2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 東海道五十三次どまん中 ふくろいウォーク | トップページ | 晩秋の京都を訪ねて(1) »

2014年11月21日 (金)

JRさわやかウォーキング 金谷

11月16日(日)
今週も、先週に続いて土日連続ウォークイベントへの参加です。コースは金谷駅をスタートし、旧東海道、「間の宿菊川」を経て金谷駅に戻る約9.5km。

金谷駅をスタートし、従来の道とは異なる急坂道を上り、牧之原台地へ。

Dc111601

Dc111602


息を切らせながらやっと上り詰めた牧之原台地ですが、残念ながら晴れていれば見える筈の富士山も雲に隠れて全く見えず。そして暗い山道を一旦下ります。

Dc111603
菊神農村公園で小休止後、再び坂道を上り「松島観音」へ、漸く登りつめた地点から再度下って旧東海道「間の宿菊川」へ到着。隣が菊川市ですが此処は島田市菊川とチョッとややこしい地名です。
間の宿とは、旧街道の宿場と宿場の間に存在する宿場で、宿泊は禁止されているが休憩専用の宿場とされていた所です。此処のさんぽ茶屋で早めの昼食とし、家内は即売場で地元の特産品等あれこれと購入。

この日三度目の上り坂は旧東海道菊川坂です。石畳の続く坂道を上り、諏訪原城址へ。こちらでは地元ボランティアガイドさんの説明を聞きながら武田・今川・徳川の戦国期の攻防の説明を聞きました。
城内は過去に訪れた頃よりかなりキレイに整備されており、現在城門の復元工事が行われています。

Dc111605


Dc111606

そしてこの日最後の坂道は、石畳の金谷坂の下りです。

Dc111607


コースは9.5kmですが平坦な道は全体の一割位、あとは全て上り下りの連続の坂道ばかり。昨日の「ふくろいウォーク」の疲れは残っていないと思っていましたが後期高齢者の自分には些か疲れました。

ゴール後、本日の参加者は若干少ないのではと思いつつJR担当者に尋ねたところ、通常の半数ぐらいの820人との事でした。皆さん、坂道ばかりのコースは敬遠されたのかもしれません。

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -629-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 東海道五十三次どまん中 ふくろいウォーク | トップページ | 晩秋の京都を訪ねて(1) »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

二日間連続のウォーキング、お疲れ様でした。
時々茶畑の風景をUPして下さいますが、ご当地ならではですね~。
そんな景色を見ながらのウォーキング、本当に憧れます。
UPDOWNがコースの大半を占め大変だったようですが、
旧東海道の道のりは風情があっていいですね。
石畳、風情はありますが、歩きにくいのでしょうか?

walkerZ 様
前週に引き続いての二日連続ウォークでしたが、今回は坂道ばかりなので疲れました。
距離は短くても連続歩きが出来るようになっただけでも嬉しいことです。
また痛めてもいけないので無理をしなおように楽しむことを心がけて歩きたいと思っています。
茶畑の中のウォーキングは、本当に素晴らしく自分の最も好きな環境です。
石畳、歩き難いです、下り坂では特に。雨上がりなどで濡れている場合はすべり易く、苔むしているところは特別です。
昔の人が掃いていた「わらじ」の方が歩き易いのでは?と以前聴いたことがありますが。。

おはようございます。

今回のウオーキングはアップダウンのきつい
コースだそうでお疲れでしょう。
でも連続してよくこのウオーキングに参加
することに、敬意を表したいと思います。

諏訪原城址の本丸跡から見た街の風景、とても
良いですね。

こんにちは♪
昔の人はこの様な所を往来していたんですね。
坂道を上ったり下ったりで足腰が鍛えれれそう…
箱根にも旧東海道があって、同じような感じの道です。
私は一応は足には自信がありますが、
この様な所はキツイかも知れませんね…^_^;

応援P☆

金谷と云えば先日、TVで「最初の蒸気機関車復活場所です」との放送を興味深く見ました。
このあたりですね。(笑)

ダウンヒルの多いイベントにも完歩できる力はさすがです。
旧街道や城跡など歴史を感じる場所を歩けるのは羨ましいです。
本場茶ところ、景色も最高!
応援ポチリ!

本当にお元気で歩かれているのが羨ましい限りです。☆ 応援ポチリ

金谷の石畳 歩きましたが滑りやすく、思わぬところに力を入れるので
とっても疲れたことを思い出してます。
でも風情はとっても良かった~~です。
バスを利用しての旧東海道巡りでしたが、この様な場所を歩くと
充実感がありましたものsign03

お昼のTVの番組でも「金谷~千頭」の途中下車お茶畑が写ってました。
本日の富士山 fujiすそ野まで雪が積もっているのが見えていたのに
夫のお弁当riceballを作っている間に雲に覆われて写真にとれず残念!

里山コウ 様
二日続きであったこと、この日はアップダウンの続くコースであったこともあり些か疲れました(笑)
かつては此のぐらいは何ともなかったのですが、やはり齢のせいでしょうか。
でも健康で歩けるだけでもありがたいと思っています。
応援を何時も有難うございます。

カシオペア 様
こちらの石畳は丸石を並べたもので、箱根では西坂で一部使われていましたが、箱根の石畳の方が平型が多く歩き易かったように記憶しております。
旧東海道を往復歩いて以来、月日も経過しているので定かではありません。
今では懐かしい思い出となりました。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

舗装された道よりも、石畳の道。。

良いですね。

明日、早朝から所用で遠出します。

今日は駆け足で失礼します♪。

ぽち。

あすか 様
ピンポーン!
「あすか」さんがご覧になったTVと同じ場所、金谷です。
最近の「あすか」さんの復活ウォークには遠く及びませんが、何とか二日連続でも歩けるようになりました。
明日も地域の街道、「姫街道ウォーク」に参加してきます。
もしかして梶本晃司さんも参加されるかもかもしれないとの情報もあり、楽しみにしているのですが。
応援を何時も有難うございます。

セロリさん 様
金谷の石畳、箱根と違い丸石なので滑り易いと皆さん仰いますが雨上がりの後など本当に歩き難いです。特に下り坂がね~・・・
昔の人が履いていた草鞋の方が石畳には歩き易いのではと、いつか講演で聴いたことがあります。
今朝はこちらからでも美しい富士山がはっきりと見えましたよ。
富士山が見えると何か得をしたような気分になるのは皆さん同じかもしれませんね。

あとり 様
石畳、現代人にとっては歩き難い道でした。
でも昔を今に伝える貴重な遺産です。
大切に保存しなくては・・・
応援を何時も有難うございます。

country walkerさんの、体力を
すこし、私に、分けていただきたいです。
二日連続で、アップダウンのあるコースを
歩かれるとは、素晴らしい!
私は、飛鳥山で、疲れています。。。

牧の原台地に見えるのは
お茶畑ですね。
一面の緑が、美しいです^^

k-24 様
私の脚力なんてたいしたことは全くありません。
かつてはも少し体力・気力がありましたが。。
気力だけは未だ衰えていないと自負しておりますが気力だけではね~(笑)
お茶畑を歩くのは自分でも最も好きな瞬間です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/58006462

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング 金谷:

« 東海道五十三次どまん中 ふくろいウォーク | トップページ | 晩秋の京都を訪ねて(1) »