2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ウォーキング  天竜二俣(2) | トップページ | バードウォッチング 三光鳥・アオバズク »

2014年7月10日 (木)

ウォーキング  天竜二俣(3)

シリーズものとして掲載したウォーキングレポート「最終回」です。

本田宗一郎ものづくり伝承館で郷土の偉人の足跡に触れた後は、隣接する松平信康廟のある清瀧寺へ。織田信長に謀反の嫌疑をかけられ二俣城で自害した悲劇の主人公、家康の嫡男信康の廟所があります。
長い石段を上った先の信康廟入り口には扉が閉まっており、近付くことは出来ませんが扉の隙間からパチリ(下2枚目写真)

Dc070614

Dc070615

寺の入り口付近には二俣城の復元された井戸櫓があります。
説明板によれば「この櫓から釣瓶で天竜川の水を汲み上げて使用していましたが、武田信玄が徳川方の守る二俣城攻略の為、大量の筏で破壊し城方を降伏させたと伝えられております」

Dc070613


次に向かった先はこの日のラストポイント、秋野不矩美術館です。浜松市内の公共施設は70歳以上は全て無料、自分は勿論無料ですが妻はウォーク参加者割引の特典もあり2割引で入場です。

現在展示中の作品は115.3cm×152.3cmの大作「廃墟Ⅰ」ほか28点。絵心は勿論、絵画に全く無知な自分はただ「凄いな・・・」、館内は撮影禁止であり外から建物を撮影。

Dc070618


Dc070619


最後はゴール地、天竜二俣駅に向う途中に咲いていた桔梗です。

Dc070617

天気は曇り、心配していた雨に遭うこともなくゴールすることが出来た。戦国期の二つの山城へ登る道筋は結構アップダウンもあり、距離の割には好い汗を流すことが出来た1日となりました。
7月のウォーキング、歩く距離は9.1kmと短くても後期高齢者の自分にはこの位がベターなのかもしれません。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -558-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« ウォーキング  天竜二俣(2) | トップページ | バードウォッチング 三光鳥・アオバズク »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ご心配していた雨に遭うことなく、ゴールできてよかったですね。
市内の公共施設が無料なんてうらやましいです。
ウォーキングついでに美術鑑賞もできて、充実した日となりましたね。
2回目の掲載の本田宗一郎ものづくり伝承館、興味深かったです。

おはようございます。

今回のウォーキングコースはいろんな見どころがあって
楽しいウォーキングでしょうね。
二俣城の井戸櫓などもあるんですね。
美術館の建物はさすがです。
応援ポチ

walkerZ 様
浜松城をはじめ浜松市の運営する公共施設の入場、70歳以上は全て無料です。
ありがたいことですが、お金を払ってでもよいから若い方が良いです(笑)
このコースは過去にも参加しておりますが何度参加しても好いコースです。
緑がいっぱいでアップダウンもあるのでもう少し早い新緑の頃がよいかもしれませんね。

里山コウ 様
おはようございます。
戦国の昔に思いをはせながらのウォーキングとなりました。
歴史あり、美術鑑賞あり、コース途中には様々な花も咲いており本当に好い日でした。
応援を何時も有難うございます。

浜松界隈ではオートバイを確かポンポンといってました。
ホンダの赤カブ。。。一般の市販自転車に取り付けられ弁理していました。暫く載っていましたよ。

こんにちは♪
いつも思いますが、本当に健脚ですね。
私もこれからは見習って足を鍛えないと…

それとマイPCのネット接続の件ですが、何故か今でも繋がっているんです。
だから使える時は使おうと思って…^_^;

応援P☆

あすか 様
「あすか」さんはあの赤いエンジンのカブ号に乗っておられたのですね。
私が未だ中~高校在学中、隣の洋服の仕立て屋さんのご主人が乗っていたのでよく覚えています。
当地方では二輪車の事、今でもポンポンですよ(でも、よくご存知ですね)
流石に今の若い人は使わないかもしれませんがね。

カシオペア 様
3年ぐらい前までは30kmまでは自信がありましたが、
年々歩く速度も遅くなりスタミナも無くなってきました。
2年前に腰から来る脊椎間狭窄症を患ってからさらに歩く距離が短くなりました。
それでも歩けるだけでもありがたいと思っております。
1日3~4km程度の散歩は1年360日ぐらい実行しています。

楽しく拝見させていただきました。
我が家の夫もカブ号に乗っていたことがあるようです。
懐かしい車体ですよね。

清瀧寺は、名前だけは聞いたことがありますが行ったことはなかったかも・・。

上品な色合いの桔梗の花に、ホット一息・・・これから紅茶でも楽しみます!cafe

セロリ 様
「セロリさん」のご主人もカブ号の愛用者でしたか。
清瀧寺(せいりゅうじ)は天竜二俣城の近くにあります。
お寺の名前は同一名が多くて混乱してしまうことがありますね。
歩いたコースには結構花が多くて、これも楽しむことが出来ました。

感動ものです。秋野不矩美術館

行きたくて行きたくて、3回も行きました。
私の場合は歩きでではなく、飛行機~電車~駅から15分だけ歩きで、です。笑

秋野さんは美術館をご自身の作品を収める場だけではなく、ご自分が眠る場のようにも考えていらした。
カラリと乾いた空気の丘の上を望み。それは彼女の生き方とも重なります。
藤森照信建築も浪漫があって遊び心満載で好きです。
ま・た・い・き・た・い。

keiko 様
「 keiko」さんは遥々北の大地から3度も・・・
以前、湖西市に友人が居り、豊橋の美術館にいらっしゃった事があると微かに記憶しておりましたが(記憶違いで間違っているかもしれませんが)この二俣町まで3回も。。。
驚きましたね、やはり絵画美術の専門家ですね。
私は今回で3度目となりましたが何れもウォーキング絡み「チョッとついでに」で申し訳ありません。
あの藤森照信氏の建築なのですね、知りませんでした(汗)
ま・た・ど・う・ぞ。

こんにちは。

台風。。大阪は何の影響もありませんでした。

そちらはこれからでしょうか?。

お気を付けくださいね。

ぽち。

こんばんは^^

いつも、 country walkerさんと
ウオーキングを、楽しませて頂いてます
私も、少しづつ、歩く距離を増やして
いきたいなと、思っています

秋野不矩美術館の建物、
外観が、目を引きますね^^

井戸櫓の渋い感じが良いですね。
秋野不矩美術館、美術館とは思えない建物ですね。
興味深いコース、行くことはなかなかできませんが
おかげ楽しませていただきました。

スーパーカブ・・父が若かりし頃 乗ってました(*^_^*)
父がよく『エンジンはHondaだ。。』とよく言っていたので
今の自家用車を買うときに トヨタのエスティマから ホンダのステップワゴンにかえました。
実際 高速道路を長距離を走り 実家に向かいますが ホンダの車は 疲れにくいです
静岡は 徳川家ゆかりの名所がたくさんあるので いろいろ廻ってみたいと思います

あとり 様
台風8号は海上を通り抜けて行ったので風や雨も殆どなく無事でした。
今朝はやや風があるものの朝から快晴。
これから台風の進路となる東北・北海道地区が気になります。
被害がなければよいのですが。。
応援を何時も有難うございます。

k-24 様
ウォーキング。
暑いときには疲れますが
歩いた後の心地よい疲れと爽やかさは格別なものがあります。
車ではなかなか行けない所、そんな所へゆっくり出かけることが可能なのも
ウォーキングなればこそですね。

ジャランこ 様
秋野不矩美術館
有名な建築家「藤森照信氏」の設計によるもとと今回初めて知りました。
漆喰と地元杉材をふんだんに使った一風変わった漢感じの建物で
建物内は靴を脱いで裸足で鑑賞します。

みるくぱん 様
「みるくぱん」さんご一家はホンダファンの様ですね。
私も若い頃、お得意先への訪問は全てスーパーカブ号でした。
家康は若い頃浜松に、家督を秀忠に譲った後は静岡に居たので家康ゆかりの場所が多く存在しています。
ウォーキングで訪れることは、車ではゆっくりと見ることのできない細部まで見ることが出来る場合が多いですね。
機会を見て、県西部地方へもご家族揃ってお越しください。

こんにちは。

桔梗素敵ですね。

ホッとします。

ぽち。

あとり 様
歩く道中に咲いていた花です。
あまりにキレイなので思わず。。。
応援を何時も有難う!

おはようございます。春野でのキャンプがえりに、ウォーキング中の人を見掛けましたよ。1時ごろかな。
Countly wa lker さん70歳以上なんですか??!!見えないですよね。 健脚ぶりに脱帽です。ウォーキングでは、いつも抜かれちゃいますもんね(笑) 実は、一回り以上年下です。
応援ポチリ

こ豆のとうさん 様
当日は秋野不矩美術館を出て二俣川沿いのお寺で昼食、
それからテクテク歩いていて二俣駅にゴールしたのが1時ごろ。
「こ豆のとうさん」が見かけたウォーカーの中で、最もくたびれた歩き方をしていたのが自分たち夫婦かもしれませんよ。
私も後期高齢者の仲間入りで、車にはあの黄色いワッペンを前後に貼り付けて走らなければいけない様になりました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/56713532

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキング  天竜二俣(3):

« ウォーキング  天竜二俣(2) | トップページ | バードウォッチング 三光鳥・アオバズク »