2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ウォーキング  天竜二俣(3) | トップページ | 夏祭り -今年初めての花火- »

2014年7月12日 (土)

バードウォッチング 三光鳥・アオバズク

何時ものフィールドへ出かけてきました。サンコウチョウの巣立ちも終わり静かなフィールドです、巣立った幼鳥の姿は見ることが出来なかったがこの日はスタイルの違うサンコウチョウの紹介です。

サンコウチョウのオスは尾羽が長いのが特徴ですが短いオスも居ます。下写真1枚目は尾の長いフツウのオス、興奮しているのか怒っているのか冠羽を立てていますね。子供の頃紙芝居で見た「法界坊」か「石川五右衛門「の頭のようです。2枚目は尾羽の短いオス。

Dc062802Dc07020311
次はサンコウチョウのメスです。下1枚目はアイリングのきれいなメスですが2枚目はアイリングの目立たない地味系?のメス。
双方共にメスにはハッキリした髭が生えています。
大昔の歌に ♪うちの女房にゃ髭がある・・・そんな歌がありましたが(超、古過ぎますね。こんな歌を知っていらっしゃる方、居られるかな?)

Dc062804Dc071001_2
フィールドは異なりますがお寺の森に居たアオバズク。夜行性の鳥なので昼は寝ています、三脚にカメラをセットし1時間以上構えておりましたが微動もしません。
カラスがカァカァと鳴きながら近付いて来たとき、一瞬目を開いたのでで慌ててパチリ。

何も居ない森や公園で野鳥を待つのも根気の要ることですが、目前に野鳥が居ても動くまで待つのも根気がいるものですね。

Dc070803
Dc070802


拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -559-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« ウォーキング  天竜二俣(3) | トップページ | 夏祭り -今年初めての花火- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

♪いや 別に 僕は その あの
パピプペ パピプペ パピプペポー♪
何て歌 私は知りませんよ (嘘つけっ) (笑)

メスに本当にひげがあるのですね (笑)
まるで自然動物園のようですね みみずくまで・・・

おはようございます。
サンコウチョウの営巣の様子、今日アップしました。
そこにも書いたのですが、サンコウチョウの雄には3タイプあるようです。
ご参考まで・・・・・

アオバズク、以前、近くの神社などでよく見られたのですが、最近はほとんど見かけなくなりました。

あすか 様
♪うちの女房にゃ髭がある・・・
知っておられる方は皆無かな? と思っておりましたが。。。
「あすか」さんはご存知でしたか、有難うございます。
内心ホッとしているところです(笑)

今回の記事は大変面白かったです。
同じ鳥でも雄雌で姿か違ったり、
また雌でも個体によって色の鮮やかさぬ違ったり。
寝ている時と起きている時。
根気づよく写真を撮られたエピソードとともに
大変興味深く拝見しました。

ソングバード 様
サンコウチョウのオス、尾羽の長い一般的なタイプと短いタイプの他にも中間タイプが居るようですね。
メスもアイリングがハッキリして顔だけ見ればオスそっくりさんも居ました。
このタイプのサンちゃんが水飲み場に飛来してくると、ハーフが来た・・・と言ってカメラを構えたものです(笑)
アオバズクは毎年此処の大木にやって来て、子育てを行っているそうです。

Walker Z 様
雌雄、形が同じ鳥、そうでないもの。
同性でも尾が長かったり短かったり、アイリングがハッキリしたりあまり鮮明でないもの様々です。
しかも季節によって羽の色が変わったり、幼鳥と成鳥の違い等々。
野鳥の識別は未熟な自分には本当に難しいですが、このサンちゃんのように特徴がハッキリしている鳥ならば自分でも何とか分かります。
アオバズクは殆ど動かないので、これには参りました(笑)

サンコウチョウ、オスでも尾が短い鳥もいるのですね。
これは個体差と考えていいのでしょうか?
尾だけでなく「石川五右衛門」のようなヘアスタイルに思わず笑ってしまいました。
メスに髭があるのも面白いですね。
「うちの女房にゃ髭がある」フルで歌うことはできませんが、
その部分なら知っています。

