2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 何時もの公園で | トップページ | 花と小鳥の予定でしたが »

2015年3月 3日 (火)

小鳥の群れと猛禽と

すこし離れた地域にアトリの群が居ると聞き、先日出かけてきました。当日は強風が吹き荒れ全く鳥の影を見ることなく撤退してきましたが、翌日は風も収まり晴れ、今日こそはと再び挑戦です。

電線には延々とアトリが留まっていますが、到底数えることが出来ないほどです。近くに居たカメラマン氏たちの話では3~400羽位は居るでしょうとのことです。
下のアングルで40羽以上居ます。実際にはこの数倍の範囲にアトリが電線に留まって居るので、そのぐらいは充分居るものと思われます。

119a1731
その内の一部が地上に舞い降り、田んぼに居た無数のスズメやカワラヒワに混じって落穂を食べ始めた。
時折何かに驚いたように一斉に舞い上がったり再び降りたりを繰り返しています。スズメやカワラヒワの方が圧倒的に多いようですが、一斉に飛び立つ時は羽音が「ブーン」と聞こえ、小鳥と言え凄い迫力です。

119a1894
119a1985

119a1779

近くの電柱には猛禽であるハヤブサの仲間、チョウゲンボウの姿が見え周囲を睥睨し、一見、睨みを利かせている様に思ったのですが。。。

119a2135
通常では猛禽が姿を現せば小鳥たちは直ぐに逃げてしまうのですが鳥たちは一向に平気です。チョウゲンボウのお腹が満ち足りており、小鳥たちを襲う気配が無いのかも? そんな気配が小鳥たちには分るのでしょうか。。。
チョウゲンボウと小鳥たちとの距離はごく短く、簡単に襲える距離です。詳しいことは分りませんが不思議な光景でした。

119a2049スズメやカワラヒワを交えたその数は数百羽、それ以上居たかもしれません。これほどの鳥たちを一度に見たのは初めてのことでした。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -688-

« 何時もの公園で | トップページ | 花と小鳥の予定でしたが »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

かわいい小鳥たちもこうも沢山いると、ちょっと怖いですね(笑)。
チョウゲンボウがいるのに、小鳥たちは一向にお構いなしなんて・・・・
やはり数の力ってすごいですね。
小学校で習ったスイミーのお話を思い出しました。

walkerZ 様
おはようございます。
猛禽と小鳥、不思議な光景でした。
数は力なり、まさにスイミーのようでした。
これだけの数が揃うと人間でもチョッと不気味な感じを受けますね。

凄い群がり方ですね!
都心では夕方たまにスズメが群れを成し街路樹にたむろして
賑やかにさえずることがありますが、こんなに多くの鳥の群れは見たこともありません。

おはようございます。

これだけの小鳥さん達が電線に集まると壮観ですね。
あとりというのはいつも群れでいるのですか、
群れの中に人間が迷い込んだら、映画ではありませんが
鳥の大群に襲われてしまいそうです。

チョウゲンボウのすぐ鼻の先にいる小鳥たち堂々と
しています。

こんにちは、takapy77と申します。
チョウゲンボウのすぐ近くに、小鳥がいる光景は、前に見たことがあります。
チョウゲンボウは、小鳥は、襲わないんでしょうかね?
その時、私も、不思議に感じました。

こんにちは♪
凄い数の小鳥軍団ですね…こんなに多く群れる事は滅多に無いのでは…
チョウゲンボウもこれでは何もできませんね。
これこそ「数は力なり」かも知れません…(^_-)-☆

応援P☆

ふ〜ん、これはすごい! 3種混群ですね。
3枚目の写真は額縁に入れたらいいなと思います。
チョウゲンボウはお腹がふくれているのか、数が多くて手が出せないのか・・・。

こんにちは。

小鳥好きの私にはパラダイスみたいな世界ですよ。

昨日から、うちのベランダのお客さんにもう一羽ヒヨが加わりました。

このこは先客のひよちゃんとちがって結構やんちゃで。。

雀たちを威嚇しますが。。

ドンと硝子戸をたたくと。。逃げます。

一方。。雀たちは冷静です^^。

ぽち。

あすか 様
私今回見た小鳥の大群は初めて見ました。
子供の頃、電線に留まっていた無数のスズメを見て以来かもしれません。
この様な光景を見られるのも田舎故なのかもしれませんね。


里山コウ 様
鳥たちが一斉に飛び立つ時の羽音と迫力、
ヒチコックの「鳥」ではありませんがチョッと怖いぐらいの迫力でした。
応援を何時も有難うございます。


takapy77 様
コメントを有難うございます。
チョウゲンボウと小鳥。
実に不思議な光景でした。
鳥友さんが撮影されたチョウゲンボウには、アオジと思われる獲物を掴んで飛翔するショットが撮影されています。
チョウゲンボウは小鳥を襲うものと思っていますが自分でも分からなくなってしまいました。

カシオペア 様
これほどの鳥の大群を見るのも初めて。
チョウゲンボウの様子には分らないことばかり。。。
分らないことばかりですが貴重な体験が出来ました。
応援を何時も有難うございます。


tidori  様
有難うございます。
スズメが主流の3種混群でしたが実に貴重な体験が出来ました。
チョウゲンボウの佇まいが気になるところです。
自分はお腹がいっぱいなので・・・と思って居りましたが? 自分には分かりません。
鳥博士さんに尋ねるより仕方がありませんね。


あとり 様
此処は小鳥たちのパラダイスなのかもしれませんね。
「あとり邸」の雀たち「あとり」さんの動作が分かっているのでしょう。
野生動物たちの能力は神秘的ですね。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。
アトリの群れに出会えたようですね。
先日、北海道のブロ友さんから、千羽くらいのアトリの群れの報告がありました。
一度は、そんな規模の群れを見てみたいですね。
チョウゲンボウや、他のタカたちも、お腹がいっぱいの時は、むやみに襲うことはないですね。
自然は上手くできてます。

こんばんは^^

これだけの、アトリが、電線にとまっているのを見ると
うれしいですね♪
田んぼにいた鳥たちが、斜めに飛び立つ姿
とっても、美しいです。
country walkerさんは、きっと、わくわくされたでしょうね^^

ソングバード 様
自分が見たアトリの数は400羽ぐらいだと思って居ります。
アトリを数羽見たのも今冬が初めて。
それがこれ程多く居たとは・・・これだけで充分満足できました。
やっぱりチョウゲンボウはお腹がいっぱいなのですね。
それを小鳥たちが分るのが不思議です。


K-24 様
これ程多くの鳥たちが集まっているところを見るのは初めて。
仰るとおりワクワクを超えて興奮してしまいました(笑)
野鳥の世界、奥が深くますますハマってしまいそうです。

おはようございます(^ω^)
焼津市のケーキ屋です。
今朝の朝刊にお写真が載っていましたね。
おめでとうございます(*^o^*)
またご一緒させてくださいね!

ケーキ屋 様
おはようございます。
新聞を見て頂き有難うございます。
新聞には時々投稿するのですが今年は初めての掲載です。
今日は晴れ、風もあるので熊鷹を狙って行ってきます。果たして出てくれるでしょうか・・・
こちらこそ宜しくお願いいたします。

こんにちは。

ベランダを観察していてきづいたのですが。。

もう一羽のヒヨは色が濃い茶、冠羽がほぼなく。。

イソヒヨドリのおじょうさんみたいなのです。

ちょっと目付も鋭いです。

ぽち。

おばんです~!

この場所はえさが豊富なのでしょうね。
すごい数の鳥たちに、ちょっと苦手な私は後ずさりして
逃げ出してしまうかも~です。(笑)
それにしても圧巻です!

あとり様
イソヒヨドリとは珍しいですね。
イソヒヨドリ、今までに2度出合っただけです。
可愛がってあげてくださいね。
応援を何時も有難うございます。


セロリさん 様
この田んぼは稲刈りをすることなく越冬し、その後を焼いたようです。
どうして稲刈りをしなかったのは不明ですが、何か理由があったのでしょうね。
その為にお米の粒が一杯残っているようで、それを求めて鳥たちが沢山集まってくるようです。
推定ですが千羽以上は居ると思いました、流石に不気味な感じもします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/59105548

この記事へのトラックバック一覧です: 小鳥の群れと猛禽と:

« 何時もの公園で | トップページ | 花と小鳥の予定でしたが »