2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング クロハラアジサシ | トップページ | バードウォッチング 猛禽 »

2014年10月23日 (木)

バードウォッチング ツバメ

春の訪れと共に飛来し、子育てが終わり また南の国へと帰って行くツバメ。今回もノビタキ、クロハラアジサシと同じ場所での撮影です。

ツバメの種類も多くあるようですが、鳥撮り経験の浅い自分には未知の分野です。遠くまで出掛けなくともフツウに見られる野鳥ですが、とにかく動きがあまりにも早く、手が出せなかったことも事実です。

下の3枚は通常のツバメとは若干違うような感じです。図鑑で調べたところ長い尾羽と羽根の色からコシアカツバメ?ではないかと思うのですが定かではありません。
鳥博士の皆様に教えていただければ幸いです。

Dc101802
Dc101806
Dc101808
下のツバメは、フツウ一般に見られるツバメのように思うのですが・・・
※一番下の写真、「ソングバード」様から胸の付近に縦斑が見られるのでコシアカツバメではないか?とのコメントを頂きました。元の写真を拡大し、確認いたしましたが胸の縦斑がハッキリと見られましたのでコシアカツバメと訂正いたします。

 

Dc101811
Dc101812
Dc101813
今回は飛翔中のツバメに挑戦、動きがとにかく早い上に突如方向や角度を変えて飛ぶ為、撮影には大苦戦。ピンボケ写真の連発でしたが何とか撮れたものをUPしました。.
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -614-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング クロハラアジサシ | トップページ | バードウォッチング 猛禽 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

都心ではツバメ・ヒバリなど季節感のある鳥たちは
まったく観られなくなりました。
今の小学生たちは本などから学ぶのでしょうか

子供が小さいころ作って飛ばした「ツバメ凧」を想い出しました。
応援ポチリ!

あれ?ツバメ?ちょっと太っちょさんな感じがしますね。
でも、尾っぽを見ると、確かにツバメですね。
おっしゃるとおり、ツバメって、動きが早いですよね。
よく、飛んでいるところとれましたね。
真っ青な空にツバメの飛行、いい写真です。

おはようございます。
ご推察の通り、コシアカツバメのようですね。
関東以南で繁殖するようですが、こちらでは見たことが無いです。

気になるのは最後の写真、一瞬イワツバメか?と思ったのですが、燕尾が長いので、やっぱりコシアカツバメ???
拡大して、胸の部分を焼きこんでみると、特徴の縦班が見えますね。
(最近、早とちりで、間違える事が多いので、間違ってたらごめんなさい。)

あすか 様
都会ではヒバリやツバメすら見られなくなったのですね。
こちらでもツバメが減ったことは度々耳にします。
原因としては、今までは家の軒先などで巣を作っていたものが
軒の無い現代風の建物が増え、巣を作り難くなってきたのが原因ではないかとの説が有力です。
でもヒバリは健在です。
応援を何時も有難うございます。

walkerZ  様
太っちょツバメ、実は写真を撮った後、自分でもそう思いました(笑)
偶々撮れたツバメがメタボだったのか、南の国へ帰る前に体力をつけるために太ったのか・・・(これは自分の想像です)
太っちょでも動きは早く写すには苦戦しました。

おはようございます。

ツバメが青空の中を飛んでいる姿、素晴らしい
写真だと思います。
コシアカツバメというのは初めて聞きましたが、
腰の部分が茶色くなっているんですね。
とてもす清々しい写真を見せていただきありがとうございます。

ソングバード 様
そちらにはコシアカツバメは居ないのですね。
早々に調べていただき有難うございます。
ご指摘のあった一番最後のツバメ、手元にある元の写真を拡大してみたところ
胸の部分には確かに縦じまがはっきりと確認できました。
仰るとおりコシアカツバメの様ですね。
流石は鳥博士さん、観察力が凄いです。
この旨、本文にも書き加えたいと思います。
何時も本当に有難うございます。

