2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

サギ草が咲いた

鉢植えの鷺草が咲いた。7月26日に初の1輪が開花、その後1~2輪ずつ咲き、昨日七つ目の花が咲きました。花は好きですが此の鷺草は特別です。

Dc072802_2Dc072803_2Dc072905下の写真は一昨日撮影分で花は三つだけ、下2枚目は昨日の朝で七つ目が開花寸前です。昨夕(29日)数えたところ14~5程度の開花が確認できました。
Dc072804
Dc072903
これからは花の数も増えてくるものと思います。「今日は幾つ咲いたかな・・・」朝顔と共に毎朝が益々楽しみです、咲きそろった頃に再度ブログUPするつもりです。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -568-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月28日 (月)

今年の若鳥

フィールドでは今年巣立ったと思われる幼鳥たちが成鳥に交じって元気に飛びまわっています。下の2枚は今月の少し前に撮ったものですがキビちゃんの幼鳥?

Dc07260111


Dc062805
そして御馴染みサンコウチョウの三ちゃんです、こちらは近くの好い所へ出てきてくれました。

Dc072501
Dc072502

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -567-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月26日 (土)

子育て サンコウチョウ

久々のサンコウチョウです。他のフィールドでは殆ど巣立ちが終わったサンコウチョウですがコチラでは子育て真っ最中でした。少し前のショットで新鮮味には欠けますが巣立ちが終了したのでUPすることに。。。
オスとメスが交代で卵を温めていました、オスの長い尾羽が巣からはみ出していますね。

Dc071906
Dc071904数日後、新しい命の誕生です。孵化した雛鳥に親鳥たちがせっせと餌を運んでいました。

Dc072209
Dc072210親鳥が近付くといっせいに首を伸ばし、大きく口をあけて餌の催促です。雛たちの成長はきわめて早い、目が開いたことが確認後間もなく巣立ちとなります。

Dc071905


Dc071902_2


Dc071901_2


今では緑の葉に囲まれたこの美しいサンコウチョウの巣も主の居ない寂しい巣跡になってしまいました。雛鳥たちが無事成長し、来年もまたこの地に戻って来てくれたならと、そう願ってやみません。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 
-566-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月24日 (木)

高校野球

今年も高校野球の地区予選が始まった、憧れの甲子園を目指す球児たちの熱い夏です。自分はこの高校野球の地区予選が大好きで暑い中、毎年市営球場へ12回は足を運んでいます。
強豪・名門チームも魅力ですが、無名の学校でも最後まで勝負を諦めず、力いっぱい戦う地区予選が大好きなのです。

Dc072001
Dc072002_2
この日は2試合、天気予報も芳しくないので観戦を躊躇っていたが青空もチョッピリ見えてきたので出かける事にした。
球場に近付けば学生応援団の声援やブラスバンドが鳴り響き、スタンドのどよめきが聞こえてくる高校野球独特のあの雰囲気が感じられます。

第一試合は既に中盤でしたが、市内の高校が出場とあって内野席はほぼ満員。
例年なれば熱中症に備え、手拭と麦藁帽の観戦スタイルですが天候不安もあって麦藁帽に代わって傘を持参しての観戦です。

Dc072003
Dc072004

何時ものことながら、グランドで一心に白球を追う球児たち、選手たちに声援を送り続けるスタンド。
チャンス到来となればブラスバンドが高らかに鳴り響き、チアガールが舞う。応援団長の指揮のもとメガホン揺れる学生応援団、何時もながらやっぱり高校野球は楽しい。


Dc072005
Dc072006
第二試合が始まり、前半が終わらぬ内に「一天にわかに掻き曇り」、大粒の雨と共に雷鳴が鳴り響く悪天候となって試合は中止。
第一試合は5回から、そしてこの試合は2回で中止と、一試合分も見ることなく、稲妻が光る中、ライトを点灯しての
帰宅となりました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -565-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月22日 (火)

