2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 可睡ゆりの園(2) | トップページ | JRさわやかウォーキング  遠州森町 »

2014年6月28日 (土)

巣立ち サンコウチョウ

何時ものフィールドへと出かけてきました。最大の関心事は巣立ち間近のサンコウチョウの雛鳥たちのその後です。

此処のところ連日、子育て真っ最中のサンコウチョウの巣近くに出かけ、親鳥の巣放棄にならない様、距離を置いて遠くから観察しておりました。
所用のため前日は訪れることが出来なかったがその日に雛鳥3羽とも無事に巣立ったとの事です。
カラスや蛇などの天敵から逃れ無事巣立ったとの話を聞き、先ずはやれやれ本当に良かった・・・これが現在の心境です。

写真は巣立ち前日のサンコウチョウの親鳥(下1枚目はオスで2枚目はメス、そして3枚目は尾羽の短い親鳥ではないオスです)Dc062405
Dc062401
尾羽の短いオスのサンコウチョウと、こちらは近くの沢で子育て真っ最中のカワセミのお父さん、嘴には魚を銜えて。。。

Dc062601
Dc062603
そして現れたのは今年生まれたばかりのキビタキの幼鳥でしょうか。探鳥暦の浅い自分には??でしたがベテランウォッチャーさんに尋ねて漸く鳥名が分りました。

Dc062602
Dc062605
サンコウチョウが巣立った森は静かで、今までのあの鳴き声は全く聞こえず静寂に包まれていた。無事の巣立ちは嬉しいものですが静かな里山に戻り、チョッピリ寂しいこの日でした(6月26日)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -551-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 可睡ゆりの園(2) | トップページ | JRさわやかウォーキング  遠州森町 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

野鳥の世界も人間の子育てと同じですね。
親離れして今度は自分で天敵と戦いながら・・・
この時期はウオッチャーとしてはちょっと寂しい時期ですね。

先日お話したオリンピック カヌー競技場が野鳥の楽園として見直されるようです。

おはようございます!

サンコウチョウは、巣立ちを無事迎えることが出来たのですね。
良かったとの安堵感と一抹の寂しさを覚えておられるcountry walkerさんなのでしょうね。

こちらのブログのおかげで「アオバト」に関する記事が載っているのを
興味深く読むことが出来ました。数十キロ離れた丹沢の森から大磯の照ヶ崎海岸に
海水を飲みに来るとのこと。(多いときは3千羽が飛来岩場に滑空を繰り返すようです。)
旧東海道沿いにあるお椀のような山の高麗山周辺で観察をしている方々が
アオバトの無料観察会を毎月最終日曜日に行っているとの情報に
参加してみたくなりました。

あすか 様
最大の関心だった巣立ち。
昨年は、感激のこのシーンを見られましたが、今年はその瞬間を残念ながら見ることは出来ませんでした。それでも「本当に良かった!」です。
嬉しい反面、これからがチョッピリ寂しくなる複雑な心境です。
>カヌー競技場が野鳥の楽園として見直されるようです。
これも嬉しいニュースです。関係者一同の努力が見直しに繋がったのでしょうね。

セロリさん 様
巣立ち直前に蛇やカラスに襲われて全滅。珍しいことではなく実際に多くあることです。
雛鳥が襲われて居なくなった巣の周囲を親鳥たちが悲しそうな鳴き声で暫く鳴き続けるそうです。
無事巣立ちは本当に嬉しい事ですが、鳥たちの居ない森は静かで寂しくてなりません。
その内に独り立ちした雛鳥たちが見られるかもしれないのでそれを楽しみに待ってみます。

大磯海岸へやってくるアオバト、そのスケールは日本一と聞いております。
探鳥会に一度参加されることをお勧めします、鳩ですが実にキレイな鳥ですよ。
これを機に「セロリさん」の鳥の苦手意識がなくなり鳥好きになってくれる事を期待しております。でも急には無理ですよね(笑)

おはようございます。

サンコウチョウさんの子育ても無事終了して、子供たちは
無事に巣立ちしたんですね、良かったですね~。
うちの隣の学習塾の入り口にツバメの巣が有り楽しみに
見ていましたが先日、カラスにやられたそうで、子供たちは
いなくて、巣も壊れていました。
サンコウチョウさんの雄は尾が長く伸びて一人前ですか。
応援ポチ

里山コウ 様
毎日出かけていると無事巣立ちが気になって仕方がありませんでした。
でも無事に巣立ってくれた模様で先ずは一安心です。
ツバメの雛たち本当にかわいそうでしたね。
憎むべきはカラスや蛇たち。
でもこれが自然の掟なのかもしれません。
でもやっぱりかわいそうです。
サンコウチョウのオスでも尾の長いもの短いもの様々です。

サンコウチョウは、無事に巣立ちしたのですね。
ずっと温かい目で見てきたcountry walkerさんは
ホッとする反面寂しいのではないでしょうか?
まるで親の気分ですね。

サンコウチョウはオスのみ尾がだんだん伸びてくるのでしょうか?

