2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« サクラ咲く | トップページ | セイタカシギとルリ子さん? »

2015年3月25日 (水)

バードウォッチング イカル

鳥の少ないこの時期、イカルの群が見られると聞いて行ってきました。
イカルの群、かなり居るようですが30羽位ずつの小集団となって分散しているようです。その内の一群でしょうか、高いところへ留まってしまい枝被りばかりです。

119a1364

119a1368
119a1370
上空高くノスリらしき猛禽がホバリングの後、排糞、そして脚を出して急降下、獲物を見つけたのかもしれません。通常では脚を出して飛翔することはないので狩なのかもしれません。下写真、排糞らしきものと脚が見えるでしょうか。。。

119a1396狩の結果は山の陰に隠れて分りませんが、もう一羽のノスリが現れ悠々と飛んでいます。この後、2羽共に山の彼方へと消えて行きました。

119a1400
最後はカラスの水浴びです。ものの例えで「カラスの行水」と言われておりますが、このカラス、ゆっくり何度も水に入ったり出たりと、鳥の水浴びとしては決して早い水浴びではありませんでした、むしろ遅い方です。
「カラスの行水」の例え、あまりアテにならないような・・・

119a1442

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -701-

« サクラ咲く | トップページ | セイタカシギとルリ子さん? »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
野鳥の生態は奥が深いですね。
飛びながら廃糞とは・・・(^_^;)
カラスの行水 あてになりませんね。(笑)

先日TVBS放送の「鉄道の旅」で一両編成の天浜線を見ました。
遠江一宮駅の小国神社や新東名をくぐり天竜二又駅での車両基地や浜名湖周辺など
以前countryさんのウォーキングで照会された場所ですよね。(笑)

おはようございます。

おおぜいのイカルの群れがこの木で休憩のようですね。
ノスリは飛びながら空中で排糞するんですね、
珍しい場面の写真ではないですか。

カラスは愛敬が有りますね。
カラスの行水は出たり入ったりゆっくりなんですね。

あすか 様
天浜線、第三セクターで運営している鉄道です。
私のブログから覚えて下さったのですね、有難うございます。
野鳥の生態は本当に奥が深く、それゆえに面白いのでしょうね。
カラスの行水、あれはあまりアテにならないものだと思いました(笑)


里山コウ 様
ノスリの排糞はまさに偶然の結果です。
飛び方が何時もと違うのでレンズを向けシャッターを押したところ偶然にも写っていました。
カラスの水浴びは初めて見ました、水浴び時間はかなり長かったですよ。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは♪
鳥を撮る時は確かに枝被りも気になりますね。
この辺りが、鳥撮影の難しいところでしょうか…
4枚目は場所をわきまえて欲しいものです。
でも相手が鳥なので仕方ないですね…^_^;

P☆

こんにちは。

イカルさんは大きな黄色の嘴が印象的ですね。

シメさんに比べて穏やかそうに見えるのは。。

アイリングが目立たないからでしょうか?。

ぽち。

カシオペア 様
アハハ! 4枚目ですね。
場所をわきまえずにねぇ~ 
丁度下を通りかかって、これを毛の無い頭にモロに浴びてはたまりません。
私には帽子は必需品です(笑)
応援を何時も有難うございます。


あとり 様
「あとり」さん、野鳥に詳しいですね~
イカル。嘴はシメに似ていますがシメより穏やかな顔つきです。
応援を何時も有難うございます。

イカルの嘴、きれいな黄色ですね。
「カラスの行水」が笑えました。
きちんと見た人がいないとわからないことですね。

ジャランこ 様
鳥が遠く小さい姿しか見えなかったのですが
黄色い嘴まで見て頂き有難うございました。
カラスの行水、あまり当たっていないように感じました。

イカルの嘴は、本当に綺麗な黄色なんですね。

野鳥の生態・・・今までは”スルー”だったのが
こちらのブログで好奇心を刺激されています。
色々なことに興味を持つことはボケ防止に良いですよねきっと!

セロリさん 様
鳥には距離を置いていた「セロリさん」、連日の鳥ブログで申し訳ありません。
今日も朝からクマタカに出合いたくて終日出かけておりました。
重いレンズと大きな三脚、防寒着に身を固め持参の椅子に座ってのバードウォッチング。
そして帰宅後、その日の結果を見る・・・・実に楽しいものです。
結果は相変わらず失敗作品の山です、でもこれが明日への糧となると思って(笑)

こんにちは。

そうそう。。うちの仁君の水浴びは。。

カラスの行水ならず。。霧吹きシュッシュッなんです。

オカメインコはオーストラリアの乾燥地原産なので。。

水浴びをする気がほぼないんので。。強制的におこないます^^;。

ぽち。

あとり 様
オカメインコちゃんは
霧吹きシュッシュッ・・・とは初めて知りました。
原生地が乾燥した土地なのですね、。
人の手による強制的に行わなければどうなるのでしょうか???
応援を何時も有難うございます。

こんばんは^^

イカルは、小さくて、こんなに枝があっても
見事に、撮影されて、素晴らしいです。

ふるさとに、帰っているとき
鳥を、たくさん見ましたが
動きが速く、目で追うのも、やっとです。

そんな時、いつも、country walkerさんのように
撮れたら、楽しいだろうなぁと、思います^^

k-24 様
お帰りなさい。
ふるさとでの親孝行、ご両親もさぞかしお喜びになられたことでしょうね。
鳥は動きが早いのでなかなか大変です、それだけにこの次は、この次は・・・と。
簡単に撮れないところが面白いのかもしれません。
未だ未だ未熟なのでもっとウデを上げないとね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59324507

この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング イカル:

« サクラ咲く | トップページ | セイタカシギとルリ子さん? »