朝の楽しみ

居間の前に置いたプランターに蒔いた朝顔とフウセンカズラのタネ。何故か蔓の延びや葉の数も例年より少ない、それでも朝顔は毎日十数輪咲き、「今日はいくつ咲いたかな・・・」と、毎朝雨戸を開ける時の楽しみとなっています。
この日はやや少ない感じですが15ぐらい咲いてくれました。

Dc071910
Dc071915昨年はネットが見えないぐらい葉が繁茂し、真夏の日差しや照り返しを防いでくれたものですが、この調子ではグリーンカーテンの役目をはたしてくれるのか些か心許ない限りです。応急用に即効性のある液体の化成肥料を施しましたが果たして・・・

Dc071911


Dc071912

Dc072001_2
もうひとつの楽しみは自分の最も好きな花「サギ草」の花芽が伸びてきて蕾が随分と膨らんできたことです。
昨年までは倍倍ゲームで増えてきましたが何故か1鉢が全滅。ウイルスにやられてしまったのかもしれません。現在は平鉢で4鉢と減ってしまいましたが、間もなくあの美しい花を咲かせてくれることと思います。

Dc071914
この写真を撮ったのは約1週間前、朝顔は相変わらずですが「サギ草」全体に花芽が延びてきました。中には蕾の先が白く見えてきたものもあり、いつ開花してくれるのか雨戸を開けるのが本当に楽しみです。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -564-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月20日 (日)

はままつ フラワーパーク(2)

フラワーパークレポートの続きです。大温室内では名も知らぬ植物やサボテン等多肉系植物を展示するコーナーを経て直ぐ隣のバラ園へ。

Dc071213Dc071214大温室内では無関係でしたが、外のバラ園では直射日光が強く、フィルターを使用してパチパチと。。。

Dc071215
Dc071216
次に向かったのが古代ハスのコーナー。太陽が雲に遮られた瞬間を待って1枚。あとはまたピーカンの状態に、再びフィルターの使用です。

Dc071217
Dc071218

入場無料のこの期間、流石に花は少ないものの大温室や古代ハス等々結構見所があり、総面積30万m²の広大な植物園内をゆっくり歩いて巡ることが出来ました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -563-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

※ 自分には無縁と思っていたスパムコメントが表示されるようになった為、コメント時には「スパム防止認証画像」が表示されるよう設定いたしました。
コメント頂ける際には、面倒でも表示された半角英数字の入力をお願い致します。
.

.

2014年7月18日 (金)

はままつ フラワーパーク(1)

浜松フラワーパーク、花の比較的少ない7~9月は入場無料となっておりカメラを持って妻とふたり出かけてきました。レンズは24~-105ミリF4と、70-200ミリF2.8の2本、花撮影がメインとなる為、100ミリマクロF2.8も持参したかったのですがカメラ別でレンズだけでも3kg弱と重くなるので仕方なく断念です。

フラワーパークは今年の3月20日から6月15日まで浜名湖花博2014が開催され、自分たちも桜満開の4月2日に訪れたところです。満開の桜と美しいチューリップの競演は、忘れることが出来ない美しさでした。

大温室前の広場では満開のアメリカ芙蓉がお出迎えです。

Dc071203
Dc071208
Dc071209大温室内では熱帯スイレンや胡蝶蘭などもキレイに咲いています。大噴水や温室内の美しい花々を楽しみ、これで入場無料とは嬉しい処置ですね。

Dc071210Dc071211

Dc071212
この後、温室内の多肉系植物園等見てバラ園と古代ハスのコーナーへ。今回も写真が多くなりましたシリーズものとして2回に分けて掲載を予定しています。次回もご笑覧いただければ幸いです。
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -562-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月16日 (水)

バードウォッチング  コアジサシ

先日、クロハラアジサシやコアジサシが居た池へと再度出かけてきました。ベテランさんにクロハラアジサシの名前を教えていただいたので先ずは双眼鏡で確認、この日は池の上空を5~6羽が旋回していたがコアジサシばかりです。

