2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« コブハクチョウ  こぶちゃん | トップページ | JRさわやかウォーキング  富士川 »

2015年2月11日 (水)

水辺の鳥たち ベニマシコ

ベニマシコ。図鑑によれば北海道で繁殖し、本州では冬鳥として飛来する紅く美しい鳥とされています。
この日もベニマシコを求めて何時もの水辺で待ちました。待つこと暫し、現れたのは雄のマシコ君です。

119a9817
119a9774

水辺に現れ水を飲んだり、葦に留まって周囲をキョロキョロ。

119a9908


119a9374次に現れたのはベニマシコの♀、雄に比べて随分控えめな色ですね。

119a9573最後はホオジロの娘さんです。美味しそうに水を飲んでいました。

119a9745
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -677-



« コブハクチョウ  こぶちゃん | トップページ | JRさわやかウォーキング  富士川 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
ベニシマコの名前はオスの紅色から来ているんでしょうか…
それに比べてメスは何とも控え目ですね。
カモもオスが綺麗でメスは地味だったようで…^_^;

応援P☆

鳥を含め動物はオスの方が華やかですね。
人間は女性の方が着飾りますが・・・(笑)

ベニマシコの雌とホオジロの区別が差ほどないような。。
やはり私たち素人には判別が難しい!(笑)
応援ポチリ!

ベニマシコという名前のとおり、お腹の面等が赤くて、とってもかわいいですね。
一方、雌はなんだか地味~。
雄雌、これだけ色がちがうと同じ鳥と認識するのが難しいですね。

おはようございます。

ベニマシコさん、とても美しいおしゃれな感じの
小鳥さんですね。
ピンクのお腹、赤いほほにまん丸の目、くちばしも
小さくておちょぼ口の可愛い小鳥さん。
実物を見てみたいものです。

カシオペア 様
ベニマシコ、図鑑の和名には「紅猿子」とあり、雄の夏羽が紅色で「ましこ」には「猿子」の字が当てられておりこれはニホンザルの紅い顔を連想してのこと、とありました。
繁殖期には更に赤くなるそうです。でもその頃には当地方では見ることが出来ません。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
鳥はオスが子育てをする例外の鳥以外は殆どオスの方がキレイです。
またオスメスの区別がつかない鳥もおりますが。。
ベニマシコの雌とホオジロのメス、よく似ていて自分でもベテランさんに確認します(笑)
応援を何時も有難うございます。


walkerZ 様
そうなんです、同じ鳥でもオスメスこれだけ違うとね~
これに幼鳥と成鳥、季節によっても羽の色がまるで変わるものもあり我々シローとではなかなかわかりません。
花の名前と同じで折角覚えても来年になれば忘れてしまうことも多々あります。

里山コウ 様
ベニマシコ、図鑑によればこの鳥は川原の葦やススキが一面にある場所とか低木林に多く居るようです、自分たちの撮影地は専ら河川敷です。
召すなどは、スズメ大の小鳥なので注意して見なければ見逃してしまうかもしれませんね。ただ、オスは紅いので見つけることが出来るかもしれませんよ。
応援を何時も有難うございます。

ベニマシコ、名前の通り、紅色が綺麗ですね。
家の近くの水辺にも来てほしいなぁ、、と思います。
人工的に植えられた、少しばかりの葦はお気に召さないかもですが。

こんばんは^^

オスの、ベニマシコは、
美しい色で、メスに、アピールするのでしょうか^^
おしゃれで、ハンサムな、ベニマシコに、うっとりします♪

こんにちは。

ベニマシコ男子。。イケメンですね。

でもお嬢様がたもお上品なお色です。

そうそう、オカメインコは雄雌の色の違いは。。ノーマル種だけなんですよ。

ノーマルのオスは顔が黄色、女子は全身グレーです。

ただし、他の品種では違いはほとんどありません^^。

冠羽の大きさが違うくらい。。オスがやや長めなんです^^。

ぽち。

ベニマシコ、可愛い色ですね。
全部がメスに見えてしまいますが
もちろんオスもいるのですよね。
北海道から本州まで飛んできたのですね。
人間でいえば健脚さんですね。

とほ娘 様
夏は北海道や涼しい北国で過ごし、冬季にのみ本州に飛来してくる冬鳥ですが、東京にはどうなんでしょうね。
荒川や多摩川などの河川敷には居るのではないかと思いますが?


k-24 様
繁殖期になれば更に色が濃くなるとの事ですが、
その頃にはこちらでは見ることが出来ません。
キレイでしょうね、そのころには。。。


あとり様
オカメインコの雌雄の差は少ないのですね。
野生の鳥でもスズメやハト、カラスも殆ど変わらないみたいですし。。。
鳥の世界、やはり奥が深いようですね。
自分には未だ未だ知らないことばかりです。
応援を何時も有難うございます。


ジャランこ 様
鳥の世界、一般的にはオスの方がキレイです。
季節により住む場所を変える渡り鳥たち。
健脚さんですね。
海の向こうまで飛んでいく渡り鳥まさに健脚さんの表現がピッタリです。

こんにちは。

雨が降り始めた大阪です^^;。

あまり寒くはありませんが、風が強く。。

チュンたちのことが心配です^^;。

ぽち。

あとり様
大阪は早くも雨。
今日は小春日和の温かさ。
当地の予報は明日は芳しくない上、寒波襲来でまた寒さが戻ってくるとか・・・
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/58865582

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の鳥たち ベニマシコ:

« コブハクチョウ  こぶちゃん | トップページ | JRさわやかウォーキング  富士川 »