2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ボツボツ見納め? ベニマシコ | トップページ | 素晴らしかった 掛川 龍尾神社の枝垂れ梅 »

2015年3月11日 (水)

難しいクマタカの撮影

先日まで数回クマタカを見に出かけましたが近くにはなかなか現れてくれず空振りが多かった。この日も遥か彼方で見ることがあってもなかなか近付いてくれない、そんな時に場所を移動したカメラマン氏から連絡をいただきそちらへと移動。

クマタカとの距離は今までの場所より随分近くになったもののそれでもかなり遠い。

119a1233119a1249ノスリやハイタカ、ミサゴなどの猛禽も時々姿を見せてくれます。クマタカを待つ間に現れたハイタカ?をパチリ。

119a1418
クマタカが現れ、山を背景に飛んでくれましたが、上空を飛翔する空抜けの撮影から山が背景となる飛翔位置が変わる時があります。ファインダを覗きながらクマタカを追い続け、ピンと合わせをマニュアルで行いながら同時に露出補正の変更を行わなければならず、これが実に難しい。119a2884119a2886遠くに見える山の頂上付近へ休憩のため雄・雌2羽が交互に枝留まりするのですが、これがとにかく遠い、かなりトリミングしてもこの程度。これでは鳥に見えませんね(下写真)

119a27562
クマタカ撮影には自分の撮影機材ではやはり非力、枝止まりは高倍率のデジスコの世界です。飛翔撮影も1~2段ぐらい上の超々大砲レンズがベターなのかもしれません。(3月4日)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -692-

« ボツボツ見納め? ベニマシコ | トップページ | 素晴らしかった 掛川 龍尾神社の枝垂れ梅 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

クマタカの撮影、おめでとうございます。
遠方なので、撮影に苦労されたようですが・・・。
最後の写真、赤マルがあったので、直ぐに姿を見つけられました。
これほどまで遠くのクマタカ、どうやってとまっている姿をみつけたのか。
飛んでいる姿をずっと目で追っていたのでしょうか?

コンテニエンスAFでの追尾では無理な様ですね。
おまけに露出補正まで同時にとは・・・
かなりな高度な撮影で見事にキャッチで来ましたね。
警戒心の強い鳥たちにはデジスコか1000ミリぐらいは必要なのでしょうか
なおさら追尾が難しくなりそうですね。
応援ポチリ!

おはようございます♪
クマタカが大空を舞う姿は堂々としていて威厳がありますね~(^_-)-☆
MFでのピント合わせと露出補正の難しさはよく分かります。
私も鳥の撮影でやる事がありますが、ボケ写真ばかり…
と言ってAFでとってもやはりボケてしまうんです。
やはり数をこなして行かないと無理ですね…^_^;

P☆

walkerZ 様
最後の写真は飛んでいるタカが止まったので発見できました。
でも留まっているところまでは200m以上は充分あり、一度目を離すと再度見つけるには大苦労でした(笑)
撮影場所は高い橋の上、寒さと鳥が遠いこともあり最近は行っておりません。


あすか 様
追尾機能も背景に何も無い上空の場合は機能しますが、鳥が山などの手前に来たときにはAF同様あまりアテになりません。
AFが背景の山に合焦するので咄嗟にMFに切り替え、それまでのプラス補正からマイナスに変更しなければ鳥が真っ白に・・・
飛び物は背景が空だけの場合は良いのですが、やっぱり難しいです。鳥撮暦の浅い自分には。。。応援を何時も有難うございます。


カシオペア 様
今のカメラのAF機能は優れて居りますが、それでも飛翔中の鳥の背景に合焦するのでやはり難しいです。
それと同時に露出補正も同時に変更しなければならず。。
未だ未だドシロートです。自分は。。。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

クマタカが大空に中をスイスイと飛ぶ姿、
ゆうゆうとした王者の風格が有ります。

下から見た、広げた羽と尾羽の柄の美しさが
素晴らしいです。
こんなに素晴らしいクマタカを一度でいいから
見てみたいものです。

こんにちは。
上空を飛ぶタカ類は、特にテレコンを使うと、解像度も落ちるし、難しいですね。
仰る通り、かなりでかい大砲でないと・・・・
私は、はなから諦めてますが・・・・(笑)
さらに、大きなレンズ沼にはまらないよう気を付けて下さいね。

クマタカの羽を広げている姿、見事カメラに収めたという印象です。
やはり連写できるカメラでないと、うまく撮影するのは難しいと思います。
飛ぶ姿はもとより、枝に止まっている鳥を撮影するのは”一瞬の勝負”でしようか。
ワタシも今年数回挑戦していますが、すべて空振り。
鳥は、人の気配を察知しているようです。

里山コウ 様
クマタカは滅多に見ることのできない猛禽と聞いておりましたが、案外人里近くで見ることが出来ました。しかし飛んでいるところがかなり遠く私の機材やウデでは些か無理の様です。
応援を何時も有難うございます。


ソングバード 様
知り合いのカメラマン氏曰く、猛禽に嵌るとますますレンズ沼にはまり込み、抜け出せなくなるから猛禽には近付かないと話している方がいらっしゃいます。その方はゴーヨンを持っているのですが。。。
私もこれ以上沼にハマってはいけないので此処へは近付かないようにしています(笑)


のりちゃん 様
固体そのものは翼の先から先まで1.7mと人間並みの大きなタカですが
飛ぶところやとまるところが桁外れに遠く、自分の機材では如何ともし難いのが現状です。
猛禽類は小鳥と違い警戒心がかなり強く本当に難しいです。
自分にはやはり可愛い小鳥が向いています。

こんにちは。

猛禽類は悠然として見えますね。


がしゃがしゃしているオカメとはえらい違いです^^。

今日は小雪舞い散る大阪でした。

寒いです^^;。

早く暖かくなってほしいですよね。

ぽち。

あとり 様
大阪は雪が降ったそうですね。
昨夜岸和田の親戚から電話がありました。
此処2日間、当地方も本当に寒かったです。
風が強いだけではなく気温も低く、今冬一番の寒さかも。
雪が無かっただけでもマシかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59166289

この記事へのトラックバック一覧です: 難しいクマタカの撮影:

« ボツボツ見納め? ベニマシコ | トップページ | 素晴らしかった 掛川 龍尾神社の枝垂れ梅 »