Dc070401
Dc070407
Dc070403
かなり広い池ですが飛翔中のコアジサシは5~6羽と少ない感じです。
今日の目的はダイビングの瞬間を撮ることですが近くではなかなかそのシーンが見られず漸く飛び込んでくれたのが下の3ショット、真っ逆さまに飛び込む前までは先ず先ずですが、突っ込んだ直後はタイミングと鳥の向きが悪く、ボツに・・・とも思いましたが他のショットは遠すぎてはハッキリしないのでUPしました。

Dc070404
Dc070405
Dc070406
下写真は悠々と上空を飛ぶゴイサギ?でしょうか。

Dc070402
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -561-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月14日 (月)

夏祭り -今年初めての花火-

7月12日(土)
毎年7月の第2週の土日には居住する同市内の隣地区に於いて毎年夏祭りが開催されます。土曜日には、お祭りに付随して花火が打ち上げられ、自宅からも至近距離とあって涼しい夜風に吹かれながら家内とふたり、其々撮影機材一式を持って今年もまた今夏初の花火を楽しみました。

田んぼが続く農道で眺める為、蚊取り線香・電動防虫マットは必須、蚊に刺され易い体質なので、ふたり共防虫スプレーもしっかり吹きつけての花火見物です。
Dc071201Dc071202花火撮影はバルブ撮影になるので三脚にリモートスイッチと花火撮影用の黒く塗ったウチワ、首からのペンダント型ライトを準備。大きな花火大会ではないので打ち上げられる花火の間隔もかなりあります、黒ウチワでレンズ前を遮ったり離したり、或いはカメラに付随する多重露光でパチリ・パチリと。

Dc071204
Dc071205
Dc071206
打ち上げの間隔が早くなり最後に一発、「ドーン」と上がってこの日の終了です。

Dc071207

打ち上げ花火といっても市内の一町内が単独で開催する夏祭りに併せて打ち上げるもので、規模はそれ程大きくはありませんが、納涼気分でパイプ椅子に座り、のんびりと今年初めての花火を眺めたり撮影を楽しむことが出来ました.。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -560-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2014年7月12日 (土)

バードウォッチング 三光鳥・アオバズク

何時ものフィールドへ出かけてきました。サンコウチョウの巣立ちも終わり静かなフィールドです、巣立った幼鳥の姿は見ることが出来なかったがこの日はスタイルの違うサンコウチョウの紹介です。

サンコウチョウのオスは尾羽が長いのが特徴ですが短いオスも居ます。下写真1枚目は尾の長いフツウのオス、興奮しているのか怒っているのか冠羽を立てていますね。子供の頃紙芝居で見た「法界坊」か「石川五右衛門「の頭のようです。2枚目は尾羽の短いオス。

Dc062802Dc07020311
次はサンコウチョウのメスです。下1枚目はアイリングのきれいなメスですが2枚目はアイリングの目立たない地味系?のメス。
双方共にメスにはハッキリした髭が生えています。
大昔の歌に ♪うちの女房にゃ髭がある・・・そんな歌がありましたが(超、古過ぎますね。こんな歌を知っていらっしゃる方、居られるかな?)

Dc062804Dc071001_2
フィールドは異なりますがお寺の森に居たアオバズク。夜行性の鳥なので昼は寝ています、三脚にカメラをセットし1時間以上構えておりましたが微動もしません。
カラスがカァカァと鳴きながら近付いて来たとき、一瞬目を開いたのでで慌ててパチリ。

何も居ない森や公園で野鳥を待つのも根気の要ることですが、目前に野鳥が居ても動くまで待つのも根気がいるものですね。

Dc070803
Dc070802


拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -559-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月10日 (木)

ウォーキング  天竜二俣(3)

シリーズものとして掲載したウォーキングレポート「最終回」です。

本田宗一郎ものづくり伝承館で郷土の偉人の足跡に触れた後は、隣接する松平信康廟のある清瀧寺へ。織田信長に謀反の嫌疑をかけられ二俣城で自害した悲劇の主人公、家康の嫡男信康の廟所があります。
長い石段を上った先の信康廟入り口には扉が閉まっており、近付くことは出来ませんが扉の隙間からパチリ(下2枚目写真)

Dc070614

Dc070615

寺の入り口付近には二俣城の復元された井戸櫓があります。
説明板によれば「この櫓から釣瓶で天竜川の水を汲み上げて使用していましたが、武田信玄が徳川方の守る二俣城攻略の為、大量の筏で破壊し城方を降伏させたと伝えられております」

Dc070613


次に向かった先はこの日のラストポイント、秋野不矩美術館です。浜松市内の公共施設は70歳以上は全て無料、自分は勿論無料ですが妻はウォーク参加者割引の特典もあり2割引で入場です。

現在展示中の作品は115.3cm×152.3cmの大作「廃墟Ⅰ」ほか28点。絵心は勿論、絵画に全く無知な自分はただ「凄いな・・・」、館内は撮影禁止であり外から建物を撮影。

Dc070618


Dc070619


最後はゴール地、天竜二俣駅に向う途中に咲いていた桔梗です。

Dc070617

天気は曇り、心配していた雨に遭うこともなくゴールすることが出来た。戦国期の二つの山城へ登る道筋は結構アップダウンもあり、距離の割には好い汗を流すことが出来た1日となりました。
7月のウォーキング、歩く距離は9.1kmと短くても後期高齢者の自分にはこの位がベターなのかもしれません。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -558-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月 9日 (水)

ウォーキング  天竜二俣(2)

鳥羽山・二俣城址を後にして次のポイントは「本田宗一郎ものづくり伝承館」です。
この地は本田宗一郎の出生地であり、伝承館には現在のホンダの基礎を作った懐かしい製品やパネルが展示されています。

Dc070608


Dc070609


展示されたものの中にはつい先ごろまで走っていたようなスーパーカブやモンキー。中学生の頃によく見かけた自転車に付けた「白いタンクに赤いエンジン」のカブ号、これは懐かしい。

Dc070610


Dc070611


Dc070612


伝承館近くに咲いていた百日紅をパチリ。

Dc070616


この後、家康の嫡男、信康の廟所がある清瀧寺に寄り、二俣川沿いに堤防を歩き、最後のポイント秋野不矩美術館へと向かった(つづく)

シリーズものの第2回目です、勝手ながら今回はコメント欄を閉じさせていただきました

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 
-557-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月 8日 (火)

ウォーキング  天竜二俣(1)

7月6日(日)
遠州鉄道と天浜線の共同開催「天竜川と本田宗一郎ゆかりの地めぐり」に妻とふたりで参加してきました。
コースは遠鉄西鹿島駅-鳥羽山城址-二俣城址-本田宗一郎ものづくり伝承館-清瀧寺-秋野不矩美術館ー天浜線二俣駅を巡る約9.1km。
コースポイントは過去にも訪れたことがありますが、何度行っても好いところばかりです。今回も迷うことなく参加しました。

何時ものようにポケットタイプのコンデジを持ってパチリ・パチリと数多く撮った。写真の枚数が多くなってしまったのでシリーズものとして掲載してみたいと思います。

Dc070620
最初のポイント地は鳥羽山城址、戦国期に今川・武田・徳川氏が争奪を繰り返してきた二俣城攻略の為、徳川方が築城した戦国期の城跡です。
今川・武田氏が滅亡後、豊臣秀吉の時代に家康は江戸へと国替えになり秀吉方の堀尾氏が在城、その時代に作られた石垣などが今も残っておりますが、本丸址からは眼下に天竜川がチラリと。

Dc070621


Dc070622


Dc070602

Dc070603
鳥羽山城址から隣接するように存在する二俣城址へ。此処は前述のとおり今川・武田・徳川氏が争奪を繰り返した城ですが家康の長男、松平信康が信長の命により切腹させられた城としても知られております。

