2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 伊豆の旅-3 | トップページ | 美しいキビタキ(2) »

2014年8月29日 (金)

美しいキビタキ

渡り鳥来たるの情報をいただき早速近くの公園へ行ってきた。秋の渡りの先陣でしょうかイエローと薄いオレンジ模様のキビタキとエゾムシクイ?等をパチリと。

Dc082511
Dc082512
Dc082510
シジュウカラやメジロの混群の中に居たセンダイムシクイに似た小鳥(下2枚目)、頭上に淡い線が無いのでエゾムシクイ? でしょうか(探鳥暦の浅い自分です、間違ってたなら教えていただければ幸いです。
※野鳥に詳しいソングバード様からハッキリしないがメボソムシクイかもしれないとのコメントを頂きましたのでメボソムシクイに訂正いたします。Dc082603
Dc082513
足元近くでなにやら枯葉がゴソゴソ、何かと見れば何とモグラのお出ましです。
土中からモゾモゾと這い出したモグラちゃん、公園舗装道路の上をモグラなりに急いで動いています。
急いでいても小鳥に比べれば随分ゆっくりとした動きなのですが、咄嗟の事と近すぎたこともあってカメラの焦点スイッチを切り替えたり、すっかり慌ててしまいピンボケの連続です。

Dc082703
美しいキビタキを写したり、モグラのハプニングもありましたが、これからは公園でも鳥たちの姿を見ることが出来るかもしれません(8月23日)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -583-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 伊豆の旅-3 | トップページ | 美しいキビタキ(2) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

モグラを実際に見たのは初めてです。
ちっちゃくって、かわいいいですね。
鳥のことはあまり承知していないのですが、
今回の鳥たちをみかけるとそろそろ沢山鳥が公園に集まってくる季節なのですか。
今日から急に涼しくなったので、秋の気配を感じます。
1枚目の写真は、ちょうどいい具合のところにとまりましたね。
相当待ったのでしょうか。

アニメではよく、土中をもぐもぐ進む剽軽なモグラの主人公を見ますが
本物は初めてです。
country walkerさんのブログは、いつも私の「はじめて」の素!

エゾムシクイ?が本物なら、やはり「蝦夷」北海道由来でしょうか。
親近感が湧きます。
でも、その身体の鮮やかな山吹色は森の中で派手ですね。
何を保護色にして寄り添うのでしょう。

地球温暖化
気温が上がり植物や虫たちの活動範囲も変わり
それを媒体にして人間にもじわじわと自然の脅威が。
今まさにそんな話題の中、変わらないあどけない小鳥たちの姿に
ほっとさせられますね。

エゾクイムシ。。。私も直ぐkeikoさんの仰る北海道出身の鳥?
と感じましたが・・・

モグラ君猛暑もそろそろかな?何て地上へ!(笑)

応援ポチッ!

おはようございます。

黄色いお腹に黒い羽の一部分に白い模様。
確かにはっきりした色の綺麗な小鳥さんです。

モグラさん、どうしたのでしょう、太陽にあたっても
大丈夫なのでしょうか、間違って出てきて
しまったのでしょうね。
応援ポチ

凛とした美しさの際立つ「キビタキ」さんですね!
これから気候も良くなり、小鳥さんたちの出番も多くなり
country walkerさんの楽しみも増えますね。

私ももちろん応援 ☆ ポチリを・・!

walkerZ 様
田舎なのでイタチは時々見かけますがモグラは里山で1度、今度で2度目です。
ふわふわとした毛並みは手で持ってみたくなる衝動に駆られます。
朝夕が涼しくなり、これからが夏鳥たちが南へと渡って行くのですが、市街地にある公園で渡る前の小休憩でしょうか集まってきます。
このときも朝は2時間近く待ちましたが、その後は頻繁に現れてくれました。

keiko 様
モグラを見たのは今年2度目。
モグラの通った跡らしきものを時々見かけることはありますが、それでも姿を見せるのは稀です。
この日はもう一匹居たらしく直ぐ近くの地表が動いていました、ペアだったのかもしれませんね。
エゾムシクイ(この鳥が仮にエゾムシクイとして)、図鑑によれば「名前に蝦夷が付くが夏季ロシア東部から北海道・本州に繁殖の為に多く飛来する」とありました。
夏鳥なのでこれから暖かい南の国へと旅立つのかもしれません、夏鳥たちが旅立った後には冬鳥たちが飛来し、この公園に立ち寄ってくれる場合があり暫くの間、公園で楽しめそうです。

あすか 様
エゾクイムシ、皆さん思うことはよく似ているようですね。
私も頭に蝦夷が付くので北海道の鳥かな? なんて思ってしまいましたが
夏季、本州にも多く飛来するようです。
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
モグラは太陽が嫌いなはず、でも今年地表に出てきたところを見るのは2度目。
偶には新鮮な外気を吸いたくなるのかな(笑)
応援を何時も有難うございます。

セロリさん 様
これからは渡り鳥たちの移動の季節。
夏鳥たちが南へと渡り、北からは冬鳥たちがやってきます。
暫くの間、野鳥探索が楽しめそうです。
応援を何時も有難うございます。

季節ですねぇ~
キビタキは、北海道では夏鳥、「最近見かけないなぁ」と思っていたら、もうそちらへ行ってしまっていたんですね(^_^;)

鳥見人 様
キビタキは今夏、当地方の里山でも偶に見かけることもありましたが数は少なかったです。
暑い真夏は平野部を避けて涼しい地方へ行っていたのかもしれませんね。
渡り鳥、行動範囲が広いので神秘的でさえあります。

こんにちは。

キビタキもかわいいですね。

緑地公園で去年はよく見かけたのですが。。

おっしゃっているように。。猛暑のせいでしょうか。

今年の夏は出会えませんでした。

ぽち。

こんばんは。
もう現われましたか。早いですね。
今日久しぶりに、MFの公園に行ってみましたが、鳥の姿も気配もなし!!
あと1か月くらいかかりそうです。
ムシクイの仲間は難しいですね。
お腹が、少し黄色味がかかってるでしょうか。メボソムシクイかもしれません。
(エゾムシクイはもう少し白っぽいかも???)
もちろん、メボソムシクイも頭央線はありません。
間違ってたらごめんなさい。

あとり様
当地の里山でも今夏はあまり見ることが出来ませんでした。
やはり気候のせいかもしれませんね。
野鳥の生態、本当に難しいです。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
今、手元の図鑑を見てみましたがメボソムシクイにも似ていますね。
先日はシギで間違え今度はムシクイです。
同じ固体でも、個体差もある上、写真の場合光線の具合により色も微妙に変わるので本当に難しいですね。
他の方からのコメントをもう少し待って本文を訂正しようと思っております。

こんばんは!
さて、遠江のキビタキは何処に渡るのでしょうね。
南でしょうか?
何となく南アルプスへ帰るのかと思ってましたが・・・。
やっぱり、南の国なんでしょうね。
小さな躰で、渡って行くのか・・・。
我が家の庭に来てくれれば、越冬用の巣箱ぐらいすぐに準備してやるのに・・・。
命がけで渡りを繰り返す。
鳥って、本当に逞しいですね。

こんばんは^^

キビタキさんの、羽の色は、美しいですね。
たくさんの、種類の鳥から
名前を、判断するのは、大変ですね。

モグラさんは、こんな姿を、してるんですね。
初めて、見ました。

FUJIKAZE 様
コメントを有難うございます。
夏鳥たちの渡っていく先、自分も分かりませんが一般的には南の方へ渡っていくと言われておりますよね。
仰るように、あの小さな体で遥々海を越えて、1年に一度往復するなんて・・・・
凄いを超えてやっぱり逞しいの一語です。
そう思うと野鳥がますます愛しく可愛くてなりませんね。

k-24 様
キビタキも野鳥愛好家に人気の美しい鳥です。
この鳥のようにハッキリしたものは見分けがつきますが(この鳥でもメスは他の鳥と似ていて見分けがつき難いですが)探鳥暦の浅い自分には未だ未だ区別の付かない鳥たちがいっぱいです。
モグラはあまり地表には出ないものですが、この日は皆さんが多く居る前に姿を見せてくれました。

こんにちは。

旅行中なので、駆け足で失礼します。

ぽち。

あとり 様
旅行中にお立ち寄り下さった上、応援まで有難うjございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しいキビタキ:

« 伊豆の旅-3 | トップページ | 美しいキビタキ(2) »