こんにちは。

無事生き延びて、またかわいいひなを育ててくれますように。。

そう思っています。

ぽち。

こんにちは。
サンコウチョウも無事巣立ちましたか。
お立ち台があるようで、明るい所に出てくれていいですね。

私もサンコウチョウ狙いでプチ遠征してきたのですが、ただ今抱卵中。
でも巣の周辺の条件が悪くて、SSが上がらないうえに、雄と雌の抱卵交代の時に一瞬全身が見えるだけで、大苦戦。
今、オオタカの営巣も観察中ですが、どちらもブログアップはだいぶ先になりそうです。

ジャランこ 様
無地に巣立ったサンコウチョウの雛鳥たち。
先ずは一安心ですが、仰るとおり森が静かになって寂しくなりました。
サンコウチョウのメスは尾羽が長くなることはありませんが、オスは尾の長いもの、少し短めのもの、3枚目の写真のオスのように短いもの様々です。
秋の渡りの季節には長い尾羽は全て抜け落ち、短いスタイルで南の国へと帰るそうです。

あとり様
元気で巣立ち、来年は一回り大きくなってまた元気な姿を見せてほしいものです。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
サンコウチョウ、暗いところが好きでその上動きが早いので焦点を合わせるのに精一杯です。
少し明るいところへ雛の糞を捨てに来るのでその時がチャンスです。
+2/3ぐらい補正して、ISO感度は6400から8000まで上げてもSは1/160~1/200が精一杯です。掲載写真は全てISOを6400で撮りました。
此処のフィールドだけは連写速度が7Dより遅くても5D-3が役にたちました。
オオタカの営巣、全く未知の世界です。
撮影の成功を祈っております。

いつのまにかサンコウチョウの親の心境ですね。
ずっと見守ってきたんですものね。安心ととっぴり寂しさを感じる・・・・分かります。その気持ち。
キビタキの幼鳥もかわいいですね。
巣立ちが有る一方で、こうして幼鳥も姿を見ることができるのですから、春から初夏は鳥撮影に一番いい時期なのでしょうか?

おはようございます。

可愛い愛敬もののサンコウチョウさん。
子育てがうまくできたようで、しばらくは親子一緒に
生活して、教育期間に入るのですか。
この鳥は年間いるのでしょうか。
応援ポチ

walkerZ 様
ほぼ毎日巣を覗いていたので雛の成長が何より気になっていました。
巣はかなり高いところに有ったので蛇は大丈夫でもカラスが一番心配で。
見つかればおそらく・・・駄目だったと思います。
親離れした後は広い森の中へと散ってしまうので今までより見る機会は減ってくるかもしれません。
春秋の渡りの期間が探鳥時期としては一番です。この時季には森まで行かなくても街の公園で見ることが可能になりますから。。

里山コウ 様
巣立ち直後は未だ自分で餌をとることが出来ないので親鳥から餌を貰っていますが、
やがて親離れして自立していきます。
この鳥たちは秋には遠い南の国まで渡って行きます。
今年生まれた幼鳥たちも同様です。
ただしカワセミは留鳥なので1年中見ることが出来ます。

サンコウチョウも無事に巣立ちを迎え、ホッとしますね。

カワセミ、ちょっとスリムな感じがするのは
夏痩せでもするのでしょうか??

とほ娘 様
一番の気がかりは無事の巣立ち。
これが出来て本当に嬉しかったです。
カワセミ、留まって居る時には首を伸ばしたり縮めたりしています。
丁度首を伸ばしたときの状態かもしれません。

こんにちは。

きれいですね。やはりサンコウチョウは。。

にしても今日はお天気悪いですね。

でもそれはそれ。。良い週末をお過ごしください。

ぽち・

あとり 様
関東甲信はじめ各地で天気が大荒れのニュースにビックリ。
当地方では終日快晴の1日でウォーキングイベントに参加してきました。
狭いようで広いニッポンですね。

野鳥の美しいお写真を拝見すると 朝のウォークでも 時折
上を見上げて 木々の間にいないか 探しますが
お天気の良くなる日は 朝から 野鳥のさえずりが聞こえ
下り坂になる日は 全く鳴かないように感じます
姿を見れなくなると 寂しいと思いますが きっと里山で
ペアをつくり また次の世代へ・・と 自然の摂理を繰り返すのでしょうね・・

みるくぱん 様
野鳥たちも天候の変化に敏感なのかもしれませんね。
森の中でも天候によりよく現れる日、そうでもない日と様々です。
今、コメントを書いて下さった時間を見てビックリ、随分遅い持間帯ですね、自分はこの1時間前には就寝です。
これでで早朝ウォーキングですか・・・
「みるくぱん」さん、凄いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ち サンコウチョウ:

« 可睡ゆりの園(2) | トップページ | JRさわやかウォーキング  遠州森町 »