2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« バードウォッチング  コアジサシ | トップページ | はままつ フラワーパーク(2) »

2014年7月18日 (金)

はままつ フラワーパーク(1)

浜松フラワーパーク、花の比較的少ない7~9月は入場無料となっておりカメラを持って妻とふたり出かけてきました。レンズは24~-105ミリF4と、70-200ミリF2.8の2本、花撮影がメインとなる為、100ミリマクロF2.8も持参したかったのですがカメラ別でレンズだけでも3kg弱と重くなるので仕方なく断念です。

フラワーパークは今年の3月20日から6月15日まで浜名湖花博2014が開催され、自分たちも桜満開の4月2日に訪れたところです。満開の桜と美しいチューリップの競演は、忘れることが出来ない美しさでした。

大温室前の広場では満開のアメリカ芙蓉がお出迎えです。

Dc071203
Dc071208
Dc071209大温室内では熱帯スイレンや胡蝶蘭などもキレイに咲いています。大噴水や温室内の美しい花々を楽しみ、これで入場無料とは嬉しい処置ですね。

Dc071210Dc071211

Dc071212
この後、温室内の多肉系植物園等見てバラ園と古代ハスのコーナーへ。今回も写真が多くなりましたシリーズものとして2回に分けて掲載を予定しています。次回もご笑覧いただければ幸いです。
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -562-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング  コアジサシ | トップページ | はままつ フラワーパーク(2) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

カメラバッグやリュックは頑丈にできているので空でも結構重いですね。
ましてレンズ等機材が入ると余計重くなります。三脚が特に。。。
クルマ移動なら多少は助かりますが・・・(笑)

私は温室の花々が好きで、色とりどりの見たことも無いような形の花が面白いです。

おはようございます。
いろんな花に出会えて楽しそうなところですね。
熱帯性や園芸種のスイレン、一度ゆっくり撮ってみたいと思うのですが、こちらではあまり見る事が出来ないんです。
温室内の花は、管理されていて虫などが居ないせいか、みんな綺麗ですね。

おはようございます。

みごとに完璧な花姿ですね。

きっと暑い温室なのでしょうが
countryさんが写すと、なぜか清々しい空気感が。

多肉植物のお写真も楽しみにしています。

おはようございます。

夏のフラワーパークですか、大きな花のアメリカフヨウ
とても綺麗で、花びらの柔らかい感じもいいです。

青紫のスイレンの花見たことの無い色のスイレンで
なにか別世界の花のようです。
応援ポチ

あすか 様
マクロは重くなるので泣く泣く置いてきましたがそれでもカメラを含めて3kg弱。
フツウの三脚は重いので一脚兼簡易三脚です(一脚の下に短い三脚が付いたものです)
カメラを載せたままの自立は不安定ですが一脚より少しはマシという程度のものですが、それでも重宝なので多用しています。

ソングバード 様
そうですね、温室内の植物や花は管理が行き届いており、虫害が無い事、枯葉など撮影の邪魔になるものが無い、風の影響を受けないので揺れることも無く撮影し易いことは確かです。
でも、冬季は暖かくて良いのですが今の時期はやはり暑くて長い時間の入場は無理です。
じっくり構えて撮るよりとりあえず外へ・・・になってしまいました(笑)

keiko 様
しまった! 多肉系植物をもっと撮っておくべきでした。
大温室の最後が多肉系植物棟となっており、温室内が暑かったので早く此処を脱出せねばと・・・サボテンを1枚撮っただけ。。。
たった1枚だけのサボテンですが、次回にUP致しますのでご笑覧下さい。

里山コウ 様
フヨウとムクゲ、毎年迷っては調べ、漸く分っても次年には忘れている。
この繰り返しですがこの花は担当の方に聞いたので覚えておりました。
スイレンは温室内で栽培されておりその殆どが熱帯性のものでしたよ。

美しい花をとるのも重労働ですね。

アメリカ芙蓉、みごとですね。
暑い日でも、大噴水がさわやかですね。

こんにちは。

アメリカ芙蓉も、スイレンもとてもきれいですね。

そうそうハネの件。。

関西(大阪、兵庫など)では40センチ未満をセイゴ、40-60センチ未満をハネ、で60センチ以上をスズキとよびます。

汽水域にはハネまでしかあがってこないんですよ^^;。

ぽち。

ジャランこ 様
撮影機材れもこれもと欲張ると、撮影する前にダウンしてしまいます。
写真の面白さはレンズ交換にありと、言われるほどですが
如何せん体力が・・・です(笑)

あとり 様
関西地方の呼び名「ハネ」は当地方では「フッコ」と呼ばれている様です。
セイゴとスズキは同じですが成長途中の名前のみ違うのですね。
なお、「フッコ」の次は「マダカ」とも呼ばれています。
最後はやはり「スズキ」さんです。

普段見られないような熱帯スイレンなど、珍しいものもあるのですね。
近所だったら無料期間に毎日通いたくなりそうです^^
レンズ選びは楽しいですが、カメラを入れて3kg越えは体力いりますねー
私も時々ヘトヘトになります^^; ポチ♪

舞 様
レンズ選び、あれもこれもと思っていても広い園内を歩くにはやはり体力が。。
マクロも持って行きたかったのですが、断念しクローズアップレンズを1枚ポケットに入れての撮影でした。クローズアップレンズ、マクロには到底及びませんが軽いのが最大のメリットです。
以前はチューブを多用しましたがあれも三脚が無いとピントがなかなか合わないので最近は使ったことがありません。

こんにちは。

そうそうハネの件。。もっと細かい分類があるんですね。

セイゴの頃はあまりジャンプしないんですけど。。

ハネになると。。豪快にジャンプするんです。

そんなことが名前の由来かと。。

釣る度、思っています。

ただ、受験生がいるので。。この連休も自宅待機です^^;。

暑くなりましたね。

熱中症におきをつけください。

ぽち。

あとり 様
私もハネの語源を色々と想像してみましたがやっぱり・・・でした。
跳ねるからハネ、関西人らしい分り易い表現法ですね。
実は私も40台前半までは釣りキチと言われるほど釣りが好きで浜名湖へはセイゴをやフッコを舟で夜釣りも含め釣りに出かけたものです。
そのために「4級小型船舶操縦士免許」という海技免許証まで取得しました。
免許の書き換え時、単身赴任中で書き換えに行けず失効してしまいましたが。

こんばんは!

アメリカン芙蓉の鮮やかな色合いに、落ち込んでいる気分も
吹っ飛んでしまいそう~!(笑)

スイレンを見ているだけでさわやかさがこちらまで届きます。

もちろん 応援ポチリ☆ 忘れていませんよ~!happy01

セロリさん 様
落ち込んでおられたとはブログに書かれていたおみくじ?
あれは占いのようなもので当たるも八卦当たらぬも八卦です。
花の少ないこの時季ですが流石はフラワーパーク、結構花は咲いているものですね。
なんといっても入場無料が貧乏人の自分たちには嬉しかったです(笑)
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/56778897

この記事へのトラックバック一覧です: はままつ フラワーパーク(1):

« バードウォッチング  コアジサシ | トップページ | はままつ フラワーパーク(2) »