里山コウ 様
コシアカツバメ、コメントを戴いた「ソングバード」さんの話では関東地方では見られないとの事です。
図鑑では腰の部分がもう少し赤く鮮明になっていますが、写真の固体は茶色に見えますね。
応援を何時も有難うございます。

うわ~~~、カッコ良いですねえ。
子育てに専念しているツバメはたくさん見ますが、
こんなに空の下を飛んでいるツバメはなかなか見られません。
翼の閉じ具合がカッコイイですよねえ。
それをしっかり捉えているcountry walkerさんもカッコ良いですね。

どの角度からも素早い動きが感じられますね。
相変わらず鳥さんたちを見ても、どれがどれだか・・・
の状態なのですが^^;
ツバメも種類があるのですね。
1枚目、まるで戦闘機のようでカッコいい!
惚れました^^ 応援ポチ☆

こんにちは♪
どの作品もジャスピンでお見事です~(^_-)-☆
こちらでは最近はツバメの姿を見る事が少なくなりました。
カラスが増えすぎたからかも知れませんね。

応援P☆

mikiko 様
コメントを有難うございます。
撮影場所は海に近い畑の中でしたが、近くにねぐらがあるのでしょうか沢山のツ
バメたちが飛翔していました。
このツバメたちももう直ぐ南の国へと旅立つことでしょう、代わりに冬鳥たちが
やってきます。
市内の池にも冬の使者、コハクチョウが飛来してきたと新聞に掲載されておりま
した。
今日は雨、雨が上がったならば見に行ってきます。

完璧でシャープな撮影に万歳!です。お見事!お見事!です。

舞 様
鳥の種類は多い上、ツバメは動きが早いので敬遠しておりましたが
沢山のツバメが飛び交うのを見て挑戦してみました。
「舞」さんの前ボケを上手く取り入れたシヨットには遠く及びませんが
褒めていただき感謝・感謝です。
応援を何時も有難うございます。

カシオペア 様
関東でもツバメが減少しているのですね。
当地方でも同様なのは、やはり住宅の建築方式が変わってきたのがその原因かもしれませんね。
天敵カラスの影響も無視できないかも。。
応援を何時も有難うございます。

kumasan 様
何時も超過分なコメントを有難うございます。
自分のウデでは到底無理と諦めていたツバメの撮影です。
やはり今のカメラは凄いですね、合焦さえすればかなりカメラが追従してくれます。
カメラとレンズのお陰ですよ。

こんにちは。

かわいいですね。

今日のショットも素敵です。

大阪ではコシアカの方が多いかも。。

でももうわたってしまいました^^;。

ぽち。

あとり 様
関東にはあまり居ないコシアカ、
大阪では多いのですね。
こちらでも間もなく渡りが始まります。
応援を何時も有難うございます。

いつも拝見させていただいています。
飛翔中のコシアカツバメの目が、こんなにはっきりと見られたのは初めてです。
餌を探す真剣な目がとても魅力的です。

先日はショウドウツバメに混じって飛ぶコシアカツバメに会いましたよ。
京都でも最近は少なくなっていますね。

tidori 様
コメントを有難うございます。
そして拙いブログを何時もご覧いただいて有難うございます。
コシアカツバメ、関東には少なく主に本州中部以西で見られるとの事です
が、京都でも少なくなっているようですね。
今、「tidori」様のブログを拝見、京都の四季をさりげなく紹介しておられるステキなブログと思いました。
これを機会に「あれこれ散歩道」にお邪魔したいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

こんにちは。

燕ちゃん。。ふっくらしていてかわいいですよね。

渡り。。無事済ませて。また帰ってきてくれるのが楽しみですね。

ぽち。

あとり 様
チョッピリメタボ気味のツバメちゃん。
シッカリ食べ、体力をつけてまた来年
元気な姿を見せて欲しいものです。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング ツバメ:

« バードウォッチング クロハラアジサシ | トップページ | バードウォッチング 猛禽 »