2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

美しいキビタキ(2)

秋の渡りの先陣でしょうか、キビタキやムシクイ等の居た公園へと、この日も足を運んでみた。
前日と同じ固体と思われる美しいキビちゃんは未だ居ました。

Dc082504
Dc082704
Dc082505メジロやシジュウカラに交じって見る事が出来たセンダイやメボソムシクイ等の姿は確認出来ず、早朝ウォーキングで見かけたシギをパチリ。
このシギ、先日クサシギをタカブシギと間違えた同じ休耕田に居たものですが嘴が微妙に反っている感じで二羽同種なのかアオアシシギかな?とも思いましたが定かではありません。
鳥の中でも最も判別が難しいといわれるシギとなれば、到底自分の手には負えるものではありません。何時ものことで申し訳ありませんが鳥博士の皆様、宜しくお願い致します。
(探鳥の超ベテラン「マイ野鳥図鑑」様よりアオアシシギでは・・・とのコメントを頂きました。嬉しい事ですね、皆様方からこうして親切な回答を戴けるとは。。。前回の「ソングバード」様、今回の「マイ野鳥図鑑」様本当に有難うございました)

Dc082702
Dc082601

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -584-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月29日 (金)

美しいキビタキ

渡り鳥来たるの情報をいただき早速近くの公園へ行ってきた。秋の渡りの先陣でしょうかイエローと薄いオレンジ模様のキビタキとエゾムシクイ?等をパチリと。

Dc082511
Dc082512
Dc082510
シジュウカラやメジロの混群の中に居たセンダイムシクイに似た小鳥(下2枚目)、頭上に淡い線が無いのでエゾムシクイ? でしょうか(探鳥暦の浅い自分です、間違ってたなら教えていただければ幸いです。
※野鳥に詳しいソングバード様からハッキリしないがメボソムシクイかもしれないとのコメントを頂きましたのでメボソムシクイに訂正いたします。Dc082603
Dc082513
足元近くでなにやら枯葉がゴソゴソ、何かと見れば何とモグラのお出ましです。
土中からモゾモゾと這い出したモグラちゃん、公園舗装道路の上をモグラなりに急いで動いています。
急いでいても小鳥に比べれば随分ゆっくりとした動きなのですが、咄嗟の事と近すぎたこともあってカメラの焦点スイッチを切り替えたり、すっかり慌ててしまいピンボケの連続です。

Dc082703
美しいキビタキを写したり、モグラのハプニングもありましたが、これからは公園でも鳥たちの姿を見ることが出来るかもしれません(8月23日)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -583-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月27日 (水)

伊豆の旅-3

孫たちと楽しく過ごした伊豆の旅も3日目、最終日です。釣りの大好きな小学生の孫は昨朝に続いて今朝も父親と共に早起きし近くの岸壁へ、随分と収穫も多かったようで釣果にビックリ。小学校5年生になるこの孫ちゃんは大の釣りキチで魚博士、浜名湖から外洋まで父親と出かける内に釣った獲物の頭や・こけらを落とした上、刺身まで作ると聞き更にビックリ。
これぞ「好きこそ物の上手なれ・・・」でしょうか。

最初の訪問地は夕陽や奇岩で知られた堂ヶ島。此処では海上から三四郎岩や青の洞窟内を巡る「堂ヶ島クルーズ」に乗船。

Dc082113
Dc082114
Dc082102
海上からの美しい眺めを堪能した後、今日は歩いていないから少し歩こうと次の観光地土肥の恋人岬へ。この日、恋人岬への道は工事中で通行不可、岬まであと400メートル地点で残念ながら引き返す事になりましたが海の彼方には富士山が!

