2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング  サンコウチョウ(三光鳥) | トップページ | バードウォッチング  雉・ツバメチドリ »

2014年6月 4日 (水)

バードウォッチング  チュウシャクシギ 他

通常より早起きして自宅近くの田んぼや畑を覗いてみた。耕作後の少し荒れた畑に比較的大きな鳥が二羽居ました、静かに近付いて車窓からパチリ。長い嘴が特徴のチュウシャクシギです。

Dc052603Dc052406
ヒバリが大きく嘴を開けて囀っています、近くにはケリの姿も。。。

Dc052408Dc052601
隣の田んぼでは、田植えが終わった早苗の間に二羽の鳥を発見。仲良く並んでヒソヒソ話をしている様にも見えますがこれはキアシシギでしょうか。道脇に咲いていたアザミにはクロアゲハの姿も・・・

Dc052409Dc053102

6月に入り、季節はずれの暑さの地域もありますが、当地方では平年並みの気候のようです。お米の種類の違いでしょうか、4月に田植えが終了したところ、この時季になり漸く田植えの終了したところなど様々ですが、田んぼには早苗が風に靡き、季節は春から初夏へと確実に移り変わっています。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -535-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング  サンコウチョウ(三光鳥) | トップページ | バードウォッチング  雉・ツバメチドリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

長い嘴の鳥はチュウシャクシギというんですね。
ハトを痩せさせて、色をちょっぴりかえた感じのとりは、ケリというんですね。
ヒバリは何度か、貴殿のブログで拝見して・・・・ようやく覚えました(笑)。
キアシシギはかわいい瞬間がとれましたね。

普段見たことのない鳥たち!
まさに野鳥の楽園ですね。
countryさんの心躍る気持ちが手に取るようです。
当方三日連続の30度越えです。 北海道よりましかも。

walkerZ 様
チュウシャクシギ、図鑑よれば鳥の名は柄杓の柄に見立てたもので嘴がダイシャクシギより小さく、コシャクシギより長いので「中杓」になったと書かれておりました。
ケリ、鳩に似た感じですが飛翔中は羽の色が二色に変わりとてもキレイな鳥です。
野鳥たちの姿を見ているだけで本当に楽しいものですよ。

あすか 様
おはようございます。
関東地方はかなりの暑さと、連日報道されておりますね。
連日出かけている里山は、上着が必要なほどで暑さ知らずです。
お茶とコンビに弁当持参で1日中避暑が楽しめますが、やがて来る梅雨のことを考えるとね~(笑)

おはようございます。
田圃や畑にお似合いの鳥たちが登場ですね。
チュウシャクシギ、草の間から顔を出してる姿が可愛いですね。
こちらのシギチ類は、今年あまり良くありません。
タマシギが営巣した田圃では、またまた人が押し寄せて、巣を放棄したとかしてないとか・・・・
こんな話を聞くと悲しくなります。
>キアシシギ?クロアゲハ?
間違いないと思います。

ソングバード 様
おはようございます。
田んぼや畑、里山に・・・連日忙しく出歩いております。
今月初めから新しいレンズ400DOに換えました、逆光などに何かと言われているレンズですが、常時1.4のテレコンを付けての使用でも今のところ問題になるようなシーンにも出合うことなく自分では気に入っています。
ゴーヨンは重くて体力的には到底無理です、サンニッパに2倍テレコンと選択に迷いましたが焦点距離と軽いことが決め手になりました。軽いカーボン製三脚や、ジンバル雲台も魅力ですが当分はガマンです。
キアシシギ?クロアゲハ? 有難うございます、本文の?を削除しました。
これからも何かとよろしくご指導のほど、お願いいたします。

こんにちは。

しぎさん。。あんよが長いですね。

仁くんは短足です^^;。

ぽち。

多忙だったため、コメントがご無沙汰してしまいました。

チュウシャクシギ、ケリ 初めて見ました。
田んぼの中の2羽の鳥、この時期らしい光景ですね。

北海道は「猛暑」の場所が多いですが、ワタシの住んでいる室蘭はこの2日間過ごしやすい天気でした。昨日は23度、今日は20度止まりです。
明日は17度までしか上がらないとのことで、春物の衣類に逆戻りとなりそうです。
未だに半袖を着ておりません。準備は整っていますが…。

おはようございます。

チュウシャクシギの口ばしがずいぶん長いんですね、
この口ばしで、田んぼの虫なんかを食べるんでしょうね。
下から二枚目のシギは違う種類なんですか。
黒いアゲハチョウ、とてもきれいです。
応援ポチ

あとり 様
足の長い鳥、短い鳥様々ですね。
でもどんな鳥も自分には可愛くてなりません。

のりちゃん 様
北海道と当地方に棲む野鳥類、同じものもあればコチラにしか居ない鳥、その反対の鳥等々、様々でしょうね。
ケリは自宅近くの田んぼでは何処でも見ることが出来ます。
北海道の気候、連日ニュースで報道されておりますがビックリするような暑いところがありましたね。
当地も昨日梅雨入り。今日も朝から風が強い上、雨が降ったり止んだり・・・
これから約40日梅雨の生活になります。野鳥撮影に行けないのが応えます。

里山コウ 様
シギの仲間にも大型のもの、小型の鳥と様々です。
嘴の長いものは田んぼや干潟で餌捕りに適しているのでしょうね。
黒いアゲハチョウ、超望遠レンズなので離れた位置から撮りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング  チュウシャクシギ 他:

« バードウォッチング  サンコウチョウ(三光鳥) | トップページ | バードウォッチング  雉・ツバメチドリ »