2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« JRさわやかウォーキング  浜松 | トップページ | 初見のおしどりとマミチャジナイ »

2014年10月29日 (水)

むらすずめ

10月も後2日。今まで黄金色に輝いていた田んぼの稲刈りも殆ど終わり、田園地帯の風景も随分と変わってきた。その中で未だ稲刈り前の田んぼがあり、ビックリするほど多くの雀たちが群がっていた。その数は到底数え切れないほどです、車で「そおーっと」近付き車内からパチリ。

稲の種類は分りませんが遅い時期に収穫するお米なのかもしれません。周囲が全て稲刈り済みなので特に目立ちます、これほど多くの雀たちに狙われ収穫への影響はないのでしょうか・・・シロートながら心配になりました。

Dc102301
Dc102302
Dc102303

「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -617-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« JRさわやかウォーキング  浜松 | トップページ | 初見のおしどりとマミチャジナイ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

見慣れたスズメも、country walkerさんが撮影すると、
芸術的な写真になりますね~。
本当に沢山の雀がいるんですね。
「そおーっと」近づいた様子が伝わってくるようです。

おはようございます♪
スズメ達、食欲が旺盛ですね。
普段はじっくり見る事が少ないスズメですが、
この様に見ると可愛いものですね~(^^)
我が家は最近はスズメが来なくなってしまって…
カラスがいけないいですよね…(-"-)

応援P☆

おはようございます。
田圃のスズメを見るたびに思うのですが、どのくらいの稲穂の実を食べてるのか???
中には、コメを食べるのは案外少なくて、稲穂の間にいる虫を食べてるので害鳥ではなく益鳥だと言う人もいます。
一度じっくり観察してみたいですね。

↓の、JRウォーキング、すごい参加者ですね。
これだけ参加人数が多いと、さすがにJRもホクホクでしょう。
JRが主催する訳が分かりましたよ。

昨日も近場の駅ハイに参加して来ました。

私の部屋から見える隣の柿の木にもスズメが沢山来ますが、
モズが来て「ギーギーッ」って鳴くとスズメたちは一斉に逃げ出します。
冬に備え、蓄えるのでしょうか。

最近街なかのスズメが減っているとよく聞きますが、ちょっと河原に出れば結構いますよね。
わたしは窓辺にお米を置いて彼、彼女らが来るのを楽しみにしています。
麦の混じったお米を置くと、麦は残して白い米だけ食べていくのです。贅沢なスズメですね。
で、最近は玄米でやることにしています。
一番身近な鳥、かわいいですね。

walkerZ 様
最近、ツバメと共に減ってきたとも言われるスズメですが、
当地方は田舎。雀たちは沢山居ますよ。
それでも野生の鳥なので逃げられないように「そおーっと」近づいたつもりでしたが最後には逃げられてしまいました。

こんにちは。

うちの餌場もこんな感じです。

ベランダに出ても逃げない雀多数。。

でもチュンは、特別です。

まとわりついてくるので。。踏まないようきをつけないと^^;。

ぽち。

カシオペア 様
地方によっては減ったと伝えられるスズメですが
やっぱり人間の住む住宅模様が替わりツバメ同様、巣が作りにくくなっているのかもしれません。
それでもカラスやハト、ムクドリたちは繁殖して居ます。
環境への適応性が優れているのかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
スズメは害鳥か益鳥か・・・随分昔から言われておりますが
稲穂が米に変わるのは短期間でそれまでは実の無い状態です。
この間に害虫を随分捕食してくれていますよね。

高齢者社会となって健康志向からウォーキングイベントへの参加者はうなぎのぼり。
JRも好いところへ目をつけ、益々繁盛。。でしょうか。

あすか 様
今日も全国的に晴天とか。
好いウォーキングを楽しまれたことと思います。

モズは小さくても猛禽です、スズメの幼鳥など襲うこともあると聞きます。
それでモズが近付けばスズメたちは逃げてしまうのかもしれませんね。

tidori 様
仰るとおり全国的には減少傾向にあるといわれるスズメ。
自分たちの身近な野鳥として昔から親しまれています。
最近の雀たちはお米を食べても麦は食べない・・・贅沢なスズメちゃんですね。
玄米で与えればヘルシーですよね。
僻地などで、人が居なくなった村では雀たちも居なくなってしまうとか。。
カワイイ雀たちが何時までも自分たちの周囲に居てくれることが自分たちにとっても何よりのことだと思います。

あとり 様
「あとり邸」のベランダ、さぞかし賑やかなことでしょうね。
まとわりついて来るようになれば、可愛さも格別でしょう。
可愛いでしょうね~ スズメちゃんたちが。。
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。

周りの稲が刈り取られて、残っている稲に
集中する雀さんたち。
雀さん達も食料が減っていく中で、必死に
食べ物を探す姿ですね。

里山コウ 様
>食料が減っていく中で、必死に食べ物を探す姿・・・まさにそのとおりですですね。
自然界で生きていく為にはどうしても仕方が無いことかもしれません。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。

このところ。。雀たちがふくよかになってきましたね。

今、チュン以外のこたちには10時、午後2時、4時40分に生米(古米(もち米)を譲ってくれる方があるんです)を

二つかみずつあげているのですが。。

日が短くなってきたので。。時間を替えないといけない気がします。

チュンは午後はほぼベランダにいついているので。。その都度、ほしそうにしているとちょろちょろあげます(チュンは新米♪うちのこだから。。)

バランスが難しいですね。

土日は餌場もお休みにしていますが(チュンは別)。。そのあたり体内時計で、わかっているみたいだから、

雀ってすごいですね。

ぽち・

おばんです!

本日 JR駅ハイで皇居東御苑を歩いたのですが、三の丸尚蔵館側の
売店で小休憩をしていた時、スズメが側に寄ってきて逃げないのには
ビックリしました。「観光客のおこぼれ」を餌にしているようです。
(とっても人馴れしているんですよ。)

我が家のベランダの「鉢植え金のなる木」に毎朝スズメが
遊びに来ています。ガラス越しに眺めていますが、同じスズメなのかな~!

あとり様
雀ちゃん、なかなか賢そうですね。
生きていく為の知恵なのでしょうか。
チュン君とその他大勢の雀くんたち、あとりさんのご馳走をあてにしているみたいですね。
新米と古米とを使い分けて毎日ご苦労様です。愛鳥家の端くれとしても嬉しい限りです。
応援を何時も有難うございます。

セロリさん 様
都会のスズメ。
人馴れして鳩みたいだと、そんな時事を呼んだことがあります。
同じスズメでも環境により随分と変わってくるのでしょうか。
これも生きていく上の手段なのかもしれませんね。

こんばんは。
お米に群がるスズメたち綺麗に撮られていますね!
1枚目の飛んでいる子が可愛いです♪
身近にいるスズメですが、なかなか上手く撮れません。

ゆきりん 様
コメントを有難うございます。
何時もフィールドで、そして野鳥の名前等々教えていただき本当に有難うございます。
何時までも稲刈りの終わらない田んぼの横を通りかかった時、あまりの雀に思わず車を止めてシャッターを押しました。
これからも宜しくご指導のほどお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むらすずめ:

« JRさわやかウォーキング  浜松 | トップページ | 初見のおしどりとマミチャジナイ »