岬迄は行く事が出来なかったがこの時期、地元では見られない富士山を眺めることが出来、一同大満足です。

Dc082115
Dc082118
土肥・戸田の美しい風景を眺めた後は井田海岸へ、此処は孫たちの楽しみの場所です。水着に変えて約1時間、父親と共にシュノーケルで潜水したり泳いだりと大ハッスルです。
「じいじ・ばあば」はカメラマンとなって海岸から孫たちの撮影係りとなりました。

Dc082117
Dc082120
好天にも恵まれ、娘夫婦に誘われて孫たちと過ごした2泊3日の伊豆の旅。美味しい料理と美しい伊豆の海と山を眺めつつ存分に楽しむことが出来ました。

車の運転は嫌いではありませんが、運転から開放され、四方の風景を眺めることが出来るドライブの楽しさを再発見しました。
何時までも忘れる事の出来ない楽しい旅行になったことは間違いありません。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -582-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月25日 (月)

伊豆の旅-2

伊豆の旅2日目です。
この日も朝から晴れ。宿を出て最初に向かったのが河津町峰温泉「大噴湯公園」です。東洋一とも言われる大噴湯は大正時代から絶えることなく吹き上げる噴湯で今では周囲に給湯する都合上1時間に一度、約1分間100℃の温泉が高さ30mまで吹き上げるという。自分達も初めてのところです。

Dc082108

「大噴湯公園」で吹き上げる100℃の噴湯を見、温泉卵を味わい、足湯を楽しんだ後、下田へと向かった。
下田は実に久しぶりです。「ロープウェイに乗って寝姿山に登れば絶景だよ」と、ロープウェイで寝姿山の頂上まで。

頂上からの眺望は想像以上に素晴らしかった、眼下に下田湾を見て、遠く伊豆七島の利島までハッキリと眺めることができました。
ペリーロードなど幕末の情緒が残る街並みを散策し、次の観光地石廊崎へ。

Dc082109
Dc082110
伊豆最南端石廊崎灯台のある奥石廊崎までは駐車場から孫たちと共にミニウォーキングでテクテクと。

Dc082111
Dc082112_2
奥石廊崎からの眺望は文句なしに素晴らしかった。太平洋を目の前に、左が相模湾、右に駿河湾を眺める雄大な大海原に感激です。孫たちも広いね~凄いね~と大満足の態でした。

2日目の宿は松崎温泉で。今夜のお楽しみは魚を中心とした和風料理、新鮮で豪華な海の幸に舌鼓です。アルコール類には無縁の孫一家なので、呆れて眺める孫たちを前にして生ビールのお代わりも2杯・3杯ついついと・・・

Dc082107

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -581-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月23日 (土)

伊豆の旅-1

16日から18日まで娘夫婦の招待で2泊3日の伊豆旅行に行ってきました。伊豆半島へは昨年3月、日帰りで河津桜を見に行って以来の訪問となります。

今回は娘夫婦と孫たちも同行なので何かと賑やかです。車中、「行ってみたいところがあれば何処でも・・・」と親切な言葉に甘え、自分たちのリクエストは「韮山反射炉」と頼朝配流の地「蛭ヶ小島」。
反射炉は都内で通っていた小学校の遠足以来です。世界遺産の登録の動きもあり、認定される前にとの思いもありましたが「蛭ヶ小島」は初めてのところです。

Dc082105
Dc082106
途中の「浄蓮の滝」等は数回訪れておりパスし河津七滝へ。七滝の中でも現在、大滝は温泉施設に入場しなければ見られない事と、温泉好きな孫たちのリクエストもあり外湯が多くある温泉施設へ入場。此処は水着着用が義務付けられており皆で大滝見物を兼ねて温泉プールや露天風呂を楽しみました。

Dc082101

温泉を楽しんだ後、水着から服に着替えカメラを持って再び大滝へ、そして近くの滝や国道414号に架かる七滝ループ橋をパチリ。

Dc082103

Dc082102

この日の泊まりは稲取温泉、海を見ながら露天風呂に入り、お楽しみのディナーです。伊勢海老のプロバンス風等々フルコースの全てが美味しかったが金目鯛のカルパッチョが断然美味しかった。大好きなビールが進んだことは言うまでもありません。

