2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« メジロが来た | トップページ | えんてつ・レール&ウォーク »

2015年2月21日 (土)

ギンムクドリ

鳥友さんにお連れ頂きましたプチ遠征の第二弾はギンムクドリです。この日の探鳥計画は大モズ、ギンムクドリにベニヒワの3種でしたが、最初の地で大モズは見つからず、ギンムクドリが見られると言うところへ。
ドシロートバードウォッチャーである自分には勿論今まで見たことがない初めての野鳥です。

119a0602119a0611
この日は数回現れ、そのうちの殆どが電線留まり。唯一梢に留まってくれた時は後ろ向きで写真にならず、電線留まりのショットばかりとなりました。
下写真、もう1段シャッタースピードが速ければ顔部分と羽のブレのバランスが良かったと思うところです。チョッピリ残念でした。

119a0626119a0619初めて見るギンムクドリは本当にキレイでした。当初、皆で手分けし散々探しても見つからず、半ば諦めかけていたところ、地元の方から「あっちの電線に留まって居るよ・・・」と、教えていただき、狭い路地の先でシャッターを押した時には思わず「やった~」。。。
その瞬間の達成感と感激・・・本当に嬉しかったですね~これだから鳥撮りは止められません(笑)

この後、 4日前に雪の中の撮影で寒さとピンボケの山だったベニヒワを今度こそ・・・と、リベンジすべく移動しましたがこの日は遂に現れることなく残念でした。それでも貴重なギンムクドリが撮れただけでも充分満足の1日となりました。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -682-

« メジロが来た | トップページ | えんてつ・レール&ウォーク »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ギンムクドリという鳥の名前も初めて、写真を見るのも
初めてです。
でもさがしていたギンムクドリをカメラに収めて時の感激が
伝わってきます。
とても綺麗な鳥なんですね。

ムクドリと云う名前が付いているのでムクドリ科なのでしょうね。
しかし鳥の種類の多さにはあきれると言うより驚きです。
countryさんでもまだまだ多くの未知の鳥が現れるのでしょうね。
それがまた魅力ですね。
応援ポチリ!

里山コウ 様
ギンムクドリ、本当にキレイな鳥でした。
探しても分らず半ば諦めかけていた時に漸く見つかったのでその嬉しさは格別なものがありました。
この鳥が見つからなければボウズで帰るところでしたよ。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
ギンムクドリ、図鑑で調べたところ、「スズメ目ムクドリ科の鳥」
と、ありました。
鳥の種類、皆目見当が付きませんがネット検索したところ、
「世界で6.000種、日本国内で確認できる数は約550種」と書かれておりました。
自分が今まで撮った鳥を数えてみたところスズメやカラスも含め漸く160種を僅かに超えたところでした(笑)
あと、見つけても10種類かな・・・自分としてはこの辺が限界かもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは♪
ギンムクドリを見るのは初めてですが、綺麗な色をしていますね。
ムクドリと言うとよく駅前の木に群れていますが、それとは違うんですね…
countryさんのお蔭で又ひとつ鳥を覚えました~(^_-)-☆

応援P☆

カシオペア 様
ギンムクドリは自分も初めて見た野鳥です。
駅前の木に群れているムクドリとは違います。
図鑑で調べた結果では、「スズメ目ムクドリ科の鳥」となっており、ムクドリの仲間って言うことでしょうね。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは^^

ギンムクドリは、名前の通り
きれいな色をしていますね。
飛び立つ瞬間の、かっこいい姿
素晴らしいショットですね^^

「やった〜」の実感わかります。
珍鳥を初めて見たときの感激、感動は忘れられませんね。
countryさんはいつも珍鳥に恵まれていらっしゃいますね。うらやましいこと!

初めて見ました。きれいな鳥だわ!

こんばんは。
ギンムクドリも綺麗ですね。
白い頭がお洒落です。
先日、こちらでも、カラムクドリで賑わっていましたよ。
一時は100人以上押しかけたとか・・・・・

k-24 様
初めての美しい鳥に感激でした。
今日、インターネットの調子が悪く皆様方へのページ訪問が出来なくて困って居ります。
自分のPCが悪いのか原因は未だ不明です。


tidori 様
この日の予定はあつかましくも3種。
その内の1種を何とか見ることが出来ました。
こちらから出かけた方でも3種全て撮られた方もいらっしゃいます。
3打数3安打は無理ですが3打数1安打でも満足でしたよ。


ソングバード 様
珍鳥を求めてでは際限がありませんが、皆様と一緒に再度出かけてきました。
カラムクドリ、初めて聞く野鳥です。
100人以上ですか。
野鳥ファンの底は広いですね。
自分たちはほどほどで充分です(笑)

ギンムクドリ、はじめて知りました。
綺麗な鳥ですね。
皆さんと力を合わせて!いいですね。

ギンムクドリ
珍しい鳥を見せて頂きありがとうございます。

野鳥の観察も、カメラの趣味も
はまると深いですよね。

ジャランこ 様
バ-ドウォッチングは単独より複数の方が絶対に有利です。
ひとりでは探すにも限度があり、複数で探せば誰かが発見してくるる場合もあるので。。
多すぎて鳥に警戒されたり逃げられたりしても困りますが。

hiroki-nara 様
コメントを有難うございます。
野鳥観察に関心が出て3年目と未だ未だ初心者です。
これからもよろしくお願いいたします。
これから「 hiroki-nara」様のページへお邪魔致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/58936308

この記事へのトラックバック一覧です: ギンムクドリ:

« メジロが来た | トップページ | えんてつ・レール&ウォーク »