2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 水辺で見つけた鳥たち | トップページ | 水辺の鳥たち ベニマシコ »

2015年2月 9日 (月)

コブハクチョウ  こぶちゃん

野生のものではありませんが、すこし離れた池にたった1羽でけ飼育されいるコブハクチョウ。地域の皆さんには「コブちゃん」の愛称で親しまれているコブハクチョウに会いたくなって久々に訪れてみました。

飼育されているだけに人馴れしており、池の近くに行っただけでも近寄ってくれます。目が可愛いですね、全身を撮りたいのですが近すぎてこのショットだけ、勿論ノートリミングです。

119a9702
119a9703沢山の鴨に交じり、流木やゴミが浮かぶ中で見つけたおしどり。そしてキレイなキンクロハジロ・・・

119a9683

119a9686水の有るところにカワセミあり。居ましたよ、此処の池にもカワセミ君が・・・

119a9693
119a9696にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -676-




« 水辺で見つけた鳥たち | トップページ | 水辺の鳥たち ベニマシコ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

普段鳥を撮影する時には、望遠でもっと大きく撮れたらな~と思っているのでしょうが、
今回は、コブハクチョウが近すぎて・・・という贅沢な悩みですね。
顔のアップで、お顔のコブがよくわかりました(笑)。
飼育されているだということは、年中いるのでしょかね。

飼育されている鳥(白鳥など)を良く見かけますが、飛び立たないのでしょうか。

鳥趣味がないひとでもこのカワセミを見れば思わずカメラカメラと・・・
本当に綺麗な色合いの鳥ですね。
応援ポチリ!

おはようございます♪
コブちゃん、愛嬌のある顔をしていますね~この辺りの人気者では~(^^)
カワセミは私も撮る事があるんですが、どうしてもボケてしまうんです。
私は500ミリでAFで撮りますが、MFの方が良いのでしょうか…
今回のカワセミは背景も決まりましたね~ナイス~(^_-)-☆

応援P☆

walkerZ 様
このコブハクチョウ、数年前から飼育されており、当初は数羽居たそうですがだんだんと減ってしまい、とうとうこの一羽だけとなってしまったそうです。
大変に人馴れしており、人影を見ただけで近くによってきます。
勿論一年中居るようです。


あすか 様
逃げていかないように羽根を切られているのではないかと思います。
お堀に居る白鳥なども皆同様と聞いたことがあります。
チョッと可愛そうな来がしないでもありませんが。。
応援を何時も有難うございます。


カシオペア 様
カワセミのボケ、詳しいことは分りませんが鳥はかなり動いており被写体ブレが多いことは確かです。
周囲に樹木などがあるとAFが迷ってそちらへ合焦してしまうことも多いのでAFが迷う時にはMFです。
なるべくシャッタースピードを上げて撮るように私は心がけておりますが。
応援を何時も有難うございます。


白鳥は目が良いですよね。

愛らしいです。

おはようございます。

「こぶちゃん」は親しみのあるお顔で可愛いですね。
オシドリは綺麗で、一度撮ってみたいです。
やはり翡翠さんもとても綺麗で、魅力がひきつけます。

コブちゃんの目なら私も怖くありません!(笑)
1羽なので寂しくなり人に寄ってくるのかしら?
名前の由来の通りこぶが目立つハクチョウですね!

カワセミくん・・・私も先日池の側で見かけましたが写真を撮ることは出来ませんでした。

本日は、仲良しのキンクロハジロご夫妻(?)に、応援 ☆ ポチリを・・・!
後ろで夫が、「我が家では雌が前だ。」と小声で言っています。happy02

コブ白鳥のコブちゃん コブ白鳥自体見たのが初めてだし、目が名前の通り特徴があることを初めて知りました。
大きさは白鳥と同じぐらいなのでしょうか?

撮影された池にはカモやオシドリ・・・など、賑やかことでしょう。
キンクロハジロはオスとメス?お目にかかることの出来ない鳥です。

先週末まで暖かい日々が続いていましたが、昨夜から冬に逆戻り。
雪が降って吹雪いています。
写真の鳥たちを見て「春が近いのかな?」と思ったほどです。

こんにちは。

かわいいですね。コブちゃん。

カワセミちゃんが。。こんな感じで近づいてくれると。。

うれしいかも^^;。

ぽち。

hiroki-nara 様
仰るとおりコブハクチョウの目が実に可愛いですね。
美しいその姿と愛らしい目が皆さんから可愛がられているのでしょうね。


里山コウ 様
水辺の鳥たち。
其々に特徴があり、どの鳥も可愛いです。
応援を何時も有難うございます。


セロリさん 様
ハクチョウ類、大きな体に小さな目、
それに美しいスタイルが皆さんに愛される所以かもしれませんね。
「セロリさん」も認めてくれた可愛い目、猛禽のように怖くない優しい目です。
我が家でもウォーキング参加時に先を歩くのは何時も家内です。
何処かのご家庭に似ています(笑)
キンクロハジロご夫妻の応援を有難うございます。


のりちゃん 様
当地方で見られる野生の白鳥はコハクチョウだけですが、図鑑によればこのコブハクチョウはオオハクチョウより僅かに大きいとされていました。
こちらでは滅多に雪を見ることはありませんが、今日小雪がちらついたと言うことです。(自分は鳥撮影の為、プチ遠征したので)
遠征先では雪が本降り、久々降雪を見ることが出来ました。
でも寒かったです。


あとり様
「コブちゃん」を見た後、偶然見つけたカワセミ君。
物陰からかなり近付いてみましたが逃げることなくゆっくりと写すことが出来ました。
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。
コブハクチョウ、最近は飼われてた個体が逃げて、野生化したものが増えてるようです。
渡りを忘れて居座るコブハクチョウ、季節に関わらず見れるのも楽しいですね。
望遠レンズだけ持ってる時は、時々こんなことがおきますよね。
後ろまで下がれないところでは大変!!

こんにちは^^

コブちゃんは、やさしい表情をしていますね。
かわいがられているから、人になれているんですね^^

カワセミが、枝にとまっている姿
堂々として、威厳を感じます。
ほんとに、きれいです。
私も、いつか、自然の中で会いたいです^^

こんにちは。

寒いですね。

お風邪ひかれませんように。。。

ぽち。

ソングバード様
このコブハクチョウは数年前から飼育されているとの事ですが詳しいことはわかりません。
飼育された居たものが逃げ出す・・・・台湾リスを筆頭に魚、鳥、爬虫類まで数多いと聞きますね。
人間が責任を持って飼育すべき生物が日本古来の生態系を破壊してしまいつつある現在、嘆かわしいことです。


k-24 様
自然界で生きているものたち。。
其々環境に適応して逞しく生きています。
コブちゃんは人々に支えられながら、カワセミは魚を求めて・・・
かつて上流まで行かなければ見られなかった鳥ですが今では何処にでも生息する鳥になりました。
都内の公園でも観察可能と聞いておりますが。。。


あとり様
明日からは暖かくなるとの予報。
予報を信じましょう・・・
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/58854777

この記事へのトラックバック一覧です: コブハクチョウ  こぶちゃん:

« 水辺で見つけた鳥たち | トップページ | 水辺の鳥たち ベニマシコ »