Dc082104

中国・近畿地方では大雨との事ですが雨に降られる事も無く、快適な1日を過ごす事が出来ました。
明日は下田を経て、伊豆半島の最南端石廊崎から次の宿泊地松崎温泉を目指します。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -580-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2014年8月21日 (木)

蛇とヤブサメ

ヤブサメといってもあの勇壮な流鏑馬のことではありません。
体が小さくて動きの早い野鳥のヤブサメです、まるで虫のような小さな鳴き声を聞いたり姿はチラリと見ても今期は未だ撮った事がないのです。
先日、藪の中から出てきたところを発見し急いでパチリ。顔はウグイスに似ていますがスズメより一回り小さな固体は枯葉に同化して分かり難いですね、「ウォーリーを探せ」の絵の様です。

Dc080801
Dc080803


一般的な野鳥のように枝などに留まってくれたなら少しは写すチャンスもあるのですが、枝に留まる事はなく、しかも薄暗い枯葉の上を片時も停止することなく動き回るので実に撮り難く、鳥撮りの未熟な自分にはかなりの強敵です。。
写真では明るく見えますが実際はかなり暗い場所です。シャッタースピードは、ISO感度を8.000まで上げても1/60~1/80と、ブレブレ写真の連発でしたが撮った後で見て驚いた。スズメより小さなヤブサメの横にはシマシマ模様の蛇の姿が・・・矢印の先がヤブサメです、下の2枚の写真を見てもヘビには気付いており充分意識している事がわかりますね。

Dc080802
Dc080805
Dc080804
上の写真、ヘビは右側へと動いております。ヤブサメはヘビに気付いているようですが、天敵ヘビが近くに居ても平気です。ヘビは未だ小さいこともあって最後はお互いに我れ関せずの体でした。

日中はかなり暑い日が続いていますが、森の中はかなり涼しく、熱いと感じることはありません。物悲しさや涼感を感じさせて美しい声で鳴くセミ、「ひぐらし」の合唱も聞かれるようになりました、山では「秋近し」でしょうか。。。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -579-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月19日 (火)

花火大会

8月14日(木)

自宅からも近い天竜川の河川j敷で開催されるお盆恒例の花火大会です。
風は無風状態で、低く垂れ込めた雲があり、花火には好いコンディションではありません。打上げ開始頃は花火の煙で写真にならず、見ているだけでしたが少し風が出てきたのでパチリ・パチリと。。。

Dc081504
Dc081506
数発続いて打ち上げられたものはやはり煙の影響が多く、バルブ撮影ですが長秒間露光は諦め短い時間にしたり、ピントリングをまわしてパチリと。

Dc081512
Dc081505
仕掛けは花火を沢山入れると煙に隠れてしまいそうなので単発で。最後の方では運よく沢山入れることが出来ました。

Dc081510
Dc081514

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -578-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月17日 (日)

美しい野鳥 -キビタキ-

鳥枯れの季節、森にはめっきり鳥たちの姿は少なくなってしまいました。
今日の写真は先週末に撮った美しい野鳥、キビタキのオスです。水浴びにやってきたところを見つけパチリ。

写真を見て驚いた事に1枚目の写真には偶然ですがトンボが写っていました。野鳥とトンボ、偶然ですがラッキーでした。

Dc081302
Dc081301
この日現れたのはこのキビタキと、御馴染みの鳥シジュウカラやヤマガラにメジロだけ。それでも美しいキビタキが見られただけでも「よし」としました。

16日から3日間留守にしておりますのでコメント欄は閉じさせていただきました(当ブログは公開日時指定配信です)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -577-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月15日 (金)

バードウォッチング クロツグミ他

少し前のレポートですが、連日の猛暑に耐えかねて涼しい里山へと出かけてきました。
カメラからやや遠いところに水浴びのため下りてきたのはクロツグミです。このクロツグミ、大変な美声でフィールドでは時々鳴き声を利かせくれるのですが、なかなか姿を見せてくれません。「所謂声はすれども姿は見せず」の典型的な野鳥のひとつです。