Dc070606


Dc070607



Dc070605

7月に入り最初のウォーキングイベント参加でしたが、通常参加しているJR東海さわやかウォーキングは7~8月は開催されないのでこの日が今月初めの最後になるのかもしれません。

この後、松平信康廟のある清瀧寺~本田」宗一郎記念館~秋野不矩美術館へとテクテク巡りましたが写真等を整理しつつ、シリーズものとして次回以降投稿を予定しています。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -556-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月 6日 (日)

バードウォッチング  クロハラアジサシとコアジサシ

近くの池にアジサシ類が飛来している。毎年、今頃飛来してくるのはコアジサシですが杭に留まった鳥を撮ってみたところコアジサシとは違うようだ、手元の図鑑で調べてみたがアジサシでもない。
鳥見歴の長いベテランさんに尋ねたところ「クロハラアジサシですよ」との回答をいただいた。この鳥はフツウでは秋頃に立ち寄ることが多いという。

Dc070205
Dc070206
Dc070210
撮影時には全く気付かなかったが帰宅後写真を詳しく見ればコアジサシも居た。年齢と共に視力の衰えてきた自分ですが、情けない事に現場ではコアジサシとクロハラアジサシの区別がつかず写真を見てから分った次第です。
よく見れば嘴や脚の色、頭部の羽の色も随分違いますね。

Dc070304Dc070306
鳥とは無関係ですが池にはラジコンのヨットがスイスイと。。。岸で操作する男性に尋ねたところ推進動力はなく、風を受けた帆をラジコンで操って直進、左右に移動するのだと言う、実に鮮やかなものです。遠くから見れば本物そっくりの見事な出来栄えで許可をいただいてパチリ。

Dc070204
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -555-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月 4日 (金)

バードウォッチング  青鳩

アオバトとセイタカシギの情報を得て浜名湖沿岸へ行ってきました。
アオバト、図鑑によれば「初夏から秋にかけて海水や温泉を飲む習慣があり、中でも大磯海岸が有名です・・・」。
毎年夏はアオバトを見る為、早朝に浜名湖沿岸へと出かけ、9時過ぎには帰ってくるのが何時もパターン、夏の太陽を遮るものが何も無い湖岸では暑さで9時ごろまでが限度である。
浜名湖は太平洋と接続している汽水湖なので水は海水同様です。

情報をもとにこの時季ならば暑さもそれ程でもないのではと早速出かけてきた。6時前に現地に到着、湖岸には既にカメラマンが2人、アオバト撮影のため既に待機していました。

Dc070204
Dc070207
Dc070205_2
アオバトの群れは25~6羽ぐらいでしょうか、海水を飲みに時々湖岸に下りてくるのですが警戒心が強く、自分たちから遥か彼方で到底写真にはならず飛翔中をパチリ。今日の写真は、全ての写真がトリミング済みでハッキリした写真ではありませんが。。。
羽の一部が紅い固体がオスです。


Dc070208


Dc070209
昨年は海水を飲みに下りたシーンも数ショット撮ることが出来たが今年は全くゼロ。
この後、近くの田んぼでセイタカシギを探すもこの日は見つからずチョッピリ残念。でも、相手は羽のある鳥です、こればかりは仕方がありませんね。
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -554-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年7月 2日 (水)

ご近所の花  多肉植物

過去のブログでも時々ご紹介いたしましたが、ご近所に大変花好きな奥さんがおられます。そのご家庭の庭は勿論、門前やフェンス沿いには四季を通じて何時もキレイな花が咲いています。

この日は鉢植えの多肉系植物や、その花などを勧められるままにパチリ・パチリと撮らせていただきました。

Dc062806
Dc062808
Dc062810
下写真は花ではありませんがミニミニサボテンと、庭に咲いていたアナベルです。

Dc062809
Dc062801
他にも真っ赤な花が咲くサボテンがありましたが、この花は曇り空で咲かないとの事です。当日は曇りで閉じたまま、翌日再度出かけてみましたが快晴ではなかった為か、やはり閉じたままの蕾の様な状態でした。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -553-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »