2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 美しいキビタキ | トップページ | ヤマガラ エゴの実運び »

2014年8月31日 (日)

美しいキビタキ(2)

秋の渡りの先陣でしょうか、キビタキやムシクイ等の居た公園へと、この日も足を運んでみた。
前日と同じ固体と思われる美しいキビちゃんは未だ居ました。

Dc082504
Dc082704
Dc082505メジロやシジュウカラに交じって見る事が出来たセンダイやメボソムシクイ等の姿は確認出来ず、早朝ウォーキングで見かけたシギをパチリ。
このシギ、先日クサシギをタカブシギと間違えた同じ休耕田に居たものですが嘴が微妙に反っている感じで二羽同種なのかアオアシシギかな?とも思いましたが定かではありません。
鳥の中でも最も判別が難しいといわれるシギとなれば、到底自分の手には負えるものではありません。何時ものことで申し訳ありませんが鳥博士の皆様、宜しくお願い致します。
(探鳥の超ベテラン「マイ野鳥図鑑」様よりアオアシシギでは・・・とのコメントを頂きました。嬉しい事ですね、皆様方からこうして親切な回答を戴けるとは。。。前回の「ソングバード」様、今回の「マイ野鳥図鑑」様本当に有難うございました)

Dc082702
Dc082601

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -584-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 美しいキビタキ | トップページ | ヤマガラ エゴの実運び »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

1枚目の写真、めったに見ることができない鳥の一瞬のポーズですね。
羽って本当にキレイですね。
キビタキの愛らしいしぐさが良く撮れていますね。
朝から癒されます(笑)。

おはようございます。

キビタキさんは木の枝にとまっている姿も綺麗でしたが、
今日の、飛び立とうとする瞬間か、降り立った姿か、
羽を広げている姿がとても綺麗です。
1枚目の写真、羽が半透明のようにも見えますし、
扇子を広げたイメージに見えます。
応援ポチ

walkerZ 様
鳥の羽って本当にきれいだと思います。
羽根を広げたところは上から見てもきれいなものですが
こうして下から光りを透かして見るのも好いものですね。
鳥の魅力、様々です。

里山コウ 様
おはようございます。
鳥の飛び出しは見てからシャッターを押したのでは間に合いませんので
羽根を広げたところのショットは降り立った瞬間です。
連写を繰り返し偶然に撮れた写真です。
応援を何時も有難うございます。

キビタキは良く目立つでしょうね。
胸毛の黄色が愛くるしい鳥です。
似た鳥の判別は本当に大変なようですね。
私などは皆同じに見えて、説明されて  なるほど と(~_~;)

「美しいキビタキ」と題したcountry walkerさんは
心からキビタキの美しさに敬意を抱いていることがわかります。
長時間観察し、渾身の1枚羽ばたきの瞬間を写せた時は
さぞ、キビタキが神々しく見えたことでしょう。

さて。判別が難しいシギを見て思うのですが
鳥たちというのは、違う種であっても、身体が似ている場合
仲良く一緒に行動したりするものでしょうか。

いつもありがとうございます!

アオアシシギですね。すっきりとした体型をしていて色合いもシックで好きなシギの一つです。アオアシシギが数羽が並んで餌取りのためにブルドーザーのようにくちばしを水の中に入れて走る姿は楽しいです。

あすか 様
キビタキは大自然の中でも目立ちます。
こんなに目立ってよく外敵から身を守る事が出来るのか不思議な感じもします。
保護色で包まれて分り難い鳥、このキビタキや白鷺のように目立つ鳥も居ます。
でも、みんな元気に生きています。自然界では分からない事が多いですね。
それが魅力のひとつでしょうか。。。

keiko  様
自然界の中で生きていく野鳥たち、その生命力と逞しさそして愛らしさ、その全てに魅力を感じます。
肉眼では捉えることの出来ない一瞬の動きを運よく撮ることが出来た喜びは格別です。
鳥撮りの超ベテラン「マイ野鳥図鑑」様から鳥の名前はアオアシシギで間違いないとのお墨付きを頂きました。

嬉しい事ですね~ 何時もご指導頂いている「ソングバード」様、そして今回鳥名を教えていただいた「マイ野鳥図鑑」様。。。皆様方に支えられ益々元気が湧いてきました。
小鳥など種類の異なる者同士が混群となって移動したりすることは珍しい事ではありません。

マイ野鳥図鑑 様
早々の明快なるご回答を有難うございます。
野鳥撮りが面白くなって3年目、撮ったのは好いのですが名前が分らず四苦八苦・・・これが何時ものパターンです。
鳥でも花でも撮影し、ブログ等に発表する以上名前ぐらいは当然付記することが常識かもしれませんが図鑑での照合しても??が多く、限度があるようにも思います。
これからも超未熟な自分ですが何かとご指導のほど宜しくお願いいたします。

こんにちは。
ただいま帰阪途上の車中です。
キビタキの羽。。透き通るようで。。美しいですね。
応援ぽち♪。

こんばんは^^

キビタキの、羽を広げた
美しいポーズ
見とれました^^
キビタキちゃん、ほんとに、かわいい鳥ですね。

おはようございます。
キビタキ、いい所に降りてきてくれますね。
シギチではいつも悩みますね。
間違っても当然、ベテランさんでも判断が付かない種類でいっぱい!!
ただただ経験を積むしかないようですよ。
私も大の苦手です。(笑)

あとり 様
楽しい上京となったことでしょうね。
応援を何時も有難うございます。

k-24 様
どの小鳥たちも可愛いものですが、
キビタキのような美しい野鳥は尚更です。
これから遥々南の国まで渡るので次に見られるのは来春以降です。
しかしこんな小さな体で海を渡って旅をする・・・
感動です!

ソングバード 様
この前は「ソングバード」さんに、この度は「マイ野鳥図鑑」さんに助けていただきました。
何時までも人様を頼りにしてはいけないと思ってはおりますが。。。
やっぱり難しいですね、種類の判別は。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

キビタキさんの美しさはもちろん
アオアシシギも可愛い小鳥さん達を目を細めてみている私です。(笑)

本日の新聞に、海水を飲むアオバタとハヤブサの攻防のことが
記事になっていました。アオバトが天敵のハヤブサに狙われ
命を落とす個体がいるとのこと。
また台風の高波で50羽以上が命を落としているとのこと。
アオバトの楽園のような大磯の照ヶ崎海岸にも、厳しい自然があるのですね~!

coutry walkerさんのブログを拝見しているので
この様な記事に反応している私です。
おかげさまで視野が広がりました。

セロリさん 様
>小鳥さん達を目を細めてみている私です。。。
鳥が苦手と仰っておられた「セロリさん」ですが、少しは鳥アレルギーから解放されたのか、それとも私の度重なる鳥のブログに免疫力が増してきたのか、はたまた・・・
嫌いな鳥ブログが続いて申し訳ありません。

隼やオオタカなどの猛禽や高波、それでも塩水を飲む為にやってくる美しいアオバト。
大磯のアオバトのニュース当方でも聞きました。
当地のアオバトは浜名湖内にやって来るので少なくとも高波で命を落とすアオバトは居ないと思いますが。

こんにちは。

9月になりましたね。

今月もよろしくお願いいたします。

ぽち。

あとり 様
「あとり」さんには毎日欠かさずのコメントと応援を有難うございました。
今月も宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しいキビタキ(2):

« 美しいキビタキ | トップページ | ヤマガラ エゴの実運び »