Dc080602
Dc080701
Dc080601
撮影場所は異なりますが、沢に降りてきたのは下1枚目がオオルリで2枚目はキビタキの幼鳥でしょうか?(鳥歴の浅い自分です、鳥名には自信がありません。間違っていればご指摘下さい)

Dc080702
Dc080703※探鳥の大ベテランY氏から幼鳥は全てキビタキでは、とのメールを頂きました。何時ものことながら今度もまた鳥名を間違えてしまい申し訳ありません。双方の鳥名をキビタキの幼鳥と訂正させていただきます。
Y様有難うございました。


拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -576-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月13日 (水)

休耕田の野鳥

日課としている早朝ウォーキング、コースの途中には休耕田があります。
何気なく見た休耕田には、常時居るカルガモの他に小さな鳥が数羽、忙しそうに動いていた。
そお~っと近寄って見ればコチドリにタカブシギ(クサシギの誤りでした)らしい、あまり近付くと逃げられてしまうので帰宅後カメラを持って再度戻り、車の中からコチドリたちをパチリ。

Dc080405_2
Dc080403Dc080410尾羽を振り振り忙しそうに餌を探すタカブシギ(クサシギの誤りです)と、1年中近くの川で暮らすカルガモさんです。

Dc080404
Dc080407_2
※探鳥暦の浅い自分です、誤った鳥名があるかもしれません。間違っている時には、ご指摘頂ければ幸いです。

本文中にタカブシギと記した野鳥は、探鳥の大ベテラン「マイ野鳥図鑑」様からクサシギでは・・・とのコメントを頂き、早速訂正させていただきました。
誤った名前を掲載した事をお詫び申し上げると共に、誤りを教えて下さった「マイ野鳥図鑑」様本当に有難うございました。
これからも宜しくご指導のほどお願い致します。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -575-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月11日 (月)

真夏のガーデンパーク(2)

旧名は「モネの庭」、同パークのHPによれば

印象派の画家クロード・モネが、フランス・ジヴェルニーに造った庭を、モネ生前当時の姿を模したものとして、2004年に開催された浜名湖花博のときに造られました。
美術館の庭は、「花の庭」と「水の庭」という2つのコンセプトで構成・・・


散水スプリンクラーによるシャワーを浴びてカメラ以外はかなり濡れてしまった「水の庭」から隣接する「花の庭」へ移動。正式な花の名前は分かりませんが紅いゆり等をパチパチと。

Dc080302Dc080305Dc080304Dc080306春に来園した時咲いていた姫りんごは実が生って、そして花の時季は終わりに近いハマボウですが「未だ咲いているよ」と、ばかり1輪残っていました。

Dc080310
Dc080308Dc080303


Dc080311拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -574-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月 9日 (土)

真夏のガーデンパーク(1)

鳥枯れの夏、里山でも野鳥がめっきり少なくなってしまい山へ行く意欲も喪失です。こんなときは花を・・・と浜名湖ガーデンパークへ行ってきました。
花の少ない季節ですが流石はガーデンパーク、沢山撮ってきたので何時もどおりシリーズものとして二度に分割してUP予定です。

此の時季のお目当ては旧名「モネの庭」のスイレンです。本物のモネの庭と寸分違わず作った橋や池、そして水に浮かぶスイレンは未だ充分見頃でした(下写真、正面の太鼓橋はバリアフリーを考慮し、勾配の緩い橋を作ったが本場モネ財団からクレームが付き、本物と全く同じものに作り変えたという)

Dc080320Dc080318Dc080315暑くならない内にと早めの到着でしたがスプリンクラーによる散水時間と重なってしまった。係員に尋ねたところ雨が少ないのでタップリ散水するとの事で2~30分では終わらないと言う。今日も朝からカンカン照り、当然雨具は持っていないのでカメラバックから撮影用雨具を取り出しカメラを覆い、水の届かない橋の上までダッシュ。

Dc080314
Dc080313

Dc080316

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -573-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月 7日 (木)

鳥たちの居なくなった森とアカショウビン

夏鳥たちの子育ても終わりすっかり寂しくなってしまった森です。鳥は期待できなくても沢がある森の中はかなり涼しい、涼を求めて久しぶりに里山へと行ってきました。

この日も、鳥たちの姿や鳴き声を聞くことは出来なかったが沢沿いに咲くヤマユリを鳥レンズでパチリ。

Dc080401
Dc080402_2

下写真は先月中旬、子育て真っ最中のサンコウチョウと共に撮ったアカショウビン。
なかなか人前に姿を見せてくれない幻の鳥とも言われる野鳥ですが何とか撮る事だけはできました。カワセミを一回り大きくした赤い鳥、そんな感じです。枝が邪魔ですが・・・

Dc072201

今シーズンアカショウビンを撮ったのは2度目、前回は被写体が遠くピントもボケボケ、しかも枝被りが酷く、証拠写真にも至らなかったのですが、今回は少しはマシかなと思いUPすることに致しました。でも、上手いカメラマンから見れば噴飯ものかもしれません。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -572-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月 5日 (火)

お米の花

8月に入り毎朝歩く堤防上からの田んぼや畑の様子も少しずつ変わってきた感じです。
品種の違いでしょうか田植えの早かったところでは稲穂が随分と大きくなっています。遅植えの田んぼでは未だ青々としており、この対比がかなりハッキリしてきました。
稲穂のある田んぼに近付いて見れば白く小さなお米の花が咲いています。

Dc073101

Dc073102休耕地を利用した家庭菜園では茄子など野菜の花や趣味で植えられた花々が花盛り。真夏でも結構花は咲いているものですね。

Dc073103Dc073104
Dc073105

そして農道脇には小さな花がいっぱいです。雑草ですが近付いて見ればなかなか綺麗な花でした、思わずパチリと。

Dc073106

お米の花が咲き、路傍の雑草も咲く花が変わってきました。未だ未だ暑い日が続きますが季節は少しずつ変わってきていますね。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -571-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月 3日 (日)

鷺草、蕾から開花まで

7月26日の開花から一週間余、鉢植えの鷺草の開花は順調で残る蕾の割合からは7~8割位は咲いてきた様に思います。リクエストをいただいたこともあって、今日は鷺草の蕾から開花に至る過程を撮る事に挑戦してみました。

Dc080101
鷺草の蕾から開花までは実に早い。当初は1時間間隔で撮れば・・・と思っていたところ1時間以内では花が完全に開いてしまい大慌て。さればと、手元に時計を見ながら、短時間でシャッターを押しました。

下写真1枚目、緑色の蕾の一部が割れてきました。此の後、その部分が左右に開き、白い花びらが見えてきた、下写真2~4枚目までは5分間隔ほど、鷺が翼を広げた姿が見えるまで15分程と、あまりの速さにビックリ。

Dc073001
Dc073004
Dc073003
Dc073007
そして白鷺が飛翔する姿に開花です。此の後、形は変わりませんが花全体がやや大きくなります。

Dc073008
花の開花に至る過程、ビデオなればもっと詳細な画像が撮れる事でしょう。それでも蕾から開花に至る過程と、その速さが分っただけでも自分としては充分満足ができました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -570-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年8月 1日 (金)

ヒマワリ

サンコウチョウの雛たちも巣立ち、森は静かになってしまった、鳥枯れの時期です。
少し離れたところのヒマワリ畑に野鳥が飛来しているらしいとの話しを聞いたことを思い出し行ってみる事に。

広大な休耕田を利用して春は菜の花、この時期のヒマワリ、これからはコスモスと様々な花が楽しめ、どの時季でも花の持ち帰りが自由なので人気のところでもあります。

Dc072601
Dc072604
Dc072603
ヒマワリ畑には顔見知りのカメラマン氏がひとり、「居ませんね~」。自分も1時間ほど待ってみたが、現れたのは鳩が2羽のみでした。
それでも青い空と風があり、風にそよぐ花びらを鳥用のレンズでパチリ。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -569-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »