2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« サギ草が咲いた | トップページ | 鷺草、蕾から開花まで »

2014年8月 1日 (金)

ヒマワリ

サンコウチョウの雛たちも巣立ち、森は静かになってしまった、鳥枯れの時期です。
少し離れたところのヒマワリ畑に野鳥が飛来しているらしいとの話しを聞いたことを思い出し行ってみる事に。

広大な休耕田を利用して春は菜の花、この時期のヒマワリ、これからはコスモスと様々な花が楽しめ、どの時季でも花の持ち帰りが自由なので人気のところでもあります。

Dc072601
Dc072604
Dc072603
ヒマワリ畑には顔見知りのカメラマン氏がひとり、「居ませんね~」。自分も1時間ほど待ってみたが、現れたのは鳩が2羽のみでした。
それでも青い空と風があり、風にそよぐ花びらを鳥用のレンズでパチリ。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -569-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« サギ草が咲いた | トップページ | 鷺草、蕾から開花まで »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんなステキなひまわり畑を訪問されたのに・・・
目的は野鳥なんですね(笑)。
野鳥は見当たらなかったようですが、夏らしい写真がとれましたね。
ひまわりは摘み取り自由なんですか?
どれだけ沢山の花がさいているのか興味深いですね。

おはようございます。
ヒマワリは、やっぱり夏の代表選手ですね。
長玉で撮るヒマワリもいいですね、私も鳥待ちついでに撮ることがありますが、鳥はなかなか出てくれませんね。(笑)


ひまわりには太陽がお似合い
青い空もお似合い
涙より笑顔がお似合い

ひまわりにお似合いの野鳥は何でしょう?
鳥たちにとって
ひまわりの「魅力」は何なのでしょうか?

ひまわりの
謎と不思議

country walkerさんが撮ると
ひまわりに風を感じますね~

ヒマワリの花の近くに野鳥・・・撮影できたら楽しみですね。

北海道では広大なひまわり畑があったり、ひまわりで作った迷路・・・など、8月に入るとひまわりをモチーフにしたイベントが行われます。
我が家でもお盆の時期に名寄に墓参りに行きますが、墓参りの帰りに必ず広大なひまわり畑に立ち寄って写真を撮っています。農耕用のひまわりなので、毎年畑咲いている場所が変わります。
「今年は咲いているかなぁ。大きいかなぁ。」と今から心待ちです。
7月に洞爺湖温泉の近くでひまわり畑を見たのが驚きでした。(洞爺湖を背景に撮影したひまわり、なかなかのものでした。)

猛暑続きの中でひときわ目立つのが「ひまわり」ですね(笑)
鮮やかな黄色が目に浸みます。
今は品種改良で差ほど大きなものはなくなりましたが以前は両手で支えるほどの大きなひまわりでしたね。

walkerZ 様
ハイ、野鳥目当てでした(笑)
ヒマワリ畑に来ると言われている鳥はノビタキと言う小鳥です。
此の時季は顔の周囲が真っ黒な夏羽で所謂「ガングロ」で実にキレイなのです、でも現れませんでした。
此処の畑は休耕田を利用したもので菜の花、ヒマワリ、コスモス共に何時でも持ち帰りが自由なのです。
面積(2万3千平方メートル)が広いからなのかもしれません。

ソングバード 様
夏羽のノビタキが出たらしいとの噂話しを聞いて行って見ましたが何も現れませんでした。
平地なので時期的にも早すぎるのではないかなとも思いましたが。
でもヒマワリがキレイでしたよ。

keiko 様
梅に鶯ほどではありませんが、花と小鳥は絵になりますね。
昨年も別のヒマワリ畑にノビタキと呼ばれる小鳥が来て自分も数回出かけました。
ヒマワリの花の上に留まる姿が実に可愛かったですよ。
この日は風が強く、花が揺れるので、シャッタースピードを上げて撮りましたが、一番下の写真、もう少しシャッタースピードを落として花びらが微かにブレてくれた方が好かったかもしれませんね。

のりちゃん 様
昔のヒマワリは背が高く咲くのは夏休み頃と決まっていましたが、最近では背丈の低いものや花の色も様々です。
そして種まきの時季も様々で、6月に咲いているところ、10月位に咲くところ、これまた様々ですね。コスモスや菜の花も同様です。
季節感がなくなった感じもありますが、何時でも何処かで楽しめるメリットもあります。
名寄のお墓参り、その帰りが楽しみですね。

あすか 様
暑いときの代表的な花ヒマワリ。
仰るとおり、最近では背丈の低いものや花の色も様々です。
腕ほどある太い茎と背より高く、昔の洗面器ほどある大きな花は最近は見かけなくなりましたね。

こんにちは。

ひまわり素敵ですね。

大好きなお花なんです。。

ぽち。

あとり 様
ヒマワリ、まさに夏をイメージする美しい花ですね。
この日は風が強く、花が揺れて撮り難かったのですが花びらに変化が出てくれました。
応援を何時も有難うございます。

素敵ですね~
私も近所のひまわりを毎年見に行きます。
ひまわりをみると元気になりますね。
それにしてもカメラマンの腕が良いと
こんなにも素敵に写るんですね。
うらやましい。

おお、夏~~ですね。
なんだか、カッコいいです。

「鳥枯れ」なるほど、そう言う時季があるのですね。
あんなに鳴いていたウグイスにホトトギス、ヤマバトやムクドリなど、どこへ行ってしまったんでしょう。
それとも、蝉の声がうるさくて聞こえないのかしら・・・。

こんばんは^^

鳥用の、望遠レンズで
ひまわりを、撮られたのですね

ひまわりの花びらが、繊細で、優しく
背景も、すごくきれいで、感動しました
ひまわりの、笑顔が見られて、元気を
もらいました^^

ジャランこ 様
期待して行った野鳥は居なかったけど
青空の下、美しいヒマワリ畑を見ることが出来ました。
鳥撮影用の長いレンズなのであまり近くのものは撮ることが出来ませんが
すこし離れたところから写しました。
超望遠レンズはピントが合ったところ意外はきれいにボケてくれます。

Mikiko 様
「お帰りなさい」、LAから帰国されたのですね。
息子さんとのLA旅行は如何でしたか、好い思い出がいっぱいの楽しい旅行となられたことでしょう。

山はまさに鳥枯れの夏、今年生まれた雛鳥たちも居ますがやはり静かです。
何処へ行ってしまったのかな・・・暑くなってきたのでさらに深い山にでも行ってしまったのかもしれませんね。

K-24 様
長くて重い超望遠レンズ。
鳥以外に利用することはありませんがヒマワリを撮ってみました。
撮影距離範囲を「短」に切り替えても3.5mからとなっており、3.5m以内に近づくことは出来ませんが被写界深度が浅いので周囲はかなりボケてくれます。

こんにちは。

今日は雨模様の大阪でしたが。。

蒸し暑かったです。

まだまだこの暑さは続きますね。

ぽち。

あとり 様
大阪は雨模様の1日でしたか。
当地方は曇りがちで気温も低く、過ごし易い1日でした。
狭いニッポンですが地域差はかなりあるものですね。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/56911392

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマワリ:

« サギ草が咲いた | トップページ | 鷺草、蕾から開花まで »