こんにちは。

サンコウチョウ女子。りっぱなおひげですね。

美善公とよばせていただきます^^

ただ今日は暑くって。。

クーラーいれっぱです。

ぽち。

おはようございます。

サンコウチョウの雌の髭まで良く撮れましたし、
雌に髭が有るなんて初めて知りました。

昼寝中のアオバズクさん、やはりカラスには
警戒心を持っているのかなあ。
開けた目がまんまるで可愛いお顔ですね。
応援ポチ

前にアオバズクの写真を撮るための訪れる
カメラマンさんのマナーについて神奈川の某神社境内で
問題になったことがありましたネ。
子育てをしている「アオバズク」が脅かされ困ったようです。

皆さんカメラを構え粘り強く待ってシャッターチャンスを・・・・・。
心ない人のため他の人も同じように見られるのは嫌ですよね。

サンコウチョウの雌の髭・・・PC覗いた夫のつぶやきです。
「我が家の家内でなく おっかないさんにも心臓に髭が生えているよ。」
心臓に髭が生えているかも


ジャランこ 様
サンコウチョウのオスの長い尾羽、個体差があると言われております。
南の島から飛来してきた5月初め頃にはこの個体差がありますが、子育てが終わり、秋に再び帰るときには尾羽はボロボロになって抜け落ちてしまいます。したがって帰るときには皆同じスタイルになります。
♪うちの女房にゃ髭がある・・・
お若い「ジャランこ」さんがご存知とは驚きました。
誰も知らないと思っておりましたが益々心強くなりましたよ(笑)

あとり 様
私も鳥の髭は知らなかったのですが
今年になって明るいレンズに変えてから鮮明に写るようになり、初めて知りました。
オスの方にもあるようにも見えますがハッキリ分りません。
美髯公、メスですがピッタリの名称ですね。
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
髭のサンちゃん、私も今年はじめて知りました。
オスの方にも有るようにも見えますが定かではありません。
アオバズク、このフクロウは鳩よりやや大き目と小型のフクロウです。
カラスは全ての鳥の天敵ともいえる鳥で孵化した雛を襲撃するので鳥たちもカラスには気をつけているのでしょう。

セロリさん 様
良いショットを撮りたいのは誰でも同じです。
でも、鳥たちにストレスを与えてはいけない、ましてや営巣中や子育て時には。。。
これはマナー以前の問題です。
寝ているフクロウを起こそうとすれば簡単ですが、目を覚ますのを皆さん一様にただただ待っています。
此処へは同一固体と思われるアオバズクが毎年、営巣のためにやってきますが、鳥カメラマンたちのマナーが良い為と思っています。
「セロリさん」の心臓にも生えてきましたか、我が家の「おっかないさん」も同じですよ(笑)

こんにちは♪
1枚目のサンちゃんは言われてみると石川五右衛門にそっくりですね(笑)
でもクリッっとした可愛い目はサンちゃんらしくて…
アオバズクの目も真ん丸で可愛いですね~(^^)

応援P☆

こんにちは♪
本当にキレイな三ちゃんたちですね。
尾羽の長さも様々で、雌にはお髭とは^^
帰る時に尾羽が抜けてしまうのも驚きでした。
アオバズクさんの真ん丸な目
猫たちの夜や獲物を狙う時の瞳孔が開くのと同じようですね^^

カシオペア 様
このサンちゃん、かなり興奮しているのか、怒っているのか頭の毛を逆立てて
まさに「怒髪天を衝く」そんな感じが石川五右衛門に似ていますね。
アオバズクは寝てばかり、一瞬目を開けたときにレリーズを押すことが出来てよかったです。
応援を何時も有難うございます。

舞 様
三ちゃんたち、暗いところが好きな上、動きが早いので撮り難いのですが、
森の中の沢の水が減ってしまったので僅かに残る水場に来てくれます。
今度の雨で増水すればまた撮り難くなるかもしれません。
この鳥たちも9月には南へと去っていきます。
大変ですね渡り鳥たちは・・・

こんにちは。

今日は、只々暑かったです。

体調お気を付けくださいね。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング 三光鳥・アオバズク:

« ウォーキング  天竜二俣(3) | トップページ | 夏祭り -今年初めての花火- »