2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 花火大会 | トップページ | 伊豆の旅-1 »

2014年8月21日 (木)

蛇とヤブサメ

ヤブサメといってもあの勇壮な流鏑馬のことではありません。
体が小さくて動きの早い野鳥のヤブサメです、まるで虫のような小さな鳴き声を聞いたり姿はチラリと見ても今期は未だ撮った事がないのです。
先日、藪の中から出てきたところを発見し急いでパチリ。顔はウグイスに似ていますがスズメより一回り小さな固体は枯葉に同化して分かり難いですね、「ウォーリーを探せ」の絵の様です。

Dc080801
Dc080803


一般的な野鳥のように枝などに留まってくれたなら少しは写すチャンスもあるのですが、枝に留まる事はなく、しかも薄暗い枯葉の上を片時も停止することなく動き回るので実に撮り難く、鳥撮りの未熟な自分にはかなりの強敵です。。
写真では明るく見えますが実際はかなり暗い場所です。シャッタースピードは、ISO感度を8.000まで上げても1/60~1/80と、ブレブレ写真の連発でしたが撮った後で見て驚いた。スズメより小さなヤブサメの横にはシマシマ模様の蛇の姿が・・・矢印の先がヤブサメです、下の2枚の写真を見てもヘビには気付いており充分意識している事がわかりますね。

Dc080802
Dc080805
Dc080804
上の写真、ヘビは右側へと動いております。ヤブサメはヘビに気付いているようですが、天敵ヘビが近くに居ても平気です。ヘビは未だ小さいこともあって最後はお互いに我れ関せずの体でした。

日中はかなり暑い日が続いていますが、森の中はかなり涼しく、熱いと感じることはありません。物悲しさや涼感を感じさせて美しい声で鳴くセミ、「ひぐらし」の合唱も聞かれるようになりました、山では「秋近し」でしょうか。。。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -579-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 花火大会 | トップページ | 伊豆の旅-1 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ヤブサメが、「ウォーリーを探せ」の絵の様とのことで、
早速、写真を拝見。
確かに、1・2枚目は余裕でわかるよ~、でしたが、
3枚目以降は、矢印がないと見逃しそうでした。
タイトルに「蛇」の文字があったので、探してみると・・・
シマシマのヒモ状のものですね。
戦闘が繰り広げられなくて良かったですね。

まったく保護色で・・・
名前も初めて聞きました。

蛇・・・鳥肌が出ました。(笑)

walkerZ 様
正直なところ写真を撮り終えるまでヘビちゃんには気がつきませんでした。
同じ場所で撮影していた他の2人のカメラマン氏たちも皆同じで、「このシマシマ模様は何?だろう」でした。
連写した写真の中にヘビちゃんの頭や目がハッキリ写っているものもあって漸く気がついた次第です。
そうですね、こんな可愛い野鳥とヘビの戦闘など真っ平ですね。

あすか 様
ヤブサメ自体が保護色の上、写真がピンボケなので余計に分り難いと思います。
この暗い場所で野鳥の動きを止めて撮るにはニコンならば「D4」、キヤノンならば「1DX」を、レンズもF2.8ぐらい明るいレンズでなければ無理かな・・・と思いました。

おはようございます。

一枚目の写真を一目見た時、ヤブサメに気が付かず何の写真だろうと
思ってしまいました(笑)。
体は小さいけどなかなか精悍な顔つきの小鳥さんですね。
更に驚いたのは蛇らしきものが写っていて、文章を読んで蛇とわかりました。
怖がらないでじっと見ているんですね。
貴重な写真だと思います。
応援ポチ

里山コウ 様
ファインダーを覗いている時には小鳥にだけ合焦させる事に夢中でヘビには全く気づくことはありませんでした。
小鳥がもう少しハッキリと、ヘビの顔や目も写っていれば更に好かったかもしれませんが、暗い場所でしたので仕方ないと思っています。
応援を何時も有難うjございます。

こんにちは。

ヤブサメくん。。案外気が強いのですね。

オカメなら。。パニックになりますよ^^。

チュン一羽なら平気な仁くんも。。ほかの雀たちが数羽来る時間帯は。。こわがっております^^;。

小柄とはいえ。。雀の倍くらいの大きさなのに。。

ぽち。

あとり 様
図鑑によればスズメより全長が3~4センチも小さいヤブサメ君。
ヘビにも慌てることなくやり過ごした様です。
自然界で生きていく野生の小鳥たちは案外逞しいですね。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは^^

ヤブサメは、周りの色と、同化して
見つけにくい鳥なのに、
country walkerさんは、見事に撮影されて、すごいです。
蛇と、ヤブサメ、写真とわかっていても、
ドキドキしました。

こんな近くに蛇とヤブサメ。
自然の駆け引きはすごいですね。
そんな瞬間をとらえた写真に息をのみました。
撮った後で見て驚いた、ということは撮影の時は
気が付かなかったということですか?
まさに神の力ですね。

おはようございます。
面白い写真が撮れましたね。
チョコマカ動くヤブサメだけでも厄介なのに、近くの蛇まで気づくとは…・
もうベテランの域に達してこられたようですね。
蛇はかなり小型のようですね。

k-24 様
この鳥はスズメより小さくしかも保護色に包まれ、しかも動きが早い。
とにかく難敵と言うか強敵です。
シャッターが遅いためブレておりますが、これは仕方が無いと諦めております。
撮れただけでも良しとしました。

ジャランこ 様
鳥までは少し離れており、ファインダー内の鳥にのみピントを合わせているのでヘビには全く気づくことはありませんでした。
近くに居た2人のカメラマン氏も全く同じでした。
本当はもう少しハッキリ写したかったのですが。。。

ソングバード 様
ヘビは偶然です、暗い沢沿いの藪から出てきたヤブサメを追うだけで精一杯。
この環境でバッチリ写すには1DXにヨンニッパでも付けなければ無理かな?なんて思いました。
ベテランどころか鳥の名前は間違えてばかり、撮るだけに精一杯の駆け出しですよ(笑)
ヘビはかなり小型だと思います。

こんにちは。

チュン君より3センチほども小さいのですね。

何回見てもかわいいですね。

こういうのって癒されます。

ぽち。

あとり 様
小鳥に限らず生き物たちには感心したり、
勇気を貰ったりと癒される事が多いものですね。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛇とヤブサメ:

« 花火大会 | トップページ | 伊豆の旅-1 »