。

119a1469公園からの帰途、田んぼで沢山の雀たちが群がっています。先日、アトリやカワラヒワに交じって沢山のスズメを撮ったばかりですが、またもやスズメの大群です。
スズメに縁があるのかもしれません。

119a1617
119a1629

スズメを見た田んぼで足元を見ればホトケノザに交じって土筆がニョキニョキと。。。当地方の本格的な春は直ぐ其処まで来ている様です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -689-

« 小鳥の群れと猛禽と | トップページ | 今年も「安近短」の河津桜 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

キンクロハジロっていうんですか。
本当に鳥の名前を沢山ご存じですね。
この鳥も渡り鳥なんですね。旅立ちしてしまうと、ちょっと悲しいですね。
雀の群れはビックリですね。これほど多い群れはなかなか見たことがありません。
何がお目当てで群れていたのでしょうかね。

walkerZ 様
鳥の名前は未だ未だ知らないものばかりです。
これは近くに居た人から確認したもので多分間違いがないと思います(笑)
この鳥も今月中には遠いところへと旅立って行きます。
スズメの大群、これほどの群は自分も初めて見ました。
原因は不明ですが落穂が多いのかも?

キンクロハジロ 初めて見ました。
パンダ模様のカモ?オシドリにも 似ている・・・
だんだんと鳥たちの行動も激しくなりました。
いよいよ春到来の予感が。
応援ポチリ!

おはようございます

池で遊ぶキンクロハジロ、とても綺麗ですし、
池の波の模様に青空が映ってこちらも美しいですね。

雀さんの大群、これに襲われそうな感じで
ちょっとばかり怖い感じもします。

オオイヌニフグリは春を呼ぶ花、ブルーが
良い色です。

こんにちは♪

今日のスズメの大軍も凄いですね…
鳥はカモメだったと思いますが、ヒッチコックの昔の映画の「鳥」を思い出しました。
そして我が家では梅が咲いて、メジロが来ましたが、
私がカメラを持って撮ろうとしたら逃げられてしまいました…

応援P☆

あすか 様
キンクロハジロ。3年前の12月、六義園を訪れた時池に沢山居たことを覚えて居ります。
都会にもこの鴨が居るのだとビックリした覚えがあります。
パンダ模様の鴨はミコアイサ、これは警戒心が強いので庭園の庭には来ないかもしれません。東京湾にはも勿論居るかもしれませんが・・・何れにしても間もなく旅立ちだと思います。
応援を何時も有難うございます。


里山コウ 様
キンクロハジロは都心の公園でも見たことがあるのでそちらでも見られると思います。
オオイヌノフグリやホトケノザ、ツクシも一杯見ることが出来ました。
春はもう直ぐですね。
応援を何時も有難うございます。


カシオペア 様
これほどのスズメの大群は田舎でも初めて。
一斉に舞い上がるときの羽音や土埃は迫力がありました。
これが一斉に向かって来たなら・・・
怖いを超えて気絶してしまうかも知れません(笑)
応援を何時も有難うございます。


こんにちは。

人が多いと小鳥さんたちは遠慮してしまうんですね。

今日、きちんと確認しました♪。

ベランダにきていたのはやはりイソヒヨドリの女の子でした。

(自宅から海までは地下鉄で20分ほどかかります。)

ヒヨよりは少し小さめですが。。気が強いです。かなり。。

ぽち。

スズメの大群、近くで見たら迫力があるのでしょうか。
写真の池の水の色を見ると、春色なんだなぁと思いました。
キンクロハジロの旅立ちはさびしいでしょうが、やはり「春」(別れの春)なのです。

北海道でも春が一歩ずつ近づいています。
室蘭では雪が少なかったため、先月は平均1万歩前後歩く事が出来ました。
今週末、久しぶりに札幌を歩いてきます。

あとり 様
やっぱりイソヒヨドリだったのですね。
イソヒヨドリ、通常では海岸地区で見かけるとの事ですが
私が見たペアは海岸からは50km以上山手に入った内陸部でした。
鳥の生活環境、一定ではないようですね。


のりちゃん 様
日本列島、いよいよ春到来近しですね。
今日は海岸部にある河津桜の並木道を歩いてきました。
最近では本場伊豆の河津まで出かけなくても近場で見ることが出来るので重宝しています。
「安近短」です(笑)

キンクロハジロ・・・電車で30分ほど行った森の池で
見かけたことがあるのを思い出しました。
「金黒羽白」と書くと聞いたことも思いだし
目の周りが金で羽根を広げると白いのでぴったりな字ですよね~!

話題は違いますが、旧東海道の赤坂宿にある、「旅籠大橋屋」が
廃業することをTVで放映していました。
宿主の青木さんに説明していただき2階から街道沿いを
眺めたことを思い出しちょっと残念に思います。weep

スズメ、家の方は
へっちゃって小さな群れしかみれません。

当たり前にあるモノが貴重なものだと
自然が教えてくれますね。

セロリさん 様
大橋屋の廃業は知りませんでした。
芭蕉も泊まったといわれる有名旅籠、廃業では勿体ないですね。
自治体が買い上げて保存しないのでしょうか?
私は大橋屋さんに上げてもらった事は無いのです。
京都の寺田屋のようにすれば良いと思いますが。。。
尤も寺田屋は本物ではないとの説もありますがね。


hiroki-nara 様
スズメやツバメ、住宅の仕様が変わり巣作りが難しくなり住宅地内では見かけることが少なくなりましたが、どっこい逞しく生活している様です。
嬉しいことですね。

コメントに、言葉がたらなくでごめんなさい!

旧東海道宿最後の旅籠大橋屋さんの件ですが
豊橋市で修理保存し、何年か後に一般公開する予定だそうです。coldsweats01

セロリさん 様
あ~ よかった!
市が解体修理をして保存するのですね。
失ったものは二度と戻らない、
この貴重な建築物が後世に残ることは大賛成です。
保存に尽力された人たちが居るはずです。
その方々に感謝・感謝ですね。
嬉しいニュースを有難うございました。

こんにちは。

良い週末をお過ごしくださいね。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59105699

この記事へのトラックバック一覧です: 花と小鳥の予定でしたが:

« 小鳥の群れと猛禽と | トップページ | 今年も「安近短」の河津桜 »