2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 鳥たちの居なくなった森とアカショウビン | トップページ | 真夏のガーデンパーク(2) »

2014年8月 9日 (土)

真夏のガーデンパーク(1)

鳥枯れの夏、里山でも野鳥がめっきり少なくなってしまい山へ行く意欲も喪失です。こんなときは花を・・・と浜名湖ガーデンパークへ行ってきました。
花の少ない季節ですが流石はガーデンパーク、沢山撮ってきたので何時もどおりシリーズものとして二度に分割してUP予定です。

此の時季のお目当ては旧名「モネの庭」のスイレンです。本物のモネの庭と寸分違わず作った橋や池、そして水に浮かぶスイレンは未だ充分見頃でした(下写真、正面の太鼓橋はバリアフリーを考慮し、勾配の緩い橋を作ったが本場モネ財団からクレームが付き、本物と全く同じものに作り変えたという)

Dc080320Dc080318Dc080315暑くならない内にと早めの到着でしたがスプリンクラーによる散水時間と重なってしまった。係員に尋ねたところ雨が少ないのでタップリ散水するとの事で2~30分では終わらないと言う。今日も朝からカンカン照り、当然雨具は持っていないのでカメラバックから撮影用雨具を取り出しカメラを覆い、水の届かない橋の上までダッシュ。

Dc080314
Dc080313

Dc080316

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -573-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 鳥たちの居なくなった森とアカショウビン | トップページ | 真夏のガーデンパーク(2) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

お馴染み「モネの庭」
相変わらず絵になる光景
countryさんの手腕が光ります。
ガマの穂や睡蓮が優雅さを引き立てます。
応援ポチッ!

あすか 様
山の鳥が居なくなりブログネタが不足してきた時には此処を訪ねます。
私のお助け寺、駆け込み寺の様なところです(笑)
でもモネの庭のスイレンはなかなかキレイでしたよ。
一番上の写真、主役の存在が希薄なのでガマの穂を前景に入れてみましたが。。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

淡いお色のスイレン、素敵ですね。モネの世界ですね。

あいにく雨天の大阪。。

今日の花火大会は中止になってしまいました。

まだまだ雨が降り続くようです。

気を付けてくださいね。

ぽち。

こんばんは^^

工夫されて、撮影された睡蓮のお花
その姿に、見とれます。
ピンクの睡蓮は、光と影が、美しい姿を
引き立てていますね^^
うすい黄色の睡蓮も、やさしい色で、素敵ですね。

あとり 様
当地方も午後からは待望の雨が降り出しました。
農家の皆さんにとっては干天の慈雨ですね。
しかし、台風の影響で降り過ぎだけはゴメンです。
今は台風の予想される進路の被害が出ない事を祈るだけ。。。
応援を何時も有難うございます。

K-24 様
スプリンクラーの水が届かないモネの池に架かる二つの橋の上からのみの撮影となりました。
本当はもう少し近付いて撮ってみたい花もあったのですが、長いレンズは持っていないので仕方がありませんでした。
撮影器具多い方が好いのは分っておりますがこの暑さを思うと仕方がありませんね。

当然ですが
モネの作品そのもの、ですね。美しい!

日本の庭や花を愛し、その多くを日本から取り寄せたというモネ
そのモネを愛し、作品を模して庭を作った浜松の人

日仏相思相愛といったところでしょうか。

もし今モネが健在なら
country walkerさんの写した写真を見て
再度絵心をそそられるかもしれませんね。

本場モネ財団、イメージをたもつために
橋の勾配まで厳しいのですね。
それだけこだわったところは、「モネの庭」
そのものです。
その雰囲気がcountry walkerさんの写真から伝わってきます。

keiko  様
子育てが終わった夏鳥たちは更に山奥に行ってしまったのか、めっきりその姿が減ってしまいました。
こんな時には何時でも花があるガーデンパークです。
モネが愛した日本の花や浮世絵を初めとする日本の文化。
そのモネが愛した庭園を模したものが近くで見ることが出来る・・・
鳥が居ないからその代用にモネの庭では、モネさんに叱られそうですね。
本物の庭は全くj知りませんが、本当に幸せなことです。

ジャランこ 様
10年前の浜名湖博の時に作られたモネの庭(旧名です)
花博入場者のために太鼓橋だけは勾配を緩くしたところ
本場モネ財団から来た人からこの状態ではモネの庭とは呼ばせないと
クレームが付き、急勾配の今の橋に急ぎ作り変えたとの事です。

こんにちは。

かわいいお写真をご紹介くださりありがとうございます。


のろのろ雨台風。。

大丈夫だったでしょうか?。

そろそろ影響がなくなってきたころでしょうか?。

お気を付けくださいね。

ぽち。

あとり 様
お陰さまで台風の被害も皆無と先ずはホッとしているところです。
取水制限をしているダムも潤ってくれればよいのですが。
しかし、突風や水害で大きな被害が発生した地域の人たちを思えば複雑です。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/56976654

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏のガーデンパーク(1):

« 鳥たちの居なくなった森とアカショウビン | トップページ | 真夏のガーデンパーク(2) »