2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 素晴らしかった 掛川 龍尾神社の枝垂れ梅 | トップページ | 桜にメジロ サクジロー »

2015年3月14日 (土)

アトリの群とレンジャク

アトリの群が居ると連絡をいただき行ってきました。先日、奥浜名湖方面でアトリの大群を見ましたがその時はスズメやカワラヒワとの混群でしたがコチラはアトリのみ。下写真はその内の一部ですがかなりの群です。

119a3217
アトリの群を見た後は毎年この時期に訪れる河川敷へ。今年も居ましたヒレンジャク緋連雀)たちが。

119a3479

119a3484
Img_0945
緋レンジャクの群の中には黄レンジャク(黄連雀)も居ます。当地方では緋レンジャクが殆どで稀に黄レンジャクが混じることがあり、黄レンジャクは希少価値もありカメラマンに人気の鳥です。

119a3663
119a3524
よく似た連雀の名前の前に付く「緋」「黄」の違いは羽の一部の色が異なるようですが、尾羽の先が赤か黄色で判別しています。でも前から見ただけではでは区別がつきません(3月9日)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -694-

« 素晴らしかった 掛川 龍尾神社の枝垂れ梅 | トップページ | 桜にメジロ サクジロー »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

下2枚が、キレンジャクでしょうか。
貴重な写真が撮れて良かったですね。
ヒレンジャク、なんとなく時々みたことあるような気がします。
ヒレンジャクというんですね。またまた勉強になりました。
1枚目の鳥の群れ。圧巻ですが、ビックリな感じですね。
しかも、こちらは群れの一部ですものね。

おはようございます。

アトリの大きな群れなんか一度は見てみたいけど、
町の中ではみられるものではないでしょう。

ヒレンジャクさんはとてもきれいな鳥ですが、
ちょっと怖いお顔をしているんですね。

walkerZ 様
尾羽の先が黄色い下2枚の写真が黄レンジャクです。
こちらで普段見られるのは緋レンジャクなので黄は貴重な鳥でカメラマンには人気があります。
あとりの群、写真は枝に留まった一部で、この数倍は居たように思います。


里山コウ 様
アトリ、今まで殆ど見たことが無かった野鳥ですが
今年は何故か彼方此方で多数見かけます。
でも街中では ??が付くかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。

まさに珍鳥だらけ
アトリ・ヒレンジャク・キレンジャク等々
名前もcountryに教わり始めての対面 (笑)
長閑な環境 鳥たちの楽園 大事にしたいですね。
応援ポチリ!

あすか 様
この様な季節の鳥たちにめぐり合えるのも田舎故かもしれません。
仰るとおりです、
鳥たちが生きていける環境と自然は大切にしなければいけませんね。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

連雀かわいいです。

良い週末をお過ごしくださいませ。

ぽち。

こんばんわ♪
アトリの大群、凄いですね…(@_@)
こちらでこんなに群れる鳥は夕方のムクドリくらいです。
ヒレンジャクはハンチングを被っているようでオシャレ…
古い言い方をすると鳥撃ち帽子ですね…(^_^;)

P☆

あとり 様
お互いに良い週末を過ごしましょう。
応援を何時も有難うございます。


カシオペア 様
♪「・・・鳥打帽子に胸当てズボンの東京シューシャインボーイ・・・」
こんな歌はご存じないでしょうね(笑)
終戦直後に流行った暁テル子さんの歌です。
鳥打帽子、久々に聞いた懐かしい響きです。
応援を何時も有難うございます。

アトリは漢字で(花鶏)・まさしく枯れ木に花が咲いたように見えますね。

2月に明治神宮でアトリとカワラヒワの群れを見ました。

歌舞伎俳優のようなお顔のヒ・キレンジャク・・・良いですね。
一度でいいからお会いしてみたいものです。

ホロホロ 様
明治神宮にはアトリやカワラヒワも居たのですね。
カワラヒワはともかく、アトリは今年全国的にも大豊作と聞いております。
事実、当地方では過去にも殆ど見られなかった野鳥なのですが今年は彼方此方で見ることが出来ました。
東京はコンクリートジャングルとも言われておりますが、六本木ヒルズから見た東京の緑の多いことにビックリしたことを今でも覚えております。
ヒ・キレンジャクに出合えるといいですね。
コメントを有難うございました。

アトリの大群、すごい数ですね。
連絡を下さった方に感謝ですね。
わたしも拝見できてうれしいです。
緋レンジャクと黄レンジャク、羽の一部の色で分けるということは
黄レンジャクは突然変異のように生まれるんでしょうかね?

こんにちは。

雨続きの大阪です。

そろそろすっきり晴れてほしいです^^;。

ぽち。

ジャランこ 様
連絡をしていただいた鳥友さんに感謝・感謝です。
ひとりでは到底出あうことのない鳥の群を見ることが出来たのも皆さんのお陰です。
ありがたいですね~
黄レンジャクと緋レンジャク、図鑑によれば「スズメ目レンジャク科に属しますが、別の種類と書かれておりました。でも本当に良く似ていますね。


あとり 様
当地方も夕方から雨になりました。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。
アトリやレンジャク、相変わらず賑やかですね。
こちらのアトリも、まだ居ました。
数は4~50羽ぐらいの増えてますが、以前より神経質になってるようで、近くを人が通るとすぐに飛び立ってしまいます。
旅立ちの前には、もう少し増えるかもしれませんね。

ソングバード 様
旅立ち前はやはり神経質になるのでしょうか?
昨日の公園でも何時もは逃げないシロハラも直ぐに逃げてしまいます。
シロハラには逃げられても良いのですが・・・(笑)
豊作と言われた野鳥ですが何故かアカハラは一度も姿を見ることが出来ませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59218487

この記事へのトラックバック一覧です: アトリの群とレンジャク:

« 素晴らしかった 掛川 龍尾神社の枝垂れ梅 | トップページ | 桜にメジロ サクジロー »