2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« パンダ鴨 ミコアイサ | トップページ | JRさわやかウォーキング・磐田 »

2015年1月13日 (火)

美しいルリビタキと、初めてのカヤクグリ

探鳥暦の浅い自分には未だ見た事の無い鳥、トラツグミやカヤクグリと呼ばれる野鳥が、山手の公園で見られたとの情報を頂き、早速出かけてきました。

前日、トラツグミが現れたというフィールドには顔馴染みのカメラマン諸氏が大砲を並べズラリ。トラツグミは現れてくれませんでしたが美しいルリビタキが。

119a6061119a6022119a5864
待てど暮らせどトラツグミは現れず、場所を移動してカヤクグリが現れたというポイントへ移動。暗い場所での撮影でクッキリ鮮明な画像ではありませんが何とか撮れた初めてのカヤクグリ。

119a6380_1

119a6256_1にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

拙いブログですが、上の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -659-

未だ見ぬ野鳥、トラツグミには出会うことが出来なかったものの、美しいルリビタキや、初撮りとなったカヤクグリを見ることが出来、大満足の1日となりました。

.

« パンダ鴨 ミコアイサ | トップページ | JRさわやかウォーキング・磐田 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

リビタキ、青い羽根が綺麗ですね。
普段はお腹側から見る小鳥がかわいいと思っているのですが、
リビタキだけは、背からみたほうがいいように思います。
トラツグミは現れなかったようですが、寒い中どれくらい待ったのでしょうか。
ポイントをずらし、カヤクグリを見ることができたときは、さっきの寒空の下待った苦労(?)は
もうどこかに吹っ飛んでしまたのでしょうね。

おはようございます♪
1枚目を見た時に、あっ!これはルリビタキだ…すぐ分かるようになりました。
countryさんのブログを拝見していて覚えたんです~(^^♪
カヤクグリは石の上に居るとちょっと見つけづらいのでは…
トラツグミは次回に期待ですね~(^_-)-☆

応援P☆

walkerZ 様
リビタキ、青い鳥御三家のひとつなので人気の野鳥です。
仰るとおり背中の羽根が青くキレイなので背中の方から見たほうが良いかもしれませんね。でも相手が鳥なのでなかなか思うようにはなってくれません(笑)
鳥の構図は好みにより様々ですが、菱川師宣の「見返り美人」のように
半ば後ろからこちらを振り返って見るスタイルが鳥撮影には最もよいと仰る方もいらっしゃいます。


カシオペア 様
おはようございます。
写真を見て、直ぐにルリビタキと分かったのですね。
有難うございます。拙い写真ですが覚えて頂いて嬉しいですね~
カヤクグリ、暗いところに居たのでSスピードが上がらず、被写体ブレの量産でした。
私のカメラの常用ISO感度は6400まで、こんな時、フラグシップ機のようにISO感度を一万以上に上げられるカメラならばね(笑)
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。

ルリビタキさんとてもきれいな小鳥さんですね。
目がパッチで顔も可愛くて、
尾が扇子のように広がっている後姿がとても
綺麗です。

私のブログに車の中から写した2匹の小鳥さんを
「ビンズイ」と書きましたが正しいか見ていただけないでしょうか。

本年もよろしくお願いします。

ルリビタキ、こんなにキレイな鳥がいるって初めて知りました。
エメラルドブルー!?でしょうか。
羽の下のオレンジ色の配色も オシャレですね。
野鳥の知識は、まったくないのですけれど
少しずつ覚えて行って、家の近くで見かけた小鳥の名前が
分かるようになればいいな~って思っています。

ルリビタキの色鮮やかさは都会で見たら皆さん驚くでしょう。
しかし都会では無理な話でしょうが。(笑)
待望のトラツグミはまたのお楽しみですね。

今日はJR駅ハイに参加して来ました。
応援ポチリ!

ルリビタキはいつ見ても「鮮やかな」色の鳥ですね。
実際に見たら、エメラルドブルーとオレンジ色が更に鮮やかに見えるのでは?と想像してしまいます。
カヤクグリは”丸い鳥”の印象です。
羽は短そうに見えますが、いつか飛ぶ姿が見られることでしょうか。
トラツグミの報告、楽しみにしています。

里山コウ 様
今、里山さんのブログを訪問いたしました。
植木屋カフェ「272」さんステキな場所ですね。
庭に居た2羽の野鳥、探鳥経験の浅い自分ですが、「アオジ」に似ているように思いましたが・・・間違っていたならば申し訳ありません。


ロココ 様
「ロココ」様、コメントを有難うおざいます。
こちらこそ本年も宜しくお願いいたします。
ルリビタキは幸せを運ぶ「青い鳥」御三家のひとつとなっている美しい小鳥です。
それ程、深山にいる鳥ではないので公園などで見つけることも不可能ではないと思いますよ。


あすか 様
ルリビタキが都内に生息しているか否かは不明ですが、この鳥を撮影したのは少し山手の公園です。
六本木ヒルズから眺めた東京、緑の多いことに驚いたことを忘れません。
大東京内の生息は不明ですがもしかして・・・
応援を何時も有難うございます。


のりちゃん 様
写真は実物よりキレイに見えたりその反対であったり・・・
プロの写真家は前者を、自分のようなシロートカメラマンの画像は後者になります。
被写体に当る光を考えつつ、写真を撮ることを考えて撮ってはいますが、やはりシロートは所詮シローとです。
トラツグミ、今期中に見ることが出来れば良いのですが果たして・・・

こんにちは。

かわいいですね。

ただ、かやくぐりの目が思ったよりも鋭くて。。おどろきました。

ぽち。

あとり 様
初撮りなので感激でした。
応援を何時も有難ういます。

こんばんは^^

美しい色の、ルリビタキ、輝くような羽の色
とても、魅力的です。

初めて、カヤクグリの撮影に成功されて
おめでとうございます。
この鳥も、めずらしい鳥なんですね^^

K-24 様
今年は野鳥の姿が多く見られ、豊作と皆さんも言っておられます。
このルリビタキも昨年より多く、何処でも見ることが出来るように思います。
カヤクグリ、目立つような美しい鳥ではありませんが当地方では珍しい野鳥の部類に入る鳥です。希少価値でしょうか。。。

ルリビタキはこちらで何度か拝見していますが
美しい鳥ですね。

娘と一緒に狭山湖へ行ったら沢山の大砲のようなレンズを持った
カメラマンたちが。
何を写すの?と不思議そうな娘でしたが、
きっと鳥を写しているのでしょうね。

ルリビタキの美しさを改めて感じます。

2枚目の「見返り美人のようなルリビタキ」さんに応援 ☆ ポチリ

ごめんなさ~い! 鳥に疎い私は、
カヤクグリさんとスズメさんが同じように見えてい増します。

ジャランこ 様
狭山湖の大砲レンズの砲列、
皆さん鳥撮りのカメラマンさんたちです。
当地では自分もその中の一人です(笑)
重い諸道具を担ぎ列に加わり鳥を待つ。。。
でも撮れたときの感慨は格別なものがあります。
その逆もかなりありますが。。


セロリさん 様
カヤクグリは地味な野鳥です。
スズメと間違えてもおかしくありませんよ。
見返り美人の瑠璃ちゃんに応援を有難うございます。

こんにちは。

今日も寒い大阪です。

インフルエンザが流行っているようですので、

お気を付けくださいね。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しいルリビタキと、初めてのカヤクグリ:

« パンダ鴨 ミコアイサ | トップページ | JRさわやかウォーキング・磐田 »